「淵上泰史」とは?

関連ニュース

トレエン斎藤、不倫ドラマに共感「エッチな大人はモテる」 - 11月18日(土)12:02 

トレンディエンジェルの斎藤司が、11月25日放送の『フリンジマン~愛人の作り方教えます~』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)第8話にゲスト出演することがわかった。斎藤が同局のドラマに出演するのは、これが初となる。本作は、青木U平による漫画『フリンジマン』(講談社)が原作。「愛人作り」がテーマとなっており、「とっ、とにかく、愛人が欲しい!!」という結婚生活に冷めきった男たちが無謀かつピュアな願望を叶えるために、板尾創路演じる愛人教授(ラマン・プロフェッサー)・井伏の厳しい指導のもと、数々のミッションを必死に遂行していく物語が描かれる。井伏のミッションを受ける愛人同盟のメンバーには、田斉治役の大東駿介、満島由紀夫役の淵上泰史、坂田安吾役の森田甘路ら個性豊かな俳優陣が名を連ねている。バラエティ番組だけでなく、10月期の月9ドラマ『民衆の敵』(フジテレビ系)にレギュラー出演し、映画『ミックス。』でも重要な役を演じるなど、今大活躍中の斎藤。本作では、愛人教授・井伏の友人として本人役で出演する。原作を読んだ斎藤は、「テンポよく進んでいく感じで非常にコメディー感が面白かったです」と感想を。また、「“自分に当てはまる”じゃないですけど……(笑)、共感できるものがあって、ぱぱぱーんと内容が入ってきた感じがしました」と明かし、「決して僕もクリーンな人間ではないので、浮気とかも昔すっぱ抜かれたことも...more
カテゴリー:

トレエン斎藤、不倫ドラマに共感「エッチな大人はモテる」 - 11月17日(金)15:32 

トレンディエンジェルの斎藤司が、11月25日放送の『フリンジマン~愛人の作り方教えます~』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)第8話にゲスト出演することがわかった。斎藤が同局のドラマに出演するのは、これが初となる。本作は、青木U平による漫画『フリンジマン』(講談社)が原作。「愛人作り」がテーマとなっており、「とっ、とにかく、愛人が欲しい!!」という結婚生活に冷めきった男たちが無謀かつピュアな願望を叶えるために、板尾創路演じる愛人教授(ラマン・プロフェッサー)・井伏の厳しい指導のもと、数々のミッションを必死に遂行していく物語が描かれる。井伏のミッションを受ける愛人同盟のメンバーには、田斉治役の大東駿介、満島由紀夫役の淵上泰史、坂田安吾役の森田甘路ら個性豊かな俳優陣が名を連ねている。バラエティ番組だけでなく、10月期の月9ドラマ『民衆の敵』(フジテレビ系)にレギュラー出演し、映画『ミックス。』でも重要な役を演じるなど、今大活躍中の斎藤。本作では、愛人教授・井伏の友人として本人役で出演する。原作を読んだ斎藤は、「テンポよく進んでいく感じで非常にコメディー感が面白かったです」と感想を。また、「“自分に当てはまる”じゃないですけど……(笑)、共感できるものがあって、ぱぱぱーんと内容が入ってきた感じがしました」と明かし、「決して僕もクリーンな人間ではないので、浮気とかも昔すっぱ抜かれたことも...more
カテゴリー:

岸明日香が下着姿になって思わず…『フリンジマン』第6話 - 11月11日(土)16:30 

テレビ東京系で毎週土曜日深夜(関東地方)に放送中のドラマ『フリンジマン~愛人の作り方、教えます~』。愛人の作り方を学ぶことができるという、「文春砲」がこれだけ炸裂している今のご時世にあって攻めすぎな内容は、放送のたびに大いに話題に。先週から岸明日香パートが始まり、今夜第6話の放送を迎える本作。筧美和子パートを振り返りつつ、その見どころをレビューしていこう。■筧美和子パートをメインに振り返り(画像提供:(C)テレビ東京『フリンジマン』)本作は愛人が欲しくて仕方がない、田斉治(大東駿介)、満島由紀夫(淵上泰史)、坂田安吾(森田甘路)の3人の非モテ男たちが、「愛人教授(ラマンプロフェッサー)」として活動する井伏真澄(板尾創路)に「愛人作り」のノウハウを教えてもらうことになるというストーリー。(画像提供:(C)テレビ東京『フリンジマン』)会社の後輩で愛人の原石である山口詠美(筧美和子)と近づこうと考えた田斉は、元カレのフリをすることで彼女と急接近するが、坂田の余計な(?)アシストで彼女にAV女優と整形の過去が判明。結果、愛人関係は成立しなかった。(画像はTwitterのスクリーンショット)そんな田斉のリベンジ(?)を果たそうとするかのように、満島は2人の女性を愛人候補に狙いを定める。デパート店舗案内係の川上ミエ(佐津川愛美)と、キャバ嬢の江口カオリ(岸明日香)だ。■岸明日香とラブホに入って...more
カテゴリー:

「フリンジマン」気になる女がいたらネクタイの角度を変えてみろ。How to要素の色濃い5話、マジか - 11月11日(土)09:45 

恋愛は、交際が始まる直前こそが最も楽しいと言われている。たしかに、そうだ。しかし、そこに「結婚」の2文字が絡んだならば、恍惚としてばかりじゃいられない。途端に、男女間で“品定め”という名の視線が行き交うことになるだろう。こうなったら最後、2人を取り巻く世界は非常にシビアになる。ところで、『フリンジマン~愛人の作り方教えます~』(テレビ東京)は“愛人を作るためのHow toドラマ”を謳っている。「愛人作り」というコンセプトには非道なものを感じてしまうが、この活動にも最低限のモラルはあるらしい。11月4日放送の第5話を観て、それを強く印象づけられた。デパートの店舗案内係は、業界で「最も手強い」と言われている“愛人教授(ラマン・プロフェッサー)”の異名を持つ井伏真澄(板尾創路)が率いる「愛人同盟」。メンバーの一人・田斉治(大東駿介)は会社の後輩である山口詠美(筧美和子)を相手に、成長の跡を見せた。ここで吠えたのが、メンバーの満島由紀夫(淵上泰史)だ。「俺も……、俺もやる! 田斉だけズルい! 俺も愛人作りたい!」引っ込み思案で消極的な田斉とは異なるタイプの男が、ついに意思表明した。しかも彼、愛人にしたいと願うターゲットが2人もいるらしい。1人は、満島が飲み会で知り合ったデパートの店舗案内係・川上ミエ(佐津川愛美)。もう1人は、キャバクラ嬢・江口カオリ(岸明日香)である。では、“愛人教授”井...more
カテゴリー:

岸明日香のGカップ谷間がふるふると…『フリンジマン』第5話 - 11月04日(土)16:30 

(画像提供:(C)テレビ東京『フリンジマン』)テレビ東京系で毎週土曜日深夜(関東地方)に放送中のドラマ『フリンジマン~愛人の作り方、教えます~』。愛人の作り方を学ぶことができるという、大人の男性向け知的(痴的?)ドラマな本作は、ネット上でも「テレ東またやってくれたな!」と話題に。フリンジマンまさかのドラマ化。僕たちがやりましたよりずっと好きだった。さすがテレ東ドラマ24。— イチノセ (@itinosen) October 7, 2017このご時世に攻めてる〜 #フリンジマン— りお (@heta_puu) October 7, 2017今夜、第5話の放送を迎える本作。これまでを振り返りつつ、その見どころをレビューしていこう。■これまでの『フリンジマン』(筧美和子パート)(画像提供:(C)テレビ東京『フリンジマン』)本作は愛人が欲しくて仕方がない、田斉治(大東駿介)、満島由紀夫(淵上泰史)、坂田安吾(森田甘路)の3人の非モテ男たちが、「愛人教授(ラマンプロフェッサー)」として活動する井伏真澄(板尾創路)に「愛人作り」のノウハウを教えてもらうことになるというストーリー。(画像提供:(C)テレビ東京『フリンジマン』)会社の後輩で愛人の原石である山口詠美(筧美和子)と近づこうと考えた田斉は、彼女から「元カレを追い払いたい」という理由で彼氏のフリをすることを依頼され...more
カテゴリー:

「フリンジマン」ホテルへの誘い方をレクチャーする板尾創路。男目線の愛人ドラマって実は珍しい - 11月18日(土)09:45 

以前から気になっているのだが、ドラマ『フリンジマン~愛人の作り方教えます~』(テレビ東京系)について、女性陣はどういう印象を持っているのだろうか?このご時世に、愛人作りのHow toを大っぴらに論じる外道なコンセプト。男性陣の琴線には触れまくっているが、一方で女性陣の逆鱗に触れまくってる気がしないでもない。そんな心配を、主演を務める板尾創路の発言が溶かしてくれた。同作について「意外と女性のほうが楽しめるかもしれない」と、彼は説明する。「研究により導き出した女性の心をつかむ方法や立ち振る舞いをレクチャーするのですが、“そんなわけないよ”とつっこんだり、愛人を作ろうと奮闘するバカな男たちを“ふ~ん”と上から目線で見ていただけたらありがたいなと思います」(「ananニュース」板尾創路インタビューより)そうなんです。そんな風に見ていただいたら、ありがたい。安達祐実がシャロン・ストーンばり「愛人同盟」の1人である満島由紀夫(淵上泰史)は、デパートの店舗案内係・川上ミエ(佐津川愛美)とキャバクラ嬢・江口カオリ(岸明日香)の2人を“愛人候補”として見据え始める。しかし、そのやり方がいただけない。同盟のメンバーにHow toをレクチャーする“愛人教授”井伏真澄(板尾創路)は、妻帯者であることを隠し愛人作りに勤しむ満島に激怒。愛人づくりにも、最低限のモラルはあるのだ。とは言え、井伏はメンバーを見捨て...more
カテゴリー:

癒し系グラドル岸明日香美バスト披露の体当たり演技が話題! - 11月13日(月)21:34 

「土曜ドラマ24『フリンジマン~愛人の作り方教えます~』」(テレビ東京系ほか)に出演した、人気グラビアアイドル岸明日香の体当たり演技が話題となっている。 【写真】セクシーすぎる水族館!?岸明日香、星名美津紀が悩殺ビキニで魚と共艶! 同ドラマは板尾創路の演じる主人公「井伏真澄」が「愛人教授(ラマン・プロフェッサー)」として、己のノウハウを実践させるべく、「被験体」として男たちに不倫の道を指南していくという、異例の“愛人作りHow to”ドラマ。 そのキャラクターから“癒し系グラドル”とも呼ばれる岸は11日放送の同ドラマに、キャバクラで働く女性「カオリ」として出演。 淵上泰史演じる「満島由紀夫」とホテルへ入りベッドの上へ…大胆すぎる下着姿となり美ボディを披露した。 この回を見た視聴者から「胸がこぼれそう」「かわいかった…」「セクシーすぎた!」「ホントにキレイ…」「ウエスト細い!スタイル抜群!!」といった意見がネット上にあふれる自体に。 岸の公式Twitterにもファンからコメントが届き、岸は「みてくれてありがとう」と返していた。 また、岸は11月22日発売の「ずっと・・ね/雪のVIRGIN ROAD」でのCDデビューも決定している。グラビア、ドラマ、音楽と活動の幅を広げる岸に注目だ。 【関連記事】 ・杉原杏璃、蒼井そらがSEXYバニー&海賊に!最大級のハロウィンイベレポ【写真40枚】...more
カテゴリー:

『フリンジマン』目標ができると人は変われる 意外と深い愛人作り - 11月11日(土)13:10 

 10月スタートのテレビ東京系土曜ドラマ24『フリンジマン~愛人の作り方教えます~』(毎週土曜 深0:20)は、“愛人”“不倫”を扱いながらも、『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ)や『あなたのことはそれほど』(TBS)といった女性目線の愛人ドラマとは一線を画する作品だ。 【場面写真】愛人候補のキャバクラ嬢を演じる岸明日香  登場人物は主に、愛人が最大11人もいた通称「愛人教授(ラマン・プロフェッサー)」の井伏真澄(板尾創路)から、愛人の作り方を学び、実践する田斉(大東駿介)、満島(淵上泰史)、安吾(森田甘路)の3人。  それなりの年齢になった大人の男たちが、本気で愛人を作ろうと奮闘する、そのためのHow Toドラマという触れ込みだったが、それを茶化したりしていないからこそ、ツッコミどころもあれば、ドキドキハラハラしながら観ることもできる。たとえそれが、“愛人作り”というものであっても、目標ができて行動すると、人は変われる。いままでやったことがないことをしたり、関わることのなく過ごしていたかもしれない人(愛人候補の女性など)や自分自身と向き合ったり、その結果、少しだけ成長していく姿が見られる痛快さもある。  井伏のレクチャーには多分に説得力があり、例えば、愛人にしようと狙っている女性をデートに誘う時は、「メールではなく、手書きのメモを使ってください。昨今の不倫はメ...more
カテゴリー:

不倫のスペシャリストを演じる板尾創路「意外と女性のほうが…」 - 11月10日(金)22:00 

ドラマ『フリンジマン~愛人の作り方教えます~』にて、愛人教授(ラマン・プロフェッサー)・井伏真澄を演じる板尾創路さんに、見どころをうかがいました。愛人作りに奮闘する男たちを、上から目線で楽しんで。 最近、世間をにぎわせている“不倫”をテーマにしたドラマ『フリンジマン~愛人の作り方教えます~』が、放送中。主演の板尾創路さんは、愛人が欲しいと願う男たちにレクチャーを行う、愛人教授(ラマン・プロフェッサー)の井伏真澄役。 「不倫は、今、世間のみなさんが興味のある旬のトピックですから、いいタイミングでドラマ化したなと思いました。“これ、いいの?”という、ギリギリの感じがテレビ東京さんらしいですし、一視聴者として“やってくれたな~”と楽しみです。不倫のニュースには、その人のリアルでドラマティックな人生の浮き沈みを垣間見ることができますよね。それは、お芝居を観て、登場人物の人生を味わうのと似ているところがあるなって思うんです。結局みんな、エンターテインメントとして見て、楽しんでるんじゃないですかね」 演じる井伏は、謎が多い男。 「教授ということで、面白みがなく、淡々として見えるキャラクターにしようと思いました。お金にならないのに、毎日、ひたすら愛人の研究だけをしている井伏は、喜びの表情こそないですが、実は今の生活に満足している。そんなに興味がわくことがある人生って、羨ましいですよ」 作中には...more
カテゴリー:

「淵上泰史」の画像

もっと見る

「淵上泰史」の動画

Wikipedia

淵上 泰史(ふちかみ やすし、1984年4月30日 - )は、日本俳優である。アパッチ所属。

人物・経歴

和歌山県新宮市出身。プロサッカー選手を目指し、ガンバ大阪にユースチームから入団。淵上が高校3年時に1年下の世代には丹羽大輝(現在もガンバ大阪所属)が、2年下には家長昭博(現在は大宮アルディージャ所属)が在籍し彼らとチームメイトだった。トップチームには上がれず流通経済大学に進学するが、その後役者に転向。2011年、軽蔑で俳優としてのデビューを果たす。翌年、東京プレイボーイクラブに出演する。2014年の花宵道中では安達祐実と共演した。

出演 映画
  • 軽蔑(2011年)
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる