「漢字ドリル」とは?

関連ニュース

宿題やる、やらないは家庭の責任!? 認識の違いでやってしまいがちな「親のNG行動」3つ - 09月19日(火)11:36 

共働き家庭が増えたことにより、毎日子どもが学校から持ち帰る宿題は親にとっても負担となっています。 ゲームをやらせないのはもったいない!? 実は子どもの力になる「勉強との両立」のコツ なかなか宿題をやろうとしない子どもに悩んでいるママや、宿題の多い少ないで悩んでいるママ、時間がなく、なかなか子どもと向き合って一緒に宿題ができないと悩むママなど、宿題にまつわる親の悩みは絶えません。 そんな宿題の悩みを解消すべく、日々試行錯誤しながら、我が子と向き合うために頑張っている家庭も多いでしょうが、そもそも学校の宿題とは子どもにとってどういうものであり、親は宿題に対してどう考えるべきものなのでしょうか。 今回は、宿題とは本来どういうものなのか、そしてその宿題を親はどう認識するべきかについて、元教師のYさんに聞いてみました。 親の宿題に対する認識の違いから、ついやってしまうNG行動についても3つご紹介します。 宿題を出すのは学校の義務ではない! 先生がサービスで出している!? 毎日子どもが当たり前のように持ち帰る宿題ですが、そもそも宿題とはどういうものでしょうか。 まず保護者に勘違いされやすいのが、「宿題を出すのは学校の義務」だということです。教育基本法に基づく学習指導要領にも書いてあるそうですが、家庭学習(宿題)は公教育で義務化はされていないようです。 つまり、学校は子どもに宿...more
カテゴリー:

「漢字ドリル」の画像

もっと見る

「漢字ドリル」の動画

Wikipedia

漢字ドリル(かんじドリル)とは、専ら小学校を対象に、国語科において主として利用者となる児童らが専ら漢字を学習、演習するための教材(学習ドリル)である。「書き取り」など宿題として課せられることも多い。尚、ドリルとは英語で「演習」「反復学習」という意味である。漢字スキルと言われる事もある。

構成

学年別、また学期別に分けられ、新たに履修する学習漢字の序列は各出版社の国語教科書の学習要項に準拠している。したがって教材を製作する各出版社(文溪堂、青葉出版など)はそれぞれの国語科教科書出版社(光村図書、東京書籍など)に準拠したものを用意している。装幀は右開き、縦書きで、サイズは短冊状、または小冊子形式が主流である。

冊子の内容は以下の通りである。教科書掲載の各作品の順番に因み、新たに履修する漢字の「解説」、続いて教科書の初出語例に準拠した「読み」の問題、同じ語例を踏襲した「書き」の問題と続いていく。「解説」は基本的な音訓、筆順、意味、主な熟語例などが記載されているが、関連学習ができるように今後新たに履修する読み方なども載っており、また誤りやすい用法や誤字などの注意が導かれることもある。「読み」と「書き」は10問ないし20問の類例を挙げ、テスト形式で利用者に解かせる形となっている。そして、大抵は裏面に模範解答が記載されている。利用においては、直接ドリルに書き込まず、専用の学習ノートを利用者に用意させることが多い(ドリ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる