「漁獲量」とは?

関連ニュース

韓日のイカ漁獲量急減 中国の北朝鮮水域操業が影響=韓国機関 - 10月16日(月)11:14 

【釜山聯合ニュース】中国の漁船が北朝鮮水域で操業を始めてから韓国と日本のイカの漁獲量が急減した。その一方で中国の漁獲量は急激に増えていることが、16日までに明らかになった。  政府系
カテゴリー:

【北方領土】ロシア国境警備局が連行 北海道の漁船が解放される - 10月14日(土)00:19  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171013/k10011177561000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005 北方領土の沖合で先週、ロシア国境警備局の臨検を受けて国後島に連行されていた北海道の厚岸漁協所属のサンマ棒受け網漁船が13日、ロシア当局から解放されたことがわかりました。水産庁によると、漁船は現在、厚岸港に向かっていて、乗組員の健康状態は全員問題がないということです。 北海道の厚岸漁協所属のサンマ棒受け網漁船「第六十三福寿丸(199トン)」は今月5日、根室市の南東およそ300キロの海域で、ロ...
»続きを読む
カテゴリー:

アジの由来は味? - 10月12日(木)18:00 

魚のアジはとてもおいしいものです。刺し身のほか、フライ、南蛮漬けなど、さまざまなメニューに応用できるでしょう。魚の中でもかなりおいしい品種ですが、その名の通り、アジの語源は味が良いためとされています。 アジの語源は味? 魚はさかなへんがついていますが、味はさかなへんに参と書きます。これは何か語源があるようでいて実はそうではありません。アジはもともと、さかなへんに操の文字があてられていましたが、右側の文字を参と間違って書いてしまい、それが定着したものと言われています。さかなへんに参とはいっても、この文字には意味はありません。 アジは海水語の総称 アジという魚は通称はマアジをさしますが、それ以外にもマアジ、シマアジ、ムロアジ、ブリ、カンパチなどもアジと総称してさします。確かにこれらの魚はどれもおいしいものですから、味が良いという理由からアジの名前がつけられたのでしょう。全国各地で獲れますし漁獲量も多いため、古くから庶民の魚として親しまれてきたのでしょう。だてにアジという名前がついていませんね。さらにアジに類する魚は世界各地で獲れますが、特に日本で獲れるアジはとりわけ味が良いといわれています。身近にありながらも意外と知られていないお魚にまつわるお話でした。元記事をビーカイブで確認!■関連記事勝ち組、負け組とブラジル平氏と源氏ってそもそも何?平家滅亡:平清盛がいない平家のオワコンぶり
カテゴリー:

【北海道】根室沖でロシアが日本のサンマ漁船を臨検 国後島で検査へ - 10月07日(土)12:07  newsplus

 北海道根室市の南東約300キロ沖で、北海道厚岸町のサンマ棒受け網漁船「第63福寿丸」(199トン、17人乗り組み)が、5日午後にロシア国境警備局の臨検を受けたことが7日、水産庁への取材で分かった。実際の漁獲量と操業日誌の数字が異なる疑いがあるとして、北方領土の国後島で詳しい検査を受ける見通し。  水産庁によると、5日午後7時20分ごろ、全国さんま棒受網漁業協同組合(全さんま、東京)から、福寿丸が臨検を受けたとの連絡があった。漁船は7日までに、国後島の古釜布(ロシア名ユジノクリーリスク)に移動...
»続きを読む
カテゴリー:

【魚】秋魚が不漁、サンマ半減・サケ4割減 店頭価格3~4倍の大幅高 - 10月05日(木)22:01  newsplus

 秋が旬の魚の不漁が続いている。7~9月の漁獲量はサンマが前年同期と比べて5割、サケは4割減少した。海水温の変化などが原因とみられ、記録的な不漁となった前年をさらに下回る可能性が高い。スーパーや鮮魚店の販売価格はサンマが前年に比べて3~4倍に高騰している。  サンマ漁は過去40年間で最低だった2016年を下回る見通し。漁業情報サービスセンター(東京・中央)によると、7~9月の全国主要港の漁獲量は約1… ※続く 配信2017/10/5 20:43 日本経済新聞 続きは会員登録をしてお読みいただけます https://www.nikk...
»続きを読む
カテゴリー:

【北方領土】国後島に連行されたサンマ漁船、解放され厚岸に帰港 - 10月14日(土)11:26  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171014-00050047-yom-soci 北海道根室市の南東約300キロ沖でロシア国境警備局の臨検を受け、 国後島古釜布(ふるかまっぷ)に連行された北海道厚岸町・厚岸漁協所属の サンマ棒受け網漁船「第63福寿丸」(199トン、17人乗り組み)が13日解放され、 14日未明に厚岸漁港に帰港した。 乗組員は全員が健康という。 厚岸漁協によると、同漁船はロシア側に保証金を支払って解放され、 13日夕に国後島を出港。同日午後10時過ぎに花咲港に帰港し、 14日午前3時過ぎに厚岸...
»続きを読む
カテゴリー:

【北海道庁】クロマグロ突然豊漁、制限超過分を投棄容認 - 10月13日(金)23:39  newsplus

 北海道庁がクロマグロの漁獲量が増えすぎないよう、洋上投棄も容認する方針を打ち出したことが13日わかった。厳しい漁獲制限を実施している未成熟な小型魚(30キログラム未満)が豊漁で、上限を上回っているため。水産庁は生きた魚は放流、死んだ魚は水揚げして漁獲報告するよう指導しており、道庁に手法の見直しを求めている。  クロマグロは突然、漁獲量が増え、道庁は現在漁業者に操業自粛を要請している。これまでは「生… ※続く 配信2017/10/13 21:50 日本経済新聞 続きは会員登録をしてお読みいただけます https://www.n...
»続きを読む
カテゴリー:

根室沖でサンマ漁船臨検 ロシア、国後島で検査へ - 10月08日(日)12:13 

 北海道根室市の南東約300キロ沖で、北海道厚岸町のサンマ棒受け網漁船「第63福寿丸」(199トン、17人乗り組み)が、5日午後にロシア国境警備局の臨検を受けたことが7日、水産庁への取材で分かった。実際の漁獲量と操業日誌の数字が異なる疑いがあるとして、北方領土の国後島で詳しい検査を受ける見通し。
カテゴリー:

クロマグロ漁獲量超過、20道府県に定置網漁の自粛要請 - 10月06日(金)19:22 

 水産庁は資源の減少が懸念される小型の太平洋クロマグロについて、北海道や岩手県など20の道府県に対し、定置網漁の操業を自粛するよう要請しました。
カテゴリー:

【岩手】サンマ不漁で缶詰工場休止へ 昭和16年操業、76人のパートを解雇/宮古 - 10月04日(水)17:55  newsplus

記録的なサンマの不漁の影響で、サンマの缶詰などを製造する岩手県釜石市の会社が、宮古市にある工場を来月で休止し、70人余りのパートなどの従業員を解雇することになりました。 来月で休止することが決まったのは、昭和16年から操業している釜石市に本社がある食品製造会社「岩手缶詰」の宮古工場です。 岩手缶詰によりますと、この工場では大手食品メーカーから注文を受けてサンマのかば焼きの缶詰などを製造していますが、ここ数年の全国的なサンマの不漁に加えて、ことしに入って岩手県での水揚量も記録的に少なくなってい...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「漁獲量」の画像

もっと見る

「漁獲量」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる