「深刻化」とは?

関連ニュース

【悲報】生活保護 18年度から減額へ 「これ以上、切り詰められない」「死ねということか」 - 01月21日(日)18:27  news

1/21(日) 13:10配信  国が昨年末、生活保護受給額を2018年度から減額する方針を示したことで、青森県内の受給者に不安が広がっている。減額基準の詳細はまだ示されていないが、 都市部を中心に10月以降、食費や光熱水費に充てる「生活扶助」や、ひとり親家庭を対象とした「母子加算」が減額される見込み。 前回の13年度の見直しから連続削減となり、県内の受給者からは「これ以上、切り詰められない」「死ねということか」と悲痛な声が上がっている。  青森市の早川美由紀さん(48)=仮名=は、以前住んでいた福島県いわき市...
»続きを読む
カテゴリー:

【青森】生活保護 18年度から減額へ、青森県内受給者に不安広がる... 「これ以上、切り詰められない」「死ねということか」★3 - 01月21日(日)15:45  newsplus

1/21(日) 13:10配信  国が昨年末、生活保護受給額を2018年度から減額する方針を示したことで、青森県内の受給者に不安が広がっている。減額基準の詳細はまだ示されていないが、都市部を中心に10月以降、食費や光熱水費に充てる「生活扶助」や、ひとり親家庭を対象とした「母子加算」が減額される見込み。前回の13年度の見直しから連続削減となり、県内の受給者からは「これ以上、切り詰められない」「死ねということか」と悲痛な声が上がっている。  青森市の早川美由紀さん(48)=仮名=は、以前住んでいた福島県いわき市で、夫...
»続きを読む
カテゴリー:

【青森】生活保護 18年度から減額へ、青森県内受給者に不安広がる... 「これ以上、切り詰められない」「死ねということか」 - 01月21日(日)13:18  newsplus

1/21(日) 13:10配信  国が昨年末、生活保護受給額を2018年度から減額する方針を示したことで、青森県内の受給者に不安が広がっている。減額基準の詳細はまだ示されていないが、都市部を中心に10月以降、食費や光熱水費に充てる「生活扶助」や、ひとり親家庭を対象とした「母子加算」が減額される見込み。前回の13年度の見直しから連続削減となり、県内の受給者からは「これ以上、切り詰められない」「死ねということか」と悲痛な声が上がっている。  青森市の早川美由紀さん(48)=仮名=は、以前住んでいた福島県いわき市で、夫...
»続きを読む
カテゴリー:

【ライフ】日本の男性を蝕む「孤独という病」の深刻度 人生100年時代、オジサンはどう生きるべきか ★14 - 01月20日(土)20:32  newsplus

http://toyokeizai.net/articles/-/203862?display=b 2018年01月16日 岡本 純子 : コミュニケーション・ストラテジスト 『孤独のすすめ』「ソロ活」『孤独のグルメ』……。今、ちまたでは、「孤独」をポジティブにとらえる風潮が​高まっているように見える​。非婚化が進み、生涯未婚率は2020年には男性が26.0%、女性は17.4%、2030年には男性が29.5%、女性は22.5%まで上昇するとみられ、男性の約3人に1人、女性の4人に1人は生涯独身という時代を迎えようとしている。 孤独死などが社会問題になる中で、「孤独を過度に...
»続きを読む
カテゴリー:

【大阪】家庭で余った食品を生活困窮者らに寄付「フードドライブ」スタート ダイエー計6店舗で - 01月20日(土)12:34  newsplus

http://www.sankei.com/smp/west/news/180120/wst1801200036-s1.html 家庭などで手つかずのまま余っている食料品などを生活困窮者らに寄付する「フードドライブ」が大阪府内のダイエー計6店舗で始まった。店舗内に専用の回収ボックスを設置し、集まった食料品などは認定NPO法人「ふーどばんくOSAKA」(堺市東区)を通じて、生活保護受給世帯や児童養護施設などに配られる。同法人の田原俊雄事務局長(38)は「ここから、活動が広がっていけば」と話している。  フードドライブは、食品ロスの削減と、困窮者支援を目的と...
»続きを読む
カテゴリー:

【青森】生活保護 18年度から減額へ、青森県内受給者に不安広がる... 「これ以上、切り詰められない」「死ねということか」★4 - 01月21日(日)17:43  newsplus

1/21(日) 13:10配信  国が昨年末、生活保護受給額を2018年度から減額する方針を示したことで、青森県内の受給者に不安が広がっている。減額基準の詳細はまだ示されていないが、都市部を中心に10月以降、食費や光熱水費に充てる「生活扶助」や、ひとり親家庭を対象とした「母子加算」が減額される見込み。前回の13年度の見直しから連続削減となり、県内の受給者からは「これ以上、切り詰められない」「死ねということか」と悲痛な声が上がっている。  青森市の早川美由紀さん(48)=仮名=は、以前住んでいた福島県いわき市で、夫...
»続きを読む
カテゴリー:

【青森】生活保護 18年度から減額へ、青森県内受給者に不安広がる... 「これ以上、切り詰められない」「死ねということか」★2 - 01月21日(日)14:23  newsplus

1/21(日) 13:10配信  国が昨年末、生活保護受給額を2018年度から減額する方針を示したことで、青森県内の受給者に不安が広がっている。減額基準の詳細はまだ示されていないが、都市部を中心に10月以降、食費や光熱水費に充てる「生活扶助」や、ひとり親家庭を対象とした「母子加算」が減額される見込み。前回の13年度の見直しから連続削減となり、県内の受給者からは「これ以上、切り詰められない」「死ねということか」と悲痛な声が上がっている。  青森市の早川美由紀さん(48)=仮名=は、以前住んでいた福島県いわき市で、夫...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京】江東区民の悲願、「豊洲-住吉間地下鉄」の成否 江東区はやる気だ - 01月21日(日)09:08  newsplus

http://toyokeizai.net/articles/-/205095 2018年01月21日 小林 拓矢 : フリーライター 人口が増え続ける江東区。都心回帰の流れが高まる中、1995年には39万5000人だった人口が、2017年には51万人に近づこうとしている。鉄道の混雑は深刻化し、南北の移動を担うバスも混雑している。 そんな中、江東区は地下鉄「東京8号線」の延伸に力を入れている。東京8号線とは地下鉄有楽町線のことで、同区が目指しているのは豊洲から分岐し、半蔵門線・都営新宿線が乗り入れる住吉までの延伸だ。 東京8号線の延伸は、1972年に都市交通審議...
»続きを読む
カテゴリー:

【朗報】手つかずのまま余っている食料品などを生活困窮者らに寄付する「フードドライブ」が始まる - 01月20日(土)13:00  news

フードドライブは、食品ロスの削減と、困窮者支援を目的として、1960年代の米国発祥とされる。食品ロスの問題は日本でも深刻化しており、農林水産省の平成26年度推計では、 食品ロスは約621万トンに上り、うち家庭からでた食品ロスは約282万トンで、国民全員が毎日茶碗(ちゃわん)1杯分の食品を捨てたことに相当する量だという。  日本では、近年、企業や団体などを中心に同様の活動が広がりつつあり、大阪ではこれまで、「ふーどばんくOSAKA」がイベントなどで活動してきたが、店舗で定期的に行うのははじめて...
»続きを読む
カテゴリー:

【ライフ】日本の男性を蝕む「孤独という病」の深刻度 人生100年時代、オジサンはどう生きるべきか ★13 - 01月20日(土)00:58  newsplus

http://toyokeizai.net/articles/-/203862?display=b 2018年01月16日 岡本 純子 : コミュニケーション・ストラテジスト 『孤独のすすめ』「ソロ活」『孤独のグルメ』……。今、ちまたでは、「孤独」をポジティブにとらえる風潮が​高まっているように見える​。非婚化が進み、生涯未婚率は2020年には男性が26.0%、女性は17.4%、2030年には男性が29.5%、女性は22.5%まで上昇するとみられ、男性の約3人に1人、女性の4人に1人は生涯独身という時代を迎えようとしている。 孤独死などが社会問題になる中で、「孤独を過度に...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「深刻化」の画像

もっと見る

「深刻化」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる