「漫画家」とは?

関連ニュース

怖い話 「怪談本」の呪い - 11月18日(土)22:00 

2005年に、筆者はある版元さんから怪談に関するムック本を発売した。 複数のライター、漫画家が参加していたが、筆者はメインライターとして怪談記事の記述を行った。 だがこの本...
カテゴリー:

安倍首相がイヴァンカと共にした「忘れがたき」?食事会 - 11月18日(土)19:00 

 去る11月2日。米国トランプ大統領(71)の娘であるイヴァンカ・トランプ(36)大統領補佐官が単独来日。「国際女性会議WAW!」への出席が目的だったが、メディアで報じられたネタの多くは、イヴァンカの着ている服や食べた料理に関するもの。メンズ占い師ユニットnot for sale.のメンバー 知性派アストロロジャー・SUGARと漫画家でコラムニストの辛酸なめ子が送る『あまから秘宝館』(占いTV:uranaitv.jp)では、イヴァンカのファッションに独自の視点で切り込んだ。 ■安倍首相との食事会はノーブラだった  成田空港に降り立った際には白襟のついたベビーブルーのコート。そして「国際女性会議WAW!」出席時にはピンクのセットアップを着用していたイヴァンカ。いずれもファッションブランドMiu Miuの洋服だというが、辛酸が驚いたのはセットアップのスカート丈だ。「ヒザ上30センチの超ミニでしたね」と振り返る。  さらに安倍晋三(63)首相との食事会の際は「ノーブラで乳首が浮き上がっていました」と辛酸。Twitterのトレンドワードに「ノーブラ」が出ていたため、思わず「ivanka braless」で検索したところ、乳首クッキリの画像が引っかかってきたという。  ちなみに安倍首相との会食の際にまとっていたドレスは、メディアで「着物風」と報じられたが、透け感抜群のため着物よりも肌じゅばん...more
カテゴリー:

初めてねこじゃらしを見たふくまる、こぼれた本音に涙 『おじさまと猫』 - 11月18日(土)10:20 

漫画家の桜井海(@sakurai_umi_)さんが公開している、人気漫画の『おじさまと猫』。 ペットショップで孤独な思いをしていた猫『ふくまる』と、優しいおじさまの触れ合いを描く、心温まる作品です。 『おじさまと猫』シリ […]
カテゴリー:

【支えたい女子必見】夢を応援すべき男性と、絶対に夢が叶わない男性の見分け方 - 11月18日(土)06:18 

この記事を読んでいるあなたには今、夢を応援している男性がいるのだと思います。その男性の野望が本当に達成されるかどうか、不安になったことはないでしょうか。昔行ったことがあるオカマバーのママに「いい男は、いい女の作品なのよ」と言われたことがあります。なるほど、確かにビジネスなどの分野で大成した男性の陰には、必ずと言っていいほどに、それを公私ともに支えた女性がいるものです。男性が「成長株」であった場合、困難をともに乗り越え、将来大成功を収めることができるでしょう。しかし、そもそも成長する気のない株に愛を注いでいても、そのリターンがくることはありません。結果的に「ダメ男に献身的な愛を捧げ、身を滅ぼすオンナ」の出来上がりです。それだけは何としても避けなくてはなりません。では、夢追い男子の中で、どんな人の夢だったら献身的に応援しても良いと言えるのか?その見極め方を一緒に考えてみましょう。「口」よりも「足」を信じろ「いつかビッグになってやるんだ!」男ってもんは、どうもロマンに生きる生き物のようでして、そこに現実感が伴っていなくても、その夢を信じることができる才能を持っています。だからこそ、あなたにも「次こそは」「今度こそ」と根拠のない自信を、自信満々に振りかざすことができます。ピュアなあなたはその言葉を真に受け、もう何年もその成功を待っていることでしょう。しかし誠に残念ながら、その言葉を何一つ信...more
カテゴリー:

『先に生まれただけの僕』が示す親の説明責任。理不尽な現実は伝えるべきか? - 11月17日(金)21:00 

現在、日本テレビ系で放送中の『先に生まれただけの僕』。櫻井翔ふんする教育現場のことなどなにひとつ知らない若きビジネスマンが旧態依然とした学校に風穴をあけていく奮闘劇です。ただし、その大筋だけで見てしまうのはちょっともったいない。学園が舞台なのでティーン向けに思われがちですが、このドラマは違います。むしろ子どものいる親ほど意義深い内容になっているからです。© Monet - stock.adobe.com■社会の理不尽や格差を伝えることの意義とは5話までの個人的な見解ですが、もっとも考えさせられたのが、「社会の本音と建て前」をどこまで子どもに伝えるべきかということ。本音と建て前は、「社会のいいところ、悪いところひっくるめてのリアル」と言い換えていい。もっといえば、はたして自分はいまの現実社会の“明と暗”を子どもにきちんと伝えることができているかということです。本ドラマの主人公で新米校長の鳴海涼介は、社会に“理不尽や格差”があることを生徒たちに隠しません。ちょっと前のめりの性格もあってか自分が良かれと思ったら、ネガティブなことも生徒にズバズバ伝えていきます。●デジタル万引の愚かさと罪ある生徒がコンビニエンスストアで漫画の全ページをスマホで写真に撮るデジタル万引をしでかしたとき。© Syda Productions - stock.adobe.com担当教師は、メールをみていただけとしら...more
カテゴリー:

【テレビ】オードリー若林「ワンピースって好きじゃないんすよ。日本人はワンピ読んでて当たり前みたいな風潮やめましょ」★4 - 11月18日(土)20:52  mnewsplus

14日放送の「セブンルール」(フジテレビ系)で、若林正恭が、大人気漫画「ONE PIECE」を愛読するファンの印象を語った。 この日、漫画「あげくの果てのカノン」などの作品がある漫画家・米代恭氏に密着取材した番組。オープニングでは、出演者が今までに読んできたマンガの話題となった。 会話の中で「ONE PIECE」が好意的に言及されると、若林は「『ONE PIECE』って、読んでないと、なんか血が通ってない人間みたいな言われ方しません?」と問いかけた。 出演者から笑いが起きる中、若林は愛読者たちとの協調を保たなければ「め...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】オードリー若林「ワンピースって好きじゃないんすよ。日本人はワンピ読んでて当たり前みたいな風潮やめましょ」★2 - 11月18日(土)14:05  mnewsplus

14日放送の「セブンルール」(フジテレビ系)で、若林正恭が、大人気漫画「ONE PIECE」を愛読するファンの印象を語った。 この日、漫画「あげくの果てのカノン」などの作品がある漫画家・米代恭氏に密着取材した番組。オープニングでは、出演者が今までに読んできたマンガの話題となった。 会話の中で「ONE PIECE」が好意的に言及されると、若林は「『ONE PIECE』って、読んでないと、なんか血が通ってない人間みたいな言われ方しません?」と問いかけた。 出演者から笑いが起きる中、若林は愛読者たちとの協調を保たなければ「め...
»続きを読む
カテゴリー:

名著『君たちはどう生きるか』が教える!子ども、そして親の人生を豊かに導く3つのヒント - 11月18日(土)06:30 

「どんな人間になるべきか」はなんとなく教えることはできても、もし子どもに「どう生きるべきか」と生き方を尋ねられたら、すぐに答えることは難しいのはないでしょうか。 親の学歴・所得に関係なく「学歴&幸福度の高い子ども」に育てる2つの条件 そんな中注目を集めているのが、『漫画 君たちはどう生きるか』という1冊の本。第二次世界大戦前、1937年に出版された吉野源三郎のベストセラー小説『君たちはどう生きるか』を漫画化したもので、売り上げが50万部を超えるなど今や社会現象とも呼べるまでになっています。 その魅力はどこにあるのか? 同書の制作を担当された漫画家の羽賀翔一さんにお話を伺います。 身近な問題との向き合い方を教えてくれる 今回の漫画化にあたり、初めて原作を読んだという羽賀さん。実際に本を読んでみて、80年前に書かれた本であることに驚いたといいます。 羽賀翔一さん(以下、羽賀)「感覚として非常に今っぽいところがありますし、普遍的なメッセージが込められている作品だと思いました。 コペル君(主人公)というキャラクターも、とても子供らしいというか人間らしいというか、無邪気に何かを学んでいく姿勢を持ちながらも、大きな過ちを犯してしまう。 そこからどう立ち直るか、どう自分と向き合うか、ということが描かれています」 物語は、父親を亡くした中学2年生の“コペル君”と、母方の“おじさ...more
カテゴリー:

オードリー若林「ワンピースって好きじゃないんすよ。日本人はワンピ読んでて当たり前みたいな風潮やめましょ」 - 11月18日(土)03:23  mnewsplus

14日放送の「セブンルール」(フジテレビ系)で、若林正恭が、大人気漫画「ONE PIECE」を愛読するファンの印象を語った。 この日、漫画「あげくの果てのカノン」などの作品がある漫画家・米代恭氏に密着取材した番組。オープニングでは、出演者が今までに読んできたマンガの話題となった。 会話の中で「ONE PIECE」が好意的に言及されると、若林は「『ONE PIECE』って、読んでないと、なんか血が通ってない人間みたいな言われ方しません?」と問いかけた。 出演者から笑いが起きる中、若林は愛読者たちとの協調を保たなければ「め...
»続きを読む
カテゴリー:

小林よしのりVS文春、エスカレート続く 連日「顔写真」公開の異常事態 - 11月17日(金)20:34 

「カルト文春を潰せ」「謝罪に追い込むまで戦う」――漫画家・小林よしのり氏(64)の「週刊文春」批判が止まらない。2017年11月16日のブログで、今度は同誌のデスクだとする人物の写真を公開したのだ。
カテゴリー:

もっと見る

「漫画家」の画像

もっと見る

「漫画家」の動画

Wikipedia

漫画家(まんがか)は、漫画作品の制作を生業とする人のこと。古典的な風刺漫画から、四コマ漫画などのギャグ漫画や短編のギャグストーリー漫画を描く人、シリアスな展開が求められる長編漫画まで、いずれの場合も制作者は漫画家と呼ばれる。

概要

日本における一コマ漫画4コマ漫画欧米におけるコミック・ストリップのような比較的単純な漫画の場合、漫画の制作は概ね1人の漫画家によって行われるが、ストーリー性のある複雑な長編漫画などの場合、以下に示すように各国によって漫画家の仕事内容が多少異なる。

長編漫画の制作過程は、プロットの作成、ネームの作成、下書き、ペン入れ、(カラー作品の場合は)彩色、というように様々な作業工程を経るが、日本におけるストーリー漫画の場合、多くはこれらの作業を全て1人の漫画家が担当する。アシスタントを雇い補助的な仕事をさせたり、出版社の編集者が制作に深く関与したり、漫画家名義が複数の漫画家で...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる