「消費者」とは?

関連ニュース

【宅配】アマゾン「当日配達ドライバー」の過酷な実態 アマゾンを頂点とする物流のピラミッド構造 DPの配達も下請け頼み - 04月23日(月)08:48  newsplus

消費者がアマゾンで注文した商品の当日・翌日配達を担うデリバリープロバイダの拠点には、多い日で5000箱の荷物が届くという(記者撮影) 4月の平日午前10時、記者を乗せた軽ワゴン車は都内のとある物流センターに到着した。ドライバーたちが地図を片手に、「Amazon」のロゴが入った段ボール箱を車に積み込んでいる。 ここはアマゾンから地域限定で配達を請け負うデリバリープロバイダ(DP)の拠点だ。アマゾンの配達の大半を担ってきたヤマト運輸が配送量を抑制したため、昨春からアマゾンがDPによる自社配送網の拡大に着手。注...
»続きを読む
カテゴリー:

【BJ】今の10~20代は、30代以上が想像もつかない遊び&生活をしている - 04月23日(月)07:25  bizplus

Business Journal 2018.04.22 http://biz-journal.jp/2018/04/post_23086.html 「若者の●●離れ」という表現をよく目にする。筆者が目にしただけでも「テレビ」「バイク」「政治」と、 ライフスタイルから社会参加の形式まで若者が離れていったとされるものには枚挙に暇がない。 一部サイトではジョークとして「若者が離れていったもの一覧」が作成されるほどである。 若者は「おっさん・おばさん」が知らないもので遊んでいる  では、若者は何をして生きているのだろうか? 私はマーケターとして消費者リサーチの現場に携わ...
»続きを読む
カテゴリー:

電子チケットとは何か? 不正転売の防止にとどまらない「3.0」の仕組みを解説 - 04月23日(月)06:40 

消費者の行動が「モノからコトへ」、体験重視へと変化する中で、リアルな体験の場であるイベント興行の価値・役割が見つめ直されている。そこで避けて通れないのが、チケットの問題だ。不正転売の防止やデータ活用、マーケティングなどの面から、今後は「電子チケット」が急速に発達していくと見られている。そこで、改めて電子チケットとは何か、その変遷の歴史や日米の違い、SNSやチャットの発達に応じたこれからの電子チケットのカタチなどについて解説する。
カテゴリー:

カフェインのサプリが販売禁止に 理由は死ぬから - 04月22日(日)23:25  news

https://mainichi.jp/premier/health/articles/20180420/med/00m/010/018000c 米国でカフェインのサプリが販売禁止に 2018年4月22日  米食品医薬品局(FDA)は4月13日、純カフェインまたは高濃度カフェインを含有するサプリメントの販売を禁止すると発表した。違法 に販売されている製品についても「市場からなくすための準備はできている」としている。  規制の対象となるのは、消費者に直接バルク(個包装されていない状態)でまとめて大量に販売されている粉末状または液状の純カ フェイン、または高濃度カフェインのサ...
»続きを読む
カテゴリー:

話題沸騰!『リアルカイジGP』加藤浩次インタビュー「山本はもってるから結構いくんじゃないかな」 - 04月22日(日)21:45 

優勝賞金は、なんと1億円。人生逆転出来る究極のリアリティショウ『リアルカイジGP』が「AbemaTV」にて毎週日曜夜10時より放送中です。 『リアルカイジGP』は福本伸行先生による人気作品『カイジ』を基に、コミック顔負けの衝撃的なゲームに参加者達が挑むというもの。「その場で出会った人と婚姻届を提出する」「細川たかしの髪型にする」など、そんなのアリ?!と思わず驚くチャレンジの数々に、放送直後から多くの注目が集まっています。 本番組でMCを務めるのは、極楽とんぼの加藤浩次さん。相方・山本圭壱さんも挑む、このゲームの数々を一番近くでどう見ているのか? 加藤さん自身の“ギャンブルだった瞬間”など色々とお話を伺ってきました。 ――『リアルカイジGP』放送開始から大きな話題を呼んでいますが、最初に企画を聞いた時はどう思われましたか? 加藤:いや、すごい企画だなと思いましたね。1億円でしょ。しかもAmebaTVということで、今の地上波のテレビがなかなか出来ないことを攻めているのですごく面白そうだなと。 ――コミック『カイジ』を基にしていますが、加藤さんは『カイジ』をご覧になった事がありましたか? 加藤:はい、連載当時『ヤングマガジン』で読んでいました。福本伸行先生の作品ってすごく面白いのだけど、俺は麻雀をやらないので、麻雀モノはよく分からなくて。だから『カイジ』の連載が始まった時はおもしれー!っ...more
カテゴリー:

家計に借金を組み入れる時に守るべきルールとは - 04月23日(月)08:10 

一人で家計を管理している場合、夫やパートナーに家計が苦しくなっていることを 伝える事ができず、一人で悩み消費者ローンに借金を作り、気付けば借金で借金を返済しているという負のスパイラルに陥るケースがあ…
カテゴリー:

仮想通貨がピンチ? 「育成」から「規制」へ 金融行政を転換か(鷲尾香一) - 04月23日(月)07:00 

仮想通貨交換業の「コインチェック」による580億円の仮想通貨流出事件はあったものの、引き続き仮想通貨熱は冷めることがない。 しかし、仮想通貨はその最大の特長である「匿名性」について、ピンチを迎えつつある。仮想通貨は、投資家自身の保有残高や取引記録が他人に知られることがなく、プライバシーが保護される。その半面、違法取引にまつわるマネーロンダリング(資金洗浄)に利用されるなどの可能性がある。犯罪に使われるリスクを抑えようと、各国の金融当局だけではなく、国際機関が「規制」に乗り出した。仮想通貨業者の登録や本人確認作業がより厳しくなる 日本ではほとんど報道されなかったが、2017年7月、仮想通貨にとって大きな影響のある出来事が米国で起きた。米国の闇サイト「アルファベイ」が閉鎖に追い込まれたのだ。 アルファベイはインターネット上で最大の犯罪市場サイトといわれ、違法薬物や銃器、化学物質などを世界中に販売していた。その資金決額は10億ドル(1000億円)以上とみられ、仮想通貨を利用していた。この「アルファベイ」閉鎖には、世界各国の当局が連携した。 「これが、仮想通貨を規制するうえでの教訓となった」と、金融庁関係者は言う。その教訓とは、「消費者保護には、仮想通貨のようなデジタルの取引も、これまでのアナログな通常の取引と同じ規制が適用されるべきだ」ということ。 こうした考え方は、2018年3月19~...more
カテゴリー:

【有機ELのスマホ】 販売伸び悩み示す予測 高価格がネックか - 04月23日(月)05:03  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180423/k10011412891000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007 4月23日 4時08分 液晶よりも画質が鮮やかな有機ELを採用した最新のスマートフォンは、世界的に販売が伸び悩むことを示す予測がまとまりました。価格の高さがネックになると見られています。 画面に有機ELを採用したスマートフォンは、アップルの「iPhoneX」やサムスン電子の「Galaxy Note8」をはじめ、中国のメーカーなども相次いで製品を投入しています。 しかし、イギリスの調査会社が今月ま...
»続きを読む
カテゴリー:

【KDDI】WiMAXの無制限プラン…実は制限ありで訴訟 UQに「2万円」の賠償命令 - 04月22日(日)21:50  newsplus

UQ「ギガ放題」広告で賠償命令 04月19日 20時16分 「データ量制限なし」、「速さもデータ量もギガヤバだ!」などの広告をもとにインターネットの通信サービスを契約したのに、実際には速度制限があったのは不当だとして利用者が通信会社などを訴えた裁判の2審で、東京高等裁判所は1審とは逆に会社側に慰謝料などの支払いを命じました。 千葉県内に住む男性は、3年前、東京の通信会社、「UQコミュニケーションズ」が提供しているインターネットの無線データ通信サービスで「ギガ放題」というプランを契約しました。 この際、...
»続きを読む
カテゴリー:

【不当表示】「今だけ安い」は本当?消費者惑わす広告の摘発増加 - 04月22日(日)20:24  newsplus

 商品やサービスの広告などが景品表示法の定める「不当表示」にあたるとして、消費者庁が摘発を加速している。2017年度の措置命令は同庁発足後最多を記録し、16年に始まった課徴金の納付命令も急増している。今後はいわゆる「打ち消し表示」の取り締まりも強化する見通し。企業は自社の体制のチェックが必要だ。(児玉小百合)  「消費者庁はかなりアグレッシブという印象」。景表法に詳しい複数の弁護士はこんな感想を口に… 2018/4/22 17:00 日本経済新聞 全文は会員登録をしてお読みいただけます https://www.nikkei.com/arti...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「消費者」の画像

もっと見る

「消費者」の動画

Wikipedia

消費者(しょうひしゃ、、コンシューマー)とは、サービス消費する主体のことである。

概要

具体的には、代価を払って最終的に商品を使用する、もしくはサービスを受ける者をさす。

企業非営利組織などの法人が購入した製品を再販売しているような場合、または法人が生産する製品の部品などの一部に利用するために購入しているような場合は産業消費者もしくは使用者と言う。再販売する目的以外で購入する消費者を世帯消費者もしくは最終消費者という。

法人も財・サービスの消費の主体となりうるのである。ただし、日本の消費者契約法においては、情報の質および量、ならびに交渉力の格差にかんがみ、特に事業者以外の個人を一括して「消費者」と定義し、事業者との間で締結される契約にかかる利益の擁護を図っている。

視点を変えると、例えばメーカー企業で勤めているサラリーマンは、職務の上では...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる