「涼宮ハルヒ」とは?

関連ニュース

1クールだけで45作品、TOKYO MXがアニメ王国に 担当者に聞く事業戦略 - 04月18日(水)08:40 

 2018年春の番組改編が行われ、各局で新たなテレビ番組が続々スタート。その中でも、アニメ番組数は今クールだけで70を超える。年々増加傾向にあるアニメコンテンツだが、その半数を超える45作品がTOKYO MXで放送されている。もはやTOKYO MX=アニメ王国というイメージも定着しつつあるが、なぜここまでアニメ作品を放送するのだろうか? アニメ制作の裏側や同局の戦略など、TOKYO MXアニメ事業局長の尾山仁康氏に話を聞いた。 【写真】今期の覇権は? 春アニメ約70作品のキービジュアル ■“情報戦”で優位に『ゴールデンカムイ』は2016年から準備、2年先の放送作品も着手中 ――春の改編で、アニメが45作品となりました。なぜ局としてこんなに多くのアニメを取り扱っているのでしょうか。まずは背景から教えていただけますでしょうか。 【尾山氏】前提として、(開局して10年くらいの頃のこと)まずは、「国民に親しまれている誰が知っているアニメ作品」をゴールデンタイムに放送しようという提案を行ったことがきっかけでした。例えば『アルプスの少女ハイジ』や『トムソーヤの冒険』、『うる星やつら』『巨人の星』などを放送すれば、編成側にも親が子どもと一緒にお茶の間でMXを見ているというイメージが出来やすいと考えました。結果的にテレビ会社として良い方向に向かったと思います。2006年前後でした。  この...more
カテゴリー:

「涼宮ハルヒの憂鬱」てなんであんな流行ったん? 主人公は人格破綻の精神障害者やし - 04月16日(月)22:46  news

間違いなく、稀代の奇書だ。今年1月に出版された『エンドレスエイトの驚愕 ――ハルヒ@人間原理を考える』(春秋社)は、 「エンドレスエイト」だけで400ページ以上を費やした哲学的論考。著者は東京大学人文社会系研究科の三浦俊彦教授である。 「エンドレスエイト(以下EE)」とは、TVアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の第二期(2009年)で放映され、物議を醸した8話分「エンドレスエイトⅠ~Ⅷ」のこと。 第12話~第19話に相当する。作品内時間がループしていることを表現するため、「同一脚本、完全別作画」でほぼ同じストーリー...
»続きを読む
カテゴリー:

「涼宮ハルヒ」の画像

もっと見る

「涼宮ハルヒ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる