「濱田マリ」とは?

関連ニュース

ジミー大西演じた中尾明慶「どう見ても苦労しますよね!」 - 04月23日(日)21:47 

 明石家さんまの連続ドラマ初プロデュース作品「Jimmy アホみたいなホンマの話」(Netflixオリジナルドラマ)が4月23日、沖縄県で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」で上映された。ジミー大西を演じた中尾明慶とさんまに扮した小出恵介は、共演の尾上寛之、六角慎司、ジミー本人、光野道夫監督とともに、満席になった那覇・桜坂劇場での舞台挨拶に立った。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  さんまにとって、芸歴42年目で初めて手がけた連ドラは、幼い頃から何をやってもダメだった男が天才お笑い芸人に出会い、導かれ、失敗を繰り返しながらもやがて“本当の自分の道”を見つけ出すまでを描く。ジミーは、「さんまさんはいつも簡単に言われる。毎日放送の楽屋で『ジミー、今度ドラマにしようと思うんや』とおっしゃられたので、『はい、わかりました』。『今度打ち合わせがあるから、おまえも来いよ』とおっしゃられたので『はい、わかりました』。打ち合わせへ行ったら、スタッフ500人くらいおった。どえらい事に『はい』って言うてもうたと思った」と明かし、場内の笑いを独占した。  ジミー役の中尾は、自らの役どころに対して「どう見ても苦労しますよね」と苦笑い。そして、「もしも自分が演じなくちゃならないと決まった時の心境を思い浮かべてみてください」と客席に語りかけていた。一方の小出は、「今までで...more
in English
カテゴリー:

【3パパだよりvol.2】堀井新太×山田裕貴×三津谷亮-三者面談・後編- - 04月19日(水)15:25 

TBSのドラマ「3人のパパ」が4月19日(水)から放送開始! 今を生きる“ゆとり・さとり世代”と呼ばれる男たちが、過去の無責任な行動が原因で赤ちゃんを育てることになり、困難にぶつかりながらも目の前の命と向き合い、共に成長する姿を描くハートフルコメディー。 【写真を見る】ひょんなことから赤ちゃんを育てることになった3人の若者が 子育てを通してともに成長するハートフルコメディー/(C)TBS 先週より、WEBサイト「ザテレビジョン」ではドラマを盛り上げるべく、短期連載企画“3パパだより”を開始。今回は、前回に引き続き、物語中心となる“無責任な男3人衆”である、平林拓人役の堀井新太、羽野恭平役の山田裕貴、岡山朔役の三津谷亮が顔を揃えた“三者面談”の後編をお届け。松井愛莉ら共演の女性陣のイメージや撮影の合間のリフレッシュ方法などを和気あいあいと語ってもらった。 ――前回、忙しい撮影の合間のリフレッシュの1つが“赤ちゃん”とお伺いしましたが、赤ちゃんと接するのが一番上手な“パパ”は誰でしょうか? 三津谷:あやすのが一番うまいのはやっぱり新太じゃないですね! 堀井:そうですね、接してる時間が長いので(笑)。 山田:物語の最初から仲良くなるっていう役柄もあって、早めの段階から仲良くなっていたよね。 堀井:仲良くなろうって頑張ったので、その努力が実ったなと(笑)。 ――赤ちゃんと接してるお互いの印...more
in English
カテゴリー:

堀井新太、赤ちゃんの予測不可能な動きに「奇跡の瞬間がいくつも撮れた」 - 04月19日(水)10:00 

堀井新太主演の新ドラマ『3人のパパ』(TBS系列、毎週水曜23:56~)が、4月19日にスタートする。本作は、「ゆとり・さとり世代」と呼ばれる世代の男たちが、過去の無責任な行動が原因で赤ちゃんを育てることになり、困難にぶつかりながらも目の前の命と向き合い、子育てを通して成長する姿が描かれる、笑いあり、涙あり、癒しありのハートフルコメディ。堀井は、高校時代の友人たちとシェアハウスに暮らす明るく能天気な主人公・平林拓人を演じる。また、山田裕貴が、拓人の友人で商社に勤めるエリート・羽野恭平役、三津谷亮が、同じく拓人の友人でアパレルブランド勤務の岡山朔役で、それぞれ出演する。第1話では、シェアハウスで暮らしている3人が、ひょんなことから謎の赤ちゃんと出会い、育児を決意するまでが描かれる。見どころについて、堀井は「奇跡が起こる瞬間がいくつも撮れています」と熱くアピール。「8か月の赤ちゃんが予測不可能な動きをして、僕らが考えてきた芝居を全部覆す。僕らの芝居で赤ちゃんが笑うと、その瞬間とてもリアリティが出るんです」と、予定調和に収まらない生の芝居に魅力を感じているようだ。[あらすじ]能天気で「まぁ、いっか」が口癖の拓人は、今朝も寝坊で会社に遅刻しそうになっている。恭平は、スマホでニュースを見ながらコーヒーを飲んでいる。朔は、ヘッドホンで音楽を聴きながらスムージーを飲む。そんな彼らの共同生活のルー...more
in English
カテゴリー:

「3人のパパ」堀井新太ら撮影の裏側を語る - 04月18日(火)17:45 

4月19日(水)スタートのドラマ「3人のパパ」(毎週水曜夜11:56-0:26ほかTBSほか)に出演する堀井新太 山田裕貴 三津谷亮の3人が、4月18日(火)にニコニコ生放送で配信される俳優集団D-BOYSのレギュラー番組「チャンネルD-BOYS “D-BOYSニュース”」に生出演することが決定した。 【写真を見る】「赤ちゃん!とてもかわいいです!」とメロメロの堀井新太 ある日突然、赤ちゃんを育てることになった3人を巡るハートフルコメディー「3人のパパ」。 主演は、次期大河ドラマ「西郷どん」にて村田新八役での出演が決まり、5月には舞台「少女ミウ」(作・演出:岩松了)にも主演する堀井新太。今作が民放連続ドラマ初主演となる。 共演は映画「破裏拳ポリマー」「トモダチゲーム」「HiGH&LOW THE MOVIE 2 END OF SKY」など、多数の出演作が控える山田裕貴、さらには元・一輪車の世界チャンピオン、大河ドラマ「真田丸」で豊臣秀保役でテレビドラマ初出演が話題となった三津谷亮。 これからますます活躍が期待される3人の若手俳優たち。「チャンネルD-BOYS」では、3人そろって番組の見どころ、撮影秘話など、ここでしか聞けないトークが繰り広げられるという。 【関連記事】 ・【3パパだよりvol.1】堀井新太×山田裕貴×三津谷亮-三者面談・前編- ・“3パパ”主演・堀井新太ら赤ちゃんに...more
in English
カテゴリー:

【映画】『いぬやしき』犬屋敷役は木梨憲武、獅子神役は佐藤健!本郷奏多らも出演(画像アリ) - 03月17日(金)19:25 

奥浩哉「いぬやしき」を原作とした実写映画のメインキャストが発表された。冴えない初老のサラリーマン・犬屋敷壱郎役は木梨憲武、人間を殲滅しようとしていく大量殺人鬼・獅子神皓役は佐藤健が演じる。 木梨は2002年公開の「竜馬の妻とその夫と愛人」以来、16年ぶりの映画主演。実年齢より老けて見えるという設定の犬屋敷役を演じるため、特殊メイクを施して“おじいちゃんヒーロー”役に挑む。一方、佐藤扮する獅子神は今作で自身初の悪役を演じ、「役者人生で培ってきたすべてを注ぐ」と意気込んだ。 また獅子神の幼なじみであり、...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

MISIA、明石家さんま企画のドラマ主題歌を担当 - 04月20日(木)11:00 

7月7日より世界190カ国への配信が決定している、明石家さんま企画・プロデュースのNetflixオリジナルドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』の主題歌をMISIAが担当することが決定した。 楽曲は、甲斐バンドの名曲「最後の夜汽車」のカバー。同曲は、1977年に発売された甲斐バンドのオリジナルアルバム『この夜にさよなら』に収録され、さんま自身が「芸人にも相通じる音楽だ」と愛してやまない楽曲だ。 MISIAは「今回、Netflixドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』の主題歌のお話を通じて、甲斐バンドさんの「最後の夜汽車」と初めて出会いました。素晴らしい曲で、本当に素敵な出会いをいただいたと思っています。また、この歌の中では直接、夜汽車が向かう行き先は歌われてはいないのですが、「さんまさんから見る東京」、または「ジミーさんから見る“さんまさんがいる東京”に向かう夜汽車」のようにも感じ、曲をどのように仕上げるのが良いのか、とてもイメージがしやすかったです」とコメント。 「アレンジはNYにいる黒田卓也くんに頼み、オケをNYでレコーディングしてもらいました。ジャジーで温かく切ないサウンドに仕上がったと思います。ドラマは、皆さまより一足先に見させていただきました。8~9割は笑いながら観ているのに、突然ホロリときてしまう。また、さんまさんの笑いに対する哲学から、人生の哲学...more
in English
カテゴリー:

MISIA、明石家さんま企画ドラマの主題歌で甲斐バンド「最後の夜汽車」をカバー - 04月19日(水)14:44 

MISIAが、世界190カ国への配信が決定している、明石家さんま企画・プロデュースのNetflixオリジナル・ドラマ「Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜」(7月7日より全9話世界同時配信)の主題歌を担当することが決定した。楽曲は、甲斐バンドの名曲「最後の夜汽車」のカバー。同曲は、1977年に発売された甲斐バンドのオリジナルアルバム「この夜にさよなら」に収録され、さんま自身が「芸人にも相通じる音楽だ」と愛してやまない楽曲だ。同ドラマは、ジミー大西が「お笑い」から「世界的画家」になるまでの物語。ジミーや周りの仲間たちとの実際の体験談を主軸に、夢を追う人々とそれを応援する人々の姿を描く。ジミーが本当に巻き起こした“ありえへん”エピソードの数々に大笑いしながら、孤独や劣等感を抱えて成長していく姿、支える人々の愛と友情にホロリとさせられるエンターテインメント作品となっている。本日公開された予告編では、ジミーの、“ありえへん”本当のエピソードの一部を公開。同じ体に入れるなら「こっちが早い」と思い、点滴を飲む。交通渋滞だと思ってずっと車を留めていたら、前の車は駐車中の止まっている車だった。ことわざを聞けば「人のふり見て」「どないする」、「馬の耳に」「イヤリング」と答え、警察犬と匂いで犯人を当てる対決をするなど…。本編では、これ以上に“ありえへん”エピソードの数々が描かれている。ジミー役は中尾明...more
in English
カテゴリー:

MISIA、甲斐バンド「最後の夜汽車」カバー 明石家さんまプロデュースのドラマ主題歌 - 04月19日(水)08:52 

 歌手のMISIAが、明石家さんま企画・プロデュースのNetflixオリジナルドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』 (7月7日より全9話世界同時配信)の主題歌として、甲斐バンドの「最後の夜汽車」をカバーすることが明らかになった。 【動画】『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』本編映像(予告)  同曲は、1977年に発売された甲斐バンドのオリジナルアルバム『この夜にさよなら』に収録され、さんま自身が「芸人にも相通じる音楽だ」と愛してやまない曲。MISIAは「この歌の中では直接、夜汽車が向かう行き先は歌われてはいないのですが、『さんまさんから見る東京』、または『ジミーさんから見る“さんまさんがいる東京”に向かう夜汽車』のようにも感じ、曲をどのように仕上げるのが良いのか、とてもイメージがしやすかったです」と話している。  今回のアレンジは米ニューヨーク在住のジャズトランペット奏者・黒田卓也が手掛け、「ジャジーで温かく切ないサウンドに仕上がった」(MISIA)というボーカル以外の音はニューヨークでレコーディングされた。  同ドラマは、ジミー大西が「お笑い」から「世界的画家」になるまでの物語。ジミーや周りの仲間たちとの実際の体験談を主軸に、夢を追う人々とそれを応援する人々の姿を描く。ジミーが本当に巻き起こした“ありえへん”エピソードの数々に大笑いしながら、孤独や劣等感を抱...more
in English
カテゴリー:

堀井新太、赤ちゃんの予測不可能な動きに「奇跡の瞬間がいくつも撮れた」 - 04月18日(火)16:52 

堀井新太主演の新ドラマ『3人のパパ』(TBS系列、毎週水曜23:56~)が、4月19日にスタートする。本作は、「ゆとり・さとり世代」と呼ばれる世代の男たちが、過去の無責任な行動が原因で赤ちゃんを育てることになり、困難にぶつかりながらも目の前の命と向き合い、子育てを通して成長する姿が描かれる、笑いあり、涙あり、癒しありのハートフルコメディ。堀井は、高校時代の友人たちとシェアハウスに暮らす明るく能天気な主人公・平林拓人を演じる。また、山田裕貴が、拓人の友人で商社に勤めるエリート・羽野恭平役、三津谷亮が、同じく拓人の友人でアパレルブランド勤務の岡山朔役で、それぞれ出演する。第1話では、シェアハウスで暮らしている3人が、ひょんなことから謎の赤ちゃんと出会い、育児を決意するまでが描かれる。見どころについて、堀井は「奇跡が起こる瞬間がいくつも撮れています」と熱くアピール。「8か月の赤ちゃんが予測不可能な動きをして、僕らが考えてきた芝居を全部覆す。僕らの芝居で赤ちゃんが笑うと、その瞬間とてもリアリティが出るんです」と、予定調和に収まらない生の芝居に魅力を感じているようだ。[あらすじ]能天気で「まぁ、いっか」が口癖の拓人は、今朝も寝坊で会社に遅刻しそうになっている。恭平は、スマホでニュースを見ながらコーヒーを飲んでいる。朔は、ヘッドホンで音楽を聴きながらスムージーを飲む。そんな彼らの共同生活のルー...more
in English
カテゴリー:

「濱田マリ」の画像

もっと見る

「濱田マリ」の動画

Wikipedia

濱田 マリ(はまだ マリ、1968年12月27日 - )は、日本歌手、女優、ナレータータレント

兵庫県神戸市須磨区出身。パパドゥ所属。武庫川女子大学附属高等学校卒。

人物概要

関西のライブハウスを中心に砂場のボーカリスト(兼ギタリスト)として活動、TBS三宅裕司のいかすバンド天国をはじめ音楽番組に出演。1991年にモダンチョキチョキズに加入し、翌年メジャーデビュー。ツーテールの髪型にワンピース服のスタイルで、関西風のコテコテの色合いが強いパフォーマンスを披露。バンド活動当時、深夜番組おかずな夜で、...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる