「湾岸諸国」とは?

関連ニュース

暗殺恐れて首相が電撃辞任。レバノンでいま何が起きてるのか? - 11月20日(月)04:30 

先日11月4日、レバノンのハリリ首相は訪問中のサウジアラビアで突然の辞任を発表。ハリリ首相は、辞任の理由をイランが支援するイスラム教シーア派組織「ヒズボラ」による暗殺計画にあるとし、イランを非難する声明を出しています。一国の首相が訪問中の国で辞任を表明するという異例の事態について、サウジとイランの対立激化を懸念する声が高まっていますが、元朝日新聞記者で中東ジャーナリストの川上泰徳さんによると、こうした報道は「レバノンの現実を知らない人間が図式的に考えているだけ」と断言。今回の首相辞任の「真相」とその背景、各国の思惑について詳しく解説しています。 サウジ・イランの対立とレバノン危機の背景 内戦が続くシリアの隣国レバノンのハリリ首相が11月4日、訪問中のサウジアラビアから突然の辞任を発表した。背景にイスラム教スンニ派王国のサウジと、シーア派体制のイランとの対立があるとの見方が広がり、中東情勢に緊張をもたらしている。 ハリリ首相はサウジのテレビ局を通して演説し、レバノンで自らを狙う暗殺計画があることを辞任の理由として挙げた。さらに「イランが地域に悪を広めている」と語り、レバノンのシーア派組織ヒズボラについても「レバノンだけでなく、アラブ世界でイランのために動いている」と非難した。 レバノンのサード・ハリリ首相 image by: WikimediaCommons レバノンではキリスト教徒...more
カテゴリー:

動画:戦火くぐり生き残る伝統の剣、シリア首都 - 11月09日(木)14:27 

【11月9日 AFP】6年以上続く戦闘により荒廃したシリアの中で、比較的被害を免れている首都ダマスカスの青空市場には古い工芸品が生き延びており、湾岸諸国では親しみのある儀式用の武器、ダマスカス伝統の剣の製造が行われている。≫続きを読む
カテゴリー:

「湾岸諸国」の画像

もっと見る

「湾岸諸国」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる