「清水建設」とは?

関連ニュース

リニア入札不正 清水、大成幹部も任意聴取 スーパーゼネコン4社が均等に受注 - 12月13日(水)17:09 

 リニア中央新幹線建設工事の入札不正事件で、東京地検特捜部がゼネコン大手の清水建設と大成建設(いずれも東京)の担当幹部らから任意で事情聴取していたことが13日、関係者への取材で分かった。特捜部はこれまでに、鹿島建設(同)の営業担当部長や入札不正があった疑いのある名古屋市の非常口新設工事を受注した大林組(同)の副社長らを任意で聴取している。リニア関連工事は「スーパーゼネコン」と呼ばれる大手4社がほぼ均等に受注しており、特捜部は各社の受注経緯についても調べるもようだ。
カテゴリー:

月面探査のispaceが100億円超を調達--2020年末までの着陸目指す - 12月13日(水)14:57 

ispaceは、産業革新機構、日本政策投資銀行、東京放送ホールディングス、コニカミノルタ、清水建設、スズキ、電通、リアルテックファンド、KDDI、日本航空、凸版印刷を引受先とする第三者割当増資を実施したと発表した。
カテゴリー:

【福島】清水建設執行役員実家の草むしりの会社 除染で下請け「独占」 3年で売上を倍の100億円伸にばす - 12月12日(火)15:09  newsplus

清水建設で原発事故後の除染事業を統括していた執行役員が、下請け企業の除染作業員に自分の実家の草むしりなどをさせていた問題で、この下請け企業が、清水建設の除染事業で、独占的に下請けに入っていたことがわかった。 清水建設の執行役員は、自分の実家の草むしりと雪かきを、3年にわたって、下請け企業の除染作業員にさせていたことが、FNNの取材で発覚し、8日に辞職した。 関係者などによると、この下請け企業は、執行役員との結びつきを強めることで、清水建設の複数の除染事業で、まとめ役の1次下請けとして入り、この3年で...
»続きを読む
カテゴリー:

除染作業員が実家を草むしりの清水建設、執行役員の山口秀樹さんが名前も出さずにひっそりと辞任 : 市況かぶ全力2階建 - 12月12日(火)01:46 

除染作業員が実家を草むしりの清水建設、執行役員の山口秀樹さんが名前も出さずにひっそりと辞任 : 市況かぶ全力2階建子どもたちに 誇れるしごとを pic.twitter.com/1KUumXv11X — Y-Kay (@DontendonY) 2017年12月10日 「父さんはな、出世して実家のメンテナンスを取引先に無償でやらせることが出来るようになったんだぞ、どうだすごいだろう。」>「子どもたちに誇れるしごとを。清水建設」 — Yusuke Makino (@Usekm) 2017年12月11日 除染作業員が...
カテゴリー:

【危険手当】除染作業員が実家草むしり 清水建設執行役員、事実認め辞任 - 12月11日(月)19:59  bizplus

国の除染事業が私物化されていたのか。福島第1原発事故の除染事業を担う清水建設のJV(共同企業体)で、除染作業員が、除染の対象地域ではない清水建設の執行役員の実家で、草むしりなどを行っていたことが、FNNの取材でわかった。執行役員は事実を認め、辞任した。 2016年8月の平日、清水建設JVに入る下請け企業の作業員が、JVを統括する清水建設の執行役員の実家の草むしりをする様子を撮影した写真。 実家は、新潟県との県境の福島・西会津町にあり、除染の対象地域ではないが、作業員12人が、草むしりを行っていた。 また、冬には3...
»続きを読む
カテゴリー:

シリーズAで国内過去最高の101.5億円を資金調達したispaceは月のインフラ構築に挑む - 12月13日(水)16:57 

民間企業が月面着陸を競うGoogle Lunar XPrizeのファイナリストに選ばれ、日本で唯一残っているチームHAKUTO。世界初の民間月面探査を目指す、そのHAKUTOを運営するスタートアップispaceは12月13日、総額101.5億円という巨額の資金調達をシリーズAラウンドで実施すると発表した。第三者割当増資の引受先は産業革新機構、日本政策投資銀行、東京放送ホールディングス(TBS)など(記事末尾に出資社リストを記載した)。シリーズAとしては日本では過去最高額、また宇宙分野のシリーズAとしても世界過去最高額の資金調達となる。 ispaceは2010年9月設立。2040年を目標に、月の水資源を軸として宇宙インフラを構築し、地球と月をひとつのエコシステムとして持続的な世界を実現することを目指す、宇宙スタートアップだ。これまでに、エンジェル投資家や、独立系VCのインキュベイトファンドが運営する3号ファンドからも資金調達を行っている。 今回の資金調達でispaceは、独自開発の月着陸船による「月周回」と「月面着陸」の2つの月探査ミッションをスタートさせるという。Mission 0と位置付けられたGoogle Lunar XPrizeへの参加に続き、Mission 1として2019年末ごろに月周回軌道への月着陸船投入と軌道上からの月探査を、Mission 2として2020年末ごろに...more
カテゴリー:

清水、大成の幹部らも任意聴取 リニア中央新幹線の関連工事 - 12月13日(水)08:59 

リニア中央新幹線の関連工事を巡る入札妨害事件で、東京地検特捜部が大手ゼネコンの清水建設と大成建設の幹部らを任意で事...
カテゴリー:

清水建設除染事業で下請け「独占」 - 12月12日(火)12:49 

清水建設除染事業で下請け「独占」:清水建設で原発事故後の除染事業を統括していた執行役員が、下請け企業の除染作業員に自分の実家の草むしりなどをさせていた問題で、この下請け企業が、清水建設の除染事業で、独占的に下請けに入っていたことがわかった。...
カテゴリー:

【清水建設】「除染」と称して作業員が執行役員の実家の草むしりに雪かき - 12月11日(月)22:16  news

除染作業員が実家草むしり 清水建設執行役員、事実認め辞任 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20171211-00000937-fnn-soci 国の除染事業が私物化されていたのか。福島第1原発事故の除染事業を担う清水建設のJV(共同企業体)で、除染作業員が、除染の対象地域ではない清水建設の執行役員の実家で、草むしりなどを行っていたことが、FNNの取材でわかった。 執行役員は事実を認め、辞任した。 2016年8月の平日、清水建設JVに入る下請け企業の作業員が、JVを統括する清水建設の執行役員の実家の草むしりをする様子を撮...
»続きを読む
カテゴリー:

清水建設:取引業者、無償で実家の雪下ろし 執行役員辞任 - 12月11日(月)18:12 

 清水建設は11日、環境省や市町村から受注した福島県内の除染工事を統括する執行役員(60)が、同県西会津町にある実家の雪下ろしなどを1次下請け業者に無償で作業させていたと発表した。執行役員は費用33万2000円を業者へ支払い、8日辞任した。同社は「除染費用に関する不正はなかった」としている。
カテゴリー:

もっと見る

「清水建設」の画像

もっと見る

「清水建設」の動画

Wikipedia

清水建設株式会社(しみずけんせつ)は、1804年(文化元年)に創業、東京都に本社がある大手総合建設会社(ゼネコン)。

概要

スーパーゼネコン5社(鹿島建設、清水建設、大成建設竹中工務店大林組)の一角。民間の建築工事に強みがある。受注活動では、大手他社と異なり採算度外視の大型工事をさけ、中小の物件の受注にも積極的である。得意分野は、建築では医療機関土木ではLNGタンクの施工であるといわれている。さらに、歴史的な経緯から、伝統的な社寺建築にも豊富な実績を有している。

伝統的な建築儀式である手斧始め(ちょうなはじめ)を仕事はじめの1月4日に本社で執り行っている。建設業で手斧始めを受け継いでいるのは、清水建設と金剛組(大阪)だけである。

創業家である清水...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる