「濱田マリ」とは?

関連ニュース

『過保護のカホコ』竹内涼真の告白シーンに卒倒「カホコに改名したい」 - 08月17日(木)11:08 

 高畑充希主演ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第6話が16日に放送され、竹内涼真演じる麦野初が遂にカホコへ好きだと告白。その告白シーンに「やばい麦野くんやばい!」「興奮が収まらない、寝れない」等のコメントが数多く寄せられた。【関連】「竹内涼真」フォトギャラリー カホコの自立宣言にショックを受け、実家に帰ってしまった母・泉(黒木瞳)。父・正高(時任三郎)は連れ戻そうとするが、全く取り合おうとしない上に、2人の妹まで家に帰ってきてしまい、説得の機会を見失う。 なんとか家事を自分でやろうとするカホコは、買い物に行ったスーパーで正高の妹・教子(濱田マリ)と遭遇する。カホコは教子の話を聞くうちに泉の思いを知ろうとしなかったことに気づき、泉のもとへ。隠れた場所から泉の想いを聞き反省、カホコは泉に家に戻るよう懇願する。 泉は家に帰ってきたが、態度を変え放任主義を宣言。その姿勢にカホコも強気な姿勢を見せる。かくして家庭内戦争の火ぶたが切って落とされた。一方、泉への説得に協力した祖母の初代(三田佳子)にお礼を言い来たカホコは、初代が余命幾許もないことを耳にする…。 様々な問題が起こり、急展開を見せる同作。放送終了後のツイッターでは「親世代もみてて、気づきがたくさんあるドラマだな」「自分にも娘にも強制的に矯正するために、あんなふうに意地を張るような態度に出てしまったんだと思い...more
カテゴリー:

高畑充希、慣れない家事に奮闘!『過保護のカホコ』第6話 - 08月14日(月)17:12 

高畑充希が主演を務める連続ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第6話が8月16日に放送。高畑演じる根本加穂子が慣れない家事に奮闘する姿が描かれる。遊川和彦が脚本を務める本作は、21歳にして生活のすべてにおいて親任せで、超過保護に守られて生きてきた“純粋培養”の女子大生・根本加穂子=カホコが、自分とは正反対の環境で育った1人の青年・麦野初(竹内涼真)と出会って成長していくホームドラマ。これまで、親の徹底した庇護のもと、愛情だけを一心に注がれてきたおかげでその屈託のない笑顔だけは天使のように可愛らしい超天然人間のカホコと、画家を目指す青年・初との出会いや、初めてのアルバイト、初恋の末に母・泉(黒木瞳)と対立する様子、父・正高(時任三郎)が家でしてしまう様子などが描かれた。カホコの脱過保護宣言を受けて突然家を出てしまった泉。根本家では残された正高とカホコが慣れない家事に手を焼き、家の中はメチャクチャに。一方、初が両親の前で交際を申し込んでくれたことが嬉しいカホコだったが、「カホコと呼ぶこと」と「好きだと言うこと」の2つのお願いに、照れる初はなかなか応えてくれず……。そんな中、出て行った泉を説得するため、正高は泉の実家・並木家を訪ねる。しかし、泉から口をきいてもらえないどころか、夫婦喧嘩をして家を出てきた泉の妹・節(西尾まり)がタイミング悪く転がり込んできて、正...more
カテゴリー:

「過保護のカホコ」4話「痛快ホームドラマ」って触れ込みなのに、全然痛快じゃない! - 08月09日(水)10:00 

遊川和彦脚本の新ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ・水曜22:00〜)第4話。「いくらママが反対しても麦野くんと付き合うから!」と、男女交際とはどんなもんなのか分かっていない様子のまま麦野初(竹内涼真)に告白したものの、あっさりフラれてしまったカホコ(高畑充希)。フラれたショックで部屋に引きこもったものの、「フラれたのが悲しいんじゃないの、二度と食欲なんてわかないと思っていたのに、お腹がペコペコで死にそうなのが悲しいの〜」と号泣。ピュアと言えばピュアだが、バカと言えばすんごくバカ!一方、過保護なはずの母・泉(黒木瞳)は、カホコが自分の反対を押し切ってまで告白した挙げ句フラれたことをちょっと喜んでいる様子で、落ち込んでいるカホコを徹底的に無視する。そして父・正高(時任三郎)はそんな冷戦状態のふたりの間を取り持とうとアタフタするのだった。ボケの正高がツッコミ役をヤラされている問題やはり思うのが、そもそも泉は本当に過保護な親なのかということ。カホコに限らず、周囲の人間たちを自分の思い通りに支配したいという思いが強く、押しの強い面倒くさい人であるのは間違いないが、カホコが自分の手の内で踊っている間は過剰に優しく接していたものの、自分の意に反する行動を取るようになって以降は完全に突き放していた。どっちかというと正高の方が一般的な過保護親なのだ。泉から「カホコに甘いというか……過保護なんだか...more
カテゴリー:

高畑充希、慣れない家事に奮闘!『過保護のカホコ』第6話 - 08月16日(水)07:00 

高畑充希が主演を務める連続ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第6話が8月16日に放送。高畑演じる根本加穂子が慣れない家事に奮闘する姿が描かれる。遊川和彦が脚本を務める本作は、21歳にして生活のすべてにおいて親任せで、超過保護に守られて生きてきた“純粋培養”の女子大生・根本加穂子=カホコが、自分とは正反対の環境で育った1人の青年・麦野初(竹内涼真)と出会って成長していくホームドラマ。これまで、親の徹底した庇護のもと、愛情だけを一心に注がれてきたおかげでその屈託のない笑顔だけは天使のように可愛らしい超天然人間のカホコと、画家を目指す青年・初との出会いや、初めてのアルバイト、初恋の末に母・泉(黒木瞳)と対立する様子、父・正高(時任三郎)が家でしてしまう様子などが描かれた。カホコの脱過保護宣言を受けて突然家を出てしまった泉。根本家では残された正高とカホコが慣れない家事に手を焼き、家の中はメチャクチャに。一方、初が両親の前で交際を申し込んでくれたことが嬉しいカホコだったが、「カホコと呼ぶこと」と「好きだと言うこと」の2つのお願いに、照れる初はなかなか応えてくれず……。そんな中、出て行った泉を説得するため、正高は泉の実家・並木家を訪ねる。しかし、泉から口をきいてもらえないどころか、夫婦喧嘩をして家を出てきた泉の妹・節(西尾まり)がタイミング悪く転がり込んできて、正...more
カテゴリー:

平成のやすきよの旅ロケ番組 17回目の夏は小豆島へ - 08月10日(木)17:02 

 関西テレビの夏の恒例番組となっている『やすしきよしの夏休み‘17 わがまま爆笑珍道中!』が12日(後3:55~5:30※関西ローカル)に放送される。 【写真】琴電、小豆島をめぐる旅のスナップ  同番組は“平成のやすきよ”こと、お笑いタレントの西川きよし(71)と石田靖(51)が、夏休み気分で田舎の町を散策し、地元の人々と触れ合いながら、行き当たりばったりのぶらり旅を繰り広げる。2001年に始まり、今年で17回目。「こんなに続くとは思ってなかった!」(やすし)、「卒寿(90歳)までは続けたい!」(きよし)と、それぞれ思いを抱きながらの珍道中となった。  今回は、徳島・鳴門駅からスタート。まずは、鳴門駅近くの昭和な大衆食堂「うずしお食堂」で腹ごしらえ。ロケ当日は、35℃を超える猛暑にも関わらず、朝からハモや徳島ラーメン、徳島産の肉・野菜を使った手作りのお惣菜など郷土の味たっぷり堪能する。その後、日本トップクラスの染色技術を学ぶべく、「本藍染矢野工場」で本物の藍染めを見学。毎回、この旅ではローカル線に乗車し、地元の人々と交流する2人の姿も魅力の1つ。今回は、香川県の琴電に揺られ、街の人々と触れ合った後、フェリーに乗って、小豆島へ。  「小豆島に泊まるのは初めて」と喜ぶ西川。地元の有名醤油醸造所「ヤマロク醤油」を訪れ、100年以上前から木桶にこだわって造る本格醤油造りをじっくり見...more
カテゴリー:

高畑充希は演技の天才であることがようやく判明 - 07月29日(土)12:37  news

高畑充希の「キレ芸」にネット騒然…深刻さ&コメディー混在の名作  高畑の演技をたたえる人も多く、「高畑充希のお芝居好きだ」「あの役がすっかり板について、 一生懸命だけどどこか抜けてる純粋箱入り娘の過保護ムスメにしか見えなくなるから高畑充希さすがだ」 「高畑充希が評価されてるのはこういうことなんだね」「かわいいだけで演技力無い役者以外の子がカホコだったら 見るにたえないドラマになってそうなスレッスレなところいってる」などの感想が視聴者からは上がっていた。 1話と2話では演技に非常に違和感があった...
»続きを読む
カテゴリー:

「濱田マリ」の画像

もっと見る

「濱田マリ」の動画

Wikipedia

濱田 マリ(はまだ マリ、1968年12月27日 - )は、日本歌手、女優、ナレータータレント

兵庫県神戸市須磨区出身。パパドゥ所属。武庫川女子大学附属高等学校卒。

人物

関西のライブハウスを中心に砂場のボーカリスト(兼ギタリスト)として活動、TBS三宅裕司のいかすバンド天国をはじめ音楽番組に出演。1991年にモダンチョキチョキズに加入し、翌年メジャーデビュー。ツーテールの髪型にワンピース服のスタイルで、関西風のコテコテの色合いが強いパフォーマンスを披露。バンド活動当時、深夜番組おかずな夜で、...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる