「深堀圭一郎」とは?

関連ニュース

2018年シニアツアーは1試合増、台湾でも開催 - 01月16日(火)16:50 

日本プロゴルフ協会(PGA)が主催するシニアツアーの2018年度スケジュールが発表された。 試合数は前年に比べて1試合増の19試合(賞金総額は1000万円減の8億7500万円)。日本プロゴルフ選手権の兼ね合いで2017年は開催されなかった「金秀シニア 沖縄オープンゴルフトーナメント2018」(4月14〜15日、沖縄県・かねひで喜瀬カントリークラブ)で開幕し、11月23〜25日の「いわさき白鷺シニアゴルフトーナメント」(鹿児島県・いぶすきゴルフクラブ開聞コース)が最終戦となる。 【関連】ジャンボがジュニアを熱血指導! 注目は台湾で開催される「フーボン・ヨウトク シニアカップ」(5月18〜20日、林口ゴルフクラブを予定)だ。 「共同開催ではなく、PGAが主催となる単独開催。将来を考え、これからも海外で私たちが主体となる試合を作っていきたい」(倉本昌弘会長) また、ツアー競技ではないがPGAが主催する「PGAティーチングプロ選手権」に、ゴルフパートナーがスポンサーとなった点も倉本会長は強調した(正式名称は第20回PGAティーチングプロ選手権大会 ゴルフパートナーカップ、開催時期、会場は未定)。 「弊社ではゴルフを始める人を応援していますが、練習場を開設するにしても教えるプロがなかなかいない。そういった環境を変えてゴルフ界を活性化するためにも、ティーチングプロ選手権をサポートする...more
カテゴリー:

日本復帰の石川遼、キャロウェイの新クラブで追い風なるか!? - 01月09日(火)20:04 

1月9日(火)、東京都内でキャロウェイの新作発表会が行われ、クラブ契約を結ぶ石川遼、深堀圭一郎、上田桃子が登場した。 ジュニアゴルファーに語りかける石川 2017年にキャロウェイから発売された『EPIC』のドライバーは、その飛距離性能から日本だけでなく世界的に話題を呼んだ。そんな『EPIC』の発売から1年で、早くも次のモデルが発表された。 その飛距離性能から日本を含めて世界的に話題を呼んだ『EPIC(エピック)』だが、早くも1年後にニューモデル『ROGUE』シリーズが登場とあって、各プロも興味津々。今回のシリーズは“EPICを超えなければ、出す意味なんてない”の印象的なキャッチコピーのもと、“EPICを超える、やさしさと飛び”と銘打ち、やさしさと飛距離の両性能が高められている。その新クラブの試打を行った石川は、「エピックを打ったときの衝撃はすごかったが、それ以上のものを出すとは思いませんでした。本当に飛ぶ」。さらに続けて、「数字だけでなくフィーリングもとても良い」と絶賛した。 2017年の石川のフェアウェイキープ率は国内男子ツアーで39.68パーセント、ドライビングディスタンスは281.35ヤード。米国男子ツアー参戦時には一時300ヤードを超えていた「飛ばし」のところで低迷していた。ドライバーショットを課題に挙げてスイング改善を行っていた石川だが、新たな武器は復活への追い風と...more
カテゴリー:

上田桃子、拾いやすい新クラブを絶賛 熊本のリベンジへ大きな武器となる予感 - 01月10日(水)07:37 

1月9日(火)、都内にてキャロウェイが新製品発表会を実施。深堀圭一郎、石川遼といった男子プロと並び上田桃子も登壇した。 【関連写真】地元優勝を逃して涙…涙… その上田が絶賛したのがフェアウェイウッド。昨年使用していた『GBB EPIC』シリーズのフェアウェイウッドには、ドライバーに取り入れられた新機能、ジェイルブレイク(クラブ内に2本の柱を搭載してクラウンのたわみを減らして飛距離を高める機能)は採用されていなかった。だが、今回の『ROGUE』シリーズのフェアウェイウッド・ユーティリティにはついに搭載された。その2本の柱を一番待ち望んでいたのは昨年2勝を挙げたショットメーカーだったようだ。 「ジェイルブレイクが入っているウッドをとても打ちたかったんです。まさに待望の1本。とても期待していました」。実際に打ってみてその思いは確信に変わった様子。「見た目が優しく見えるし、打ってみると球を拾いやすい」。そして早くも具体的なイメージも湧いてきた。「春先の地面の固いような、拾っていきにくいところで特に役に立ちそうです」 春先の試合で地面が固いコースと言えば「KKT杯バンテリンレディス」が行われる熊本空港カントリークラブ。昨年、プレーオフで敗れあと一歩で地元優勝を逃した戦いだ。上田のコーチを務める辻村明志氏曰く「コース全体の地が固いということは、ショットで縦の距離感が問われる」という同コー...more
カテゴリー:

「深堀圭一郎」の画像

もっと見る

「深堀圭一郎」の動画

Wikipedia

深堀 圭一郎(ふかぼり けいいちろう、1968年 10月9日- )は、東京都出身の男子プロゴルファーフォーラムエンジニアリング所属。明治大学付属中野高等学校明治大学文学部卒業。2006年2月、元TBSアナウンサー進藤晶子と結婚。

来歴・人物

2003年日本オープンで最終日7アンダーの猛チャージで5打差を逆転して優勝。2005年にも2勝をあげ、賞金ランキング3位に。2006年のダンロップフェニックストーナメントでは初日、試合における自身初のホールインワンもありタイガー・ウッズ、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる