「消費者」とは?

関連ニュース

テクノロジーの問題に対するテクノロジーによる解決を書いた本“How to Fix The Future” - 02月20日(火)13:47 

[筆者: Larry Downes](ジョージタウン大学のMcDonough School of Businessのフェロー)
カテゴリー:

エミレーツ航空とカンタス航空のパートナーシップ延長、オーストラリア当局が承認へ - 02月20日(火)11:48 

オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は、エミレーツ航空とカンタス航空のパートナーシップの5年間の延長を承認に向けた草案を決定した。最終決定は3月の見込みで、両社は草案の決定を歓迎する声明を発表している。 2017年8月に両社は政府認可を条件として、共同事業の5年間の延長を決定している。また、オーストラリアからはドバイ、パース、シンガポール経由でイギリスやヨーロッパへの路線を展開するとしていた。 カンタス航空は、シドニー〜ドバイ〜ロンドン線のエアバスA380型機での運航をシンガポール経由に切り替えるとともに、メルボルン〜シンガポール線をエアバスA330型機からエアバスA380型機へと大型化するとしていた。メルボルン〜ドバイ〜ロンドン線は、パース経由に変更することも発表している。両社は共同運航(コードシェア)により、ヨーロッパの33都市、オーストラリアとニュージーランドの60都市、アフリカと中東の14都市、アジアの2都市にネットワークを拡大している。これにより利用者は選択肢が増えるとともに、収益の増加が見込まれるという。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

トランスコスモス、AI を活用しSNS 上のリアルタイムな声から消費者の心を動かす広告訴求を開発するメソッド「coemo(コエモ)」を提供開始 - 02月20日(火)11:00 

[トランスコスモス] トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)は、Google Cloud が Cloud AI ソリューションのひとつとして提供する「 Google Cloud Natural Language API 」を活用することで...
カテゴリー:

店頭販促用 縦型映像制作キャンペーン - 02月20日(火)09:51 

[株式会社メディアフラッグ] ◆ キャンペーン概要 「店頭販促用デジタルサイネージは、商品前に設置して音と映像を流し、商品の目の前を通る消費者に対して情報提供を行います。商品視認率を向上させ購買率を高めるためには、まずアイキャッチ...
カテゴリー:

いかにして「プロテイン飲料」はマッチョ向け製品から女性・健康志向製品へと変化したのか - 02月20日(火)06:00 

人間の筋肉の「材料」にもなるプロテイン(タンパク質)は、健康的な体を作り上げる上で欠かせない栄養素の1つとして認識されています。古くは、ボディビルダーやアスリートが筋力をアップするためにプロテインを摂取するというのが典型的なパターンでしたが、近年のプロテインは「健康志向」を掲げる消費者や、女性をターゲットにした製品作りが行われるようになっています。続きを読む...
カテゴリー:

カード持つ人85% 生活費の3割はカードで - 02月20日(火)12:19 

 クレジットカードや現金、銀行引き落としなど、生活にかかるお金の支払い方法はさまざま。きっちり家計簿をつけていないと、何でどれだけ使っているかの把握は難しい。ジェーシービー(東京)が実施した「クレジットカードに関する総合調査」によると、クレジットカードを持っている人は85.1%で、生活費の3割をカードで支払っている。 全国の20~60代の一般消費者、3,500人を対象に調査したもの。クレジットカードを持っている人の平均保有枚数は3.2枚。一番多く使うクレジットカードは「ポイント・マイルが貯めやすい」ものだった。世帯あたり月平均生活費は18.6万円で、月平均のカード利用額は6.5万円。したがって、生活費に占めるカードの利用割合は3割という計算。オンラインショッピング(36.6%)や携帯電話料金(31.1%)、スーパーマーケット(29.8%)などでの利用が多くなっている。 電子マネーの保有率は8割以上で、利用率も7割以上。また、クレジットカードと異なり金融期間の口座から即時引き落としになる“デビットカード”の保有率も2割以上と、電子マネー・デビットカードのいずれも、持つ人、使う人が年々増加している。【関連記事】 ・電子マネーは年代で利用カードが異なる傾向に 少額繰り返しチャージがトレンド!?
カテゴリー:

エミレーツ航空とカンタス航空のパートナーシップ延長、オーストラリア当局が承認へ - 02月20日(火)11:48 

オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は、エミレーツ航空とカンタス航空のパートナーシップの5年間の延長を承認に向けた草案を決定した。最終決定は3月の見込みで、両社は草案の決定を歓迎する声明を発表している。 2017年8月に両社は政府認可を条件として、共同事業の5年間の延長を決定している。また、オーストラリアからはドバイ、パース、シンガポール経由でイギリスやヨーロッパへの路線を展開するとしていた。 カンタス航空は、シドニー〜ドバイ〜ロンドン線のエアバスA380型機での運航をシンガポール経由に切り替えるとともに、メルボルン〜シンガポール線をエアバスA330型機からエアバスA380型機へと大型化するとしていた。メルボルン〜ドバイ〜ロンドン線は、パース経由に変更することも発表している。両社は共同運航(コードシェア)により、ヨーロッパの33都市、オーストラリアとニュージーランドの60都市、アフリカと中東の14都市、アジアの2都市にネットワークを拡大している。これにより利用者は選択肢が増えるとともに、収益の増加が見込まれるという。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

住まいづくりプラットフォームSUVACO。「ゼクシィ」の生みの親・渡瀬ひろみ氏を経営アドバイザーに迎え、第三者割当増資を実施 - 02月20日(火)10:00 

[SUVACO株式会社] SUVACO株式会社は、2013年7月にマッチングプラットフォーム「SUVACO」、2014年3月に株式会社扶桑社と共同運営にてリノベーション専門サイト「リノベりす」のサービスを開始しました。以来、一貫して消費者と住ま...
カテゴリー:

いかにして「プロテイン飲料」はマッチョ向け製品から女性・健康志向製品へと変化したのか - 02月20日(火)06:00 

人間の筋肉の「材料」にもなるプロテイン(タンパク質)は、健康的な体を作り上げる上で欠かせない栄養素の1つとして認識されています。古くは、ボディビルダーやアスリートが筋力をアップするためにプロテインを摂取するというのが典型的なパターンでしたが、近年のプロテインは「健康志向」を掲げる消費者や、女性をターゲットにした製品作りが行われるようになっています。続きを読む...
カテゴリー:

ローソン AIで商圏データ、採算予測 出店可否判断の実証実験 - 02月20日(火)05:50 

 コンビニエンスストア大手のローソンが新規出店の可否判断に人工知能(AI)の活用を検討していることが19日までに分かった。人口や世帯分布、交通量といった商圏データをAIが収集・分析し、既存の類似店舗の売り上げ実績を参考にしながら採算性を予測する。実用化すれば国内流通業界では初の試み。地域特性に応じた店づくりを迅速に進めるのにも役立てるため、消費者にとっても便利な品ぞろえになりそうだ。
カテゴリー:

もっと見る

「消費者」の画像

もっと見る

「消費者」の動画

Wikipedia

消費者(しょうひしゃ、、コンシューマー)とは、サービス消費する主体のことである。

概要

具体的には、代価を払って最終的に商品を使用する、もしくはサービスを受ける者をさす。

企業非営利組織などの法人が購入した製品を再販売しているような場合、または法人が生産する製品の部品などの一部に利用するために購入しているような場合は産業消費者もしくは使用者と言う。再販売する目的以外で購入する消費者を世帯消費者もしくは最終消費者という。

法人も財・サービスの消費の主体となりうるのである。ただし、日本の消費者契約法においては、情報の質および量、ならびに交渉力の格差にかんがみ、特に事業者以外の個人を一括して「消費者」と定義し、事業者との間で締結される契約にかかる利益の擁護を図っている。

視点を変えると、例えばメーカー企業で勤めているサラリーマンは、職務の上では...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる