「深見真」とは?

関連ニュース

銃声が子守唄の脚本担当も納得!?バイオハザード新作のドルビーアトモス上映に大興奮 - 06月28日(水)12:36 

シリーズ累計販売本数7700万本を超えるサバイバルホラーゲームの代名詞「バイオハザード」シリーズをフルCG長編アニメとして映画化した「バイオハザード:ヴェンデッタ」を最高峰の映画音響システム“ドルビーアトモス”で上映する特別鑑賞会が6月24日、イオンシネマ幕張新都心で開催された。上映後に行われたトークショーでは同作の脚本およびノベライズを担当した深見真さんと、原作監修を務めたカプコンの小林裕幸さんが登壇し、ファン垂涎の制作舞台裏トークを繰り広げた。今回は、ファンならずとも気になる話題満載のその模様を抜粋してお届けする。 【写真を見る】ファン垂涎の制作舞台裏トークを繰り広げる脚本の深見さんと原作監修の深見さん ※以降、映画「バイオハザード:ヴェンデッタ」のネタバレを含むため、鑑賞後に読んでいただくとより一層楽しめます。 ■ 銃声が子守唄の深見さんも納得!?ドルビーアトモスの臨場感に大興奮 小林「ちょっとご無沙汰なんで、改めてよろしくお願いします(笑)。ドルビーアトモス上映、いかがでした?」 深見「す~ごい良かったです。特に銃声。銃声って聞くと心が落ち着くじゃないですか」 小林「はい、はい(笑)」 深見「海外旅行行くと大体、一回の旅行でグアムとかで500から1000発ぐらい撃って帰ってきて。それでちゃんと録音しておいて、夜寝る前に聞くんです」 (会場、苦笑) 深見「それをちょっと思...more
カテゴリー:

「ナナマル サンバツ」川島海荷インタビュー。「―プラス思考なところや楽観的なところは私と似てるかもしれない―」 - 06月23日(金)20:43 

競技クイズに魅入られた高校生の青春を描く「ナナマル サンバツ」。ヒロインの深見真理を演じる川島海荷さんに、役柄と作品の魅力を伺いました。 キービジュアル/(C)杉基イクラ/KADOKAWA (C)7○3×クイズ研究会 ――『ナナマル サンバツ』への出演が決まったときのお気持ちは? 川島:あまりアニメーションに関わった経験がないなかでヒロインを演じさせていただくわけですし、最初は「私でいいのかな」と緊張とプレッシャーが大きかったです。今まで共演者のみなさんの声が入っている映像を見ながらひとりで収録することしかやったことがなかったので、ほかの声優さんたちといっしょに収録するのも私には初めての経験でした。 ――過去には映画のアフレコを経験されていらっしゃいますが、初めてのTVアニメの収録現場はいかがでしたか? 川島:1話の収録の前にリハーサルもさせてもらって、「もっと高校生らしく元気に」とか「明るめに」とかアドバイスをいただき、アニメーションに合わせながら声を当てることに慣れていった感じですね。プロの声優さんの演じている姿を見て、私自身も勉強になる部分もあるし、もっと肩の力を抜いて役が体になじんでいけばいいなと思っています。 ――共演者の演技をご覧になって発見したことはありますか? 川島:みなさんキャラクターの動きや感情に合わせて実際に体を動かして演技しているんですよね。そうすることで、...more
カテゴリー:

「深見真」の画像

もっと見る

「深見真」の動画

Wikipedia

深見 真(ふかみ まこと、1977年8月5日 - )は、日本小説家漫画原作者熊本県熊本市出身。二松学舎大学中退。

大学在学中に「戦う少女と残酷な少年・古流兵術式密室」(ブロークン・フィスト 戦う少女と残酷な少年に改題)でデビュー。

アクション描写、特に銃器、格闘技を用いた戦闘シーンの描写を得意とする。作中で同性愛を扱う事が多い。

2006年度には武蔵野美術大学の非常勤講師に就任。

受賞歴
  • 1999年、第1回 ファミ通エンタテインメント大賞 ドラマ企画書部門 審査員奨励賞受賞 WILD DIAMOND
  • 2000年、第1回富士見ヤングミステリー大賞 大賞 戦う少女と残酷な少年 ブロークン・フィスト
  • 2001年、第1回 エニックス ガンガン スポーツエンターテインメント大賞 原作部門アバランチ・ラッシュ佳作
  • 2002年、...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる