「深刻化」とは?

関連ニュース

免許更新に行こうと思ったら 講習が3ヶ月待ちでござる 失効しそう - 09月23日(土)17:25  news

70歳以上のドライバーが運転免許証を更新する際に必要な「高齢者講習」の受講待ちが、兵庫県を含む全国の自動車教習所で深刻化している。高齢ドライバーの増加で、県内の 待ち期間は最大で3カ月を超えるという。3月に施行された改正道交法では、75歳以上は受講前に認知機能検査も受ける必要があり、高齢者からは「希望日に予約が取れず、待 っている間に更新期限が切れてしまいそう」と不安の声も上がっている。 https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201709/0010580392.shtml 2 ...
»続きを読む
カテゴリー:

日本にも忍び寄る新たな薬物汚染…中国が出荷元の合成麻薬がアメリカで蔓延! - 09月23日(土)06:00 

『週刊プレイボーイ』本誌で「モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンがアメリカに蔓延する薬物汚染について語る! * * * トランプ米大統領が8月10日、近年爆発的に拡大しているオピオイド系鎮痛剤の乱用について「国家の非常事態だ」と発言しました。オピオイドは麻薬性鎮痛薬の一種でいくつかの種類がありますが、なかでも毒性と依存性が極めて強いものが合成麻薬「フェンタニル」。このフェンタニルの過剰摂取により、全米で“薬物死”が続出しているのです。 特に深刻なのが、没落した工業地帯「ラストベルト」に住む貧困白人層です。まともな医療を受けるための経済力を持たない人々にとっては、とりあえず痛みを和らげる鎮痛薬が必要だった。そこを狙った製薬会社がロビー活動を仕掛けて規制緩和を実現し、フェンタニルを市場に大量供給。医師も安易に処方し続けたため、中毒患者が急増してしまったのです。問題が表面化した後は処方に関するガイドラインが導入されたものの、すでに依存症となった人々は不正にフェンタニルを入手するようになってしまっています。 フェンタニル汚染問題には複合的な要素が絡み合っており、簡単なソリューションはありません。以前からアメリカには嗜好のため...more
カテゴリー:

ロヒンギャ問題 スー・チー国家顧問の演説全文 - 09月22日(金)19:56 

ミャンマー西部で、治安部隊と武装勢力との戦闘によって40万人を超える少数派のイスラム教徒、ロヒンギャの人たちが隣国バングラデシュに避難し、過酷な状況に置かれています。人道的な懸念が高まっているにもかかわらず、ミャンマーの実質的トップ、アウン・サン・スー・チー国家顧問の対応が消極的だとして、国際的な批判が高まっています。こうした中、9月19日、スー・チー氏がこの問題が深刻化して以降、初めて演説を行いました。スー・チー氏は何を語ったのか、発言の全文を掲載します。
カテゴリー:

駅や列車で深刻化する「キャリーバッグ」問題 通行の邪魔、思わぬ「凶器」になることも | 通勤電車 | 東洋経済オンライン - 09月22日(金)05:10 

「キャリーバッグを引いて歩いていた人が目の前でいきなり止まり、バッグで転んでしまった」「バッグを引…
カテゴリー:

安藤忠雄氏「こども本の森」建設、大阪市へ寄付を提案 - 09月21日(木)16:03 

 建築家の安藤忠雄氏は9月19日、大阪市北区の中之島公園内に「こども本の森 中之島(仮称)」を建設し、大阪市に寄付することを提案した。この考えに共感した京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授が応援団として参加する。 近年、子どもたちの活字離れが深刻化していることから、一人でも多くの子どもたちに本や芸術文化に触れる機会を与えたいと、安藤忠雄氏は大阪市に「こども本の森 中之島(仮称)」の寄付を提案した。 「こども本の森 中之島(仮称)」は、3階建ての鉄筋コンクリート造り。延床面積は約1,000平方メートル。3層にわたる大きな吹抜けを囲う壁一面に本棚を設置し、たくさんの本に囲まれた「本の森」をつくる。その本の森で子どもたちが自由に本を手に取って、好きな場所で思う存分本に親しめるようにするという。 施設は平成31年度に完成し、大阪府へ寄付する予定。施設の運営費用は、広く市民から賛同者を募り、民の力で子どもたちの生きる力を育んでいくことを目指す。【関連写真】安藤忠雄氏「こども本の森」建設、大阪市へ寄付を提案■関連記事高校生の不読率57%、きっかけや読書習慣を…有識者会議読書の薦め2017、わたしが選んだこの一冊…河合文化教育研究所朝の読書人気ランキング、小学生1位は「かいけつゾロリ」中高生は?女子小学生のライフスタイル、電子書籍は4-6年生4割以上が読書経験あり
カテゴリー:

「日本の大量プルトニウムに懸念」 日米原子力協定延長に米専門家 - 09月23日(土)14:59  liveplus

 【ワシントン=後藤孝好】日本に使用済み核燃料からプルトニウムを取り出す再処理を認める日米原子力協定について、米国務省高官は二十一日、本紙の取材に来年七月の有効期限を自動延長する考えを初めて明らかにした。北朝鮮による核の脅威が深刻化する中、専門家からは日本が核兵器に転用可能な大量のプルトニウムを保有し続けることに懸念の声が上がる。  核不拡散や原子力政策に詳しい米カーネギー国際平和財団のジェームズ・アクトン上級研究員(38)は、日本が使いみちのないまま四十七トンに上るプルトニウムを保有している...
»続きを読む
カテゴリー:

中国で日本に学ぶ環境対策シンポ - 09月23日(土)05:00 

 大気汚染などの環境問題が深刻化する中国で、高度経済成長期の公害を克服した日本の経験に学ぶシンポジウムが22日、北京市内で開かれた。南川秀樹元環境事務次官は講演で、日本では住民運動や選挙が国を動かし、環境浄化が進んだと指摘。「日中は世界の取り組みをリードする立場だ。中国の環境改善は世界に大きなインパクトを与える」と述べた。中国政府系シンクタンク、中国社会科学院都市発展・環境研究所の潘家華所長は、日本は再生可能エネルギーなどの分野で特に優れているとして「日本の経験を中国に取り入れるのは大変意味がある」と強調した。
カテゴリー:

「圧倒的な知名度」がない企業は、就職エージェントを使わないほうがいい - 09月22日(金)06:30 

経営とITがますます不可分となっていく中で、エンジニア不足がますます深刻化している。IPA人材育成本部編『IT人材白書』によると、2011年以降、IT人材の不足を感じる企業が増加しているという。エンジニアの採用に苦しむ企業は多いが、クラウドの導入・設計・運用保守のサービスを提供する社員数約200名のアイレットは、昨年1年間で約60名のエンジニアを採用した。その陰には、マーケティングアプローチを応用した独自の採用活動があったという。アイレット 執行役員 エバンジェリスト 後藤和貴氏と採用マーケティング 増田隆一氏に話を聞いた。
カテゴリー:

賞味期限前の食品を寄付 - 09月21日(木)16:16 

セブン&アイ・ホールディングスは傘下のイトーヨーカドー店舗で売れ残った賞味期限、消費期限前の食品を、NPOを通じて生活困窮家庭などに寄付する取り組みを始めた。まだ食べられるのに廃棄される「食品ロス」の軽減にもつながるとして、関東を中心に取り組みを拡大する構えだ。セブン&アイによると、流通大手では珍しい取り組み。国内でも貧困問題が深刻化する中、同社の試みに社会的な支持が広がれば、賛同企業が増え...
カテゴリー:

『平成29年版 パートタイマー白書』 本日発行、人手不足解決に向けた“人材定着”を紐解く調査発表 - 09月21日(木)14:30 

[株式会社アイデム] 当社では、1997年(平成9年)から毎年異なるテーマでパート・アルバイト等の雇用に関する調査を行い、『パートタイマー白書』として発表しています。本年は、深刻化する人材不足への対応策を探るため、人材の入り...
カテゴリー:

もっと見る

「深刻化」の画像

もっと見る

「深刻化」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる