「準強姦」とは?

関連ニュース

性的暴行疑惑のアベ友ジャーナリストを見逃した警察官僚の出世欲 - 02月23日(金)02:43 

先日掲載の「海外からも疑問、詩織さん性的暴行事件になぜ日本は沈黙するのか」等でもお伝えしたとおり、ジャーナリストの山口敬之氏に対して準強姦容疑で取られた逮捕状の執行を土壇場で回避し、その納得の行く理由の説明も拒み続ける警察サイド。「事件」はこのまま有耶無耶にされてしまうのでしょうか。メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』では著者で元全国紙社会部記者の新 恭さんが、これまでに明らかになっているさまざまな「証拠」などを上げつつ疑惑の真相に迫るとともに、この国が陥りつつある民主主義の機能不全に対して苦言を呈しています。 捜査資料を見ずに山口氏逮捕の中止を命じた警視庁刑事部長 「企業の本社と支店のような関係」と、警察官僚は言う。警視庁と所轄警察についてである。 だから、本社である警視庁の刑事部長、中村格氏(現・警察庁長官官房総括審議官)は、いちいち所轄の高輪署にある捜査資料など読まないのだとか。 それなら、どういう根拠で『総理』なる本の著者、山口敬之氏を、高輪署員が準強姦容疑で捕まえる直前、中村刑事部長は逮捕状執行の取りやめを命じたのか。 2月15日、超党派で集まった野党議員たちは、警察庁、法務省、最高裁(事務総局検察審査会担当)へのヒアリングで、口々に逮捕状執行停止の異常さを指摘した。 その背景には、安倍官邸への強い不信感がある。今井尚哉秘書官らかつてないマッチョな陣容で首相の周囲を固め...more
カテゴリー:

【山口敬之/準強姦揉み消し問題】詩織さん準強姦疑惑 森議員が逮捕状止めた警察官僚に“出頭”要請[02/17]★3 - 02月20日(火)22:33  seijinewsplus

2018年02月16日 17時00分 東京スポーツ https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/920677/  ジャーナリストの伊藤詩織さんが、元TBS記者でジャーナリストの山口敬之氏(51)からレイプ被害を受けたと訴えている問題で、超党派の国会議員による「準強姦事件逮捕状執行停止問題を検証する会」が15日、国会内で開かれた。 “安倍首相に最も近い男”の触れ込みで「総理」などの著書がある山口氏が3年前に詩織さんをレイプしたとされる疑惑。否定する山口氏を東京地検は不起訴とし、検察審査会も不起訴相当と議決したが、詩...
»続きを読む
カテゴリー:

【山口敬之/準強姦揉み消し問題】日本ではレイプが日常的に起こってしまう【北村滋/中村格】[02/18] - 02月18日(日)17:37  seijinewsplus

2018.2.18 PRESIDENT Online http://president.jp/articles/-/24381 伊藤詩織著『Black Box』 ■被害者をケアする体制になっていない 2017年10月18日に発売された伊藤詩織さんの『Black Box』。これに応答するように、同年10月26日発売の「月刊Hanada」には「私を訴えた伊藤詩織さんへ」と題した山口敬之氏の文章が掲載された。 伊藤詩織(いとう・しおり) 1989年生まれ。ジャーナリスト。フリーランスでエコノミストなど海外メディアを中心に、ドキュメンタリーなどを発信している。当時TBSワシントン支局長だった山口敬之氏...
»続きを読む
カテゴリー:

レイプ処罰の条件厳しく…セクハラ裁判判例に見る司法の限界 - 02月17日(土)16:00 

'17年10月、米国ハリウッドの大物映画プロデューサー・ワインスタイン氏によるセクハラ疑惑が報じられたのを受け、女優のアリッサ・ミラノが、同様の被害を受けたことの女性たちに向けて、「#MeToo(私も)」を合言葉に名乗りを上げるようツイッターで呼びかけた。 これに応え、有名スターたちだけでなく一般人も続々と行動を起こし、やがて世界的なムーブメントになった。 日本にも瞬時に波及。「#MeToo」運動をきっかけに、政界、教育界、スポーツ界から元NHKの看板アナウンサーの事件まで、押さえ込まれていたセクハラ告発が噴出。長らくセクハラ後進国に甘んじていた社会が、「絶対にNO」と認識を変えた。 「日本では、性暴力被害に遭っても、被害者が警察に相談したり、裁判で加害者を訴えたりということは、とても少ないのが現状です。加害者側が、職場の上司や取引先、師弟といった上下関係を利用したケースが多いので、訴えることで報復を受けたり、職を失ったりすることを怖れて、我慢せざるをえないことがあるからです」 そう語るのは、弁護士の太田啓子さん。太田さんはセクハラ裁判における「日本の司法」に限界を感じている。 「勇気を出して警察に相談しても、性犯罪の捜査の過程で「どこをどう触られたのか」「そのとき、どのような体勢だったのか」など詳細に説明させられ、精神的に耐えられなくなってしまうことも。そのうえ、刑事事...more
カテゴリー:

【社会】自称「ジャニーズJr.」」27歳男、女子中学生を誘い出し乱暴したとして起訴 - 02月13日(火)20:54  newsplus

27歳の無職の男がSNS上で「ジャニーズJr.」などと偽り女子中学生を誘い出し乱暴したとして起訴されました。 男は3年前にも同様の事件で有罪判決を受け、現在、執行猶予期間中です。 無職の川本優太被告(27)は2015年8月、出会い系アプリで知り合った女子中学生を大阪府内のホテルに誘い出し酒を飲ませて乱暴したとして準強姦などの罪に問われています。 この事件以外にも、去年2月までの1年半あまりであわせて7人の女子中学生が川本被告から乱暴を受けたとみられています。 川本被告はSNS上では「中三のジャ...
»続きを読む
カテゴリー:

【カルト】韓国宗教団体の創設者が出所 日本でも注意喚起 都内に布教活動の拠点 - 02月21日(水)10:19  newsplus

全国霊感商法対策弁護士連絡会は19日、韓国の宗教団体「キリスト教福音宣教会」(摂理)の創設者・鄭明析氏(チョン・ミョンソク=72)が服役していた韓国の刑務所から出所するにあたって、注意喚起を行った。 鄭氏は1999年、元信者の女性を拉致、監禁したことが明らかになり、2007年に北京で拘束され、09年に元女性信者への強姦及び準強姦罪で懲役10年の実刑判決を受けた。 18日に韓国の大田刑務所を出所した鄭氏には、信者への人権侵害を避けるために、最高裁から7年間、GPS内蔵の電子足輪を着ける命令が下...
»続きを読む
カテゴリー:

【山口敬之/準強姦揉み消し問題】詩織さん準強姦疑惑 森議員が逮捕状止めた警察官僚に“出頭”要請[02/17]★2 - 02月19日(月)13:19  seijinewsplus

2018年02月16日 17時00分 東京スポーツ https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/920677/  ジャーナリストの伊藤詩織さんが、元TBS記者でジャーナリストの山口敬之氏(51)からレイプ被害を受けたと訴えている問題で、超党派の国会議員による「準強姦事件逮捕状執行停止問題を検証する会」が15日、国会内で開かれた。 “安倍首相に最も近い男”の触れ込みで「総理」などの著書がある山口氏が3年前に詩織さんをレイプしたとされる疑惑。否定する山口氏を東京地検は不起訴とし、検察審査会も不起訴相当と議決したが、詩...
»続きを読む
カテゴリー:

【山口敬之/準強姦揉み消し問題】第4回_超党派で「準強姦事件 逮捕状執行停止問題」を検証する会[02/17] - 02月17日(土)22:52  seijinewsplus

森 ゆうこ 参議院議員 2018/02/16 に公開 https://www.youtube.com/watch?v=8Mvvyiqrs14 阿部知子(立憲民主党) 柚木道義(希望の党) 神本美恵子(民進党) 田村智子(共産党) 石井苗子(維新の会) 菊田真紀子(無所属の会) 森ゆうこ(自由党) 福島みずほ(社民党) 糸数慶子(沖縄の風) (詳細は動画にて) ...
»続きを読む
カテゴリー:

【山口敬之/準強姦揉み消し問題】詩織さん準強姦疑惑 森議員が逮捕状止めた警察官僚に“出頭”要請[02/17] - 02月17日(土)15:04  seijinewsplus

2018年02月16日 17時00分 東京スポーツ https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/920677/  ジャーナリストの伊藤詩織さんが、元TBS記者でジャーナリストの山口敬之氏(51)からレイプ被害を受けたと訴えている問題で、超党派の国会議員による「準強姦事件逮捕状執行停止問題を検証する会」が15日、国会内で開かれた。 “安倍首相に最も近い男”の触れ込みで「総理」などの著書がある山口氏が3年前に詩織さんをレイプしたとされる疑惑。否定する山口氏を東京地検は不起訴とし、検察審査会も不起訴相当と議決したが、詩...
»続きを読む
カテゴリー:

【山口敬之/準強姦揉み消し問題】安倍首相の大ウソ 疑惑の“元TBS記者”の披露宴で来賓挨拶[02/10] - 02月10日(土)08:53  seijinewsplus

2018年2月10日 日刊ゲンダイ https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/222910 都合が悪くなると、息を吐くようにウソをつく――。「総理」というタイトルの著書があり、安倍首相ベッタリの元TBS記者・山口敬之氏には目下、“準強姦もみ消し”疑惑のみならず、スパコン詐欺事件にも関与した疑いが浮上している。疑惑の渦中にある“御用記者”との関係を国会で問われた安倍首相は、「ただの番記者だ」と色をなして否定したが、日刊ゲンダイの調べで、それが大ウソだったことがハッキリした。  軍事ジャーナリストの小川和久氏...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「準強姦」の画像

もっと見る

「準強姦」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる