「澤登正朗」とは?

「澤登正朗」の画像

もっと見る

「澤登正朗」の動画

Wikipedia

澤登 正朗(さわのぼり まさあき、1970年1月12日 - )は、静岡県富士宮市出身の元サッカー選手、サッカー指導者、サッカー解説者。現役時代のポジションはMF。日本代表にも選ばれ、Jリーグの初代新人王でもある。引退後はテレビ雑誌などでのサッカーの解説者として活動。JFAアンバサダーも務める。メディアによって、沢登 正朗の表記も見られる。

来歴

東海大学第一高校(現・東海大学付属静岡翔洋高校)2年生のときに第65回選手権大会で優勝。3年生の第66回選手権大会で準優勝。

東海大学体育学部卒業後、1992年から清水エスパルスの草創期メンバーとして活躍し、2005年11月23日に現役を引退するまで清水一筋であった。Jリーグ創設の1993年から2005年まで、同一クラブのみで13年連続ゴールを決めているただ一人の選手であるJ創設からの13年連続ゴールを記録したプレーヤーとしては、他に三浦知良がいるが、三浦は途中で移籍を挟んでおり、また国外移籍によってJリーグに不在の時期がある。また、中山雅史は15...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる