「渡辺謙」とは?

関連ニュース

鈴木亮平、NHK大河『西郷どん』との不思議な縁を明かす - 02月19日(月)20:50 

NHK大河ドラマ『西郷どん』で主演を務める俳優の鈴木亮平が19日、自身のオフィシャルブログを更新。同作との不思議な縁を明かした。 同ドラマは、薩摩藩の下級武士の長男に生まれ、2度の島流し、3度の結婚を経験し、幕末志士の一人として「勇気と実行力」で時代を切り開いた男、明治維新の立役者でありながら最期は新政府との戦いに散った西郷隆盛の生涯を描く。鈴木は、西郷隆盛の18歳から死没する49歳までを演じる。 第七回(2月18日放送)は、吉之助(鈴木)の祖父の龍右衛門(大村崑)が労咳で死去。母の満佐(松坂慶子)は、嫁取りをせかすが斉彬(渡辺謙)と共に江戸に行きたい吉之助は結婚を拒んだ。吉之助は父の吉兵衛(風間杜夫)から母が死病を患っていると聞かされる。吉之助はしぶしぶ伊集院家より須賀(橋本愛)を嫁にもらったが、須賀は不器用で全く無表情、飲みっぷりだけはいいという嫁だった。そんな中、大山(北村有起哉)と俊斎(高橋光臣)の江戸詰めが決まり、吉之助は人選から落ちたことが分かった。母の満佐の容態が悪化し、最後に桜島が見える浜にもう一度行きたいというと、吉之助は満佐を背負って浜を訪れる。そこで満佐は吉之助の背中で息を引き取った、という内容だった。 「須賀さんとの不思議なご縁(西郷どんこぼれ話7)」と題して更新したブログは、「ほんの一年の間に三人もの家族を次々と亡くしてしまったことは、史実ではありま...more
カテゴリー:

鈴木亮平、父親から聞いた衝撃の事実「不思議な縁を感じました」 - 02月19日(月)17:11 

俳優の鈴木亮平が19日、自身のアメブロを更新。NHK大河ドラマ『西郷どん』で女優・橋本愛が演じる妻・須賀の役名と自身の家族に“縁”があったことを報告した。 「第7話「背中の母」いかがでしたでしょうか?」と呼びかけた鈴木。「ほんの一年の間に三人もの家族を次々と亡くしてしまったことは、史実ではありますが、あまりにも悲しい」と心情をつづり、自身が演じる西郷隆盛の父・西郷吉兵衛役の風間杜夫と、母・満佐役の松坂慶子との3ショットを公開した。 続けて「ただ、母上と別れた海辺でのあのシーンでは、僕は身を切られるほど悲しいながらも、同時にとても幸せな感覚になったことを覚えています」と懐かしみ、「背中の母」「この両親が居て、この大家族があり、たくさんの愛情を受けて育ったからこそ、後に「大西郷」と呼ばれるような人物が育まれたのかなと、今となっては思います」と自身の思いを語り、松坂との笑顔の2ショットを公開した。 鈴木は「そして!吉之助がとうとう祝言をあげました!お相手は、橋本愛ちゃん演じる須賀さん」と放送を振り返り「そういえば昨日父親と連絡を取っていたら」と思い出したように「亮平のひいおばあちゃんも、スガさんって名前やで と衝撃の事実が」と父親の告白に驚いたよう。「もちろん単なる偶然でしょうが、不思議な縁を感じました」とつづっている。 ブログの最後には「「来週はいよいよ、薩摩青春編の最終章。グ...more
カテゴリー:

『西郷どん』、橋本愛の美しさと存在感に反響 松坂慶子のラスト演技に感動の声も - 02月19日(月)11:40 

 NHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合/毎週日曜20時、BSプレミアム/毎週日曜18時)の第7話が18日に放送され、須賀役で初登場した橋本愛の圧倒的な“美しさ”に多数の反響が寄せられた。【写真】「橋本愛」フォトギャラリー 『西郷どん』第7話。祖父・龍右衛門(大村崑)が結核で亡くなった。満佐は吉之助(鈴木亮平)の嫁取りを急かすも、斉彬(渡辺謙)に伴い江戸に行きたい吉之助は結婚をしぶる。だが、父・吉兵衛(風間杜夫)から母が病を患っていると聞かされた吉之助は心を痛め、須賀(橋本)を嫁にもらうことに。 まだ西郷家になじめない須賀に、吉兵衛は満佐と見合い結婚したときの話を引き合いに出しながら、夫婦について語った。ところがそんな吉兵衛が翌朝突然の他界。夫に先立たれたことによりさらに容体が悪化した満佐は、吉之助に、ある場所に連れて行って欲しいと願い出る。それは、海の向こうに雄大な桜島を見渡せる場所だった。 今回から登場となった須賀役の橋本。大河ドラマ初出演とは思えない圧倒的な存在感と美しさに、「心臓止まるかと思いました」「奮えるほど美しい」といった声が寄せられた。さらに、うまく笑えない不器用な須賀に「よか、よか。無理して笑うことはなか」と微笑む吉之助の情の厚さに惚れるというコメントも。演じる鈴木もすっかり「西郷どん」が板についてきたといった声も多く見られた。  また愛しいわが子の背中で、桜島...more
カテゴリー:

「西郷どん」6話 鈴木亮平、瑛太、黒木華の青春ラブトライアングルに需要はあったか - 02月18日(日)09:45 

大河ドラマ「西郷どん」(原作:林真理子 脚本:中園ミホ/毎週日曜 NHK 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時) 第6回「謎の漂流者」2月11日放送  演出:盆子原誠6話、視聴率微減のわけは LOVE?6話の視聴率は15.1%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)。5話よりちょっと下がったが、土俵際、15%台でぎりぎり踏みとどまった。熱い相撲が描かれた5話から6話は、のちに勝海舟と共に咸臨丸でアメリカに渡るジョン万次郎(劇団ひとり)が登場し、吉之助(鈴木亮平)と邂逅し、密偵かもしれない万次郎の秘密を吉之助や正助(瑛太)が探るという、というわくわく冒険譚的な回かと思いきや、ちょっと違って、女たちのエピソードに重きが置かれていた印象だ。万次郎のこの回の役割は、島津斉彬(渡辺謙)に、蒸気船作りをはじめとして、アメリカのいろいろなことを教えることよりなにより、主に「LOVE」の概念を吉之助たちに伝えるためであったように見えた。その「LOVE」の具体例として、6話は、糸(黒木華)が吉之助のことを思いながらも親の決めた相手・海老原重勝役(蕨野友也)に嫁いでいくまでが描かれた。冒頭、5話で斉彬との相撲に勝ってしまったため牢屋に入れられた吉之助が切腹させられるのではないかとを心配して、糸が西田下会所まで全力で走る。「吉之助さぁ〜〜」(絶叫)からのタイトルバックには、現代ドラマっぽい引きのテクニッ...more
カテゴリー:

『西郷どん』第7話、病気の母を安心させるため嫁をもらった吉之助 だがその嫁は… - 02月17日(土)12:30 

 NHK大河ドラマ『西郷どん』、今週放送の第7話「背中の母」では、西郷家で祖父・龍右衛門(大村崑)の死に続き、母・満佐(松坂慶子)も死病を患う。母を安心させたいという思いもあり、吉之助(鈴木亮平)は嫁をもらうことに。鈴木は第7話について、「このドラマの西郷さんって、大切な何かを失うことで大きく成長していくと思うんですけど、いよいよ大人として責任を背負うときがやってくる。ひとりの人間としての心の成長がとっても丁寧に描かれていると思います」と語っている。【写真】『西郷どん』第7話フォトギャラリー 吉之助は母・満佐から嫁取りをせかされるが、斉彬(渡辺謙)に伴い江戸に行くことを希望し結婚を拒む。だが父・吉兵衛(風間杜夫)から母が死病を患っていると聞かされる。 母のために何ができるのか。心痛める吉之助は、伊集院家より須賀(橋本愛)を嫁にもらうが、須賀は不器用で無愛想な嫁だった。そんな中、大山(北村有起哉)と俊斎(高橋光臣)の「江戸行き」が決まり、吉之助は人選から落ちたことがわかる。 鈴木は吉之助が嫁をもらうことで「西郷家の空気感がガラリと変わりますよ」と語り、「そして吉之助と須賀さんの関係がまたとっても複雑で…」と何やら微妙な紹介をしている。 先週放送の第6話「謎の漂流者」では、相撲大会で藩主・斉彬を投げ飛ばした吉之助は、入れられた牢屋で謎の漂流者と出会う。西郷家にかくまったその男、ジョン万...more
カテゴリー:

金メダル、じつは ほぼ銀製!? 【視聴熱】2/18デイリーランキング - 02月19日(月)17:30 

webサイト「ザテレビジョン」では、2月18日の「視聴熱(※)」デイリーランキングを発表した。 【画像】五輪放送のため休止だった「99.9」。公式Twitterでの“お休みポーズ”が話題に ■ 人物ランキング 浅田真央「すごすぎる!!最高でした!!」とインスタで祝福 1位 羽生結弦/2位 宇野昌磨/3位 浅田真央 羽生結弦…2月17日、平昌五輪のフィギュアスケート男子シングルで金メダルに輝き、66年ぶりとなる五輪連覇の偉業を果たした。宇野昌磨選手は銀メダルとなり、フィギュアスケート史上初となる日本勢の五輪ワンツーフィニッシュに。18日の記者会見では、けがの痛みとの戦いの中での演技だったことを率直に明かし、今後は小さい時からの夢だった4回転アクセルへの挑戦を語った。 ■ ドラマランキング 吉之助(鈴木亮平)、母(松坂慶子)を思い結婚を決意するが… 1位 西郷どん/2位 トドメの接吻/3位 99.9-刑事専門弁護士- SEASONII 西郷どん…祖父・龍右衛門(大村崑)が亡くなり、母・満佐(松坂慶子)は、吉之助(鈴木亮平)の嫁取りをせかすが、斉彬(渡辺謙)と江戸に行きたい吉之助は拒む。だが、父・吉兵衛(風間杜夫)から母が死病を患っていると聞かされ、母を思い結婚を決意する。嫁いできた須賀(橋本愛)は不器用で不愛想な女性だった…。祖父、父、母が相次いで亡くなるという悲しい回となった。 ■ ...more
カテゴリー:

【視聴率】大河ドラマ「西郷どん」第7話は14・3% 橋本愛の花嫁姿がネットで話題[18/02/19] - 02月19日(月)13:11  mnewsplus

「西郷どん」第7話は14・3% 橋本愛の花嫁姿がネットで話題 2018年2月19日 12:22 スポニチ Sponichi Annex スポーツ https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/19/kiji/20180219s00041000141000c.html NHK大河ドラマ「西郷どん」で主演する鈴木亮平 Photo By スポニチ 俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)の第7話が18日に放送され、平均視聴率は14・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが19日、分かった。 第1話=15・...
»続きを読む
カテゴリー:

「満佐の優しさや愛情深いところは、吉之助に受け継がれています」西郷満佐(松坂慶子)【「西郷どん」インタビュー】 - 02月18日(日)20:50 

 薩摩藩主・島津斉彬(渡辺謙)の周辺で少しずつ時代が動き始める中、吉之助(鈴木亮平)が結婚。だがその一方、祖父・龍右衛門(大村崑)、父・吉兵衛(風間杜夫)、母・満佐が相次いで亡くなり、吉之助は文字通り西郷家の大黒柱となった。吉之助を愛情深く見守ってきた満佐を演じた松坂慶子が、クランクアップを迎えた心境や撮影の舞台裏を語ってくれた。 -撮影を終えた今のお気持ちを聞かせてください。  寂しいですね。7月の暑い最中に撮影が始まってから6カ月、どっぷり漬かった感じでしたから。満佐は四男三女のお母さんで、赤ちゃんもいましたし、第1回は子役も一緒だったので、アットホームな現場でした。西郷家は貧しい家なので、板の間に裸足で正座するシーンも多かったのですが、みんなで我慢大会をしながら子どもたちもよく頑張ってくれました。 -クランクアップはロケでしたが、スタジオでの撮影が終わった時の様子は?  西郷家のセットには木の上のツリーハウスみたいな場所があって、以前から「上らせてほしい」とお願いしていたんです。でも、スタジオの撮影が終わった日に、「今言うのも恥ずかしいな…」と思っていたら、スタッフが「上りますか?」と声を掛けてくれて(笑)。喜んで上ったら、子役たちも「私も、僕も」という感じになって、みんなで木の上から西郷家を眺めました。楽しかったです。 -大家族の西郷家を支える満佐を、どんな女性と考え...more
カテゴリー:

鈴木亮平「ついにお嫁さんを迎えます!」『西郷どん』第7話は衝撃の展開 - 02月18日(日)05:00 

鈴木亮平が主演するNHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合、毎週日曜20:00)。2月18日の第7話は、「背中の母」を放送する。原作・林真理子、脚本・中園ミホでおくる『西郷どん』は、極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(鈴木)が、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく物語を描く。第7話「背中の母」では、祖父・龍右衛門(大村崑)が死去。母・満佐(松坂慶子)は、吉之助(鈴木)の嫁取りを急かすが、斉彬(渡辺謙)に伴い江戸に行きたい吉之助は結婚を拒む。だが、父・吉兵衛(風間杜夫)から母が死病を患っていると聞かされた吉之助は悩み、伊集院家より不器用で無愛想な須賀(橋本愛)を嫁にもらうことに。そんな中、大山(北村有起哉)と俊斎(高橋光臣)の「江戸行き」が決まり、吉之助は人選から落ちたことが分かる。 公式ホームページの「西郷どんの目線」では、鈴木が「とにかく衝撃のドラマです。吉之助にとって、つらく悲しい出来事がたくさん起こります。このドラマの西郷さんって、大切な何かを失うことで大きく成長していくと思うんですけど、そういう意味でも、いよいよ大人として責任を背負うときがやってくる。ひとりの人間としての心の成長がとっても丁寧に描かれていると思います。そして大人になると言えば、なんと吉之助、ついにお嫁さんを迎えます!...more
カテゴリー:

『西郷どん』子ども時代子役の憧れは「BIGBANG!」 - 02月17日(土)06:00 

「マイケル・ジャクソンの映像を見ていたら、『Ah! Oh!(アオ)』って自分の名前を呼ばれているような気がして、それでダンスを始めました(笑)」 そう語るのは、NHK大河ドラマ『西郷どん』で夫人公である西郷吉之助(隆盛)の子ども時代・小吉役を演じた、渡邉蒼くん(13)。『西郷どん』で見せた泥まみれで相撲を取る小吉とうってかわって、軽やかにヒップホップダンスを踊る。 「BIGBANGのSOLさんのようなアーティストになりたいんです!」(蒼くん・以下同) 演技を始めてからは1年半と日は浅いが、オーディションでたくさんの子役のなかから選ばれ、何事にもまっすぐな小吉を生き生きと演じきった。 「いちばん印象に残ったのは、島津斉彬に扮した渡辺謙さんとの最後のシーン。斉彬さまが『強くなれ!』と小吉に言った言葉ですが、僕自身、渡辺さんからそう激励されたような気がして。今後もその言葉を大事にして、いつか大人の俳優としてまた大河ドラマにでたいです!」【関連記事】ミムラ「西郷どん」抜擢!躍進の陰にあった休業2年間の苦悩有賀さつきさん実父悩む今後 母なき家に15歳娘は独りで生活【写真】「西郷どん」撮影現場に癒しを与える瑛太の“イクメン談議”
カテゴリー:

もっと見る

「渡辺謙」の画像

もっと見る

「渡辺謙」の動画

Wikipedia

渡辺 謙(わたなべ けん、1959年10月21日 - )は、日本俳優。本名同じ。「謙」は越後の戦国武将、上杉謙信に因む。新潟県北魚沼郡広神村魚沼市広神村)出身。演劇集団 円を経て2002年からケイダッシュ所属。

世界各国において映画を中心にテレビドラマ舞台、テレビコマーシャルと幅広く活躍している俳優の一人。身長184cm、体重80kg。父の渡辺亮一は画家として活動している。

来歴 デビューまで

新潟県北魚沼郡広神村にて共に教師をしていた両親の元に生まれる。両親の転勤で幼少期を...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる