「満島真之介」とは?

関連ニュース

仲里依紗、夫が浮気したら国外追放「入国禁止にしてほしい」 - 01月22日(月)15:26 

 女優・仲里依紗が22日、都内で行われたテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『ホリデイラブ』(26日スタート、毎週金曜 後11:15)制作発表記者会見に出席した。劇中で、夫に浮気される正妻“サレ妻”主人公・高森杏寿を演じる仲だが、自分のパートナーがもし浮気をしたら?という質問に「一生会わないであろう、海外に行ってほしい」とサラッと笑顔で“国外追放”を希望。浮気をする夫・純平を演じた塚本高史を「同じ空気を吸いたくないってこと? 怖いな~」と怯えさせた。  その理由について「同じ時間に寝るんだとか起きてるんだって考えたくないので時差があるところにいってほしい。入国禁止にしてほしい」と力説し、ちなみに浮気相手に対しては「そこまで…引っかかるほうが悪いので」とあっけらかん。一方で塚本は「僕は許すと思います。『許す』としか言えない。妻がいないとなにもできないので、仕方ないな、みたいになると思う」と想像をふくらませていた。  同じ女性でも意見の違いはあるようで、松本まりかは「その方との最初の出会いからどういうデートして最後の瞬間までを徹底的に聞きます」と話すと、仲は「知っちゃうとずっとフラッシュバックしそうだからなるべく知らずに飛行機に乗って」とやはり“国外追放”案をオススメ。壇蜜は「とりあえずパソコンの前に座らせてグロ動画をみせます」とミステリアスに微笑み、会場を凍てつかせていた。  ドラマで...more
カテゴリー:

木村拓哉主演『BG~身辺警護人~』初回15.7% - 01月19日(金)09:14 

 木村拓哉が主演するテレビ朝日系新ドラマ『BG~身辺警護人~』(毎週木曜 後9:00)初回(18日放送、15分拡大~10:09)の番組平均視聴率が15.7%だったことがわかった。木村が、武器を持たず丸腰で警護対象者を徹底的に護る“ボディーガード”島崎章(木村)を主軸に描く人間ドラマ。江口洋介、斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗、石田ゆり子、上川隆也ら出演者の顔ぶれも話題になっている。 【写真】今年一年“まもりたい”抱負を披露したキャスト陣  木村が演じるボディーガードは、公的組織である警視庁のSP(セキュリティーポリス)とは異なり、あくまで民間人なので、当然のことながら拳銃や殺傷能力の高い武器は持てず、命を左右する緊迫した状況にも丸腰で立ち向かわなければならない。正当防衛でないと反撃することも許されない。クライアントの依頼は絶対であり、どんな状況でも警護対象者を護る。そんな“究極のサービス業”を題材に、民間の警備会社で身辺警護課所属する男たちの熱く、泥臭い戦いの日々を描いていく。  第1話では、厚生労働大臣の立原愛子(石田)あてに「脅迫状」が届き、立原がスターターを務める市民マラソン大会の主催者オーナー(伊武雅刀)の警護任務に島崎たちが当たるというストーリー。本作で木村はボディーガードという職業人としてだけでなく、中学生の息子と同居するシングルファーザーという一面も演じる。  初回...more
カテゴリー:

木村拓哉、主演ドラマ『BG』で年始の誓い「約束は守る」 - 01月15日(月)15:21 

 俳優の木村拓哉が主演するテレビ朝日系新ドラマ『BG~身辺警護人~』(毎週木曜 後9:00)の第1話(18日放送)の試写会と制作発表会見が15日、都内で一般客約500人を集めて行われた。会見には、木村、江口洋介、上川隆也、斎藤工、石田ゆり子、菜々緒、間宮祥太朗ら、メインキャストが勢ぞろい。会見で木村は「約束は守る」「有言実行」を誓った。 【写真】江口洋介、石田ゆり子ら『BG』出演者  同ドラマは、武器を持たず丸腰で警護対象者を護る民間警備会社の“ボディーガード”島崎章(木村)を主軸に描く人間ドラマ。木村は、第1話から刃物を持った相手を制圧する本格的なアクションから、壊れていることを知らずにベンチに腰掛けてずっこける“ちょいユル”アクションまで披露し、スーツの前ボタンもしめずに(身辺警護をする人たちのルール)冬の時期のロケに臨んでいる。  木村は最初のあいさつで「治安のいい日本において、ボディーガードの需要はまだ低いと思うのですが、こういった形のヒューマンドラマを作ってみました。最後までやり抜きますので、皆さんぜひ受け取ってください」と呼びかけた。  人を護る仕事の“まもる”にかけて、今年一年“まもりたい”抱負を登壇者が一人ずつ発表した際には、達筆で「約束」と記し、「言ったことはちゃんと守りたい。有言実行したいだけ。口約束とか多いじゃないですか。『じゃ、また今度な』で、終わる...more
カテゴリー:

フリーアナの新井恵理那、木村拓哉主演『BG』第1話に出演 - 01月14日(日)05:30 

 テレビ朝日の朝の情報番組『グッド!モーニング』やTBSの『新・情報7daysニュースキャスター』に出演するフリーアナウンサー・新井恵理那が、俳優の木村拓哉が主演するテレビ朝日系新ドラマ『BG~身辺警護人~』(毎週木曜 後9:00)の第1話(18日放送)に出演することがわかった。 【写真】アナウンサー役で出演する新井恵理那  同ドラマは、武器を持たず丸腰で警護対象者を護る民間警備会社の“ボディーガード”島崎章(木村)を主軸に描く人間ドラマ。新井は、主人公が毎日見ているニュース番組のアナウンサー・太田詩織役で登場する。「木村拓哉さん演じる主人公・章が毎日見ているテレビ番組のアナウンサー役ということで、はじめにお話をいただいた時は身の引き締まる思いでした」と、“その時”のことを振り返った。  フリーアナウンサーが“アナウンサー役”を務めるということには「なかなか慣れない」と話した新井だったが、「視聴者のみなさんに物語をより身近なこととして感じていただけるよう、しっかり務めたい」と気合を入れて撮影に挑んでいた。  木村とともに働く身辺警護課のメンバーを、斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗、そして上川隆也が演じるほか、警視庁のSP役に江口洋介、警護対象となる厚生労働大臣役に石田ゆり子というキャスティングも注目を集める作品。  新井は「事前にいただいた台本を読むと、その手が止まらなくなるほ...more
カテゴリー:

木村拓哉、7年ぶり『帰れま10』参戦 難関・回転寿司チェーンに挑む - 01月12日(金)06:00 

 俳優の木村拓哉が、テレビ朝日系『帰れま10&Qさま!!合体3時間SP』(15日 後7:00※一部地域を除く)の『帰れま10』に参戦する。タカアンドトシがMCを務めた番組でレギュラー放送は終了しているが、時々、特番が組まれている。木村の参戦は7年ぶりとなる。今回は、自身が主演する同局系ドラマ『BG~身辺警護人~』(18日スタート、毎週木曜 後9:00)の共演者で、『帰れま10』初参戦の斎藤工、菜々緒、上川隆也、間宮祥太朗を率いて、人気回転寿司チェーンでの決戦に挑む。 【写真】ブラックマヨネーズ・小杉竜一も参戦  店の全メニューの中から人気メニュー上位10品(1位から10位まで)を予想し、当てきるまで注文したメニューをすべて完食しなければいけないのがルール。『帰れま10』を放送している時はいつも見ているという木村。以前は、大手カラオケレストランチェーンでの『帰れま10』に参戦したが、今回は回転寿司の全144品からベスト10を当てるという過酷チャレンジで、どんな活躍を見せるのか。  過去に同回転寿司チェーンで『帰れま10』を敢行した際、なんとクリアまでに約10時間もの時間を要し、19品連続で不正解だったこともあると、木村を不安にさせるような言葉を口走るタカ。後から合流する予定のドラマ共演者を待ちながらの挑戦となったが、そんなタカの言葉にも動じることなく、「(共演者の)みんなが来る...more
カテゴリー:

木村拓哉主演『BG~身辺警護人~』、豪華キャストに「スピンオフも期待!」の声 - 01月19日(金)11:06 

 木村拓哉が主演を務めるドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第1話が18日に放送され、江口洋介や石田ゆり子といった共演者の豪華な顔ぶれに、「スピンオフもできそう!」と今後の展開に期待する声が集まった。【写真】『BG~身辺警護人~』プレミアム試写会&制作発表記者会見フォトギャラリー 『BG~身辺警護人~』は、武器を持たず人を守る民間の警護人“BG=ボディガード”を主人公にしたドラマ。ある出来事をきっかけに工事現場の一警備員となった元敏腕ボディガードを主人公に、彼が過去を隠し新人ボディガードとして復帰し、チームの仲間とともに一癖も二癖もある依頼者の警護にあたる姿を描いていく。 第1話は、敏腕ボディガード・島崎章(木村)が人気サッカー選手・河野純也(満島真之介)の身辺警護に当たっている姿からスタート。そして時は移って現代。章は道路工事の警備員をしていた。そこに一台の黒塗りの車が通りかかると、後部座席には連日のようにマスコミを賑わせる現職大臣・立原愛子(石田)の姿が。記者に追われ急を要する気配を感じた章は車に抜け道を指示する。 その翌日、章は自身が勤める日ノ出警備保障の社長・今関(永島敏行)に呼び出され、身辺警護課の新設とボディガードとしての着任を打診される。ボディガードの世界から身を引いていた章は戸惑いながらも、今関の強い希望を受け入れることに。厳しい訓練を終え...more
カテゴリー:

木村拓哉主演ドラマ『BG~身辺警護人~』放送開始4分前から何かが起こる - 01月18日(木)06:00 

 俳優の木村拓哉が主演するテレビ朝日系新ドラマ『BG~身辺警護人~』(毎週木曜 後9:00)が、今夜18日より放送開始となる(初回のみ15分拡大~10:09)。その4分前の午後8時56分から『BG~身辺警護人~スタート直前 特別編』と題して、ここでしか見られない秘蔵映像を含む“特別映像”が放送される。 【写真】メインキャスト陣  同ドラマで木村が演じるのは、武器を持たず丸腰で警護対象者を徹底的に護る“民間のボディーガード”。それはいったいどんな仕事なのか。見て、知っておけばドラマ本編がよりいっそう楽しめる情報も盛り込み、今後、どんなドラマが展開していくかも少しだけ見られる4分間。ラスト30秒、本編へと続いていく部分は特に見逃せない仕掛けになっている。  第1話は、路面補修工事現場で警備員として働いていた島崎章(木村)は、極寒のある日、一台の黒塗りの車に遭遇。助手席には黒っぽいスーツを着た男・落合義明(江口洋介)、そして後部座席にはサングラス姿の立原愛子(石田ゆり子)が座っていた。記者たちに追われ急を要する気配を察した章が抜け道を指示すると、急発進した車はコーンを飛ばして疾走。残された記者の中には、週刊「時論」の記者・犬飼悟(勝地涼)の姿があった…。  その翌日、章は日ノ出警備保障の社長・今関重信(永島敏行)に呼ばれ、本社へ。そこで身辺警護課の新設とそこへの着任を打診される...more
カテゴリー:

木村拓哉のボディーガードセンスに監修・古谷謙一氏も太鼓判! - 01月15日(月)07:00 

1月18日(木)夜9時からテレビ朝日系で放送スタートする「BG~身辺警護人~」で、ボディーガードを演じる木村拓哉。抜群のボディーガードセンスを見せる木村を警備監修を務める古谷謙一氏が大絶賛した。 「BG~身辺警護人~」には、満島真之介(左)や第1話のゲストとして勝地涼(右)らが出演 同ドラマは井上由美子が脚本を手掛け、武器を持たずに丸腰で警護対象者を徹底的に護る民間の“BG=ボディーガード”に木村が挑戦している。放送を前に、民間のボディーガードがどのような仕事をしているのか、警視庁のSP(セキュリティー・ポリス)との違いは何なのか…など、ドラマをより楽しめるためのポイントを解説する。 古谷氏によると、ボディーガードは「クライアントからの依頼を受け、ある脅威からその人の生命・身体・財産を護るというのが主な仕事」だそう。エンターテインメント業界もさることながら、政財界の要人や企業のオーナーなどからストーカー被害に遭っている一般の方まで、幅広い依頼を受けて任務に就いているという。 では、警視庁の“SP=セキュリティー・ポリス”と“ボディーガード”の違いとは? 古谷氏は「最も大きな違いは組織力。警視庁だけでも4万人以上いる警察官が一丸となり、警察という組織として首相や大臣を守ります。対する、民間のボディーガードはやはり少人数なので、そこは大きな違いですね」と解説する。同ドラマでも、日ノ出警...more
カテゴリー:

伊東四朗ら『おかしな』ファミリー2作品 1・14朝&夜に放送 - 01月12日(金)10:00 

 伊東四朗と羽田美智子による凸凹父娘コンビを演じるテレビ朝日系ドラマ『おかしな刑事』シリーズ最新作と、石井正則主演のスピンオフ第2弾『おかしな弁護士2』が、14日に一挙放送される。 【写真】『おかしな弁護士』の2人  『おかしな刑事』シリーズは、2003年に『土曜ワイド劇場』で第1弾が放送されて以来、同枠や『日曜ワイド』『ミステリースペシャル』枠などで放送され、前作の第16弾(2017年7月30日)は、『日曜ワイド』の最高視聴率7.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得した人気シリーズ。伊東がたたき上げの刑事・鴨志田新一、羽田がエリート警視・岡崎真実を演じ、不可解な事件の真相を探り当てていくミステリー。  最新作となる『おかしな刑事17』(14日 後 9:00~10:54)は、鴨志田に深刻な病の疑いが…。意気消沈する鴨志田は、病院で知り合った会社社長・漆山忠夫と意気投合するが、なんとその漆山の孫が誘拐される事件が発生する。漆山を演じるのは、角野卓造。伊東と角野は旧知の飲み仲間であり、2人は息の合ったかけあいを披露。コメディーセンスあふれるベテラン勢の”競演”は、大きなみどころとなっている。   一方、『おかしな弁護士』は、鴨志田と真実の同居人であり、苦節十ン年(!?)の新米弁護士・姉小路行人(石井)が主役のミステリーで、昨年8月6日に第1弾が放送され、「続編が見たい!...more
カテゴリー:

『池の水ぜんぶ抜く』正月SP、視聴率13.5% - 01月04日(木)23:02  news

『池の水ぜんぶ抜く』正月SP、視聴率13.5% 官公庁巻き込み社会現象に テレビ東京系で2日に放送された『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦6~今年も出た出た!正月3時間スペシャル~』(後5:55~9:00)が、番組平均視聴率で13.5%をマークし、 番組史上最高記録を更新した(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。 2017年1月15日に初めて放送されてから、ほぼ2ヶ月に1回のペースで池の水を抜き続けてきた同番組。回を重ねるごとに反響を呼び、「池の水を抜いてほしい」というオファーも ひっきりなし。視聴率も第1弾(...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「満島真之介」の画像

もっと見る

「満島真之介」の動画

Wikipedia

満島 真之介(みつしま しんのすけ、1989年5月30日 - )は、日本俳優沖縄県立コザ高等学校出身。ユマニテ所属。

姉は、FolderおよびFolder5の元メンバーで女優の満島ひかり。妹はモデルの満島みなみ。弟はB3.LEAGUE・ライジングゼファーフクオカに所属しているバスケットボール選手の満島光太郎満島ひかりの弟・光太郎、フクオカと入団で基本合意 バスケB3リーグ 琉球新報 2016年7月20日。

来歴

幼少の頃はNHK体操のお兄さんになりたかったと述懐している。高校卒業後沖縄から上京した当時についてインタビューで「日体大に入ろうとしたけど、ポロシャツの服装を笑われて!」それで大学行くのをやめたと衝撃告白。その後、東京で学童保育保育補助のアルバイトをしたり、映画ち...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる