「澤穂希」とは?

関連ニュース

東山紀之、起きたらすぐに腹筋「ほぼ変態なんですけど…」 - 09月16日(土)09:17 

東山紀之が14日、六本木・テレビ朝日にて行われた『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日系列、10月1日スタート 毎週日曜5:50~8:30 ※一部地域では6:20スタート)の制作発表記者会見に出席。朝のある“変態的な”習慣について言及する一幕があった。この番組でキャスターを務める東山は、日曜朝にフレッシュなニュースをしっかりと伝えつつ、紙面に踊るスクープネタも漏らさず紹介。さらに、政治、経済、国際社会、大きな事件・事故、災害など、あまたのニュースの中から「日曜の朝だからこそ知っておきたい」テーマを厳選し、わかりやすく届けていくという。ニュース情報番組に初挑戦の東山は、「僕をキャスターというカタチで迎えていただいたテレビ朝日の皆さんの勇気に感謝しまし、その勇気に応えていけるように頑張りたいと思っています。まさに51歳、初めてのチャレンジになりますが頑張っていきたい」と意気込みを語った。また、これまで7月から10回以上にわたって社会情勢などを捉えるための勉強会も行われたようで、東山は「僕は俳優もやっているものですから、(作品の中で取り上げられる)事件や時事ネタみたいなものは多いので。その中で学んでいくうちに、本当の事件、世の中で起こっていることに興味がありまして、番組をやるにあたって勉強会に参加させていただきましたが、非常に役に立ちました」とコメント。キャスターとしては、「僕が感じる疑問...more
カテゴリー:

『遺留捜査』糸村×村木ラストの掛け合いに「2人のコンビネーションは不滅」 - 09月15日(金)12:30 

上川隆也演じる糸村聡と、甲本雅裕演じる科学捜査研究所係官・村木繁との“掛け合い”が毎回面白いと話題になっている『遺留捜査』(テレビ朝日系列、毎週木曜20:00~)が、9月14日に最終回を迎えたが、今回は最後の最後でクスリと笑ってしまうような“掛け合い”が登場し、インターネット上でも盛り上がりを見せた。平均視聴率は10.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。この作品は、上川演じる糸村が事件現場に残された“遺留品”から事件そのものを解決するだけでなく、遺族の心情をも救う優しさと超マイペースで空気を読まない不思議キャラで視聴者を虜にし、7月からは舞台を京都に移し、第4シーズンも初回から高評を博していた。いよいよ最終回を迎えたわけだが、今回は、結婚式場のトイレで、黒留袖を着た中年女性の絞殺死体が発見されるという事件が発生した。しかし、その日の結婚式の参列者ではないとわかり、指紋から、遺体の身元は6年前に“ご祝儀泥棒”として逮捕された坂口真代(かとうかず子)ということが判明。式場の貸衣装室では“石井望美”と偽名を名乗り、保険証まで提示して黒留袖を借りていたこともわかった。またもや、式場で窃盗を働こうとしていたのか!? しかし、糸村は真代が所持していたポーチの中から、衣類から切りとった、素材表示のタグを発見。なぜ彼女がこんなものを保管していたのか、糸村は引っかかってしまい……。そんな中、真代が...more
カテゴリー:

武井咲『黒革』最終回でさらに“悪女”化「序盤から鳥肌半端なかった」 - 09月15日(金)12:03 

武井咲の“悪女”っぷりが高評だった『黒革の手帖』(テレビ朝日系列、毎週木曜21:00~)が、9月14日に最終回を迎えた。この作品で武井演じる“銀座で一番若いママ”、原口元子の迫力と妖艶さに初回から注目集めていたが、最終回では、再び“悪”な面を見せる武井の演技に注目が集まり、平均視聴率は13.0%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だった。銀座での地位もすべて失ってしまい、どん底まで転落した元子だったが、安島富夫(江口洋介)から渡された封筒を手にもう一度、政財界のドン・長谷川庄治(伊東四朗)に会う約束を取り付けた。何度突き落とされても諦めずに這い上がり、クラブ「カルネ」の権利を返すよう迫ったのだ。元子は、ある切り札を手に入れたことで、長谷川会長を動かした。会長から直に電話をもらうことができ、長谷川邸を訪れた。そこで、「会長に買っていただきたいものがあります」と、切り札である都知事からの“口利料の1億円の領収書”を見せ、長谷川を脅迫。「たいした度胸だ。この領収書と引き換えに、カルネと黒革の手帳を返してやろう」と長谷川を負かした。しかし、元子は「ルダンも譲ってください」と貪欲にたたみ掛け、「そんな芸、いつどこで覚えた? ルダンは君のものになったとして、この先、無事に営業が続けられると思うか? 怖くないのか、ワシが!」。しかし、元子を認めたのか「君には感服した。ルダンは譲ってやる!」と、元子が...more
カテゴリー:

野村周平の腹黒演技に注目!?『ドクターX』で米倉涼子と4年ぶりの共演 - 09月14日(木)12:05 

俳優の野村周平が、10月スタートの新ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子』(テレビ朝日系列、毎週木曜21:00~)のシーズン5に出演する。主演の米倉涼子とは、2013年に放送された連続ドラマ『35歳の高校生』以来、4年ぶりの共演となる。野村と再会した米倉は「雰囲気がガラリと変わっていてビックリしました! 4年前の野村くんはワイワイ騒がず、静かにみんなを見ているような感じだったんです。でも、今回は自分から率先して明るく周囲と接していて! いろいろ経験して自信もついたんだろうなって、頼もしく思いました」と感無量の様子。一方、野村も「僕のことを覚えてくれてるかなぁ…と不安だったんですけど、ちゃんと覚えてくださっていて、すごく嬉しかったです。目の前で見る大門先生はやっぱりカッコいいし、本当に綺麗! 見とれてしまいました(笑)」と、新たなステージでの再会に心を躍らせているようだ。今回野村が演じるのは、ゆとり世代の外科医・伊東亮治。専門知識も豊富で、若手医師の中ではオペの腕も高い男だ。もちろん実践力となれば話は別ではあるが、この土台が彼の傲慢さを生み出すことに……。ほかの若手医師のことをどこか見下し、先輩医師たちに対してもまったく臆することなく、時に尊大な態度すら取ることも。そんな男だけに、あの大門未知子と自分が同じレベルの外科医だと思っている節もあり、やがて「東帝大学病院」を揺るがす大騒動...more
カテゴリー:

『刑事7人』最終回“驚愕の結末”に視聴者「右京さんなら絶対に説教!」 - 09月14日(木)10:36 

東山紀之が主演する『刑事7人』(テレビ朝日系列、毎週水曜21:00~)の最終回「正義」が9月13日に放送されたが、ラスト十数分で急展開。予想できない意外すぎる結末にインターネット上でも反響があり、平均視聴率は12.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だった。この作品は、「第11方面本部準備室」室長の片桐正敏(吉田鋼太郎)、天樹悠(東山)、沙村康介(高嶋政宏)、水田環(倉科カナ)、青山新(塚本高史)、山下巧(片岡愛之助)、堂本俊太郎(北大路欣也)と、作品のタイトル通り、個性的な“刑事7人”が難解な刑事事件に挑む姿が描かれ、これまで第1、2シリーズ共に高評を博し、7月から第3シーズンに突入。この第3シリーズでは、臨海エリアを舞台に“闇の存在”に迫るという大きな軸で展開。この最終回は、第2話の拉致事件で何者かに監禁されていた山下だったが、第9話で救出され、最後は“刑事7人”が揃い、臨海エリアの最強の敵に迫った。ストーリーは、臨海エリアを裏で牛耳る大地主・馬久根恒義(山本學)が次々と狙撃されたが、天樹ら「第11方面本部準備室」の面々が阻止するも、狙撃犯の男2人がその場で自殺。その後、事件現場となったビルには、第三波として複数の爆弾も仕掛けられていたことも判明した。天樹らは、臨海エリアの利権を狙う謎の人物「御厨(みくりや)」によるテロの可能性を疑った。その矢先、馬久根が天樹らを呼び出し、ある...more
カテゴリー:

東山紀之、起きたらすぐに腹筋「ほぼ変態なんですけど…」 - 09月16日(土)09:15 

東山紀之が14日、六本木・テレビ朝日にて行われた『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日系列、10月1日スタート 毎週日曜5:50~8:30 ※一部地域では6:20スタート)の制作発表記者会見に出席。朝のある“変態的な”習慣について言及する一幕があった。この番組でキャスターを務める東山は、日曜朝にフレッシュなニュースをしっかりと伝えつつ、紙面に踊るスクープネタも漏らさず紹介。さらに、政治、経済、国際社会、大きな事件・事故、災害など、あまたのニュースの中から「日曜の朝だからこそ知っておきたい」テーマを厳選し、わかりやすく届けていくという。ニュース情報番組に初挑戦の東山は、「僕をキャスターというカタチで迎えていただいたテレビ朝日の皆さんの勇気に感謝しまし、その勇気に応えていけるように頑張りたいと思っています。まさに51歳、初めてのチャレンジになりますが頑張っていきたい」と意気込みを語った。また、これまで7月から10回以上にわたって社会情勢などを捉えるための勉強会も行われたようで、東山は「僕は俳優もやっているものですから、(作品の中で取り上げられる)事件や時事ネタみたいなものは多いので。その中で学んでいくうちに、本当の事件、世の中で起こっていることに興味がありまして、番組をやるにあたって勉強会に参加させていただきましたが、非常に役に立ちました」とコメント。キャスターとしては、「僕が感じる疑問...more
カテゴリー:

『遺留捜査』“糸村×村木”ラストの掛け合いに「2人のコンビネーションは不滅」 - 09月15日(金)12:18 

上川隆也演じる糸村聡と、甲本雅裕演じる科学捜査研究所係官・村木繁との“掛け合い”が毎回面白いと話題になっている『遺留捜査』(テレビ朝日系列、毎週木曜20:00~)が、9月14日に最終回を迎えたが、今回は最後の最後でクスリと笑ってしまうような“掛け合い”が登場し、インターネット上でも盛り上がりを見せた。平均視聴率は10.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。この作品は、上川演じる糸村が事件現場に残された“遺留品”から事件そのものを解決するだけでなく、遺族の心情をも救う優しさと超マイペースで空気を読まない不思議キャラで視聴者を虜にし、7月からは舞台を京都に移し、第4シーズンも初回から高評を博していた。いよいよ最終回を迎えたわけだが、今回は、結婚式場のトイレで、黒留袖を着た中年女性の絞殺死体が発見されるという事件が発生した。しかし、その日の結婚式の参列者ではないとわかり、指紋から、遺体の身元は6年前に“ご祝儀泥棒”として逮捕された坂口真代(かとうかず子)ということが判明。式場の貸衣装室では“石井望美”と偽名を名乗り、保険証まで提示して黒留袖を借りていたこともわかった。またもや、式場で窃盗を働こうとしていたのか!? しかし、糸村は真代が所持していたポーチの中から、衣類から切りとった、素材表示のタグを発見。なぜ彼女がこんなものを保管していたのか、糸村は引っかかってしまい……。そんな中、真代が...more
カテゴリー:

武井咲『黒革』最終回でさらに悪女化「序盤から鳥肌半端なかった」 - 09月15日(金)12:00 

武井咲の“悪女”っぷりが高評だった『黒革の手帖』(テレビ朝日系列、毎週木曜21:00~)が、9月14日に最終回を迎えた。この作品で武井演じる“銀座で一番若いママ”、原口元子の迫力と妖艶さに初回から注目集めていたが、最終回では、再び“悪”な面を見せる武井の演技に注目が集まり、平均視聴率は13.0%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だった。銀座での地位もすべて失ってしまい、どん底まで転落した元子だったが、安島富夫(江口洋介)から渡された封筒を手にもう一度、政財界のドン・長谷川庄治(伊東四朗)に会う約束を取り付けた。何度突き落とされても諦めずに這い上がり、クラブ「カルネ」の権利を返すよう迫ったのだ。元子は、ある切り札を手に入れたことで、長谷川会長を動かした。会長から直に電話をもらうことができ、長谷川邸を訪れた。そこで、「会長に買っていただきたいものがあります」と、切り札である都知事からの“口利料の1億円の領収書”を見せ、長谷川を脅迫。「たいした度胸だ。この領収書と引き換えに、カルネと黒革の手帳を返してやろう」と長谷川を負かした。しかし、元子は「ルダンも譲ってください」と貪欲にたたみ掛け、「そんな芸、いつどこで覚えた? ルダンは君のものになったとして、この先、無事に営業が続けられると思うか? 怖くないのか、ワシが!」。しかし、元子を認めたのか「君には感服した。ルダンは譲ってやる!」と、元子が...more
カテゴリー:

『刑事7人』最終回驚愕の結末に視聴者「右京さんなら絶対に説教!」 - 09月14日(木)10:40 

東山紀之が主演する『刑事7人』(テレビ朝日系列、毎週水曜21:00~)の最終回「正義」が9月13日に放送されたが、ラスト十数分で急展開。予想できない意外すぎる結末にインターネット上でも反響があり、平均視聴率は12.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だった。この作品は、「第11方面本部準備室」室長の片桐正敏(吉田鋼太郎)、天樹悠(東山)、沙村康介(高嶋政宏)、水田環(倉科カナ)、青山新(塚本高史)、山下巧(片岡愛之助)、堂本俊太郎(北大路欣也)と、作品のタイトル通り、個性的な“刑事7人”が難解な刑事事件に挑む姿が描かれ、これまで第1、2シリーズ共に高評を博し、7月から第3シーズンに突入。この第3シリーズでは、臨海エリアを舞台に“闇の存在”に迫るという大きな軸で展開。この最終回は、第2話の拉致事件で何者かに監禁されていた山下だったが、第9話で救出され、最後は“刑事7人”が揃い、臨海エリアの最強の敵に迫った。ストーリーは、臨海エリアを裏で牛耳る大地主・馬久根恒義(山本學)が次々と狙撃されたが、天樹ら「第11方面本部準備室」の面々が阻止するも、狙撃犯の男2人がその場で自殺。その後、事件現場となったビルには、第三波として複数の爆弾も仕掛けられていたことも判明した。天樹らは、臨海エリアの利権を狙う謎の人物「御厨(みくりや)」によるテロの可能性を疑った。その矢先、馬久根が天樹らを呼び出し、ある...more
カテゴリー:

上川隆也『遺留捜査』クランクアップに「終わるのが…惜しいです」 - 09月14日(木)07:00 

上川隆也が主演する人気ドラマ『遺留捜査』(テレビ朝日系列、毎週木曜20:00殻)第4シーズンが、いよいよ本日9月14日に最終話を迎える。撮影は8月上旬、東映京都撮影所でクランクアップを迎えており、5月上旬からおよそ3カ月間にわたって京都の街を駆け抜けた主演の上川が感謝の思いを語った。この『遺留捜査』は、上川演じる糸村が事件現場に残された“遺留品”から事件そのものを解決するだけでなく、遺族の心情をも救う優しさと超マイペースで空気を読まない不思議キャラで視聴者を虜にし、7月から舞台を京都に移し、第4シーズンも初回から高評を博していた。この最後の撮影は、栗山千明、戸田恵子、永井大らレギュラーメンバーとの“特別捜査対策室”でのシーンだ。監督の「カット、OK!」の声に続き、スタッフから「オールアップです!」の掛け声が響くと、スタジオは大きな拍手に包まれた。3カ月間、共に“捜査”に汗を流してきた仲間とクランクアップを迎えた上川は「皆さま、本当にお疲れさまでした。暑い京都の夏を、一緒に走り抜けていただいて感謝しています。正直言いまして、連続ドラマとして戻って来ることができるとは思っていなかった『遺留捜査』が、こうして場所や設定も新たに帰って来ることができ、無事に撮影を終えることができて本当にうれしく思います」と感無量の面持ちを浮かべ、キャストたちとガッチリ握手を交わしていた。また、今回の第4シー...more
カテゴリー:

もっと見る

「澤穂希」の画像

もっと見る

「澤穂希」の動画

Wikipedia

澤 穂希さわ ほまれ、1978年9月6日 - )は、東京都府中市出身の元女子サッカー選手。元サッカー女子日本代表。ポジションはミッドフィールダー。 6度のW杯と4度の五輪に出場。 2011年FIFA女子ワールドカップドイツ大会で得点王とMVPを獲得。2011年度FIFA最優秀選手賞受賞者。日本女子代表では歴代トップの出場数とゴール数を記録している(205試合83得点)。

経歴・人物

府中市立若松小学校府中市立第五中学校東京都立南野高等学校(現:東京都立若葉総合高等学校)を卒業。帝京大学中退知恵蔵2015。左利き...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる