「溶岩流」とは?

関連ニュース

米国本土で最も新しい「サンフランシスコ火山帯」、その奇妙な地形 - 05月22日(月)17:00 

米アリゾナ州に、今も活動を続けているかもしれない火山帯がある。溶岩流が染め上げた赤茶色の峡谷、岩棚を流れ落ちるリトルコロラド川の水、7万年前のクレーター、「火のカーテン」の向こうに現れた丘──。ダイナミックな写真とともに見どころを紹介する。
カテゴリー:

西之島、東京ドーム1.5個分拡大wwwwww - 05月11日(木)02:34 

西之島 東京ドーム1.5個分拡大 日本テレビ系(NNN) 5/10(水) 19:47配信  先月、噴火の再開が確認された小笠原諸島の西之島が、東京ドーム約1.5個分、拡大したことがわかった。  今月2日に海上保安庁が撮影した西之島の映像には、新しくできた火口から白い噴煙が勢いよく上がる様子がとらえられた。  海上保安庁によると、島の西側と南西側の岸2か所で、溶岩流が海上に到達したことが確認されていて、 去年9月に測定した時に比べて島の面積が東京ドーム約1.5個分にあたる、7万平方メートル拡大したことがわか...
»続きを読む
カテゴリー:

西之島が活動再開 溶岩流が海に達し、さらに成長中 - 04月30日(日)22:20 

火山活動を再開した小笠原諸島の西之島について、海上保安庁は上空からの観測で溶岩流が海まで達しているのを確認した。 今後、やや激しい噴火が発生する可能性があると指摘されている。  西之島は4月20日、約1年5カ月ぶりに噴火が観測された。 27日午後1時58分から同2時35分にかけて、上空から観測した海上保安庁によると、火口内に新たな火砕丘が形成され、断続的にストロンボリ式噴火が発生。  山の北側斜面から流出した溶岩は、島の西と南西の海岸に到達し、落下した海面からはさかんに水蒸気が発生していた。  観測に...
»続きを読む
カテゴリー:

【すくすく】 気象庁「西之島のマグマが衰える気配がない」 東京ドームの約59倍に拡大 - 05月11日(木)13:55 

火山活動を再開した小笠原諸島の西之島について、海上保安庁は10日、「溶岩流が海上に張り出し、面積は東京ドームの約59倍に拡大した」と上空からの観測結果を明らかにした。  今月2日に航空機で西之島上空を観測した海保によると、火口内にできた新しい火砕丘の中央で、ストロンボリ式噴火が40?60秒間隔で発生し、灰色の噴煙が高さ約500メートル上空に立ち上るようすを確認。  火口北側の2カ所にできた溶岩の流出口からは、島の南西岸に向かって流れる溶岩が見られた。 海上に張り出した溶岩流によって、海岸線は以昨年9月時点...
»続きを読む
カテゴリー:

西之島、溶岩流出で面積拡大 噴火で「成長」 - 05月10日(水)20:16 

西之島、溶岩流出で面積拡大 噴火で「成長」
カテゴリー:

「溶岩流」の画像

もっと見る

「溶岩流」の動画

Wikipedia

溶岩流(ようがんりゅう、)とは、火山噴火に伴って、地下のマグマが液状の溶岩として地表に出現し、低地へ流出する状況、およびその結果、地表に残された特徴的な地形。なお、マグマが水中に出現した場合は、急冷されて枕状溶岩やとなる。

概要

溶岩流を伴わない噴火も多い。溶岩流が生成する条件として、下記2項目が挙げられる。

  • マグマが充分な流動性を有していること。
  • 流れるのに充分な量のマグマが地表に噴出すること。 溶岩の流動性

溶岩の流動性は、その温度成分結晶の含有量によって著しく異なる。溶岩の主成分は二酸化ケイ素だが、その比率が増えるに従って流動性が低下する。

二酸化ケイ素を多く含む流紋岩質溶岩は流動性が非常に低く、溶岩が地上に出た場合、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる