「温水洋一」とは?

関連ニュース

笠間の栗を味わい尽くす「栗づくしフルコース」 - 10月23日(月)12:10 

10月21日放送の「ぶらぶらサタデー」(フジテレビ系、午後12時00分~)では、茨城県・笠間市をぶらぶらと旅する特集で、「トルテュ」(茨城県笠間市)が紹介された。 一行が予約して訪れた同店は、旬の地元食材が味わえるフレンチレストラン。秋には笠間の栗をとりいれたコースメニューが堪能出来るという。一行ももちろん、笠間の栗を隅から隅まで味わえる「栗づくしフルコース」(5,400円)を味わうことに。 テーブルについた一行は、まず店主がオススメするアルコールをいただく。ここで出てきたのはなんと日本酒。フレンチらしからぬセレクトに驚く一行だが、一口飲むとそのフルーティな香りと呑みやすい味わいに納得した様子。 前菜として現れたのは「栗と豚のリエットのマルブル」。一見巨大な栗に見えるがこれは見立て料理。一旦分解した栗で豚肉のペーストを包み、また栗のように整えたという一皿だ。 いざ実食。ガダルカナル・タカさんがまっさきに「うまっ! すごい、こってり、栗が!」と声をあげると、つづくタカさん、トシさん、温水洋一さんらも口々に「おいしい!」「おいしいですね、豚肉も感じます」などとコメント。「確かにね、この日本酒にも合うね」と異色の組み合わせもその魅力にご満悦。 つづいての魚料理は「ヒラメのソテー」。茨城で採れたヒラメのソテーに栗を薄くスライスしたものをウロコのように並べた一皿。ソースはやはり茨城産...more
カテゴリー:

文化祭に森川葵・北村匠海・佐藤寛太がサプライズ出演 高校時代のエピソードを披露 - 10月16日(月)11:00 

映画『恋と嘘』に出演する女優の森川葵、俳優の北村匠海、佐藤寛太が、10月7日に目黒学院高等学校で行われた文化祭にサプライズ出演した。 本作は劇的な出生率の低下により「超・少子化対策法」が制定、ある年齢になると政府から未来の結婚相手が知らされ、その相手以外とは恋愛が禁止されている世界を描いた作品。森川葵演じる仁坂葵に思いを寄せる幼なじみ司馬優翔を北村匠海が、葵の“最良”の相手、高千穂蒼佑を佐藤寛太が演じた。 原作は漫画アプリ『マンガボックス』で連載中のムサヲ氏作の大人気コミック「恋と嘘」。原作とつながりのあるアナザーストーリーとして『ReLIFE リライフ』などで知られる古澤健監督が実写映画化。浅川梨奈、田辺桃子など新進気鋭の俳優勢や、温水洋一、中島ひろ子、木下ほうか、三浦理恵子などベテラン勢も脇を固める。 本作の世界観について森川は「最初は実感が湧かなかったんですが、この世界で政府通知を楽しみにしている女の子の様子が出せるように意識しました」とコメント。北村は「両親をはじめとした大人が皆、政府通知によって結婚している世の中なので、僕の中でどう落とし込むかっていうのは難しい部分ではあったんですけど、監督が近くで見てくれていたのでリアリティある撮影になっていたと思います」と撮影を振り返った。 “最高”の相手と“最良”の相手を実際に選択する場合、最後の決め手になるのはと聞かれると...more
カテゴリー:

ぽん酢とニンニク風味のマヨネーズで味わう「カツオの刺身」 - 10月23日(月)12:10 

10月21日放送の「ぶらぶらサタデー」(フジテレビ系、午後12時00分~)では、茨城県・笠間市を旅する特集で、「松榮鮨」(茨城県笠間市)が紹介された。 同店は、JR常磐線・友部駅から徒歩3分程にある寿司店。笠間焼が飾られたおしゃれな店内で料理を味わうことができる。 「お造り盛り合せ」(1人前1,800円)は、カツオの刺身、生ダコ、子持ち昆布が一度に味わえる一品。こちらのカツオの刺身は、ぽん酢とニンニク風味のマヨネーズで頂く漁師風のスタイルだ。ガダルカナル・タカさんがカツオの刺身を頂くと「あっなんだろう?急にまろやかな…あっ、でもちゃんと後からカツオの旨味がグッときますね!」とコメントした。 「厚焼き玉子サンド」(850円)は、お店の名物料理の厚焼き玉子をサンドイッチにしたもので、わさびをつけて味わう一品。ガダルカナル・タカさんが「厚焼き玉子サンド」を一口頂くと「あ、合う!」とたまらないといった表情で一言。タカ(タカアンドトシ)さんも「美味しい!」とコメントした。 「ばらちらし」(1,800円)は、鮪やイクラ、キュウリ、玉子焼きなど様々な具材がトッピングされた一品。温水洋一さんが一口頂くと「うん、美味い!」とコメント。 「大間産本鮪・中とろ」(1,200円)は、築地で仕入れた大間産本鮪の中トロを使用した握り寿司。ガダルカナル・タカさんが中トロを頂くと「美味しい!あ~、もう口...more
カテゴリー:

【芸能】市原隼人と温水洋一のドラマ共演で視聴者の目線は頭髪に集中!? - 09月28日(木)10:35  mnewsplus

お洒落っぷりでも知られるイケメン俳優の市原隼人が、ついに“温水化”したのではないかと心配されている。9月24日にスタートしたドラマ「沈黙法廷」(WOWOW)にレギュラー出演する市原について、女性誌のライターが耳打ちする。 「法廷ミステリーの本作で市原は工場作業員の役を務めており、その役柄から坊主頭にしていますが、額がかなりM字型に後退しているんです。それも生え際のポヤポヤぶりが妙に気になって、思わず見入ってしまうほど。以前から市原の髪型には注目が集まっていましたが、ついにキタかという印象ですね」 昨年4...
»続きを読む
カテゴリー:

「温水洋一」の画像

もっと見る

「温水洋一」の動画

Wikipedia

温水 洋一(ぬくみず よういち、1964年6月19日 - )は、日本俳優、タレント。本名同じ。通称、ぬっくん明石家さんま笑福亭笑瓶ガダルカナル・タカなどからこう呼ばれる。 宮崎県出身。身長165cm、体重58kg。既婚。

人物・来歴

宮崎県立都城西高等学校を卒業し、2浪後、日本福祉大学社会福祉学部に進学。1989年3月に大学を卒業http://www.n-fukushi.ac.jp/pr/hito/nukumizu/。1988年から1994年まで劇団「大人計画」に在籍。在籍中は、松尾スズキとともに「鼻と小箱」というコンビを組んでいたことがある。

1994年に竹中直人のコン...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる