「滝藤賢一」とは?

関連ニュース

『連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~』トーク付試写会にご招待! - 08月16日(水)09:10 

未解決事件、通称コールドケースを追うフィラデルフィア警察の姿を描き日本でも大ヒットした犯罪捜査ドラマ『コールドケース』。その日本版である『連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~』が9月6日(水)よりリリースとなることを記念し、トーク付試写会が行われることになった。応募要項は以下の通り。<『連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~』ブルーレイ&DVDリリース/デジタル配信記念 トーク付試写会>【日程】2017年9月5日(火)【上映タイトル】『連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~』 第1話「閉ざされた声」、第5話「プール」【スケジュール】 18:15 一般受付 18:30 第1話上映 19:30 解説トーク 20:00 第5話上映 20:50頃 上映終了予定【会場】ワーナー・ブラザース映画 神谷町試写室(東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー3階)【トークゲスト】池田敏(海外ドラマ評論家)【募集人数】5組10名様【応募先】〒104-0016 東京都中央区銀座8-12-8 PMO銀座八丁目3F「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」トーク付試写会 海外ドラマNAVI係【応募締切】8月29日(火)当日消印有効(※当選者の発表は、招待状の発送をもって代えさせていただきます)神奈川に舞台を移した本作で主人公に起用されたのは、連続ドラマ初主演の吉田羊。神奈川県警・捜査一...more
カテゴリー:

『黒革の手帖』高嶋政伸が武井咲を襲う…エロ親父っぷりが笑える - 08月11日(金)16:30 

(画像はYouTubeのスクリーンショット)武井咲が銀座最年少ママ役を演じ、その悪女っぷりが好評のドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)。10日に第四話が放送され、高嶋政伸との攻防戦が話題に。■裏口入学で儲ける塾の理事長が標的に前回、銀座で一番のクラブが売りに出されていることを知った元子(武井)。必要となる3億円と、現在経営する『クラブカルネ』の価格1億円の差額を埋めるべく動き出す。標的となったのは、大手進学予備校「上星ゼミナール」理事長・橋田常雄(高嶋)だ。橋田は塾経営の傍ら、寄付金という名目で生徒の点数を金で売り、裏口入学を斡旋することで莫大な儲けを生み出していた。1点につき100万円と超高額だが、愛する子供を医者にしたい親にとっては安いようで、寄付金枠紹介リストには多くの名前が。■元子をなんとしても抱こうとするエロ親父そんな大金持ちの橋田だが、相手としては少々厄介。かなりのエロ親父で、なんとかして元子を抱こうとするのだ。その行動を箇条書きで紹介すると……・元子が意識している議員秘書の安島(江口洋介)と楽しく会話していると割り込んできて、2人で箱根旅行に行くのか問うなど、男女の関係を疑う・料亭の個室を食事をともにしていると、急に「顔色が悪い」と言い出し、無理やり休ませようとするが、隣の部屋には布団が敷いてある(※レイプは未遂に終わる)・その際、「愛が欲しい...more
カテゴリー:

山下智久が「VS嵐」プラスワンゲストに登場で大歓声 - 08月10日(木)20:00 

8月17日(木)放送の「VS嵐」(毎週木曜夜7:00-7:57フジテレビ系)に、嵐と共に闘うプラスワンゲストとして山下智久が登場することが明らかとなった。 【写真を見る】「俺らいらないじゃん!」と不満顔のサンドウィッチマン 毎週月曜夜9時から放送中のドラマ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(フジ系)に出演中の山下は、7月13日放送の「VS嵐 夏の2時間スペシャル」でも、“ドラマ「コード・ブルー」チーム”として出演し、嵐と対決。 拮抗していた対決だったが、最終対決「ボンバーストライカー」で山下が見事な活躍を見せ、チームを勝利に導いた。嵐チームも「最後にやる男」として敵チームながら山下を称賛した。そんな山下が、今回は嵐チームとして参戦。山下がプラスワンとして嵐と一緒に戦うのは今回が初めてとなる。 山下が登場すると、スタジオの観客からは大歓声が。その歓声に二宮和也は「もう(嵐チームの)勝ちでいいね」と言うほど。 割れんばかりの歓声にやや押され気味なのは、今回嵐と対決するサンドウィッチマンら、同事務所所属芸人による“チーム グレープカンパニー”。 伊達みきおは山下を加えた嵐チームを前に「俺らいらないじゃん! 恥ずかしい!」と早くも自信喪失。そんなサンドウィッチマンらに櫻井翔が「きょうはジャニーズ対グレープカンパニーだね」とさらにダメ押し。 対決前から...more
カテゴリー:

今回も見逃せない高嶋政伸の怪演 『黒革の手帖』で「完全に雄になった」 - 08月10日(木)08:00 

 女優の武井咲が主演するテレビ朝日系ドラマ『黒革の手帖』(毎週木曜 後9:00)。10日に放送される第4話では、高嶋政伸演じる大手予備校理事長・橋田常雄がメインで登場する。作品ごとに個性の強い人物を巧みに演じ、俳優界きっての“怪優”としてその名を轟かせている高嶋。今作でも、一度見たら忘れられない髪型とともに、その底知れぬ魅力をいかんなく発揮する。  派遣先の銀行から表沙汰にできない借名口座のリストを盾に、1億8000万円もの金を横領し、銀座にクラブ「カルネ」をオープンさせた原口元子(武井)。銀座・最年少ママとして快進撃を見せる元子だったが、その欲望は収まらず、銀座の最高峰クラブ「ルダン」を手に入れたいと思うようになる。  そのためには、さらに金がいる。そこで、全国に8万人もの生徒を抱える大手予備校『上星ゼミナール』の理事長にして、東林銀行世田谷北支店の借名口座に3億円を超える隠し預金を持つ橋田を次のターゲットとして狙うのだが…。  「私はママに惚れている」。そう告白してきたた橋田から「ルダン」の購入資金を引き出そうと画策する元子。しかし、思惑通りに動かないのが橋田という男の手強さ…。逆に橋田は、元子に対して金よりも“真実の愛”が欲しいと激しい奇襲を仕掛けてくる。  高嶋演じる橋田は、とにかく執念の人。大手予備校チェーンを一代で築いたその手腕と強引さで「欲しいものは必ずものに...more
カテゴリー:

内藤理沙、裏切るときは思い切り…『黒革の手帖』で悪女に意欲! - 08月09日(水)19:17 

武井咲が、史上最年少23歳で稀代の悪女・原口元子役で主演するドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系列、毎週木曜21:00~)。危険と知りながらも、「黒革の手帖」を武器に魑魅魍魎の“怪物”たちと渡り合っていく元子と政財界でトップを目指す人々を中心に、それぞれの欲望が息苦しいほど交錯する夜の街・銀座で、“派遣のオンナ”から銀座のママへと華麗な転身を遂げた元子の、孤高の戦いが華やか描かれていく。本作で、島崎すみ江役を演じる内藤理沙さんにインタビュー。第1話で、衆議院議員秘書の安島富夫(江口洋介)が、政財界のフィクサー・長谷川庄治(伊東四朗)と料亭「梅村」で密談をするシーンで、安島を部屋まで案内していた仲居……この仲居が、のちにホステスとなるすみ江だ。登場人物全員が一癖も二癖もある“悪人”という本作で、すみ江はどんな思いを内に秘めている女性なのかにも注目しておきたい。――本作への出演が決まったと聞いたときの感想は?嬉しい反面、不安がいっぱいでした。私が目標としている女優・米倉涼子さんの出演作品の中で一番印象的なのが『黒革の手帖』で、その作品に出演できるということで、とても嬉しい気持ちと、素晴らしい作品に「(自分が演じて)大丈夫かな」という不安がありました。当時、私はこの世界に入りはじめたばかりで15歳の頃でしたが、米倉さんの演じた“元子ママ”はすごく印象に残っています。――武井咲さんが演じる“...more
カテゴリー:

『黒革の手帖』羽原大介氏「悪人たちにも五分の魂」 - 08月15日(火)06:00 

 女優の武井咲(23)が主演するテレビ朝日系『黒革の手帖』(毎週木曜 後9:00)。何度も映像化されてきた松本清張の不朽の名作に挑んでいるのは、脚本家の羽原大介氏(52)。「有名な原作に取り組むプレッシャーは僕にもありました。主人公の原口元子を『黒革の手帖』史上最年少の武井さんが演じるということもすごく意識していましたし、不安がなかったといえばうそになりますが、それも取り越し苦労だったというか、武井“元子”が思っていた以上に大人だったので、いま、終盤を執筆していてとても充実感があります」と、執筆秘話を明かす。 【写真】武井咲が着こなす和装も見どころ ■武井“元子”が思っていた以上に大人だった  羽原氏は、故・つかこうへいさんに師事し、運転手兼大部屋俳優を経て、脚本家デビュー。舞台作品の脚本・演出のほか、アニメ『ふたりはプリキュア』(2004年)などプリキュアシリーズを数作手掛けたこともあり、映画『フラガール』(06年)では日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。映画・ドラマの脚本で活躍しており、NHKの連続テレビ小説史上初となる外国人ヒロインを迎えた『マッサン』(14年)でも高く評価された。  『黒革の手帖』は、派遣社員として勤めていた銀行から1億8千万円もの大金を横領した元子が、その金と借名口座のリストが記された“黒革の手帖”を盾に、東京・銀座に自身のクラブ「カルネ」をオープ...more
カテゴリー:

武井咲が男を手玉に取りまくる『黒革の手帖』第4話 高嶋政伸の怪演&髪型が話題に - 08月11日(金)06:00 

 武井咲が銀座のクラブのママを演じる『黒革の手帖』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第4話が10日放送され、彼女が男たちを手玉に取る姿に「スカッとする」といった意見が寄せられるとともに、高嶋政伸の怪演と独特の髪型が放送直後からネットで話題となっている。【関連】「武井咲」フォトギャラリー 原作は松本清張の同名小説。派遣切りにあった銀行員・原口元子(武井)が仕返しに1億8千万円を横領。それを元手に銀座に高級クラブ「カルネ」を作り、政財界などの大物に取り入りながら「銀座の女王」になりあがっていく物語だ。  これまで何度も映像化され、浅野ゆう子や米倉涼子らがヒロインを務めてきた同作。今回、『黒革』史上最年少の23歳のママとなった武井だが、その「悪女ぶり」が毎回話題を呼んでいる。  第4話は、銀座最高峰のクラブ「ルダン」が3億で売りに出されると耳にした元子が、買収するための資金をねん出しようと、自分の店の客で、大手の進学予備校「上星ゼミナール」理事長・橋田常雄(高嶋政伸)に標的を定めるところからスタート。  橋田は日ごろから難関大学の裏口入学を斡旋し、これで得た大金を借名口座に預金しているのだが、元子はこの斡旋の証拠をつかみ、橋田をゆすろうと策をめぐらす。 だが、この後自分が罠にかかるとはつゆ知らず、元子にぞっこんの橋田。彼女が意識している国会議員の秘書・安島富夫(江口洋介)への嫉妬心も手伝...more
カテゴリー:

武井咲「嫌われてもあまり気にしないというところに共感」 - 08月10日(木)18:00 

――松本清張不朽の名作「黒革の手帖」(テレビ朝日系)で、銀座を舞台に、クラブのママとしてのし上がるヒロイン・元子を演じる武井咲。頭脳戦で男を手玉に取る悪女役に挑戦し、新たな魅力を放っている。 【写真を見る】「黒革の手帖」登場人物相関図。武井の脇を固めるキャストには、相関図に入っているメンバー以外に、高畑淳子、滝藤賢一、和田正人、内藤理沙など実力派キャストが揃う/(C)テレビ朝日 武井:毎日が戦いですが、現場はとても楽しいですね。元子が変貌する過程をどう印象的に見せるか、個性をどう際立たせるか、監督と話し合いながら作り上げています。プレッシャーも感じますし、インパクトがある作品なので、今回はいろいろと考え過ぎてしまって…。“もう少し自分らしく演じた方がいいのかな?”と、最近やっとそう思えるようになりました。元子と同じで、私自身も“あなたにできるの?”と試されているような気がするので、そこを打ちのめしていきたいと思っています ――次々と襲い掛かる敵に、たった1人で対たい峙じするヒロイン・元子。役の魅力をどこに感じているのか。 武井:頭がいい人なんですけど、すごく人間らしいところもあって、今はまだそれを隠しているんですよね。自分で切り開いていく強さも感じるし、こんなに気持ちがいい役はなかなかない(笑)。目上の先輩方にたんかを切るときは、思い切ってやらせていただいています ――これまで清純...more
カテゴリー:

内藤理沙、裏切るときは思い切り…『黒革の手帖』で悪女に意欲! - 08月10日(木)07:00 

武井咲が、史上最年少23歳で稀代の悪女・原口元子役で主演するドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系列、毎週木曜21:00~)。危険と知りながらも、「黒革の手帖」を武器に魑魅魍魎の“怪物”たちと渡り合っていく元子と政財界でトップを目指す人々を中心に、それぞれの欲望が息苦しいほど交錯する夜の街・銀座で、“派遣のオンナ”から銀座のママへと華麗な転身を遂げた元子の、孤高の戦いが華やか描かれていく。本作で、島崎すみ江役を演じる内藤理沙さんにインタビュー。第1話で、衆議院議員秘書の安島富夫(江口洋介)が、政財界のフィクサー・長谷川庄治(伊東四朗)と料亭「梅村」で密談をするシーンで、安島を部屋まで案内していた仲居……この仲居が、のちにホステスとなるすみ江だ。登場人物全員が一癖も二癖もある“悪人”という本作で、すみ江はどんな思いを内に秘めている女性なのかにも注目しておきたい。――本作への出演が決まったと聞いたときの感想は?嬉しい反面、不安がいっぱいでした。私が目標としている女優・米倉涼子さんの出演作品の中で一番印象的なのが『黒革の手帖』で、その作品に出演できるということで、とても嬉しい気持ちと、素晴らしい作品に「(自分が演じて)大丈夫かな」という不安がありました。当時、私はこの世界に入りはじめたばかりで15歳の頃でしたが、米倉さんの演じた“元子ママ”はすごく印象に残っています。――武井咲さんが演じる“...more
カテゴリー:

岡田准一主演『関ヶ原』、見つめ合う石田三成&初芽も描く新予告編解禁 - 08月07日(月)17:40 

 歴史小説界の巨匠・司馬遼太郎原作の映画『関ヶ原』が、岡田准一、役所広司、有村架純ら豪華キャストにより完全実写化。まもなくの映画公開に先駆け、最新の予告編が解禁され、石田三成と徳川家康が“関ヶ原の戦い”に挑むまでの心理戦が描かれているほか、三成役の岡田と有村演じる初芽が見つめ合う姿も映し出されている。【関連】初芽役「有村架純」フォトギャラリー 映画『関ヶ原』は、戦乱の世に終止符を打ち、のちの日本のあり方までも決定づけた歴史的な合戦“関ヶ原の戦い”をテーマにしたスペクタクル・アクション。秀吉(滝藤賢一)亡きあと、豊臣家への忠義から立ち上がった石田三成(岡田)や、天下取りの野望を抱く徳川家康(役所)などが世紀の合戦へ向かうまでの経緯、そして、三成を守る忍び・初芽(有村)との密やかな“愛”の姿などが描かれる。 今回、解禁された最新予告編は、三成が秀吉の家臣になったきっかけといわれるお茶でのおもてなしシーンからスタート。“佐吉”の愛称で呼ばれた三成のセリフ「義を貫く者に心惹かれます」からは、正義を信じ、愛を貫くその人柄が垣間見える。 しかし、義を重んじるがあまり家康のしたたかさが気に入らない三成と、その姿勢を快く思わない家康は次第に敵対関係に。さまざまな人物を巻き込み、やがて“関ヶ原の戦い”へと発展していくさまが映像からも伝わる。 さらに、三成と初芽のたがいの“恋心”を感じさせるシーンも解...more
カテゴリー:

もっと見る

「滝藤賢一」の画像

もっと見る

「滝藤賢一」の動画

Wikipedia

滝藤 賢一(たきとう けんいち、1976年11月2日 - )は、日本俳優愛知県名古屋市出身。エージェントオフィスタクト所属。

来歴

愛知県立天白高等学校卒業後、映画監督を志して上京。放送大学教養学部修了。映画バレット・バレエのオーディションに合格したことを機に俳優を志す。その後、1998年から2007年まで俳優・仲代達矢主宰の俳優養成所「無名塾」に在籍し、舞台を中心に活動していた。無名塾の同期には真木よう子内浦純一がいる。

2008年、映画クライマーズ・ハイに出演。当時は全くの無名だったにもかかわらず、ワークショップで面識があった原田眞人監督からオーディションに呼ばれ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる