「溶岩流」とは?

関連ニュース

【火山】南太平洋バヌアツのアオーバ島 噴火活動激化で島民5000人が脱出 - 09月25日(月)14:28  newsplus

南太平洋のバヌアツでは、アオーバ島の噴火活動が激化し、同国国家災害管理局は24日、警戒レベルを危険度が2番目に高い4に引き上げ、島民に避難準備を指示した。 オーストラリア大陸の北東に位置するアオーバ島は、島のほぼ中央に火口湖を持つ火山島で、約1万人あまりの島民が住んでいる。マナロ・ヴォイ火山では9月に入ってから火山活動が活発化していて、火口湖から盛んに噴気が上昇するのが地球観測衛星の観測画像でも確認されている。  バヌアツ国家災害管理局(Geo-Hazards Department)は23日、アオーバ島の噴火警戒レベルを...
»続きを読む
カテゴリー:

「溶岩流」の画像

もっと見る

「溶岩流」の動画

Wikipedia

溶岩流(ようがんりゅう、)とは、火山噴火に伴って、地下のマグマが液体の溶岩として地表に噴出し、流下する現象、およびその結果、地表に残された地形のこと。

概要

溶岩流が生成する噴火の条件として、下記3項目が挙げられる。

  • マグマの粘度が低いこと。
  • マグマの揮発性成分が失われていること出典: - 群馬大学 早川由紀夫、2016年10月閲覧。
  • マグマの噴出量が多いこと。
溶岩(マグマ)の粘度

溶岩の粘度は、その温度成分結晶の含有量によって著しく異なる。

二酸化ケイ素

溶岩の主成分は二酸化ケイ素(SiO2)だが、その比率が増えるに従って粘度が低下する。

二酸化ケイ素の少ない玄武岩を噴出する噴火では、火口から噴出した溶岩は十分な粘度が高く、長い距離を流れ下り、典型的な溶岩流となる(ハワイ諸島や...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる