「清水建設」とは?

関連ニュース

清水建設がみなとみらいに大規模賃貸オフィスビル 横浜駅からペデストリアンデッキで接続 - 08月13日(日)17:27 

清水建設(東京都)は8月1日、投資開発事業の一環として、横浜みなとみらい21地区に「(仮称)MM21-54街区プロジェクト」として大規模賃貸オフィスビル(横浜市西区みなとみらい5)の建設工事に着手した。
カテゴリー:

【宇宙ビジネス】キヤノン、日本政策投資銀行など異業種4社が連携 小型ロケット打ち上げ参入へ - 08月05日(土)08:27  newsplus

世界的に宇宙ビジネスが拡大する中、大手精密機器メーカー、キヤノンのグループ会社や日本政策投資銀行など、異なる業種の4社が連携して小型の人工衛星を打ち上げる次世代のロケット開発に乗り出すことが明らかになりました。 宇宙産業をめぐっては小型の人工衛星を通信や観測のビジネスに生かす動きがアメリカを中心に広がっていて、国内でも、小型衛星を低いコストで打ち上げるロケット開発の動きが出ています。 こうした中、関係者によりますと、小型衛星の開発を進めるキヤノン電子とロケット開発を手がけるIHIエアロスペース...
»続きを読む
カテゴリー:

小型ロケット開発で新会社 - 08月10日(木)06:05 

 キヤノン電子は9日、IHIエアロスペースなどと新会社「新世代小型ロケット開発企画」を設立したと発表した。専用の小型ロケットを開発し、世界的に成長が見込める小型衛星の打ち上げサービスの事業化を目指す。事業化に向けて生産コストや衛星打ち上げの受注見通しなどの検証を進め、年末以降に事業会社に移行するとしている。資本金は1億円で、出資比率はキヤノン電子が70%、IHIエアロと清水建設、日本政策投資銀行が10%ずつ。
カテゴリー:

「清水建設」の画像

もっと見る

「清水建設」の動画

Wikipedia

清水建設株式会社(しみずけんせつ)は、1804年(文化元年)に創業、東京都に本社がある大手総合建設会社(ゼネコン)。

概要

スーパーゼネコン5社(鹿島建設、清水建設、大成建設竹中工務店大林組)の一角。民間の建築工事に強みがある。受注活動では、大手他社と異なり採算度外視の大型工事をさけ、中小の物件の受注にも積極的である。得意分野は、建築では医療機関土木ではLNGタンクの施工であるといわれている。さらに、歴史的な経緯から、伝統的な社寺建築にも豊富な実績を有している。

伝統的な建築儀式である手斧始め(ちょうなはじめ)を仕事はじめの1月4日に本社で執り行っている。建設業で手斧始めを受け継いでいるのは、清水建設と金剛組(大阪)だけである。

創業家である清水...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる