「海外企業」とは?

関連ニュース

まるで「海賊」……中国知財侵害の手口「進化」 進出「餌」に技術開示要求、模倣レベルも向上 - 05月22日(火)06:48 

中国による知的財産侵害の手口が巧妙化の一途をたどっている。中国進出とひきかえに海外企業に技術を開示させる例が相次いで報告されているほか、模倣品の製造や流通も多様化している。
カテゴリー:

【ITmedia】「グーグルには絶対に売らない」 日本勢は音声翻訳で覇権を握れるか - 05月16日(水)12:20  bizplus

ITmedia ビジネスオンライン 2018年05月16日 07時00分 公開 http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1805/16/news017.html 4月3日に実施された日本語、英語、中国語の音声翻訳アプリ「ボイストラ」のデモ=日本記者クラブ提供  「東京オリンピックまでには翻訳精度を高めて、世界最高の翻訳アプリを作りたい」。最新の 音声翻訳アプリ『VoiceTra(以下、ボイストラ)』のデモ発表会で、人工知能(AI)を使った 音声翻訳技術を開発する国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の開発担当者である隅田英一郎氏は、 こう...
»続きを読む
カテゴリー:

武田薬品、7兆円巨額買収を断行した「必死さ」の裏側 - Close-Up Enterprise - 05月14日(月)05:00 

国内製薬最大手の武田薬品工業が、アイルランドのバイオ医薬大手シャイアーの買収で合意した。買収金額は約7兆円で、日本企業の海外企業買収で過去最高。世界の製薬会社の売上高トップ10入り、すなわち日本発のメガファーマ(巨大製薬会社)が誕生する。日本の王者、武田薬品は何を目指すのか。
カテゴリー:

【悲報】日本のスマホの欠点、中国に指摘される - 05月11日(金)17:47  news

 日本は技術大国であり、今でも多くの基幹技術を持ってはいるものの、スマートフォン市場においては全く振るわない状況だ。日本国内を見ても、アップル社が優勢で、中国市場では日本メーカーの携帯電話そのものを見かけなくなって久しい。  中国メディアの快資訊は7日、日本がスマートフォン市場で成功できない3つの理由について分析した記事を掲載した。記事によると技術では今でも中国より上であるとしており、技術力の問題ではないのだという。  記事はまず、日本独特の「ガラパゴス化」を指摘した。かつて日本市場では日...
»続きを読む
カテゴリー:

武田社長、シャイアー買収「大きな一歩」 健全な財務維持に自信 - 05月10日(木)06:09 

 武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長は9日、東京都内で記者会見し、前日に合意を発表したアイルランド製薬大手シャイアーの買収について、「研究開発主導型でグローバルな、バイオ医薬品のリーディングカンパニーになる」と意義を強調した。武田は、日本企業の海外企業買収で過去最大となる約460億ポンド(約6兆8000億円)を投じる計画。財務悪化を懸念する声もあるが、ウェバー氏は「(買収後も)健全な財務を維持できる」と自信を示した。
カテゴリー:

海外企業インタビュー:暗号通貨取引所「Coinhako」(シンガポール)【フィスコ・仮想通貨コラム】 - 05月21日(月)19:52 

*19:52JST 海外企業インタビュー:暗号通貨取引所「Coinhako」(シンガポール)【フィスコ・仮想通貨コラム】。
カテゴリー:

日本はトランプ大統領のATMか。米朝会談後に日本が命じられること - 05月15日(火)04:30 

2002年にウラン濃縮施設があるとわかったことで、イランが核兵器を持たないよう欧米諸国などが長年交渉と圧力をかけ続けて2015年に合意した、いわゆる「イラン核合意」。米トランプ大統領は9日、ここから離脱する考えを明らかにし、中東情勢にふたたび緊張が走っています。米国がとったイランを敵視するイスラエル寄りの姿勢に、欧州やロシアなどからも批判の声が挙がり、米朝首脳会談をひかえた今、世界情勢や日本の立ち位置も大きく変わろうとしています。メルマガ『国際戦略コラム有料版』の著者・津田慶治さんは、自身のメルマガ最新号で「離脱後」の世界と日本の行く末について厳しい見方を示しています。 米国の「イラン核合意」離脱で世界は、日本はどうなる? 米トランプ大統領は、イラン核合意から離脱してイラン制裁を開始した。この影響で原油は1バーレル70ドル台まで上昇した。中東での紛争、米朝首脳会談などとともに今後を検討しよう。 0. イラン核合意離脱 トランプ大統領は、イラン核合意が片落ちであり、イスラエルの調査で見るような、秘密裡にイランは核開発しているとみているようだ。核合意では、ミサイル開発を縛っていないので、核ミサイルの完成に向けて研究していることになる。 米国はイラン核合意から離脱して、イランに経済制裁をする方向である。この米国の政策で、原油価格がバーレル70ドル台に上昇して、バンカメは、1年後には原油価...more
カテゴリー:

もんじゅ:廃炉で海外企業と提携へ ナトリウム抜き取り - 05月13日(日)03:00 

 高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の廃炉作業を行っている日本原子力研究開発機構は、難関とされる放射能を帯びた液体ナトリウムの抜き取り作業について、海外の企業と共同で実施する検討を始めた。この作業は国内で実績がないためで、すでに作業の実施経験がある仏、英両国の企業や組織を軸に提携先を探す。
カテゴリー:

英語ができなくても大丈夫 ネット証券で外国株を買うメリットと注意点 - 05月11日(金)08:40 

 ネット証券の普及にともない、気軽に株を買える人も多くなった。中には、国内だけでなく海外企業の株にもチャレンジしてみたいが、「英語ができないと買えないのだろうか」「買い方がわからない」という理由で諦めてしまった人はいないだろうか。実は、外国株を買うときもネット証券を利用すると便利に行える。今回は、ネット証券で外国株を買うときのメリットと注意点を解説する。 ないと作れない? 証券口座の開設に必要な“マイナンバー”とは ■外国株の取引は“ハイリスク・ハイリターン”が基本  「外国株式」とは、海外の証券取引所で取引している株式のこと。日本で買える代表的な外国株式は「米国株」と「中国株」などが挙げられる。外国株を取引できるようになると、海外においてグローバルに展開する大企業や、成長の期待できるたくさんの優良企業の株を直接買うことができる。外国株には「大きな株価の上昇が期待できる」「高い配当が期待できる」「円安になった場合に“為替差益”を得られる」といったメリットがある。なお、“為替差益”とは、たとえば円安で米ドル=1ドルが100円だったものが110円になった場合、円の価値が相対的に下がったことになるが、米ドルを円に交換することで差益が生まれるといったもの。このようなメリットがあるため、外国株の取引に挑戦したいという投資家たちも増えている。  その一方で「国内と比較して情報量が少ない...more
カテゴリー:

なぜ武田薬品の「6.8兆円買収」を新聞各紙は悲観的に報じるのか - 05月10日(木)05:00 

武田薬品工業によるアイルランドの製薬企業の買収が各メディアで大きく取り上げられています。買収額は6.8兆円と、日本企業による過去最大の買収案件とあってその注目度は大ですが、新聞各紙はどう伝えたのでしょうか。ジャーナリストの内田誠さんが自身のメルマガ『uttiiの電子版ウォッチ DELUXE』で詳細に分析しています。 武田薬品のシャイアー買収劇を新聞各紙はどう伝えたか ラインナップ ◆1面トップの見出しから……。 《朝日》…「米、イラン核合意離脱へ」 《読売》…「正恩氏、習氏と会談」 《毎日》…「正恩氏、習主席と再会談」 《東京》…「柳瀬氏面会設定 誰が」 ◆解説面の見出しから……。 《朝日》…「武田 身の丈超す買収」 《読売》…「世界十指へ 武田の賭け」 《毎日》…「武田 過去最大の買収」 《東京》…「日中韓 思惑三様」 ハドル 中朝首脳の再会談、米国のイラン核合意からの離脱、そして明日の参考人招致など、盛りだくさんですが、《朝日》《読売》《毎日》が解説面に持ってきた「武田」を取り上げたいと思います。 基本的な報道内容 武田薬品工業は、新薬開発と米国内販路に強みを持つアイルランドの製薬大手シャイアーを460億ポンド(約6.8兆円)で買収することで合意したと発表。世界の製薬企業の売上高トップ10にランクイン。日本企業による過去最大の買収案件。 両者は年内に臨時株主総会を開き、同意を取...more
カテゴリー:

もっと見る

「海外企業」の画像

もっと見る

「海外企業」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる