「漢字ドリル」とは?

関連ニュース

小室哲哉 妻・KEIKOの現状を告白し衝撃が走る「音楽への興味がなくなった」「漢字ドリルが楽しい」 - 01月19日(金)22:40 

週刊文春に不倫疑惑の報道をされた小室哲哉が19日に記者会見を開いた。不倫疑惑への釈明になると思われた会見は、小室自身の病気、楽曲制作への不安・悩み、妻・KEIKOの病状など衝撃的な告白に至り、さらに今回の騒動をきっかけに、音楽活動を引退する決意を表明した。 事の発端は、18日に発売した週刊文春に、小室がくも膜下出血でリハビリ療養中の妻・KEIKOの介護をサポートするかたわら、看護師と不倫していたと報道されたこと。しかし、小室は19日の会見で不倫について完全否定した。 明かされたKEIKOの現状 音楽への興味は薄れ、漢字ドリルが楽しい ここで、小室の口からここ数年のKEIKOの様子が語られていく。身体的な後遺症はなかったKEIKOだが、脳の機能障害は残ったため、大人の女性としてのコミュニケーションがとれなくなり、最初の頃は「女性というより女の子という印象を受けた」と小室。 音楽にも興味がなくなってしまったというKEIKO。小室がカラオケに誘ったり、ネットで音楽を聴かせたり、CDを一緒に聴くなど、小室なりにいろいろ試みたが、日に日に音楽への興味は薄れてしまっているようだと語る。 今年で7年目になるが、初期に無理やりレコーディングスタジオに連れていき、小室とKEIKOの心境を歌詞に綴った未発表曲をなんとか歌ってもらったという。しかし、それ以降は「もういいよね」と、ほぼ歌うことはなくなった...more
カテゴリー:

小室哲哉、KEIKOは「ほぼ歌わなくなった」「小4の漢字ドリルが楽しい」 - 01月19日(金)15:22 

看護師の女性との不倫疑惑が報じられた音楽プロデューサー・小室哲哉(59)が19日、都内で会見を行い、騒動のけじめとして引退すると発表。くも膜下出血で療養中の妻・KEIKOの現状についても詳しく語った。
カテゴリー:

小室哲哉、妻・KEIKOとの離婚否定 療養中の現状明かす - 01月19日(金)17:39 

 18日発売の『週刊文春』で看護師との不倫疑惑が報じられた音楽プロデューサー・小室哲哉(59)が19日、都内で記者会見を開いた。一連の騒動の責任をとる形で「僕なりのけじめとして引退を決意しました」と発表。大勢の報道陣を前に不倫疑惑を釈明し、妻・KEIKO(45)との離婚については否定した。 【写真】ステージ上で見つめ合う小室哲哉&KEIKO  報道によると、小室は12月中旬にある女性宅に泊まり、1月上旬には都内の高級ホテルで密会。妻のKEIKOが実家に帰省している1月上旬には自宅に女性を招き、一夜を共にしたという。同誌の取材に小室は、不倫疑惑について「誤解を招く甘い言動が多々ありました。本当に申し訳ないと思っています」とした上で“男女の関係”を否定。だが、A子さんと自分の部屋で“一緒に寝た”ことは認めていた。  報道の相手を「仲の良い信頼できる看護師さん」とし「男女の関係ではない、全くありません」ときっぱり。一方で騒動化したことに対しては陳謝し「誤解を生じさせて、往々にして男女の関係を想像させる環境もあった。これを最近、皆さんで使ってらっしゃる言葉で使わせていただきますが『不徳の致すところ』という言葉以外にはありません。そこは重々承知しています、申し訳ありません」と頭を下げた。  2011年、KEIKOがくも膜下出血になって以来6年、献身的にリハビリを支えてきたが「3年ほど...more
カテゴリー:

ミニストップ「ベルギーチョコまん」が復活発売! コク深いビターな味わい - 01月08日(月)11:30 

全国のミニストップにて、ベルギー産クーベルチュールチョコレートを使用した「ベルギーチョコまん(税込:108円)」が、2018年1月5日(金)より順次発売されています(2018年1月12日(金)より、国内のミニストップ全店で発売開始)。 【ギャラリー】商品の写真をまとめて見る 2016年11月に3年ぶりに発売した「ベルギーチョコまん」は、コク深いビターな味わいを楽しめるスイーツ系中華まんとして一躍人気に。今回は数量限定での発売です。 ≪商品情報≫ ■商品名 :ベルギーチョコまん ■価格 :108円(税込) ■エネルギー :166Kcal ミニストップの人気フレーバーソフト「ベルギーチョコソフト」の一部にも使われているベルギー産クーベルチュールチョコレートを使用したスイーツ系中華まん。ビターなチョコレートに合わせ、オレンジピールがトッピングされています。 その重厚なカカオの香りやコク深いビターな味わいは、コーヒーとの相性も抜群です。ぜひお近くのミニストップで味わってみては? ≪その他の中華まんラインアップ≫ まるごとプリンまん ■価 格:108円(税込) ■エネルギー :175Kcal プリンを包んだ中華まんです。見た目にプリンをイメージできるようにココアパウダーや、キャラメルソースを混ぜ込んだ生地が使われています。じっくりと蒸し上げた甘めのプリンとカラメルが...more
カテゴリー:

「漢字ドリル」の画像

もっと見る

「漢字ドリル」の動画

Wikipedia

漢字ドリル(かんじドリル)とは、専ら小学校を対象に、国語科において主として利用者となる児童らが専ら漢字を学習、演習するための教材(学習ドリル)である。「書き取り」など宿題として課せられることも多い。尚、ドリルとは英語で「演習」「反復学習」という意味である。漢字スキルと言われる事もある。

構成

学年別、また学期別に分けられ、新たに履修する学習漢字の序列は各出版社の国語教科書の学習要項に準拠している。したがって教材を製作する各出版社(文溪堂、青葉出版など)はそれぞれの国語科教科書出版社(光村図書、東京書籍など)に準拠したものを用意している。装幀は右開き、縦書きで、サイズは短冊状、または小冊子形式が主流である。

冊子の内容は以下の通りである。教科書掲載の各作品の順番に因み、新たに履修する漢字の「解説」、続いて教科書の初出語例に準拠した「読み」の問題、同じ語例を踏襲した「書き」の問題と続いていく。「解説」は基本的な音訓、筆順、意味、主な熟語例などが記載されているが、関連学習ができるように今後新たに履修する読み方なども載っており、また誤りやすい用法や誤字などの注意が導かれることもある。「読み」と「書き」は10問ないし20問の類例を挙げ、テスト形式で利用者に解かせる形となっている。そして、大抵は裏面に模範解答が記載されている。利用においては、直接ドリルに書き込まず、専用の学習ノートを利用者に用意させることが多い(ドリ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる