「海外子会社」とは?

関連ニュース

JT:51歳寺畠次期社長「グローバル化推進」 正式発表 - 11月21日(火)21:01 

 日本たばこ産業(JT)は21日、海外子会社のJTインターナショナル(JTI、スイス)の寺畠正道副社長(51)が社長に昇格する人事を正式に発表した。小泉光臣社長(60)は退任する。国内たばこ市場の縮小が続く中、海外経験が豊富な寺畠氏のトップ起用によりグローバル化を加速させる考えだ。
カテゴリー:

【内部留保】企業の現預金、最多の211兆円 人件費はほぼ横ばい 従業員に還元されず★4 - 11月13日(月)04:41  newsplus

 企業が抱える現金と預金が、2016年度末に211兆円と過去最高にふくれあがっている。アベノミクス前(11年度末)と比べ3割(48兆円)増えた。人件費はほぼ横ばいで、企業の空前の利益が働き手に回らない構図が鮮明となった。  財務省の法人企業統計調査(金融・保険除く)のデータを分析した。調査対象は国内企業で、海外子会社は含まれない。  16年度の純利益は、5年前の2・6倍の50兆円で、バブル最盛期の1989年度(18兆円)を大きく超える。円安で輸出企業を中心に業績が伸び、4年連続で過去最高を記...
»続きを読む
カテゴリー:

【内部留保】企業の現預金、最多の211兆円 人件費はほぼ横ばい 従業員に還元されず★2 - 11月12日(日)14:04  newsplus

 企業が抱える現金と預金が、2016年度末に211兆円と過去最高にふくれあがっている。アベノミクス前(11年度末)と比べ3割(48兆円)増えた。人件費はほぼ横ばいで、企業の空前の利益が働き手に回らない構図が鮮明となった。  財務省の法人企業統計調査(金融・保険除く)のデータを分析した。調査対象は国内企業で、海外子会社は含まれない。  16年度の純利益は、5年前の2・6倍の50兆円で、バブル最盛期の1989年度(18兆円)を大きく超える。円安で輸出企業を中心に業績が伸び、4年連続で過去最高を記...
»続きを読む
カテゴリー:

企業の現預金、最多の211兆円 しかし人件費は横ばい - 11月12日(日)10:38  news

企業が抱える現金と預金が、2016年度末に211兆円と過去最高にふくれあがっている。アベノミクス前(11年度末)と比べ 3割(48兆円)増えた。人件費はほぼ横ばいで、企業の空前の利益が働き手に回らない構図が鮮明となった。 財務省の法人企業統計調査(金融・保険除く)のデータを分析した。調査対象は国内企業で、海外子会社は含まれない。 16年度の純利益は、5年前の2・6倍の50兆円で、バブル最盛期の1989年度(18兆円)を大きく超える。 円安で輸出企業を中心に業績が伸び、4年連続で過去最高を記...
»続きを読む
カテゴリー:

4~9月の経常黒字、リーマン後で最大 世界経済の回復背景 - 11月09日(木)11:03 

 財務省が9日発表した平成29年上期(4~9月)の国際収支速報によると海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支の黒字額は前年同期比11・7%増の11兆5339億円だった。半期としてリーマン・ショック後で最大となった。世界経済の回復基調を背景に、企業が海外子会社から受け取る配当金が増えたことが寄与した。
カテゴリー:

大同工業 フィリピンにおける海外子会社を設立 - 11月15日(水)13:39 

大同工業<6373>は13日、フィリピンにて海外子会社のD.I.D PHILIPPINES INC.を設立すると発表した。
カテゴリー:

【内部留保】企業の現預金、最多の211兆円 人件費はほぼ横ばい 従業員に還元されず★3 - 11月12日(日)17:43  newsplus

 企業が抱える現金と預金が、2016年度末に211兆円と過去最高にふくれあがっている。アベノミクス前(11年度末)と比べ3割(48兆円)増えた。人件費はほぼ横ばいで、企業の空前の利益が働き手に回らない構図が鮮明となった。  財務省の法人企業統計調査(金融・保険除く)のデータを分析した。調査対象は国内企業で、海外子会社は含まれない。  16年度の純利益は、5年前の2・6倍の50兆円で、バブル最盛期の1989年度(18兆円)を大きく超える。円安で輸出企業を中心に業績が伸び、4年連続で過去最高を記...
»続きを読む
カテゴリー:

【内部留保】企業の現預金、最多の211兆円 人件費はほぼ横ばい 従業員に還元されず - 11月12日(日)11:36  newsplus

 企業が抱える現金と預金が、2016年度末に211兆円と過去最高にふくれあがっている。アベノミクス前(11年度末)と比べ3割(48兆円)増えた。人件費はほぼ横ばいで、企業の空前の利益が働き手に回らない構図が鮮明となった。  財務省の法人企業統計調査(金融・保険除く)のデータを分析した。調査対象は国内企業で、海外子会社は含まれない。  16年度の純利益は、5年前の2・6倍の50兆円で、バブル最盛期の1989年度(18兆円)を大きく超える。円安で輸出企業を中心に業績が伸び、4年連続で過去最高を記...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】ディーエヌエの4~12月期、純利益55%減 ゲーム消費額など減少 - 11月09日(木)23:06  mnewsplus

 ディー・エヌ・エーは9日、2017年4~12月期の連結純利益(国際会計基準)が前年同期比55%減の129億円になる見通しだと発表した。足元で国内のゲーム利用者の消費額が減少傾向にあるほか、前期にあった海外子会社の解散・精算に関する利益押し上げ要因がなくなった反動も響く。  4~12月期の営業利益は10%減の168億円、売上高にあたる売上収益は2%減の1066億円を見込む。18年3月期通期は予想が困難として開示していない。  同時に発表した17年4~9月期連結決算は純利益が8%減の103億円、売上高は4%減の733億円だっ...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】米法人税20%に恒久化 35%から引き下げ、共和が法案 - 11月03日(金)03:25  bizplus

米与党・共和党の議会指導部は2日、30年ぶりの税制改革に向けた詳細な法案を公表した。焦点の連邦法人税率は初年度に現在の35%から20%へと一気に引き下げ、恒久措置とする。海外からの資金還流は税率を下げて国内投資を促す一方で、米国外で稼ぐグローバル企業の海外課税を残した。トランプ政権は税制改革をテコに投資と雇用を米国に戻す狙い。米国の大減税は、国際的な税率引き下げ競争に火を付ける可能性もある。 トランプ政権と米共和党は昨年の選挙で法人税と個人税をともに下げる30年ぶりの税制改革を公約してきた。9月に法...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「海外子会社」の画像

もっと見る

「海外子会社」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる