「渡部建」とは?

関連ニュース

アンジャ児島一哉“渡部”と会話なし 妻とは共演? - 04月29日(土)06:00 

 TBSは29日、同局系列のドラマ「小さな巨人」にアンジャッシュ児島一哉(44)が出演することを発表した。長谷川博己が演じる主人公・香坂が所属する芝署の刑務係の役を演じる。同作には相方の渡部建と結婚したばかりの女優佐々木希も出演中で、共…
in English
カテゴリー:

ウーマン村本、サイコパスではなく「色情症」?催眠療法で○○にディープキス - 04月28日(金)19:00 

4月25日に放送された『わざわざ言うテレビ』(テレビ大阪、毎週火曜24:12~)にて、同番組でかねてから噂されている「ウーマンラッシュアワー村本大輔サイコパス疑惑」を徹底検証した。「サイコパス」とは、嘘をついたり人を傷つけたりしても罪悪感を覚えない人間のこと。精神科医の片田珠美先生いわく「芸能人は結構多い。自己愛性パーソナリティ障害(自分が大好き)、演技性パーソナリティ障害(自己顕示欲が強い)タイプが芸能界には集まっている」と言い、有名歌手Hや若手俳優Tにもサイコパスの疑いがあるのだとか。診察では、片田先生が村本の「舞台の合間にAVを見て欲情」「夕方6時から女の子を呼んでいたにも関わらず、時間があったので出待ちのファンを呼び出した」「今のうちに女を食べておきたい。バイキングのように」という過去の発言から、「村本さんはサイコパスというより“サチリアージス”の可能性が高い」と診断。“サチリアージス”とは、日本語に訳すと「色情症」。常に欲求不満で量的に過剰なセックスを求める人間のことだという。それについて村本は「“したい!”っていう気持ちは強いんですけど、してはいない。いつも失敗している。この世界に入ったからには、1度でいいからキレイな娘としたい」と反発。メッセンジャーの黒田有に「お笑い芸人と女優の報道が出てることに対してのヤキモチでは?」とツッコまれると、村本は「(アンジャッシュの渡部...more
in English
カテゴリー:

陣内智則、渡部建とのロケ中に女子高生から気を遣われ意気消沈 - 04月27日(木)16:12 

お笑い芸人の陣内智則が、アンジャッシュ・渡部建とのロケ中に女子高生から気を遣われたことを少し悲しそうに報告している。
in English
カテゴリー:

芸人支える妻のあり方とは? 極貧時代やネタにされる覚悟も必要 - 04月27日(木)08:40 

 女優の佐々木希とお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建の結婚が、4月9日放送『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)の3時間スペシャル番組で発表され、世間にはおおむね好意的に受け入れられたようだ。同時に注目を浴びているのが“芸人の妻”という存在。スポーツ選手の妻、梨園の妻、偉人の妻、大家族のお母さん、さらには総理大臣(政治家)の妻などなど、“〇〇の妻”は常に話題やネタになる。中でも芸人の妻となると、“笑いを取る”という特性上、自身をさらけ出す覚悟がより必要となってくる。そんな芸人の妻の“あり方”とは? ◆結婚を期にイメージ変更も “内助の功”で芸人である夫を支える芸能人妻たち  今回の渡部と佐々木の結婚では、渡部の相方である児嶋一哉には何ら事前報告がなかったと報道される一方、児嶋自身も佐々木との交際について問い質したことはないと、4月16日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で告白していた。それに対してダウンタウンの松本人志は、「あの感じ、確かにやりづらい。俺も廊下で小川菜摘(相方である浜田雅功の妻)と会うたとき、嫌やもん」とコメント。一般の視聴者たちも(何となくその気持ちわかる…)となったわけだが、小川菜摘にしても夫の不倫騒動のときには毅然とした対応を見せて“芸人の妻”の面目躍如となったし、今回の佐々木希も先の結婚発表時には、電話中継ながらもしっかりと生放送に“出演”し...more
in English
カテゴリー:

りゅうちぇる、神田沙也加を祝福 「えーウケる!」をぺこに怒られすぐさま訂正 - 04月26日(水)18:11 

 「30周年記念 かいけつゾロリ大冒険展」のオープニングセレモニーが26日、東京都内で行われ、ゲストとしてタレントのぺこ&りゅうちぇる、原作者の原ゆたか氏が出席した。 いたずら王者を目指すキツネの主人公・ゾロリが仲間と共に冒険を繰り広げる「かいけつゾロリ」の大ファンというりゅうちぇるは「本って読まないし、漫画もどこを読んでいいのか分からなくて苦手なんだけど、ゾロリだけは本当にずっと大好きで見てました」と“ゾロリ愛”をアピール。ぺこも、幼少期からゾロリに親しんでいたといい、きょうの参加を「小さい時の自分に教えてあげたいぐらい本当に光栄」と喜んだ。 また、新婚ホヤホヤとあり「いつか子どもができたら絶対に読ませたい」と口をそろえた2人。まだ予定はないとしつつも、りゅうちぇるは「まじで早く欲しい。2人。女子、男子の順がいいな」と“ベビちぇる”の誕生に願いを込めた。 さらに、女優の神田沙也加が9歳年上の俳優、村田充と結婚するという一部報道について聞かれたりゅうちぇるは「えーウケる! おめでとうございます」とコメント。ぺこから「(ウケるは)ほんまにヤバイで」と注意されたりゅうちぇるは「すぐ何でも『ウケる』と言っちゃうクセがあって…。全くウケてないです」と慌てて釈明しつつ「すごいお似合いなんだろうなと思います」と改めて祝福した。 神田とは面識はないとしつつも、新婚生活を楽しくするための秘訣を尋ね...more
in English
カテゴリー:

ウーマン村本、サイコパスではなく「色情症」?催眠療法で○○にディープキス - 04月28日(金)19:08 

4月25日に放送された『わざわざ言うテレビ』(テレビ大阪、毎週火曜24:12~)にて、同番組でかねてから噂されている「ウーマンラッシュアワー村本大輔サイコパス疑惑」を徹底検証した。「サイコパス」とは、嘘をついたり人を傷つけたりしても罪悪感を覚えない人間のこと。精神科医の片田珠美先生いわく「芸能人は結構多い。自己愛性パーソナリティ障害(自分が大好き)、演技性パーソナリティ障害(自己顕示欲が強い)タイプが芸能界には集まっている」と言い、有名歌手Hや若手俳優Tにもサイコパスの疑いがあるのだとか。診察では、片田先生が村本の「舞台の合間にAVを見て欲情」「夕方6時から女の子を呼んでいたにも関わらず、時間があったので出待ちのファンを呼び出した」「今のうちに女を食べておきたい。バイキングのように」という過去の発言から、「村本さんはサイコパスというより“サチリアージス”の可能性が高い」と診断。“サチリアージス”とは、日本語に訳すと「色情症」。常に欲求不満で量的に過剰なセックスを求める人間のことだという。それについて村本は「“したい!”っていう気持ちは強いんですけど、してはいない。いつも失敗している。この世界に入ったからには、1度でいいからキレイな娘としたい」と反発。メッセンジャーの黒田有に「お笑い芸人と女優の報道が出てることに対してのヤキモチでは?」とツッコまれると、村本は「(アンジャッシュの渡部...more
in English
カテゴリー:

佐々木希、上京すぐの苦労時代告白!「母に電話しても、事務所の言うことを聞きなさいと......」 - 04月27日(木)16:46 

先日渡部建との入籍を発表した佐々木希が『チカラウタ』に出演。上京し、芸能界駆け出し当時の心境を振り返った。
in English
カテゴリー:

新婚・佐々木希、褒め言葉を「鵜呑みにしちゃいけない」 - 04月27日(木)11:00 

4月26日放送の「チカラウタ」(日本テレビ系)の1時間スペシャルに佐々木希が出演。アンジャッシュ渡部健と結婚したばかりの佐々木が、故郷の秋田に帰りたくてたまらなかったデビュー当時の日々を語った。 【写真を見る】秋田でショップ店員として働いていた佐々木希 佐々木は秋田でショップ店員として働いていた時に、雑誌の撮影チームにスカウトされて、後に上京。 しかし決して順風満帆ではなく、仕事がまったくない日々が続いていた。 その当時の心境を思い出しながら「結構キツかったですねぇ…」と佐々木。 秋田に帰ろうと思ったことも「何度もありました」と振り返る。 駆け出しの辛い時期を経験しながら、自分を強くもつことが大事だと佐々木は感じるようになった。 「その時はちょっとひねくれていたのかもしれないんですけど」と前置きしつつ、雑誌の撮影現場などで「褒めてくださることを、あまり鵜呑みにしちゃいけない」と自分に言い聞かせていたという。 そんな佐々木の話に小山慶一郎も共感。 小山は、女性誌の撮影現場では普段使わないような褒め言葉が飛び交っていると切り出す。 撮影中、カメラマンやスタッフから「カワイイ!」「ヤバイ!」「神!」などの褒め言葉を投げかけてくれるが、「僕がイチバン笑っちゃったのが『奇跡!』(笑)」と小山は苦笑する。 「チカラウタ」のレギュラー放送は毎週日曜昼5時~。次回は4月30日(日)放送。 【関連...more
in English
カテゴリー:

「渡哲也さん、一生お恨み申し上げます」 元幹部が明かす石原プロは五輪前に解散 - 04月27日(木)08:02 

■「石原プロ」解散へ クビを斬られた大幹部の告白(下) 「石原プロモーション」元常務・仲川幸夫氏(77)による告白の後編である。仲川氏が突然の“任期満了”を告げられた後に発表された新役員人事には、渡哲也(75)の名があった。これについて「僕の退任も渡さんが主導したに違いない」と、仲川氏は言う。渡との間で、ボタンはいつ、どこで掛け違ったのだろうか。  ***  仲川氏が続ける。 「僕の退任劇は昨年11月12日、渡さんの自宅で、会社の今後について話したところから始まったと思います。実は、僕は毎月、渡さんを訪ね、会社の経営について報告していたのです。  その日、渡さんは『もう役者としてはやっていけないな』などと弱気な面も見せる一方で、急に『俺が社長を辞めたとき、たしか仲川さんも辞めるって約束したよな』と言い出した。それに続けて、『仲川さんはいつまでやるのよ。会社をまき子さんに返して自由にやってもらえばいいんだから、俺たちが何かすることはないよ』と説き、『俺は石原プロを辞めるよ』と呟きました。僕は驚いて、必死に慰留しました。 『会社を畳みたい』と以前から公言していた渡さんは、僕に幕引きをさせたかったのかもしれない。渡さんは会社を自分の代で終え、資産をそっくりまき子さんに戻すのがよいと考えていますが、僕は、いずれにしても、なんらかの形で、石原プロの名を残したいと思っていた。この日、渡さん...more
in English
カテゴリー:

佐々木希「今まで話せなかったこと、お話します」with編集部もびっくりの告白! - 04月26日(水)12:01 

2017年4月9日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『行列のできる法律相談所 3時間スペシャル』の中で、夫となるアンジャッシュの渡部建さんが結婚を発表した佐々木希さん。 佐々木希さんは雑誌『with』の専属モデルを務 […]
in English
カテゴリー:

もっと見る

「渡部建」の画像

もっと見る

「渡部建」の動画

Wikipedia

渡部 建わたべ けん、1972年9月23日 - )は、日本のお笑い芸人でアンジャッシュツッコミ担当。

東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。

略歴

3人兄弟の末っ子で兄と姉がいる。八王子市立片倉台小学校、八王子市立中山中学校東京都立日野高等学校神奈川大学経済学部卒業。

1993年、大学2年の時に高校の同級生・児嶋一哉から「一緒にお笑いをやらないか」「おまえしかいない」と誘われ、大学の遊びも落ち着いていた時期だったこともあり面白そうだと思い、快諾。お笑いコンビ「アンジャッシュ」を...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる