「海難事故」とは?

関連ニュース

プレデターなどの無人機を開発してきた米企業が壱岐で大型無人機の実証試験 全長11㍍、両翼20㍍ 壱岐市は経済効果に期待 - 04月03日(火)08:49  newsplus

壱岐で米企業が無人機の実証試験 http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagasaki/20180403/5030000323.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 軍事用の大型の無人航空機を開発したアメリカの企業が、長崎県の離島にある 壱岐空港を拠点に気象観測や海難救助の支援など、軍事以外の目的に無人機を利用出来ないか、 実証試験を計画していることがわかりました。 壱岐空港を拠点に、実証試験を計画しているのは、軍事用のプレデターなどの無人機を開発してきた アメリカの企業・ジェネラル・アトミックスです。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「海難事故」の画像

もっと見る

「海難事故」の動画

Wikipedia

海難(かいなん)あるいは海難事故(かいなんじこ)とは、一般的に、平時に海上および隣接水域における船舶に関して生じた事故で、人や船舶や積荷に損傷を生じるもののことであるブリタニカ百科事典【海難】広辞苑第六版【海難】「航海中の船舶に生じる危難」。難破(なんぱ)(シップレック shipwreck)とも言う。

本項「海難事故」では、船舶に関する事故を中心に述べる。

概説

海難あるいは海難事故とは、一般的に、海上および隣接水域における船舶に関して生じた事故で、や船舶や積荷に損傷を生じるもののことである。

日本の海難審判法2条に定義される「海難」も以下のように船舶に関連するものとなっている。

  • 船舶の運用に関連した船舶又は船舶以外の施設の損傷(海難審判法2条1号)
  • 船舶の構造、設備又は運用に関連した人の死傷(海難審判法2条2号)
  • 船舶の安全又は運航の阻害(海難審判法2条3号)
  • 冒頭の定義文に「平時に」と書かれているように、一般的に戦時のもの、つまり戦争に起因する被害は「海難事故」に含まれない、とすることが多い。海難には船舶の...

    ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる