「清野とおる」とは?

関連ニュース

日本酒「獺祭」はここまで売れるほどウマいのか? - 04月13日(金)15:51 

コンビニフードやファストファッションなど、さまざまなジャンルで圧倒的な人気を誇る商品がある。それらは、「売れているから」という理由で手に取りがちだが、果たして本当にすばらしい商品なのか? 専門家がその実力をジャッジ! <日本酒> [ひとり勝ち] 獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分(旭酒造・720ml 5142円) [大穴] むすひ(寺田本家・720ml 1512円) =========  日本酒に詳しくない人でも名前は知っているほど人気の日本酒・獺祭。精米歩合23%を実現した「純米大吟醸磨き二割三分」はプレミアがつくほどだ。 「米をどれくらい精白しているか、精米前の玄米の重さに対する精米後の白米の割合を示す精米歩合。これが低ければ低いほど手間とコストがかかるので値段が高いお酒になります。発売当時は二割三分以下の精米歩合の日本酒はほとんどほかになかったため、獺祭は大きな注目を集めました。  安倍首相が、オバマ元アメリカ大統領訪日の際にプレゼントしたというエピソードや、旧来の酒造りの常識にとらわれずに工場化することでデータを管理し、クオリティの向上につなげるというスタンスも含めて、人気につながったのだと思います」とは、きき酒師の資格を持ち、都内で和食店を営む新倉ごま氏。ただ、現在は精米歩合が二割三分以下の日本酒は複数ある。 「現在は購入が難しいかもし...more
カテゴリー:

「清野とおる」の画像

もっと見る

「清野とおる」の動画

Wikipedia

清野 とおる(せいの とおる、1980年3月24日 - )は、日本漫画家エッセイスト、元同人作家。

東京都板橋区志村出身。東京都北区赤羽在住。

成立高等学校在学中にヤングマガジン増刊青BUTAに掲載されたアニキの季節で1998年にデビューの後、週刊ヤングジャンプにて青春ヒヒヒハラハラドキドキを連載。単行本化されるも絶版に。

その後、短編やイラストを雑誌に寄稿しながら、ブログで身辺雑記を綴り話題になる。2008年、ブログがBbmfマガジンの編集者の目に留まり、携帯サイトケータイまんが王国にて東京都北区赤羽を連載して各種メディアで注目を集める。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる