「混雑空港」とは?

「混雑空港」の画像

もっと見る

「混雑空港」の動画

Wikipedia

混雑空港(こんざつくうこう)とは、日本の空港のうち、航空運送事業者がその空港を使用して運航を行いたい場合に、事前に許可(混雑空港使用許可)を受けなければならないという定めが適用される空港を指す。

概要

航空法107条の3によると、混雑空港とは「当該空港の使用状況に照らして、航空機の運航の安全を確保するため、当該空港における一日又は一定時間当たりの離陸又は着陸の回数を制限する必要があるものとして国土交通省令で指定する空港」とされている。その委任を受けて、航空法施行規則219条の2に具体的な空港名が列挙されている(下記参照)。

混雑空港を使用する路線を運航しようとする場合、単に「運航計画が航空機の運航の安全上適切なものであること。」だけでなく、「競争の促進、多様な輸送網の形成等を通じて利用者の利便に適合する輸送サービスを提供するものであること等当該混雑空港を適切かつ合理的に使用するものであること。」とされて初めて、許可が得られることになる。この場合、国土交通省は「従前の使用状況」にも配慮しなければならないとされ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる