「海上保安庁」とは?

関連ニュース

【沖縄】辺野古埋め立て コバルトブルーに石材…「諦めたら最後」 - 04月25日(火)17:23 

毎日新聞 4/25(火) 11:16配信  辺野古の海に石材が次々と投入され、かつてない怒りと悲しみが沖縄に広がった。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画は、政府が25日に海を埋め立てる護岸工事に着手して大きな節目を迎えた。普天間飛行場の返還合意から21年。選挙や集会などで幾度となく県内移設反対の民意を示してきた人々は、辺野古の陸と海で悲憤の拳を上げた。  辺野古前に広がるコバルトブルーの大浦湾。移設反対派の海上抗議を監視するため、早朝から海上保安庁のゴムボート10艇以上が波打...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

東京湾:管制一元化へ…来年1月にも、災害時に移動命令 - 04月25日(火)10:36 

 世界でも有数の船舶過密海域となっている東京湾で、海上保安庁は来年1月にも、1都2県の5カ所に分散していた交通管制室などを横浜市の新海上交通センターに統合する。東日本大震災の発生直後は、湾内から沖合に向かう多数の船舶を各交通管制室が整理できず、海難事故が起きそうになった。その教訓から首都直下地震を想定し、情報の収集と発信を一元化する。
in English
カテゴリー:

西之島、新たな“火口”確認 4/22 2:37更新 - 04月22日(土)02:37 

海上保安庁によると、20日に噴火再開が確認された小笠原諸島の西之島で、新たな火口が確認された。火口からは溶岩が噴き出ていて、調査に同行した専門家は、「溶岩の流出がしばらく継続する可能性が高い」と分析している。
in English
カテゴリー:

西之島が1年5か月ぶり噴火 気象庁が噴石の警戒呼びかけ - 04月21日(金)16:11 

海上保安庁は2017年4月20日、東京都の小笠原諸島・西之島が1年5か月ぶりに噴火したことを発表した。海上保安庁の航空機がしょう戒ちゅうだった20日14時25分ごろ、噴火が確認された。海上保安庁は航行警報を発表し、航行する船舶に注意を呼び掛けている。
in English
カテゴリー:

「西之島」で約1年半ぶりに噴火確認〜海保 4/20 20:26更新 - 04月20日(木)20:26 

海上保安庁によると20日午後、小笠原諸島の西之島で噴煙があがっているのを航空機が見つけた。また19日夜から西之島付近で温度が高くなっていることが確認されていて、海上保安庁は西之島で約1年半ぶりに噴火を確認したと発表した。
in English
カテゴリー:

抗議船集結、にらみ合い=辺野古護岸工事現場-沖縄 - 04月25日(火)12:49 

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画をめぐり、政府が25日に埋め立て区域を囲む護岸工事に着手した名護市辺野古沿岸部。海上保安庁の船が警戒に当たる中、移設反対派のボートなどが現場に集まり、抗議活動を続けた。海上でのにらみ合いが続く緊張状態の中、石材の投下作業は着々と進められた。 辺野古の米軍キャンプ・シュワブの砂浜には同日朝、石材投下のクレーン車が待機し、護岸の基礎となる石材が車を囲むように配置された。午前9時20分ごろ、作業員の誘導の下、一つ目の石材が岸辺近くの浅瀬にゆっくりと投下され、海中に姿を消した。石材はその後、数分間隔で次々と沈められた。 海上には、反対派を乗せたボートやカヌーなど約10隻が早朝から集結。立ち入り禁止線を境に、進入を阻むように横一列に並んだ海保の船とにらみ合い、工事着手に抗議した。 キャンプ・シュワブのゲート前でも、次々と抗議の声が上がった。沖縄県うるま市の農業伊波義安さん(75)は「ここまで来たかと、残念な気持ち。知事には埋め立て承認を撤回してもらいたい」と訴えた。那覇市のパート女性(60)は、「国は全部沖縄に押し付けている」と声を落とした。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

中国公船4隻、尖閣諸島近くに侵入 全て退出 - 04月24日(月)16:58 

 24日午前10時20分すぎ、沖縄県・尖閣諸島の魚釣島沖で中国海警局所属の公船「海警」4隻が日本の領海に侵入した。海上保安庁の巡視船が退去を求め、正午ごろまでに全て退出した。…
in English
カテゴリー:

西之島:高さ1000メートルまで噴煙 溶岩流も - 04月21日(金)22:02 

 1年5カ月ぶりに噴火した小笠原諸島の西之島(東京都小笠原村)では21日、高さ約1000メートルにまで灰色の噴煙が上がり、溶岩流が確認された。海上保安庁によると、海の近くまで流れた溶岩を確認、数十秒間隔で非爆発的な噴火が起きている。また、山の北側に新たな噴火口が開いているという。
in English
カテゴリー:

西之島、再び噴火 - 04月20日(木)21:41 

気象庁は20日、小笠原諸島・西之島(東京都小笠原村)で再び噴火が確認されたとして、火口周辺警報を発表した。写真は同日午後撮影、海上保安庁提供。
in English
カテゴリー:

【すくすく】小笠原諸島 西之島で噴火確認 もとの島の12倍に拡大したよ - 04月20日(木)19:14 

小笠原諸島 西之島で噴火確認 火口周辺警報を発表 気象庁 4月20日 17時50分 小笠原諸島の西之島で20日午後、噴火が確認され、気象庁は火口周辺警報を発表し、火口からおおむね 1.5キロの範囲では大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。西之島で噴火が確認されるのは、 おととし(平成27年)11月以来で海上保安庁も航行警報を発表し、付近を通る船舶に注意を呼びかけています。 気象庁によりますと、小笠原諸島の父島の西およそ130キロにある西之島で、20日午後2時半ごろ、 海上保安庁の上空からの観測で、...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「海上保安庁」の画像

もっと見る

「海上保安庁」の動画

Wikipedia

海上保安庁(かいじょうほあんちょう、英語:''Japan Coast Guard''、略称:JCG平成12年版海上保安庁白書「広く国民の皆様に海上保安庁の業務を分かりやすく理解していただくため、海上保安庁のロゴ、ロゴマーク及びキャッチコピーを定めた。」)は、国土交通省外局であり、海上の安全及び治安の確保を図ることを任務としている海上保安庁法第2条。第二次世界大戦後の1948年、創設時の旧組織はアメリカ沿岸警備隊をモデルに設立された。略称は海保(かいほ)、海保庁(かいほちょう)我が国の情報機能について,総理官邸資料,P5、または保安庁(ほあんちょう)。モットーは「正義仁愛」特集 海上保安庁の精神 正義仁愛,海上保安レポート2014。

概要

海上保安庁は、海上における法令の励行、違法行為への対応、海難救助、海上交通整理、海図製作等の海洋情報(水路)業務、航路標識の管理等の業務を行う。密漁や密輸、密入国といった海の犯罪を取り締まる海上の警察であり、海難事故に対応する海上の消防でもある。2014年度末の海上保安庁の職員数は13,208人、予算規模は1,834億円であり、その中の982億円(52%...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる