「海水魚」とは?

関連ニュース

【生き物】魚に寄生するウオノエ、起源は深海? くっつき生息拡大 - 06月12日(月)07:39 

 魚の体に寄生する甲殻類「ウオノエ」の仲間は、もともと深海生物だった――。愛媛大や総合地球環境学研究所(京都市)などの研究チームが、そんな研究結果をまとめた。  ウオノエ類は、甲殻類の中でも「等脚目」というグループに属し、体長5ミリ~5センチ。海水魚だけでなく淡水魚にも寄生し、血液や体液を吸って生きている。世界で約400種が確認されているが、詳しい進化の道筋は分かっていなかった。  愛媛大の畑啓生(ひろき)准教授(生態学)らは、国内外で採取した29種について、ミトコンドリアDNAによる系統解析...
»続きを読む
カテゴリー:

「海水魚」の画像

もっと見る

「海水魚」の動画

Wikipedia

海水魚(かいすいぎょ、Marine fish)は、海水中で生活する魚類の総称。海産魚とも呼ばれる。海水魚は2006年の時点でおよそ1万5,800種が知られ、現生の魚類2万8,000種のうち約56%を占めているFishes of the World Fourth Edition pp.11-14。

概要

海水魚とはで生活する魚類の総称で、現生魚類のおよそ56%、約1万5,800種が含まれる。最初期の魚類(無顎類の仲間無顎類は厳密な意味での魚類ではないが、広義の魚類として扱われることが多く(魚学入門 p.1)、本稿でもこれに倣う。)は海で進化を遂げ、その後の進化の歴史において海水から淡水へ、淡水から海水への進出と適応が何度も繰り返されてきた。現代では海水魚は寒帯から熱帯、沿岸から外洋、表層から深海に至るまで、ほとんどのすべての海域に分布を広げるとともに、漁業資源として世界中で利用される重要な存在となっている。

海水は体内よりも浸透圧が高いため、海水魚は水分が体外に流出する脱水...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる