「渋谷凪咲」とは?

関連ニュース

【写真たっぷり】NMB48が沖縄の地で躍動! 山本彩「アイヤ、イヤサッサ、ありがとゴーヤー!」 - 04月21日(金)19:30 

4月20日から23日にかけて開催中の『島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭』。21日、波の上うみそら公園(那覇市)で行われた『KawaiianTV presents スペシャルステージ』にアイドルグループ・NMB48が出演した。 沖縄の強い日差しが降り注ぐ中、『ナギイチ』、『イビサガール』と早くも夏を感じさせる楽曲に加え、『オーマイガー!』、『らしくない』、『ドリアン少年』、『365日の紙飛行機』を含む計6曲を披露。 山本彩は、「コールも沖縄バージョン。聞こえてましたよ! アイヤ、イヤサッサ、ありがとゴーヤー!」とファンに呼びかけ、6回目の出演となったステージを盛り上げた。 また、今年の『沖縄国際映画祭』に出品されている映画に出演するメンバーも。「『女々演(じょじょえん)』という映画に出演しています。男勝りな役なので、いかつい私を見ていただけると嬉しいです!」(矢倉楓子)。「ピースの又吉直樹さんが主演する『海辺の週刊大衆』でヒロインを務めました。“1個だけッ”と言うシーンがあるんですけど、皆さん、1回だけッ見てください」(渋谷凪咲)と、それぞれ笑顔でアピールした。 『島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭』公式サイト: https://oimf.jp/
in English
カテゴリー:

NMB48薮下柊、卒コンで「六甲おろし」 なぎしゅう涙のデュエットも - 04月12日(水)04:00 

 アイドルグループ・NMB48が11日、大阪・オリックス劇場で3期生のエース・薮下柊(18)の卒業コンサート『いつまでもしゅうの笑顔を忘れない』を開催した。 【ライブ写真】“なぎしゅう”コンビが涙のデュエット  「渚のCHERRY」では薮下がセンター、1期生の山本彩(23)、上西恵(22)、吉田朱里(20)がツインテールでバックダンサーを務めて大盛り上がり。一転して、薮下がピアノを演奏し、同期7人とともに歌った「背中から抱きしめて」ではファンの涙を誘った。  大の虎党で知られ、昨年は阪神を応援する女子「TORACO」の応援隊長を担当した薮下は、タイガースのユニフォームを着用し、ホームベースのかぶりものをした山本らとともに「六甲おろし」を熱唱。アンコールでは、仲良しコンビ“なぎしゅう”の相方・渋谷凪咲(20)と「桜の花びらたち」をデュエットし、渋谷から「寂しい」と素直な思いを伝えられると、涙をこらえることができなかった。  2011年12月に加入し、5年間在籍した薮下は「本当に、素直に、普通に、寂しいなぁって思います。私にとって、NMB48は青春そのものでした。ちぎれそうになるぐらい笑ったのもNMB48だし、ホンマに意味わからんくらい悔しいって思ったのもNMB48で、ふとしたときに幸せやなぁって思うのもNMB48でした」としみじみ。  ファンに向けて「今までこうやってずっと...more
in English
カテゴリー:

【NMB48】渋谷凪咲、“照れセクシー”ランジェリー姿披露に絶賛の声!「見てるこっちが照れちゃうよ」 - 03月12日(日)10:23 

2日、人気アイドルグループ・NMB48の渋谷凪咲が自身のインスタグラムで、「#照れちゃう」というハッシュタグを付け、白のセクシーなランジェリーを着て恥ずかしそうにうつむいている姿を披露。 「セクシー過ぎて、見てるこっちが照れちゃうよ」「相変わらずの美ボディだね!」などと、ファンの目を楽しませていた。 2012年に、NMB48の4期生として芸能界入りを果たした渋谷。 研究生としての活動を経て、14年に正規メンバーに昇格したのだが、それと同時にAKB48の兼任も発表されたことで、一気に知名度がアップした。 推定Cカップの...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

薮下柊「私らしく笑顔で」NMB48卒業コンサート開催 - 04月12日(水)11:30 

NMB48の3期生として加入し、同グループの選抜メンバーとして活躍を続けてきた薮下柊の卒業コンサート『NMB48 薮下柊 卒業コンサート ~いつまでもしゅうの笑顔を忘れない~』が11日、大阪・オリックス劇場で開催された。 2400人の観客が詰めかけた会場は、サブタイトルにもあるように笑顔がトレードマークの薮下らしくオープニングから最高潮に盛り上がりをみせた。 阪神ファンでもあり、昨年は、TORACOとしても活動していた薮下。 六甲おろしを披露するなど、元気あふれた笑顔に会場も卒業コンサートであることを忘れてしまうかのように、あっという間に時間は過ぎていく。 アンコールが明けると、NMB48のメンバーでいつも横にいた渋谷凪咲と2人でデュエットを披露。 渋谷から想いを告げられると、このときばかりは“卒業”という現実を惜しむように涙で包まれた。 薮下は「本当に、素直に、普通に、(卒業することが)さみしいなぁって思います。私にとって、NMB48は青春のそのままでした。いろいろ(お腹が)ちぎれそうになるぐらい笑ったのもNMB48だし、ホンマに意味わからんぐらい悔しいって思ったのもNMB48で、ふとしたときに、幸せやなぁって思うのもNMB48でした。だから、さみしいなぁっては、思うんですけど、みなさんに今までこうやって、ずっと会いに来てくださって、本当に今までいろんなことを...more
in English
カテゴリー:

NMB48上西恵、卒コンで姉妹デュエット 妹への手紙で涙も - 04月11日(火)06:30 

 アイドルグループ・NMB48の1期生でチームN副キャプテンの上西恵(22)の卒業コンサート『やっぱり恵ちゃんがナンバ―ワン』が10日、大阪・オリックス劇場で開催され、昨年6月に5期生として加入した実妹・上西怜(15)と「ハートの独占権」を披露。姉妹デュエットで2400人の観客を沸かせた。 【写真】妹にあてた手紙を読み上げ涙する上西恵  オープニングは、1期生が2011年元日からスタートさせた初公演『誰かのために』のユニット曲「ライダー」で幕開け。当時は5人で歌っていたが、既に4人が卒業し、上西が1人で披露した。「抱きしめたいけど」ではドラムソロを披露し、「結晶」は上西と渋谷凪咲がパーカッション、村瀬紗英と清水里香がアコースティックギター、明石奈津子がピアノを担当し、アコースティックバンドバージョンで披露するなどして魅了した。  アンコールで上西の卒業ソング「途中下車」を披露後には、7歳下の妹・怜にあてた手紙を読み上げた。新チームBII公演の初日、怜が助っ人出演したときに「他のメンバーと比べるようなことを言ってしまった」ことを振り返り、「今でも後悔しています。私にどれだけキツく言われても泣かなかった怜が初めて涙を見せました。私がプレッシャーをかけてどうするんだって悲しくなったけど、姉妹って関係がその時は邪魔をして素直に励ますことすらできなかった」と涙した。  続いて、怜が姉...more
in English
カテゴリー:

「渋谷凪咲」の画像

もっと見る

「渋谷凪咲」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる