「消費者」とは?

関連ニュース

【ツイッター】「#くいもんみんな小さくなっていませんか日本」 牛乳、菓子、カップ麺… 「切なくなる」消費者のショック大きく★6 - 11月21日(火)19:35  newsplus

ふだん食べているお菓子やチーズ、缶詰などの大きさが、いつの間にか小さくなっていた――。こんな経験をした人は最近多いのではないだろうか。一見、これまでと同じ大きさでも、気持ち小さくなった気がし、調べてみると確かに容量が減っている。でも値段は前と同じ。ネット上では「だまされた気分」「実質的な値上げでは」との声も相次ぐ。こうした現象は、英語のシュリンク(縮む)にちなんで「シュリンクフレーション」とも呼ばれる。なぜ今、シュリンクフレーションが起きているのか。 ■ツイッターで話題に  筆者も2年ほど前、い...
»続きを読む
カテゴリー:

ネット炎上したら着払いの嫌がらせを受けた! どんな対応が可能? - 11月21日(火)18:00 

最近はSNSを通じて多くの人が情報を発信できるようになった。一方でネット上での言動が原因で起こるバッシング、いわゆる「炎上」がたびたび問題になっている。炎上はそれだけが問題ではない。炎上を通じてネット上に個人情報が拡散され、悪用されるケースもある。中には住所がネット上に漏れ、宅配などで着払いの嫌がらせを受けることも。「教えて!goo」にも着払いの嫌がらせに困り果てたユーザーから対処を求める質問が寄せられている。 ■着払いには受取拒否?嫌がらせを受けたという証拠は? 今回の嫌がらせへの対応として、多く挙げられている方法は、支払いを行わない、受取拒否をすることである。 「受け取らない。運送会社にその旨を伝える。代引きならお金をはらわなければ発送先に返されます」(ブルーはりすさん) 「『受け取り拒否』でよいです。はっきりと『受け取りませんので返送してください』といえばよいです」(かどさん) 今後もこうした嫌がらせが起きないよう、できることはあるのか? 「極端な例ですが、一時的に、数日間だけでも入院してしまうというのも1つの選択肢だと思います。悪化した、と言う診断書がもらえれば、被害届は出しますし告訴することもできます」(情弱さん) つまり法的対応を考えるということだが、法的対応と一口に言っても、回答者の想定していることは様々である。民事事件として慰謝料を取るという考え方もあ...more
カテゴリー:

【ツイッター】「#くいもんみんな小さくなっていませんか日本」 牛乳、菓子、カップ麺… 「切なくなる」消費者のショック大きく★5 - 11月21日(火)17:39  newsplus

ふだん食べているお菓子やチーズ、缶詰などの大きさが、いつの間にか小さくなっていた――。こんな経験をした人は最近多いのではないだろうか。一見、これまでと同じ大きさでも、気持ち小さくなった気がし、調べてみると確かに容量が減っている。でも値段は前と同じ。ネット上では「だまされた気分」「実質的な値上げでは」との声も相次ぐ。こうした現象は、英語のシュリンク(縮む)にちなんで「シュリンクフレーション」とも呼ばれる。なぜ今、シュリンクフレーションが起きているのか。 ■ツイッターで話題に  筆者も2年ほど前、い...
»続きを読む
カテゴリー:

財政試算見直しへ、物価2%・名目成長4%前提を下方修正=関係筋 - 11月21日(火)16:28 

[東京 21日 ロイター] - 来年1月に発表する「中長期の経済財政試算」で、政府が消費者物価(CPI)の2%上昇を前提としていた高成長モデルを下方修正する方向となった。複数の政府関係者が明らかにした。4%成長と2%の物価上昇を前提にした同モデルを前提に、無理に財政収支の改善を図れば、経済を損ねるとの見方が政府内で台頭。仮に高成長が続いても、2%の物価上昇の実現は難しいとの見方が広がっている。
カテゴリー:

【八百屋】八百屋さん消滅危機!? 卸売市場法見直し 揺れる商店街 仙台 - 11月21日(火)13:53  newsplus

 地方の青果店や飲食店から、政府が掲げる卸売市場法の抜本見直しを懸念する声が上がっている。大胆な改革が進めば市場の卸売業者がスーパーとの取引を優先し、青果物の仕入れが難しくなるためだ。これらの店は事業規模が小さくても、地元ブランド野菜の普及や、地域の食文化の保護に貢献しており、打撃を受ければ消費者へも影響がある。 ■“住民と直結”薄れ… 大手にだけ 荷集中  宮城県のJR仙台駅から徒歩数分。細い路地に青果店や鮮魚店が軒を連ねる。「へい、いらっしゃい」。威勢の良い掛け声が響く。戦後の“青空市場”時代...
»続きを読む
カテゴリー:

ブラックフライデーで消費者が買いたいと考えているものは?- Shufoo!調査 - 11月21日(火)18:01 

電子チラシサービス「Shufoo!」では、11月24日のブラックフライデーに関して「Shufoo!」を利用する全国の男女53,892名を対象に意識調査を実施。11月21日に、その結果を発表した。
カテゴリー:

ソニーの提案する「暮らしの空間」が支持される理由。 - 11月21日(火)18:00 

インテリアの趣味は人それぞれですが、“素敵だな〜”と憧れるようなリビングやベッドルームには、ある共通点があります。それは「家電がないこと」。想像してみてください。一昔前はリビングのレイアウトを決める時、テレビやオーディオ機器を中心に考えるのが一般的でした。でも、今はソファやグリーン、あるいは陽の光といったところから考える人が多いはずです。今、この事実に向き合い、新たなコンセプトを打ち出しているのが、ソニーです。中心にあるのは、家電ではなく暮らし。ソニーが2014年に発表した「Life Space UX」。そのコンセプトは、“居住空間を生かした新しい体験をテクノロジーによって生み出す”というもの。つまり、中心にあるのは、家電ではなく暮らしだという考え方です。すでにスピーカーやテレビなどの音/映像機器としてもブランドを確立しているソニーがこういったコンセプトを打ち出していると考えるとかなり斬新ですが、すでに「Life Space UX」はそのプロダクトを通して、消費者から支持を集めています。例えば、インテリアとして機能する「スピーカー」。「Life Space UX」の世界観を象徴するプロダクトのひとつが、この「グラスサウンドスピーカー(LSPX-S1)」です。生活空間に馴染むスタイリッシュなデザインは、これまでの音響機器の常識を覆すもの...more
カテゴリー:

AT&Tのタイムワーナー買収、「独禁法違反」で提訴 司法省 - 11月21日(火)17:30 

米司法省は20日、CNNを傘下に持つ米娯楽・メディア大手タイムワーナーを米通信大手AT&Tが買収する計画は反トラスト法(独占禁止法)違反だとして、ワシントンの連邦地裁に差し止めを求める訴訟を起こした。 AT&Tは昨年10月に850億ドル(約9兆7000億円)規模の買収計画を発表した。司法省は、この買収によって適正な競争や技術革新が妨げられ、料金がつり上がるなど消費者の利益が損なわれると主張してい...
カテゴリー:

【ツイッター】「#くいもんみんな小さくなっていませんか日本」 牛乳、菓子、カップ麺… 「切なくなる」消費者のショック大きく★4 - 11月21日(火)14:58  newsplus

ふだん食べているお菓子やチーズ、缶詰などの大きさが、いつの間にか小さくなっていた――。こんな経験をした人は最近多いのではないだろうか。一見、これまでと同じ大きさでも、気持ち小さくなった気がし、調べてみると確かに容量が減っている。でも値段は前と同じ。ネット上では「だまされた気分」「実質的な値上げでは」との声も相次ぐ。こうした現象は、英語のシュリンク(縮む)にちなんで「シュリンクフレーション」とも呼ばれる。なぜ今、シュリンクフレーションが起きているのか。 ■ツイッターで話題に  筆者も2年ほど前、い...
»続きを読む
カテゴリー:

【ツイッター】「#くいもんみんな小さくなっていませんか日本」 牛乳、菓子、カップ麺… 「切なくなる」消費者のショック大きく★3 - 11月21日(火)13:41  newsplus

ふだん食べているお菓子やチーズ、缶詰などの大きさが、いつの間にか小さくなっていた――。こんな経験をした人は最近多いのではないだろうか。一見、これまでと同じ大きさでも、気持ち小さくなった気がし、調べてみると確かに容量が減っている。でも値段は前と同じ。ネット上では「だまされた気分」「実質的な値上げでは」との声も相次ぐ。こうした現象は、英語のシュリンク(縮む)にちなんで「シュリンクフレーション」とも呼ばれる。なぜ今、シュリンクフレーションが起きているのか。 ■ツイッターで話題に  筆者も2年ほど前、い...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「消費者」の画像

もっと見る

「消費者」の動画

Wikipedia

消費者(しょうひしゃ、、コンシューマー)とは、サービス消費する主体のことである。

概要

具体的には、代価を払って最終的に商品を使用する、もしくはサービスを受ける者をさす。

企業非営利組織などの法人が購入した製品を再販売しているような場合、または法人が生産する製品の部品などの一部に利用するために購入しているような場合は産業消費者もしくは使用者と言う。再販売する目的以外で購入する消費者を世帯消費者もしくは最終消費者という。

法人も財・サービスの消費の主体となりうるのである。ただし、日本の消費者契約法においては、情報の質および量、ならびに交渉力の格差にかんがみ、特に事業者以外の個人を一括して「消費者」と定義し、事業者との間で締結される契約にかかる利益の擁護を図っている。

視点を変えると、例えばメーカー企業で勤めているサラリーマンは、職務の上では...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる