「渡部昇一」とは?

関連ニュース

知の巨人が探る、吉田松陰の話が人を震えるほど感動させた理由 - 04月14日(土)00:01 

近代日本の扉を押し開いた天才・吉田松陰。彼の存在がなければ明治維新が成し遂げられたか甚だ疑問とする学者もいるほどのこの傑物は、どのようにして形作られたのでしょうか。今回の無料メルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』では、知の巨人・渡部昇一氏の著作の一部を紹介する形で、吉田松陰の人物像に迫っています。 吉田松陰を松陰たらしめたもの 吉田松陰の卓越した人物像や足跡、近代史における位置づけなどは、私がここで改めて繰り返すまでもないでしょう。 長州藩の一藩士でありながら近代日本の先駆けとなって歴史を動かし、我が国の礎を築き上げる多くの逸材を輩出した不世出の思想家であり、教育者であり、兵学者。それが吉田松陰でした。 この松陰という人物は考えれば考えるほど、知れば知るほど不思議な、まるで雲の中にいる龍のような底知れないスケールがあります。これもまた、多くの人が等しく感じることだと思います。 松陰は文政13(1830)年、長州藩士の杉家に生まれ、6歳で吉田家の養子となります。10歳の時には藩校明倫館にて家学である山鹿流兵法を講じ、翌年には御前講義まで行ったというのですから、それだけでも人並み外れた学識を身につけていたことが分かります。 叔父の玉木文之進による幼年期からのスパルタ教育が背景にあったことは、よく知られるとおりです。 その後、21歳で平戸に遊学して以降、30歳で刑死するまでの歩みを見...more
カテゴリー:

「渡部昇一」の画像

もっと見る

「渡部昇一」の動画

Wikipedia

が、ICRPは21世紀に入ってから進んだ低線量研究の成果を反映していない、と ラッキー博士は主張するp.16,38 ICRPは21世紀に入ってからの進んだ低線量研究の成果を反映しておらず、50ミリシーベルト以下は実験を伴っていない。。ウェード・アリソンもICRPの勧告は根拠がないから改めるべきだと述べていこと等から、渡部はICRP基準に疑義を呈しp.38-41 前掲書、福島県の風評被害の根絶を主張しているp.36-37 前掲書。

  • 南京事件を調べていて反対尋問の重要性を認識したが、田中裁判では最重要証人に対しこの機会が与えられなかった。1984年諸君!誌上で「田中擁護論ではなく、日本の司法の犯罪に関するもの「角栄裁判に異議あり!」文藝春秋1984年10月号」、即ち刑事免責を確約して得られた違法な嘱託尋問調書に証拠能力は無い、反対尋問を許さない地裁判決は憲法違反である、と問題提起を行った「角栄裁判は東京裁判以上の暗黒裁判だ!」諸君! 1984年1月 「角栄裁判・元最高裁長官への公開質問7ヵ状」諸君! 1984年3月 「角栄裁判に異議あり!」文藝春秋1984年10月号。これに立花隆朝日ジャーナル誌上で応酬する形で進む。秦野章俵孝太郎山本七平、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる