「清野とおる」とは?

関連ニュース

KIRINが「午後の紅茶ミルクティー」の味を変えたワケ――漫画家・清野とおるが迫る - 08月22日(火)08:43 

 大人にも、子供にも愛される「午後の紅茶」。その味にはストレート、レモンティー、無糖などさまざまあるが、なかでも根強い人気を誇るのが「ミルクティー」。  『週刊SPA!』でグルメ漫画『ゴハンスキー』を連載中の清野とおる氏も、中学・高校時代にドハマりしていた一人だ。  しかし、清野氏曰く「大人になって飲んでみると、確かに美味しいのですが、当時の感動とはほど遠くなってしまったのです。当時、飲んでいた『午後の紅茶ミルクティー』とは何が変わってしまったのでしょうか!?」とのこと。  ということで、東京都中野にあるKIRIN本社に突撃してみた!  「午後の紅茶」のマーケティングを担当するマーケティング本部所属の東桃子さんに話を聞いてみた。 ――「午後の紅茶ミルクティー」の味が、’98年ごろに一度、変わったような気がしたのですが? 東桃子さん(以下、東):はい、ミルクティーだけではなく、ストレートティーやレモンティーも、その時代ごとのお客さまのニーズに合わせて、味を変化させているんですよ。 ――なんと! 味が変わったのは一度だけではないんですね。 東:そうなんです。「午後の紅茶ストレートティー」は’86年、ミルクティーは’91年に発売が開始され、昨年30周年を迎えました。発売当初は、紅茶の味わいと香り、程よい甘さとミルクのコクが感じられる飲みやすいミルクティーを目指してスタート...more
カテゴリー:

KIRINが「午後の紅茶ミルクティー」の味を変えたワケ――漫画家・清野とおるが迫る - 08月22日(火)08:43 

 大人にも、子供にも愛される「午後の紅茶」。その味にはストレート、レモンティー、無糖などさまざまあるが、なかでも根強い人気を誇るのが「ミルクティー」。  『週刊SPA!』でグルメ漫画『ゴハンスキー』を連載中の清野とおる氏 [...]
カテゴリー:

「清野とおる」の画像

もっと見る

「清野とおる」の動画

Wikipedia

清野 とおる(せいの とおる、1980年3月24日 - )は、日本漫画家エッセイスト、元同人作家。

東京都板橋区志村出身。東京都北区赤羽在住。

成立高等学校在学中にヤングマガジン増刊青BUTAに掲載されたアニキの季節で1998年にデビューの後、週刊ヤングジャンプにて青春ヒヒヒハラハラドキドキを連載。単行本化されるも絶版に。

その後、短編やイラストを雑誌に寄稿しながら、ブログで身辺雑記を綴り話題になる。2008年、ブログがBbmfマガジンの編集者の目に留まり、携帯サイトケータイまんが王国にて東京都北区赤羽を連載して各種メディアで注目を集める。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる