「清塚信也」とは?

関連ニュース

「コウノドリ」音楽監修のピアニストが語る音楽との向き合い方 - 04月14日(土)09:30 

4月13日放送の「アナザースカイ」(日本テレビ系)にピアニストの清塚信也氏がゲスト出演。ショパン国際ピアノコンクール出場を目指していた日々の葛藤について語った。 【写真を見る】ドラマ「コウノドリ」ではピアノテーマ・ピアノ監修を務めた清塚信也氏/※画像は清塚信也(shinya_kiyozuka)公式Instagramのスクリーンショット 5歳からピアノの英才教育を受け、数々の国際的なコンクールに出場。クラシック音楽以外にも活躍のフィールドを広げ、ドラマ「のだめカンタービレ」(フジテレビ系)のピアノ演奏シーンの吹き替えや「コウノドリ」(TBS系)の音楽監修なども務めてきた。 清塚氏は2005年、ショパン国際ピアノコンクールで本戦の舞台に立った。 ショパンの母国ポーランドで5年ごとに開かれるこのコンクールはピアニストにとって最高峰といわれ、本戦に出場するだけでもかなりの難関だ。 ショパン国際ピアノコンクールに出場するために努力を続けてきた清塚氏だったが、実際に本戦の舞台に立った時には「人生を今までささげてきたこのコンクールにけじめをつける」という気持ちだったという。 それまでは“コンクールに出場するための音楽”にとらわれ過ぎており、本戦に出場する頃には「人が求めてさえくれたらどんな場所でもどんな音楽でも伝えていきたい」という心境に変わっていたと清塚氏は告白。 ショパン国際ピアノコンクール...more
カテゴリー:

吉田鋼太郎、59歳で百人斬り不安吐露「とにかく命がけ」 - 04月11日(水)13:28 

 俳優の吉田鋼太郎(59)が11日、都内で行われた主演舞台『シラノ・ド・ベルジュラック』製作発表記者会見に出席。類まれなる詩の才能と剣の腕を持つ近衛騎士であるシラノ・ド・ベルジュラックを演じる吉田は、劇中で百人斬りの大立ち回りに挑戦。「正直に申し上げますと、まもなく60歳、還暦という年齢になるんですが、それ以降の僕の俳優人生に大きく関わってくると思います」と決意をにじませた。  殺陣の練習については「そのアクションができるかどうか、まだわかっていないんです。1回、立ち回りの振りがついたんですけど、すさまじいです。100人を相手にするとなると、1人を3手だとすると、300手の振りをまず覚えないといけない」と心配そうにポツリ。「それを4~5分でやって、当然僕も相手もけがをしてはいけない。前半20分くらいにそのシーンなので、そこで体力を使ってはいけないということで、いろんな問題を抱えています。だから、とにかく命がけでやらないといけないと思っています」と言葉に力を込めていた。  1897年の初演以来、誰もが持つ美しい秘めたる想いの物語として最も人気の高いフランスの傑作戯曲として知られる同作。剣豪にして詩人、権力に背を向ける熱血漢であるが、自身の醜さを恥じ、愛を告げられないシラノ、非の打ち所がないほどの麗しい才女ながらも愛の詩に酔いしれ、盲目的な愛に突き進むロクサーヌ(黒木瞳)、その姿は...more
カテゴリー:

「清塚信也」の画像

もっと見る

「清塚信也」の動画

Wikipedia

清塚 信也(きよづか しんや、1982年11月13日 - )は、日本のピアニスト東京都出身。トライストーン・エンタテイメント所属、レーベルはユニバーサル ミュージック。コンサート、テレビドラマや映画での吹き替え演奏といった活動を経て、2007年にアルバム・デビュー。コンピューターミュージックでアレンジされたクラシック曲や自身が作曲したオリジナル楽曲など、クラシックだけに偏らない幅広い活動をしている。演奏活動だけでなく、TVや雑誌等で多数紹介されている。

略歴

日本人の父、韓国人の母をもつ日韓ハーフである 。5歳でピアノを始める。1996年、第50回全日本学生音楽コンクールの全国大会に出場し、中学校の部で1位となる。

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる