「清野菜名」とは?

関連ニュース

篠原ゆき子、『コウノドリ』出演の反響に感謝「こんなにありがとうって言ってもらえたの初めて」 - 11月13日(月)15:51 

女優の篠原ゆき子が11日アメブロを更新。10日に放送されたTBS系ドラマ『コウノドリ』第5話出演への反響に対する感謝をつづった。 「コウノドリ、ご覧になってくださった皆様ありがとうございました!ブログやツイッターにいただいた沢山の有難いコメントを、嬉し泣きしながら読みました。本当に本当にありがとうございます」と感謝をつづった篠原は「自分の関わったもので、こんなにありがとうって言ってもらえたの初めてだし、それがこんなに嬉しいものなんだと思いました」とコメント。 妊娠27週で切迫早産の可能性があり急遽入院することになった妊婦・西山瑞希を演じた篠原は「今回の私の演技で西山瑞希と同じような経験をされた方が傷ついたりするのが一番怖かったので、そういう方からのコメントも、すごくすごく有り難かったです。そういう作品を作り上げてくれた土井監督をはじめスタッフの皆様、ありがとうございました」と監督やスタッフにも感謝。 また主人公の産婦人科医・鴻鳥サクラを演じた俳優・綾野剛始め共演者たちにも「全て受け止めて優しい言葉をくれた綾野剛さんや吉田羊さんをはじめとするレギュラーメンバーの方々、一緒に時間と想いを共有した矢沢心さんと深水元基さん、ありがとうございました」と伝え、役者仲間やアクティングコーチにも感謝を伝えた。 最後に篠原は「いつもそばにいてくれている家族も、ありがとう。そして天国にいる...more
カテゴリー:

田野倉雄太、『トットちゃん!』八木亜希子の年下の恋人役に - 11月12日(日)10:00 

 女優・黒柳徹子と、その家族の激動の昭和史を描く、テレビ朝日系帯ドラマ劇場『トットちゃん!』(月~金 後0:30~0:50)に、13日放送の31話から出演する俳優・田野倉雄太(28)。徹子の母・朝(松下奈緒)の叔母で、戦争未亡人となった井上えつ(八木亜希子)の年下の恋人・木島吉秋を演じる。「より多くの人に自分のことを知ってもらえるきっかけになれば」と、意気込んでいる。 【写真】井上えつ役の八木亜希子  音楽学校に通っていた朝が下宿していた井上家。朝と守綱の駆け落ちを応援していた、えつを演じる八木は、フジテレビのアナウンサーとして活躍後、フリーとなり、三谷幸喜監督の映画『みんなのいえ』(2001年)で女優デビュー。その後、連続テレビ小説『あまちゃん』(13年)や大河ドラマ『真田丸』(ともにNHK)にも出演し、本作でも堂々たる演技を見せている。  その恋の相手役に起用された田野倉は「現場で初めてお会いしたのですが、テレビで観てきた印象どおりの方で、親しみやすくて、悩める心を癒やしてくれるようなやさしい雰囲気で、一緒にお芝居させていただいて本当にうれしかったです」と振り返る。  劇中では、空襲で家も夫(高田純次)も失くし、戦後、タバコ屋を開いて一人、生き延びてきたえつ。そんな彼女に惚れてしまった木島は、吸わないタバコを買いに毎日のように店に通って、猛アプローチ。相思相愛の仲となっ...more
カテゴリー:

「トットちゃん!」ディーン・フジオカがNHK講師役に! 熱血授業に徹子もうっとり!? - 11月11日(土)06:00 

テレビ朝日系ほかで放送中の帯ドラマ劇場「トットちゃん!」(毎週月~金昼0:30-0:50ほか)で、ディーン・フジオカがNHKの講師役で出演することが分かった。 【写真を見る】ディーンが徹子にテレビ俳優としての熱き使命を伝授⁉/(C)テレビ朝日 同ドラマは、40年以上の長きにわたって「徹子の部屋」(毎週月曜~金曜昼0:00-0:30、テレビ朝日系)の司会を務め、常にエンターテインメント界の第一線で活躍を続けてきた黒柳徹子とその家族の激動の昭和史を描く。 黒柳が今最も注目している俳優の一人としてディーンの出演を熱望し、ディーンがそれに応える形で今回のゲスト出演が実現。 ディーンが演じるのは、アメリカ帰りのNHK講師・河毛博。NHK専属俳優の最終選考に残った徹子(清野菜名)に“テレビの可能性”について講義するという役どころだ。専属俳優に合格したとはいえ、毎日叱られてばかりの徹子に、テレビ俳優としての熱き使命を熱血授業で説いていく。 「テレビジョンによって、世界は永遠の平和を実現できるかもしれない」「あなた方はテレビジョンを成功に導くため、全身全霊で努力しなければなりません」と熱弁をふるう河毛に、徹子ら専属俳優の一期生たちは感動し、徹子も思わず「ステキ……」とうっとりする一幕も。  清野自身も「ディーンさんとは1年半前にお仕事をさせていただいて、今回また再会できたことがうれしかったです。1...more
カテゴリー:

セリフ量は膨大 「トットちゃん!」に主演 清野菜名 - 11月10日(金)18:33 

■「トットちゃん!」に主演 声を立てて笑い、目元からは好奇心がにじむ。まさにぴったりの役だろう。昼の帯ドラマ「トットちゃん!」(朝日系、月~金曜昼0時30分)で、黒柳徹子を演じている。 お茶の間の人気…
カテゴリー:

近藤真彦が、森繁久彌として『徹子の部屋』に出演 - 11月10日(金)12:50 

近藤真彦が、松下奈緒と清野菜名がW主演を務める帯ドラマ劇場『トットちゃん!』(テレビ朝日系列、毎週月~金曜12:30~12:50)で、昭和を代表する名優、故・森繁久彌さんを演じることが決定。「知床旅情」を歌い上げるシーンなどに挑んだ。本作は、40年以上の長きにわたって『徹子の部屋』の司会を務め、常にエンターテインメント界の第一線で活躍を続けてきた黒柳徹子とその家族の激動の昭和史を描く帯ドラマ。これまで映像化されていなかった『窓ぎわのトットちゃん』の時代からもエピソードを抜粋し、テレビ女優・一期生として活躍したNHK時代や、初めて明かされる“国境を越えた恋”まで、黒柳の怒涛の半生が描かれる。故・森繁さんは、いわずとしれた国民的俳優。黒柳がNHKの専属女優だった頃から親交があり、黒柳が『徹子の部屋』の記念すべき第1回目(1976年)のゲストに迎えたことでも知られている。惜しくも2009年に亡くなられたが、文化勲章、紫綬褒章や国民栄誉賞なども贈られた、伝説の名優だ。近藤もまた、黒柳とは『ザ・ベストテン』(TBS)時代から親交が深く、「仕事で会うより、プライベートでお会いすることの方が多く、しょっちゅう“リアル徹子の部屋”をやっている感じです(笑)」と語るほど仲が良い。2015年5月、『徹子の部屋』が放送1万回を迎えた際は、後輩の東山紀之と共にお祝いに駆け付けたことも。そんな黒柳に、出演を...more
カテゴリー:

「トットちゃん!第6週。とにかく明るい黒柳、可愛いは正義だ。しかし近藤真彦が森繁久彌を演るとは! - 11月13日(月)09:45 

帯ドラマ劇場『トットちゃん!』(テレビ朝日・月〜金曜12:30〜)第6週。疎開先から東京に戻ってきて、いよいよ大人の徹子・清野菜名ちゃんが本格的に始動。とにかくピュア過ぎるにもほどがある……というか、ちょっと頭の足りない子にしか見えないトットちゃんのかわいさにヤラレてしまった週だった。トットちゃんのバカすぎる恋愛トットちゃんのフリーダムっぷりは子ども時代から存分に発揮されていたが、幼少期を演じた豊嶋花ちゃんがやっている分には「自由奔放な子だな」という程度の印象だった。しかし、清野菜名ちゃんが同じように「オッケーボッケー花ボッケー!」とか、「アーメンソーメン冷ソーメン」といった奇声を上げて踊っている姿は、どう考えても頭のネジが外れちゃっているようにしか見えない。終戦したとはいえ、周りの大人たちはまだ戦争の影響を引きずっており、どこか暗い雰囲気を残しているのに対して、トットちゃんの一点の曇りもない明るさは際立っている。とにかく明るい黒柳だ。そんなトットちゃんが、東京に戻ってきて早々、恋に落ちてしまう。その相手というのが教会の牧師(竹財輝之助)。トモエ学園時代、初恋の相手だった幸ちゃんに対しても、やたらと鉛筆をけずってあげようとしたり、弁当の具をあげようとしたり、英単語を教えてもらってうっとりしたりと、かなり分かりやすくベタ惚れしていたトットちゃんだが、「幸ちゃんに感じた気持ちを10倍く...more
カテゴリー:

高橋克典、『トットちゃん!』徹子の運命の人を熱演  - 11月12日(日)06:00 

 俳優の高橋克典が、テレビ朝日系帯ドラマ劇場『トットちゃん!』(月~金 後0:30~0:50)第39話(11月23日放送)に、劇作家の飯沢匡(いいざわ・ただす)役で出演することが明らかになった。 【場面写真】『トットちゃん!』第39話(11月23日放送)より  エンターテインメント界の第一線で活躍を続ける黒柳徹子と、その家族の激動の昭和史を描く同ドラマ。13日放送の第31話から、ヒロイン・徹子(清野菜名)はテレビジョンの女優を目指し、NHKの試験に挑んでいく、新たな展開が幕を開ける。  高橋が演じる飯沢さん(故人)は、徹子の才能を見出し、女優人生を切り拓くきっかけを作った“運命の人物”。黒柳は6000人の中からNHK専属のテレビ女優に選ばれたものの、その個性的すぎる演技はディレクターたちから「変だ」と叱られ、番組から降ろされてばかり…。そんな時、飯沢さんが脚本を手掛ける、大型ラジオドラマ『ヤン坊ニン坊トン坊』のオーディションで飯沢さんの目に留まり、トン坊役を射止める。  合格した徹子は驚きのあまり、ぼう然。また降板させられるのではないかと思い、あいさつも忘れて「わたし、自然にやりますので。普通にやりますので、歌も勉強しますし、しゃべり方もちゃんとしますから」と飯沢氏に必死に申し出る。すると飯沢氏は、徹子が生涯忘れることのない、ある言葉を投げかける。今もなお、黒柳の心に深く刻...more
カテゴリー:

ディーン・フジオカ、『トットちゃん!』出演 黒柳徹子が熱望 - 11月11日(土)06:00 

 俳優・歌手のディーン・フジオカが、テレビ朝日系帯ドラマ劇場『トットちゃん!』(月~金 後0:30~0:50)にゲスト出演することがわかった。エンターテインメント界の第一線で活躍を続ける黒柳徹子と、その家族の激動の昭和史を描く同ドラマ。黒柳本人が出演を熱望し、ディーンがそれに応える形で、今回の出演が実現した。ディーンの出演は、11月22日放送の第38話の1シーンのみとなる。 【場面写真】ディーン・フジオカが出演する第38話より  ディーンが演じるのは、米国帰りのNHK講師・河毛博(かわけ・ひろし)。黒柳が研修時代に出会った実在の講師をモデルとした、ドラマオリジナルのキャラクターで、米国でテレビジョンについて学んできたという設定。グレーのチェックジャケットに黒ベースのネクタイというスタイリッシュな衣装をまとって登場する。  NHK専属俳優の最終選考に残った徹子(清野菜名)に“テレビの可能性”について講義する河毛。「テレビジョンによって、世界は永遠の平和を実現できるかもしれない」「あなた方はテレビジョンを成功に導くため、全身全霊で努力しなければなりません」と熱弁をふるう姿に、徹子は思わず「ステキ…」とウットリ。合格したとはいえ、毎日、叱られてばかりの徹子に、テレビ俳優としての熱き使命を教え授ける役どころを担う。    ディーンは「黒柳徹子さんの人生を語る上で、大切な出会いとなった...more
カテゴリー:

徹子さんに聞いた「一生病気にならない秘訣」 清野菜名 - 11月10日(金)18:29 

 昼の帯ドラマ「トットちゃん!」(朝日系、月~金曜昼0時半)で、黒柳徹子さんを演じている清野菜名さん(23)。ティーン誌のモデルとして芸能活動を始め、2015年には映画「東京無国籍少女」で主演を務めた…
カテゴリー:

近藤真彦が、森繁久彌として『徹子の部屋』に出演 - 11月10日(金)12:30 

近藤真彦が、松下奈緒と清野菜名がW主演を務める帯ドラマ劇場『トットちゃん!』(テレビ朝日系列、毎週月~金曜12:30~12:50)で、昭和を代表する名優、故・森繁久彌さんを演じることが決定。「知床旅情」を歌い上げるシーンなどに挑んだ。本作は、40年以上の長きにわたって『徹子の部屋』の司会を務め、常にエンターテインメント界の第一線で活躍を続けてきた黒柳徹子とその家族の激動の昭和史を描く帯ドラマ。これまで映像化されていなかった『窓ぎわのトットちゃん』の時代からもエピソードを抜粋し、テレビ女優・一期生として活躍したNHK時代や、初めて明かされる“国境を越えた恋”まで、黒柳の怒涛の半生が描かれる。故・森繁さんは、いわずとしれた国民的俳優。黒柳がNHKの専属女優だった頃から親交があり、黒柳が『徹子の部屋』の記念すべき第1回目(1976年)のゲストに迎えたことでも知られている。惜しくも2009年に亡くなられたが、文化勲章、紫綬褒章や国民栄誉賞なども贈られた、伝説の名優だ。近藤もまた、黒柳とは『ザ・ベストテン』(TBS)時代から親交が深く、「仕事で会うより、プライベートでお会いすることの方が多く、しょっちゅう“リアル徹子の部屋”をやっている感じです(笑)」と語るほど仲が良い。2015年5月、『徹子の部屋』が放送1万回を迎えた際は、後輩の東山紀之と共にお祝いに駆け付けたことも。そんな黒柳に、出演を...more
カテゴリー:

もっと見る

「清野菜名」の画像

もっと見る

「清野菜名」の動画

Wikipedia

清野 菜名(せいの なな、1994年10月14日 - )は、日本女性ファッションモデル、女優である。

愛知県稲沢市出身。ステッカー所属。日本芸術高等学園卒業。

略歴

2007年、ローティーン向けファッション雑誌ピチレモン(学習研究社)の第15回ピチモオーディションでグランプリ・ペンティーズ賞を受賞し、同年5月(6月号)より専属モデル(ピチモ)として活動した。2011年9月号で専属モデルを卒業した。

2009年、次世代アイドル発掘オーディション「グラビアJAPAN」(ヤングジャンプ×週刊プレイボーイ合同開催)最終候補(全16名)に選ばれ、準グランプリを受賞する。

高校入学を機に上京。高校は芸能系の学校で、3年間アクション部に所属してい...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる