「澤登正朗」とは?

関連ニュース

【サッカー】<高校サッカーの英雄>疑問を抱いた“走るだけ”の練習「それは指導者の手抜きです」  - 10月18日(水)18:48  mnewsplus

東海大一高の“助っ人”として選手権を沸かせた三渡洲 違和感を覚えた他校の練習内容 「走るだけでは選手は伸びません。それは指導者の手抜きです」――三渡洲アデミール(アデミール・サントス)  三渡洲アデミールは、ブラジルから日本の高校への助っ人第一号だった。高校入学年齢より1年遅れで東海大一高校(現・東海大翔洋高校)へ編入すると、2年目には全国高校選手権で鮮やかなFKを決め、チームを優勝に導いている。名門校揃いの静岡県予選を初めて突破し、一気に全国の頂点に駆け上った。  一方で東海大一に入学したことは、...
»続きを読む
カテゴリー:

「澤登正朗」の画像

もっと見る

「澤登正朗」の動画

Wikipedia

思い出のゴール

  • 1993年5月7日、1994 FIFAワールドカップ・アジア予選の1次予選最終戦・対アラブ首長国連邦(UAE)戦がアウェイのアル・アイン・スタジアムにて行われた。ここまで7戦全勝で迎えた日本代表は既に同年4月のホーム(国立競技場)におけるUAE戦で2対0の勝利を収めていたが、この日は気温33度、湿度も20%程度の過酷な天候が影響してかよもやの苦戦を強いられる。ホームの利と衰えない運動量に支えられたUAEのカウンター攻撃を凌ぎつつ、0対0で迎えた後半32分福田正博に代わり澤登が途中出場。UAEがPKと決定的なシュートを2度、ゴールポストとクロスバーに当てる幸運に助けられたものの、日本劣勢の展開は変わらずついに後半37分技ありのループシュートを決められ先制点を許してしまう。しかしわずか1分後の後半38分、澤登はUAEゴール前のクリアーミスを見逃さず右足で前方にトラップ、2度目の小さいバウンドが上がった所をペナルティエリア外側中央から豪快に右足を振りぬいた。左サイドネット際目掛けて放たれた鮮やかなミドルシュートはGKの手をかすめて決まり、このゴールによって試合は...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる