「海水魚」とは?

関連ニュース

栃木・九石遺跡:土偶や矢じり発見 縄文時代の豊かな生活 - 04月17日(火)19:47 

 1990年に縄文時代の住居跡などが見つかった栃木県茂木町九石(さざらし)の「九石古宿遺跡」で、ほぼ完全な形の土偶やメノウを高度な技術で加工した石鏃(せきぞく、矢じり)が出土し、研究者らの注目を集めている。海水魚を捕るための釣り針も見つかっており、住民が沿岸部と交流をしながら豊かな生活を送っていた様
カテゴリー:

「海水魚」の画像

もっと見る

「海水魚」の動画

Wikipedia

海水魚(かいすいぎょ、Marine fish)は、海水中で生活する魚類の総称。海産魚とも呼ばれる。海水魚は2006年の時点でおよそ1万5,800種が知られ、現生の魚類2万8,000種のうち約56%を占めているFishes of the World Fourth Edition pp.11-14。

概要

海水魚とはで生活する魚類の総称で、現生魚類のおよそ56%、約1万5,800種が含まれる。最初期の魚類(無顎類の仲間無顎類は厳密な意味での魚類ではないが、広義の魚類として扱われることが多く(魚学入門 p.1)、本稿でもこれに倣う。)は海で進化を遂げ、その後の進化の歴史において海水から淡水へ、淡水から海水への進出と適応が何度も繰り返されてきた。現代では海水魚は寒帯から熱帯、沿岸から外洋、表層から深海に至るまで、ほとんどのすべての海域に分布を広げるとともに、漁業資源として世界中で利用される重要な存在となっている。

海水は体内よりも浸透圧が高いため、海水魚は水分が体外に流出する脱水...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる