「滝川西」とは?

関連ニュース

【高校野球】夏の恒例『高校野球』の開会式で女子生徒にアクシデントが発生、批判続出 ★2 - 08月15日(火)00:18  mnewsplus

夏の恒例となっている高校野球。 今年で第99回となる『全国高校野球選手権大会』だが、その開会式の途中アクシデントが起こったようだ。 https://youtu.be/FsiXCVh7OTo そのアクシデントは、動画再生後37分50秒頃に記録されている。 大会審判委員長である八田英二・高野連会長による“励ましの言葉”がスピーチされている途中、滝川西高校のプラカードを持っていた女子生徒がバッタリと倒れたのである。 報道によると、女子生徒が倒れた理由は貧血によるものであったという。 奇しくも、高野連会長によるスピーチ...
»続きを読む
カテゴリー:

仙育英・長谷川(桜中出)投打で活躍 6回無失点、3ランも - 08月13日(日)10:43 

 高校野球第5日の仙台育英-滝川西、秋田市出身で仙台育英の主戦長谷川拓帆(3年、桜中出)が6回2安打無失点と好投、打撃では二回に3点本塁打を放った。 春の選抜大会は1回戦の終盤に乱れて敗退する苦い経験…
カテゴリー:

<甲子園>打線爆発に応援団沸く - 08月13日(日)06:05 

甲子園球場で12日行われた第99回全国高校野球選手権大会1回戦で、宮城代表の仙台育英は滝川西(北北海道)に15−3で大勝し、2回戦に進んだ。今チームは春の選抜大会で初戦敗退しており、甲子園で初勝利。三
カテゴリー:

夏の高校野球:神戸国際大付、仙台育英、日本文理が勝利 - 08月12日(土)21:01 

 第99回全国高校野球選手権大会は第5日の12日、1回戦の残り2試合と2回戦1試合があった。神戸国際大付(兵庫)は谷口の2打席連続本塁打で、歴代最多38回目の出場で昨夏準優勝の北海(南北海道)を破り、3回戦に進んだ。神戸国際大付は3年ぶり2回目の出場で初勝利を挙げた。2015年準優勝の仙台育英(宮城)は、春夏通じて初勝利を目指した滝川西(北北海道)を降した。日本文理(新潟)は鳴門渦潮(徳島)に勝ち、4強入りした14年以来の白星を手にした。
カテゴリー:

夏の高校野球:「人生変わる経験できた」滝川西・竹原 - 08月12日(土)17:12 

 〇仙台育英(宮城)15-3滝川西(北北海道)●(12日・甲子園、1回戦)  滝川西の9番・竹原が走者一掃の適時二塁打で一矢報いた。「自分の打撃ができた」と振り返った七回2死満塁。2球目の直球を逃さず、右中間へ運んだ。第1打席で送りバントを決められず、さらに五回の二塁の守りで失策を記録した。それでも打席では「心に余裕ができる」と、笑顔を貫いた。チームは3回目の夏の甲子園でも勝利に届かなかったが「人生が大きく変わる経験ができた」と前向きにとらえた。
カテゴリー:

【高校野球】夏の恒例『高校野球』の開会式で女子生徒にアクシデントが発生、批判続出 - 08月14日(月)16:13  mnewsplus

夏の恒例となっている高校野球。 今年で第99回となる『全国高校野球選手権大会』だが、その開会式の途中アクシデントが起こったようだ。 https://youtu.be/FsiXCVh7OTo そのアクシデントは、動画再生後37分50秒頃に記録されている。 大会審判委員長である八田英二・高野連会長による“励ましの言葉”がスピーチされている途中、滝川西高校のプラカードを持っていた女子生徒がバッタリと倒れたのである。 報道によると、女子生徒が倒れた理由は貧血によるものであったという。 奇しくも、高野連会長によるスピーチ...
»続きを読む
カテゴリー:

<甲子園>仙台育英 大勝発進 - 08月13日(日)06:05 

第5日は12日、3試合が行われ、一昨年準優勝の仙台育英は一回に山田、二回に長谷川の本塁打など毎回の18安打を放ち、15−3で滝川西(北北海道)に大勝、2回戦に勝ち上がった。16日、日本文理(新潟)と対
カテゴリー:

夏の高校野球:滝川西、初代後援会長「喪章」と共に - 08月12日(土)21:32 

 夏の甲子園で12日登場した滝川西(北北海道)のユニホーム右肩には、北海道に重ねて四つ星が描かれている。春夏の甲子園出場回数を示し、最近加えた一つを目立つ黄色にしたのは、先月亡くなった初代後援会長、渡部豊道さん(享年79)への「喪章」とするためだ。渡部さんは戦争孤児だった経験から物心惜しみなくチームを支えた。仙台育英(宮城)に大差で敗れたが、ナインは「星を増やして恩返ししたい」と誓っている。
カテゴリー:

夏の甲子園5日目、仙台育英が打線爆発で2回戦へ - 08月12日(土)18:10 

 夏の甲子園5日目の結果です。  おととし準優勝の宮城・仙台育英は、1回から打線が爆発します。3番・山田がレフトスタンドへ飛び込む2ランホームランで2点を先制すると、2回にはランナー2人を置いて9番・ピッチャー長谷川の3ランホームランで5対0。序盤で北北海道の滝川西を突き放します。  その後も攻撃の手を緩めない仙台育英は、長打8本を含む毎回の18安打で15得点。過去2度の準優勝を誇る東北の雄が、初の頂点へ向け順調に2回戦進出です。 【試合結果】仙台育英(宮城) 15-3 滝川西(北北海道)日本文理(新潟) 9-5 鳴門渦潮(徳島)神戸国際大附(兵庫) 5-4 北海(南北海道)(12日16:04)
カテゴリー:

夏の高校野球:打たせて取る投球意識 仙台育英・長谷川 - 08月12日(土)17:09 

 〇仙台育英(宮城)15-3滝川西(北北海道)●(12日・甲子園、1回戦)  仙台育英の先発左腕・長谷川は6回2安打無失点。「100点満点で80点」と評価した。制球が定まらず四回まで毎回先頭の出塁を許したが、130キロ後半の直球の切れでしのいだ。今春のセンバツは1回戦の終盤に制球を乱して逆転負け。その反省を生かし、三振を狙うのではなく、8割の力で打たせて取る投球を意識した。打っても二回に3ラン。投打にわたる活躍で「甲子園でまずは1勝」という目標をクリアした。
カテゴリー:

もっと見る

「滝川西」の画像

もっと見る

「滝川西」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる