「混雑空港」とは?

関連ニュース

「路線拡大へ最大の課題は乗員確保」 ジェットスター・ジャパン片岡優会長【囲み取材一問一答】 - 07月14日(金)14:05 

7月3日に就航5周年を迎えたジェットスター・ジャパンの片岡優会長が同日、成田空港での記念イベントにおいて報道陣の囲み取材に応じた。 ―日本の格安航空会社(LCC)を取り巻く環境は5年前と大きく変わっていると思うが、どう思うか。 5年前と比べての大きな変化は、お客様にLCCをどのように考えていただいているかという点。当時はLCCという言葉も浸透していない状況だったが、現在はLCCがひとつの大きな成長の戦略となっている。LCCが身近な乗り物だと捉えていただいており、LCCがより使いやすい身近な存在になった。 ―LCCは進化していると言われるが、ジェットスター・ジャパンとしてはこれからどのように進化していこうと考えているか。 安全に運航するということが第一前提。それ以外にも常に安い運賃をマーケットに提供する、お客様に提供する、常にお客様が一番安い運賃で気軽に旅行いただけるようにすること。その次はやはり利便性。例えば飛行機のスケジュールであるとか、ご予約・購入の仕方、そして搭乗まで、すべて「安かろう悪かろう」ではなく、お客様の利便性を上げていくということに注力したい。 ―ジェットスター・ジャパンは日本航空(JAL)と一部コードシェアしているが、フルサービスキャリアとの関係性についてどう考えるか。 フルサービスキャリアとLCCのモデルは全く別のモデル。それが近付くということもない。ただ、お互...more
カテゴリー:

「混雑空港」の画像

もっと見る

「混雑空港」の動画

Wikipedia

混雑空港(こんざつくうこう)とは、日本の空港のうち、航空運送事業者がその空港を使用して運航を行いたい場合に、事前に許可(混雑空港使用許可)を受けなければならないという定めが適用される空港を指す。航空法による視程のほか、国際航空運送協会(IATA)のWSGで指定される。

概要

航空法107条の3によると、混雑空港とは「当該空港の使用状況に照らして、航空機の運航の安全を確保するため、当該空港における一日又は一定時間当たりの離陸又は着陸の回数を制限する必要があるものとして国土交通省令で指定する空港」とされている。その委任を受けて、航空法施行規則219条の2に具体的な空港名が列挙されている(下記参照)。

混雑空港を使用する路線を運航しようとする場合、単に「運航計画が航空機の運航の安全上適切なものであること。」だけでなく、「競争の促進、多様な輸送網の形成等を通じて利用者の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる