「溶岩流」とは?

「溶岩流」の画像

もっと見る

「溶岩流」の動画

Wikipedia

溶岩流(ようがんりゅう、)とは、火山噴火に伴って、地下のマグマが液体の溶岩として地表に噴出し、流下する現象、およびその結果、地表に残された地形のこと。

概要

溶岩流が生成する噴火の条件として、下記3項目が挙げられる。

  • マグマの粘度が低いこと。
  • マグマの揮発性成分が失われていること出典: - 群馬大学 早川由紀夫、2016年10月閲覧。
  • マグマの噴出量が多いこと。
溶岩(マグマ)の粘度

溶岩の粘度は、その温度成分結晶の含有量によって著しく異なる。

二酸化ケイ素

溶岩の主成分は二酸化ケイ素(SiO2)だが、その比率が増えるに従って粘度が低下する。

二酸化ケイ素の少ない玄武岩を噴出する噴火では、火口から噴出した溶岩は十分な粘度が高く、長い距離を流れ下り、典型的な溶岩流となる(ハワイ諸島や...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる