「浦井健治」とは?

関連ニュース

米倉利紀、デビュー25周年を各界著名人が祝福 - 04月25日(火)12:11 

1992年4月25日発売の「未完のアンドロイド」でのデビュー以来、“ONE AND ONLY”な歌声で音楽ファンを魅了し続けている米倉利紀が、本日4月25日、デビュー25周年を記念して特設サイトを公開した。サイト内には米倉の25年間を支えてきた数多くのアーティスト、著名人からの祝福メッセージが掲載されている。米倉は現在、本年2月にリリースした通算22枚目のオリジナルアルバム「smoky rich」を引っ提げての全国ツアーの真っ最中。デビュー記念日の本日は、東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて「“smoky rich” -toshi’s 25th anniversary special」と冠したスペシャルライブを開催する。米倉利紀 コメント1992年4月25日「未完のアンドロイド」でデビューしてから25年。「音楽=エンターテインメント」という華やかな一面を輝かせ続けるために、決して、“あっという間”ではなく、“大変な道のり”を歩いてきました。自分一人では今日という日を迎えることはできなかったと、感謝の気持ちでいっぱいです。こんなに沢山の方々からお祝いの言葉を寄せていただけたこと、次の大切な記念日に向けて無駄のない一歩を歩み始めたいと思います。25年間支えてくださったファンの皆さん、関係者の皆さん、仲間、家族に心から「ありがとう」...more
in English
カテゴリー:

ハマちゃん&スーさんの“師弟関係”に亀裂?『釣りバカ日誌Season2』スタート - 04月20日(木)13:29 

濱田岳が主演を務める新ドラマ『釣りバカ日誌Season2 新米社員浜崎伝助』(テレビ東京系列)の第1話が、4月21日(金)より2時間拡大スペシャル(20:00~21:48)として放送される。本作は、国民的映画『釣りバカ日誌』の初の連続テレビドラマ化作品。Season1では、初回視聴率10.8%、平均視聴率8.1%を記録した。また、今年の1月2日には、“新春ドラマスペシャル”として特番を放送。こちらも、他局に豪華番組が並ぶ中、視聴率7.5%を獲得した。Season2では、“新入社員”から“新米社員”になったハマちゃん(濱田)が、しっかり……するワケもなく、相変わらずのマイペースっぷりで大騒動を巻き起こす。もちろん、スーさん(西田敏行)との釣りバカ師弟コンビも健在だ。第1話では、ハマちゃんが所属する鈴木建設・営業三課がライバル会社の邦栄建設を出し抜いて大型の新規契約をとりつけることに成功し、活気づいていた。驚くべきことに一役買ったのはハマちゃん。どうやらマイペースながらも行っていた営業の成果が出たようだ。長年いがみ合ってきた邦栄建設の社長・甘粕賢三郎(松平健)の鼻を明かせたことに、鈴木建設社長のスーさんは上機嫌になる。そんなある日、ハマちゃんは大学時代の先輩・鮫山浩太郎(若林正恭)から新婚のノロケ話を聞かされ、すっかり感化される。結婚生活に憧れてしまったハマちゃんは、勢いで彼女のみち子...more
in English
カテゴリー:

西田敏行「三國連太郎さんが降りてきた」ドラマ『釣りバカ』への思い - 04月18日(火)20:23 

テレビ東京系列にて4月21日よりスタートする新ドラマ『釣りバカ日誌Season2 新米社員浜崎伝助』(毎週金曜20:00~)の舞台あいさつ付き第1話完成披露試写会が18日、丸の内ピカデリーにて行われ、主演の濱田岳をはじめ、広瀬アリス、吹越満、西田敏行が出席した。本作は、国民的映画「釣りバカ日誌」の初の連続テレビドラマ化作品。Season1では、初回視聴率10.8%、平均視聴率8.1%を記録した。また、今年の1月2日には、“新春ドラマスペシャル”として特番を放送。こちらも、他局に豪華番組が並ぶ中、視聴率7.5%を獲得した。Season2では、“新入社員”から“新米社員”になったハマちゃん(濱田)が、しっかり……するワケもなく、相変わらずのマイペースっぷりで大騒動を巻き起こす。もちろん、スーさん(西田)との釣りバカ師弟コンビも健在だ。Season2放送決定の報告を受けた際、「素直に嬉しかった」という濱田は「Season1の最初は『釣りバカ日誌』という名前や役柄の偉大さにプレッシャーがあって、最後までやみくもに頑張っている感じだったのですが、お客様の声を受けて、Season2へ繋がり、幸せな気分になりました」と明かした。また、この丸の内ピカデリーは、映画版『釣りバカ日誌』のファイナルで舞台あいさつを行った場所だということで、西田は「感慨無量です。三國(連太郎)さんと2人で立たせていただい...more
in English
カテゴリー:

『王家の紋章』のミュージカル再演開始!メンフィス役の浦井健治さんが舞台衣裳で挨拶 - 04月14日(金)15:20 

連載41年目を迎え、少女マンガにおける不朽の金字塔となっている『王家の紋章』。そのミュージカルの再演が4月8日から始まった。開幕初日を前に、報道陣の取材に答えた…
in English
カテゴリー:

「スナックあけぼの橋」で石田ゆり子の天然がさく裂! - 04月12日(水)12:42 

4月12日(水)に、「天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋」(夜10.00-11.24フジ系)の第2弾が放送される。 【写真を見る】小栗ら「CRISIS」メンバーは、共演の新木優子にプレゼントをあげたエピソードを明かす 同番組は天海がママ、石田がチイママを務める店に、イケメン俳優たちが来店しトークを展開していく“スナック・バラエティー”。2016年9月に放送されると、「このスナック、毎週でも通いたい!」と話題を呼んだ。 まず今回最初に来店したのは、小栗旬、西島秀俊、田中哲司の「CRISIS」(毎週火曜夜9.00-9.54、フジ系)チーム。登場するなり、ママの天海は「きゃー!いらっしゃい!」と大歓迎。お酒も進むと西島は、「子どもの頃からずっと好きだった」とビートたけしへの熱い気持ちを語り始める。クールな西島が少し興奮気味に話すその姿に思わずキュンとしてしまう。 また、前回の放送後にネットで「ポンコツ」と言われてしまったことを明かした石田は、ちくわを使った料理に再チャレンジ!終止“天然ぶり”を発揮する石田を優しいまなざしで見つめる小栗の視線が面白い。 さらに、鈴木浩介と滝藤賢一も来店すると既婚の二人に天海&石田は「結婚のタイミングは?」「記念日には何かする?」と迫る。お酒の力もあってか、二人とも妻との思い出について赤裸々に語っていく。 続いて、浦井健治と平山浩行も登場。天海は、20...more
in English
カテゴリー:

ハマちゃん&スーさんの師弟関係に亀裂?『釣りバカ日誌Season2』スタート - 04月21日(金)05:00 

濱田岳が主演を務める新ドラマ『釣りバカ日誌Season2 新米社員浜崎伝助』(テレビ東京系列)の第1話が、4月21日(金)より2時間拡大スペシャル(20:00~21:48)として放送される。本作は、国民的映画『釣りバカ日誌』の初の連続テレビドラマ化作品。Season1では、初回視聴率10.8%、平均視聴率8.1%を記録した。また、今年の1月2日には、“新春ドラマスペシャル”として特番を放送。こちらも、他局に豪華番組が並ぶ中、視聴率7.5%を獲得した。Season2では、“新入社員”から“新米社員”になったハマちゃん(濱田)が、しっかり……するワケもなく、相変わらずのマイペースっぷりで大騒動を巻き起こす。もちろん、スーさん(西田敏行)との釣りバカ師弟コンビも健在だ。第1話では、ハマちゃんが所属する鈴木建設・営業三課がライバル会社の邦栄建設を出し抜いて大型の新規契約をとりつけることに成功し、活気づいていた。驚くべきことに一役買ったのはハマちゃん。どうやらマイペースながらも行っていた営業の成果が出たようだ。長年いがみ合ってきた邦栄建設の社長・甘粕賢三郎(松平健)の鼻を明かせたことに、鈴木建設社長のスーさんは上機嫌になる。そんなある日、ハマちゃんは大学時代の先輩・鮫山浩太郎(若林正恭)から新婚のノロケ話を聞かされ、すっかり感化される。結婚生活に憧れてしまったハマちゃんは、勢いで彼女のみち子...more
in English
カテゴリー:

濱田岳「釣りバカ」の偉大さに感極まり男泣き! - 04月19日(水)13:01 

4月21日(金)スタート、「金曜8時のドラマ『釣りバカ日誌 Season2 新米社員 浜崎伝助』(毎週金曜夜8.00-8.54、テレビ東京系ほか)の舞台披露試写会が東京・丸の内ピカデリーで行われ、出演する濱田岳、広瀬アリス、吹越満、西田敏行が登壇した。 【写真を見る】シーズン2もハマちゃん&スーさんのドタバタ劇が繰り広げられる/(C)やまさき十三・北見けんいち・小学館/テレビ東京/松竹 同ドラマは、釣り好きの会社員・“ハマちゃん”こと浜崎伝助と社長だがハマちゃんの釣りの弟子の“スーさん”こと鈴木一之助の友情とドタバタ劇を描く第2弾。「釣りバカ日誌」シリーズの新作が映画館で上映されるのは、2009年12月公開の映画「釣りバカ日誌20 ファイナル」以来、約7年ぶりとなった。 主演を務める濱田は「どうも、浜崎伝助役の濱田岳です。この映画館で、また西田さんの目の前で浜崎伝助を名乗れることをものすごく幸せに感じています。また、お客さまに席を埋めていただいて。ま、 多少のサクラはいるでしょうけれども(笑)」 と冗談交じりにあいさつ。 また、“スーさん”としては初めてのあいさつとなる西田は「このステージでまさか、テレビシリーズの第2シーズンの第1話を上映して、しかも、皆さんの前でごあいさつさせていただけるなんて、本当に幸せな限りです。このステージでごあいさつしたのは映画の『釣りバカ日誌』ファイナ...more
in English
カテゴリー:

西田敏行「三國連太郎さんが降りてきた」ドラマ『釣りバカ』への思い - 04月18日(火)20:00 

テレビ東京系列にて4月21日よりスタートする新ドラマ『釣りバカ日誌Season2 新米社員浜崎伝助』(毎週金曜20:00~)の舞台あいさつ付き第1話完成披露試写会が18日、丸の内ピカデリーにて行われ、主演の濱田岳をはじめ、広瀬アリス、吹越満、西田敏行が出席した。本作は、国民的映画「釣りバカ日誌」の初の連続テレビドラマ化作品。Season1では、初回視聴率10.8%、平均視聴率8.1%を記録した。また、今年の1月2日には、“新春ドラマスペシャル”として特番を放送。こちらも、他局に豪華番組が並ぶ中、視聴率7.5%を獲得した。Season2では、“新入社員”から“新米社員”になったハマちゃん(濱田)が、しっかり……するワケもなく、相変わらずのマイペースっぷりで大騒動を巻き起こす。もちろん、スーさん(西田)との釣りバカ師弟コンビも健在だ。Season2放送決定の報告を受けた際、「素直に嬉しかった」という濱田は「Season1の最初は『釣りバカ日誌』という名前や役柄の偉大さにプレッシャーがあって、最後までやみくもに頑張っている感じだったのですが、お客様の声を受けて、Season2へ繋がり、幸せな気分になりました」と明かした。また、この丸の内ピカデリーは、映画版『釣りバカ日誌』のファイナルで舞台あいさつを行った場所だということで、西田は「感慨無量です。三國(連太郎)さんと2人で立たせていただい...more
in English
カテゴリー:

『王家の紋章』のミュージカル再演開始!メンフィス役の浦井健治さんが舞台衣裳で挨拶 - 04月14日(金)15:00 

連載41年目を迎え、少女マンガにおける不朽の金字塔となっている『王家の紋章』。そのミュージカルの再演が4月8日から始まった。開幕初日を前に、報道陣の取材に答えた出演者の様子をお伝えしよう。登場したのは、メンフィス役の浦井健治さん、キャロルをダブルキャストで演じる新妻聖子さんと宮澤佐江さんだ。 浦井健治さん(以下、浦井): 初演から半年という短い期間での再演となりました。スタッフさん、そしてオーケストラさんたちとの絆も本当に深いものとなっています。原作ファンの方にも、ミュージカルファンの方にも、たくさんの方に楽しんでいただける作品になったんじゃないかと思っています。 新妻聖子さん(以下、新妻): 再演ということで、今回はとても丁寧に稽古ができました。初演よりも、さらによい作品になっていると思いますので、ぜひ楽しみにしていてください。 宮澤佐江さん(以下、宮澤): また帝国劇場の舞台に立てるのは、私にとって夢のようなことで、とてもうれしく思っています。その気持ちを思い切りキャロルという役にぶつけていきたいと思います。 キャロル役の新妻さんは生粋の『王家の紋章』ファン、いわゆる"王族"と呼ばれる存在。この日も熱く原作への愛を語った。 新妻: 今回、再演になっていろいろと変更になった点がありますが、中でも私が個人的に大好きなセリフが入りました。「わたしを見て初めて笑ったな? ...more
in English
カテゴリー:

【芸能】 ミュージカル「王家の紋章」ヒロイン、新妻聖子 バラエティーもカラオケ番組もこなす個性派 夢は「歌手」 - 03月27日(月)18:22 

 立て板に水のトーク。圧巻の歌唱力の歌姫は、その秘密を笑顔で明かす。「母が大阪人で、私は“ハーフ”だからかな」。頭の回転が速い。そんな新妻がわれを忘れるほど興奮したのが、ミュージカル「王家の紋章」のヒロイン役の依頼だった。「まさかと。発狂しそうでしたよ」  昭和51年から連載中の、細川智栄子あんど芙~みんによる少女漫画「王家の紋章」をミュージカル化。好評の昨年の初演に続き、4月に東京、5月に大阪で再演。大阪は初上陸となる。  考古学を研究するキャロル(新妻聖子/宮澤佐江)が古代エジプトにタイム...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「浦井健治」の画像

もっと見る

「浦井健治」の動画

Wikipedia

浦井 健治(うらい けんじ、1981年8月6日 - )は、日本俳優StarSのメンバー。

東京都出身。血液型はA型。所属事務所はキャンディット。所属レーベルはavex。

来歴

2000年、仮面ライダークウガで俳優デビュー。

2006年にアルジャーノンに花束をマイ・フェア・レディの演技が評価され、第三十一回菊田一夫演劇賞受賞。

2008年6月1日、所属事務所オフィスパレットからキャンディットへ移籍。

2009年、第44回紀伊國屋演劇賞 個人賞受賞。 (新国立劇場ヘンリー六世におけるヘンリー六世の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる