「深見真」とは?

関連ニュース

西井幸人×鈴木絢音×大歳倫弘の挑戦「ナナマル サンバツ」 - 04月18日(水)10:35 

高校での競技クイズを題材に描き、昨年はアニメ化もされた大ヒット漫画「ナナマル サンバツ」(原作・杉基イクラ)を舞台化した「ナナマルサンバツ THE QUIZ STAGE」が5月に上演される。「ヨーロッパ企画」とのコラボレーションとなる本作は、脚本・演出を大歳倫弘(ヨーロッパ企画)が手掛け、主演は西井幸人、ヒロインを鈴木絢音(乃木坂46)が務める。大歳と西井、鈴木に話を聞いた。【チケット情報はこちら】(PC)「シンプルにボーイミーツガールwithクイズのような作品」(大歳)という本作。読書好きで引っ込み思案な“本の虫”の主人公・越山識(西井)が、クイズ研究会主宰の新入生早押しクイズ大会に参加したことがきっかけで、競技クイズ経験者のクラスメイト深見真理(鈴木)と知り合い、次第にクイズの魅力に惹かれていくストーリーが描かれる。大歳は「僕、この作品を一言で言うと“スポ根”だと思っていて。クイズという地味な競技をどうスポ根エンターテインメントとして見せられるかに重きを置こうと考えています。舞台上で本当に汗をかいていただいて、それがキラリと光るような良さを見せたいです」と構想を語る。競技クイズのリアルな臨場感とスリルを再現するために、キャストが実際にクイズに挑戦するシーンも。「キャストには役柄のままクイズを解いてもらうという、大変難しいことを要求することになります。特に越山くんと深見さんを演じ...more
カテゴリー:

「深見真」の画像

もっと見る

「深見真」の動画

Wikipedia

深見 真(ふかみ まこと、1977年8月5日 - )は、日本小説家漫画原作者熊本県熊本市出身。二松学舎大学中退。

大学在学中に「戦う少女と残酷な少年・古流兵術式密室」(ブロークン・フィスト 戦う少女と残酷な少年に改題)でデビュー。

萌えの仕事を好んでおり、また美少女アニメ全般が好きで、特にきらら系が大好きバイオハザード:ヴェンデッタ公開記念! 血と硝煙のアクションを描く脚本家・深見 真さんインタビュー。

アクション描写、特に銃器、格闘技を用いた戦闘シーンの描写を得意とする。作中で同性愛を扱う事が多い。

2006年度には武蔵野美術大学の非常勤講師に就任。

受賞歴

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる