「渡瀬恒彦」とは?

関連ニュース

【芸能】<みやぞんは裏番長だった!> 芸能界「ケンカ最強伝説」の真実 - 10月09日(月)20:02  mnewsplus

芸能界で“最もケンカが強い男”との呼び声が高い男といえば、古くは愚連隊の用心棒を務めていたといわれるタレントのジェリー藤尾(77)や、今年3月に亡くなった俳優の渡瀬恒彦、“凡ちゃん”ことタレントの大木凡人(72)。 中年世代だと暴走族だった俳優の宇梶剛士(55)が有名で、数々の武勇伝が語り継がれている。しかし、そんな旧世代に負けないぐらい、新世代の芸能人にも腕っぷしが強い者は多いようだ。  若い頃は「人をぶん殴ってばかりいた」と、自ら語っていたのは俳優の原田龍二(46)で、「ケンカは丸腰でしかや...
»続きを読む
カテゴリー:

「渡瀬恒彦」の画像

もっと見る

「渡瀬恒彦」の動画

Wikipedia

渡瀬 恒彦(わたせ つねひこ、1944年7月28日 - 2017年3月14日)は、日本俳優歌手。本名同じ。島根県安来市出身。東映マネージメント所属。兄は俳優の渡哲也、長男はTBSディレクターの渡瀬暁彦。身長174cm、血液型AB型。

来歴 生誕からデビューまで(1944〜1969年)

幼少期はガキ大将だった。同じ小学校に通った同級生は「恒ちゃんは、ガキ大将で、けんかがものすごく強かった。友だちをいじめた相手に何やってるんやと向かっていき、兄貴肌で慕われていた」と懐かしんだ。生誕した島根県から兵庫県津名郡淡路町に移り、三田学園中学校・高等学校卒業(6年間の寮生活)。高校時代は水泳部に所属(柔道にも励んでいたという説もある)、当時から同世代の女子に人気があり運動会には渡瀬目当ての女子学生が押しかけてきて...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる