「渡邊剛」とは?

「渡邊剛」の画像

もっと見る

「渡邊剛」の動画

Wikipedia

渡邊 剛(わたなべ ごう, 1958年 - )は、日本の心臓血管外科医、医学博士ニューハート・ワタナベ国際病院総長、国際医療福祉大学客員教授、帝京大学客員教授。日本ロボット外科学会理事長、日伯研究者協会副会長、自由が丘クリニック顧問、元金沢大学心肺・総合外科教授。

プロフィール

東京都出身。ドイツのハノーファー医科大学にて、ドイツ心臓外科の父と呼ばれるHans G Borst教授に学び、2年半の臨床留学中2000件にわたる心臓手術を経験。チーフレジデントとして又、32歳で日本人最年少の心臓移植執刀医として活躍。帰国後、2003年に人工心肺を用いない心臓を動かしたままのバイパス手術(心拍動下冠動脈バイパス手術(OPCAB))を成功させる。41歳で金沢大学心肺・総合外科の教授となる。また心臓アウェイク手術(自発呼吸下心拍動下冠動脈バイパス術)や、外科手術用ロボットの"ダヴィンチ"を使った心臓手術など日本で初めての手術を次々に成し遂げる。低侵襲冠動脈バイパス手術の経験は日本で最も多く、手術の成功率は99.6%。現在、日本で唯一ロボット心臓手術を行っており「心臓外科の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる