「漁獲量」とは?

関連ニュース

【悲報】 日本人によるマグロの乱獲が止まらない。 「豊漁だから仕方ない」 - 04月23日(日)18:53 

クロマグロ 漁獲枠突破へ 日本、規制提案守れず  すしネタや刺し身に使われる太平洋クロマグロの小型魚(30キロ未満)の漁獲量が、国際合意に基づく日本の年間漁獲枠の上限を週明けにも超える見通しとなった。 西日本の近海を中心に豊漁のためだ。 漁獲枠は資源保護のため、日本の提案で設定されたが、旗振り役自らが規制を守れない事態に、国際社会から批判を浴びそうだ。 https://mainichi.jp/articles/20170422/k00/00m/020/089000c ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

クロマグロ、あと1トンで「漁獲枠」上限に - 04月21日(金)20:30 

クロマグロ、あと1トンで「漁獲枠」上限に:水産庁によると、30kg未満の太平洋クロマグロの漁獲量が、国際合意で決められた上限に迫っている。...
in English
カテゴリー:

潮干狩り中止相次ぐ 連休前なのに…天候不良? 愛知 - 04月20日(木)15:29 

 大型連休を前に、全国一のアサリ漁獲量を誇り、国産の6割を占める愛知県で、潮干狩りの中止や期間の短縮が相次いでいる。台風や天敵による食害などが原因とみられ、漁業関係者も困惑している。 4月中旬、三河湾…
in English
カテゴリー:

春が旬のあさり バター2度入れ・塩なしの酒蒸しがおすすめ - 04月20日(木)07:00 

 日本各地に生息する「あさり」。一年を通して入手可能だが、旬は春。しかし、近年、環境悪化などによって漁獲量の激減が懸念されている。  あさりには赤血球を生成する作用があるビタミンB12と鉄が豊富で、貧血の予防・改善、そして肝機能強化に役立つ。さらには、血圧や血糖値、コレステロールを低減させるタウリンも多く含まれ、心臓や肝臓機能向上にも効果がある。このほか、カルシウム、カリウム、クロムなどのミネラルや、アルコールの代謝を促進するナイアシンなど、非常に栄養価が高くうまみの強い二枚貝だ。  ちなみに、あさりは濾過摂食者(餌の取り方の一種で、触手やエラなどで濾過するように餌を取る生き物)で、水質浄化が期待できる。成貝の漉水量は1個体でおよそ1日に10リットルと多く、水質浄化と漁獲回復を狙った干潟再生事業も行われている。  家庭料理研究家の松田美智子さんはこう話す。 「ぷっくりと太った春のあさりは、はまぐりに引けをとらないうまみとやわらかな身がたまりません。とくに、シンプルな酒蒸しは、あさりの滋味を丸ごと味わえる定番。ぜひ“バター2度入れ・塩なし”でお試しを。私が小学生の頃に研究を重ねてたどり着いた黄金率です」 ◆あさりの【準備】  あさりは殻が丸みを帯びてふくらみ、口がしっかりと閉じていて、艶のあるものを選ぶ。買ってきたら薄い塩水に漬けて暗所に2時間ほど置き、しっかりと砂を吐かせる。その後...more
in English
カテゴリー:

【食】クロマグロ、月内にも日本の漁獲量上限超え 海外から批判必至★2 - 04月19日(水)08:00 

クロマグロ、漁獲量上限超え 海外から批判必至 月内にも小型魚の罰則強化へ  資源の枯渇が懸念されている太平洋クロマグロについて、国際合意で決められた30キロ未満の小型魚の漁獲量が、月内にも上限を超えることが16日、分かった。  超過分だけ次年度の漁獲枠が差し引かれる。  国内の沿岸部で違法操業などが相次いで発覚していることもあり、規制を求める海外からは、日本の資源管理の姿勢に批判が集まることになりそうだ。  太平洋クロマグロの資源量を回復させるため、国際機関の中西部太平洋まぐろ類委員会(WC...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

クロマグロ:漁獲枠突破へ 日本、規制提案守れず - 04月21日(金)21:29 

 すしネタや刺し身に使われる太平洋クロマグロの小型魚(30キロ未満)の漁獲量が、国際合意に基づく日本の年間漁獲枠の上限を週明けにも超える見通しとなった。西日本の近海を中心に豊漁のためだ。漁獲枠は資源保護のため、日本の提案で設定されたが、旗振り役自らが規制を守れない事態に、国際社会から批判を浴びそうだ。
in English
カテゴリー:

マグロの漁獲上限超える見通し 規制強化される可能性も - 04月21日(金)19:23 

 絶滅の恐れがあるとされる太平洋クロマグロ(本マグロ)の幼魚(重さ30キロ未満)の日本での漁獲量が、国が2015年に設けた年間の上限4007トンの枠を突破する見通しだ。欧米が、より強い規制を求める可能…
in English
カテゴリー:

【漁業】なぜ日本はクロマグロの漁獲枠を守れないのか? - 04月20日(木)12:20 

昨年から、クロマグロの国別の漁獲枠が導入されました。日本は去年の7月から今年の6月までの漁獲を、30kg未満の未成魚は4008トン、30kg以上の成魚は4882トン以下に抑えることに合意したのですが、漁獲量が超過することが確実な情勢です。このような事態になったのは、漁業者のモラルよりは、むしろ、漁獲規制の仕組みに問題があると筆者は考えます。 現行の漁獲規制とその問題点 まず、日本の漁獲規制の仕組みについて説明します。水産庁は日本を6つのブロックに区切って、漁獲枠を配分しました。さらに、主要な県には県ごとの枠を...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

イカの不漁でそば屋のゲソ天が160円→200円に - 04月19日(水)20:42 

全国的にイカの不漁が続いている影響でそばなどのトッピングの定番でイカのゲソを揚げ た天ぷら「ゲソ天」を値上げする店も出ています。 全漁連=全国漁業協同組合連合会によりますと、全国のスルメイカの漁獲量は、去年は およそ6万4000トンで20年前の6分の1以下となっています。水産庁は、ここ数年、産卵 場所と見られる東シナ海で水温が低下し、イカの産卵に適さない環境になっていることなど が影響しているのではないかとしています。 こうしたイカの不漁で庶民の味にも影響が出ています。 千葉県市川市のJR...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

クロマグロを漁獲量規制対象に追加 - 04月19日(水)05:00 

 政府は18日、資源量が低迷する太平洋クロマグロの保護を強化するため、法律に基づいて年間漁獲量に上限を設ける制度の対象に、クロマグロを追加することを決めた。関係する政令の改正を閣議決定した。来年1月以降に適用する予定。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「漁獲量」の画像

もっと見る

「漁獲量」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる