「溶岩流」とは?

関連ニュース

カムチャッカ五大火山が一斉噴火、ロシアがオレンジコード発令!!!! - 06月22日(木)05:27 

北海道のはるか北東に位置するロシア・カムチャッカ半島では、5つの火山がほぼ同時に噴火した。 ロシア国立科学アカデミー火山地震研究所(IVS FEB RAS)は、これらすべての火山周辺を航行 する航空機に対して、危険度が2番目に高いオレンジ色の航空コードを発表し、注意を呼びかけて いる。 現在、危険度2の航空コードが発令されているのは、半島東部の火山帯に位置するシベルチ山、 その南に位置するクリュチェフスカヤ山とベズイミアニ山、カリムスキー山の4火山と、千島列島 北部のエベコ山だ。 シベルチ山では先日15日、...
»続きを読む
カテゴリー:

【火山】中米コスタリカ 噴火で泥流発生、有毒ガス広がり野生生物死滅か - 06月16日(金)13:44 

中米コスタリカ 噴火で泥流発生 有毒ガス広がり 野生生物死滅か? Hazardlab:2017年06月15日 18時20分 http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20676.html リンコン・デ・ラ・ビエハ火山の噴火で発生した泥流。硫化水素を含む火山性堆積物が一気に流れ落ちる(OVSICORI-UNA)  中米コスタリカのリンコン・デ・ラ・ビエハ火山は今月11日に大噴火を起こし、堆積していた火山灰や土砂が斜面を一気になだれ落ちる大規模な泥流が発生した。  ニカラグアとの国境に近いコスタリカ北西部に位置するリンコン・デ・ラ・ビエ...
»続きを読む
カテゴリー:

【火山】西之島の生態系調査 ドローンなど上陸しない方法を検討へ - 05月31日(水)14:22 

西之島の生態系調査 上陸しない方法を検討へ 日本放送協会:2017年5月31日 4時04分 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170531/k10011000761000.html 先月、およそ1年半ぶりに噴火が確認された小笠原諸島の西之島について、国の検討会は噴火が続く中、ドローンを飛ばすなどして、上陸せずに生態系を調べる方法について、検討することになりました。 30日開かれた国の検討会の会合には、生物や火山の専門家5人が出席しました。 会合では、西之島で4年前から始まった噴火活動がいったん治まったあとの去年10月に行われた...
»続きを読む
カテゴリー:

【火山】噴火を約1時間ごとに確認「マグマ、次々供給」…西之島が活発な活動 気象研究所 - 06月19日(月)21:45 

「マグマ、次々供給」…西之島で活発な火山活動 読売新聞:2017年06月19日 19時59分 http://www.yomiuri.co.jp/science/20170619-OYT1T50099.html http://www.yomiuri.co.jp/science/20170619-OYT1T50099.html 爆発的な噴火を起こす西之島(5月26日撮影、気象研究所提供)  気象研究所(茨城県つくば市)は19日、今年4月に1年5か月ぶりの噴火が確認された東京都小笠原村の西之島について「活発な火山活動が続いている」と発表した。  気象研が5月25~27日に船から行った観測では、山頂から火山灰などが爆発的に噴...
»続きを読む
カテゴリー:

【火山】西之島、勢いよく海へ落ちる溶岩流と噴煙で接近不能 新たに西岸から海への流入を確認 海上保安庁 - 06月14日(水)21:10 

西之島 勢いよく海へ落ちる溶岩流 噴煙で接近不能! Hazardlab:2017年06月12日 11時03分 http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20607.html 盛んに放出する噴煙で全体像が見えにくい西之島(海上保安庁が6月6日に撮影)  火山活動を再開した小笠原諸島の西之島について、海上保安庁は「新たに西岸から海へ流入する溶岩流を確認した」と上空からの観測結果を公表した。  今月6日午後、航空機で観測した海保によると、西之島では火砕丘中央の噴火口から断続的に噴火が発生し、弧を描いて飛散する噴石と灰色の噴煙の...
»続きを読む
カテゴリー:

「溶岩流」の画像

もっと見る

「溶岩流」の動画

Wikipedia

溶岩流(ようがんりゅう、)とは、火山噴火に伴って、地下のマグマが液状の溶岩として地表に出現し、低地へ流出する状況、およびその結果、地表に残された特徴的な地形。なお、マグマが水中に出現した場合は、急冷されて枕状溶岩やとなる。

概要

溶岩流を伴わない噴火も多い。溶岩流が生成する条件として、下記2項目が挙げられる。

  • マグマが充分な流動性を有していること。
  • 流れるのに充分な量のマグマが地表に噴出すること。 溶岩の流動性

溶岩の流動性は、その温度成分結晶の含有量によって著しく異なる。溶岩の主成分は二酸化ケイ素だが、その比率が増えるに従って流動性が低下する。

二酸化ケイ素を多く含む流紋岩質溶岩は流動性が非常に低く、溶岩が地上に出た場合、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる