「浅茅陽子」とは?

「浅茅陽子」の画像

もっと見る

「浅茅陽子」の動画

Wikipedia

浅茅 陽子(あさぢ ようこ、本名: 1951年4月2日 - )は、日本の女優である。

人物

静岡県清水市(当時)生まれ。身長160cm。

自由奔放で率直な物言いな印象の女性を演ずることが多いが、繊細で奥深い演技に観る者の心を打つ女優である。イメージを逆手にとって楽園の日々砂の上のロビンソンのような虐げられる役どころを振られることもある。

経歴

1976年(昭和51年)、NHK朝の連続テレビ小説 雲のじゅうたん のヒロイン、飛行家を目指す小野間真琴役で伸びやかな女性像を演じて人気を得た。東北弁を使う役であったことから、「ヘバちゃん」のニックネームで親しまれた。

1977年(昭和52年)エランドール新人賞受賞。その後もテレビドラマ、映画、舞台等に出演している。

趣味

ビーズアクセサリーつくりでは、趣味の域を超えている。

出演 映画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる