「洗濯物」とは?

関連ニュース

つるつるすべすべ肌になるにはピーリングよりも紫外線対策が大切⁉︎ - 05月19日(土)06:00 

肌のごわつきやザラつきは紫外線によるターンオーバーの乱れが原因かも… 肌を触るとザラザラしていたり、ファンデーションのノリがいつもより悪いと感じたときは、肌のターンオーバーが乱れて古い角質が蓄積されているのかもしれません。 新しく肌細胞が作られると、古くなった肌細胞が肌の角質層まで押し上げられ、アカとなって剥がれ落ちていく肌のターンオーバーは一般的に28日周期で行われています。 ですが、紫外線やストレス、加齢や睡眠不足などによりターンオーバーが乱れて老廃物が溜まったり、毛穴が詰まりやすくなり、角質層が分厚くなるため肌がごわついてしまうのです。 関連画像をもっと見る 夏の紫外線をしっかりカットして触りたくなるつるつる肌に 夏の肌は、ぐんと増える紫外線によるダメージと冷房による乾燥、さらには汗や皮脂の分泌により肌のバリア機能が低下してしまいがち。夏は汗や皮脂で肌が潤っていると勘違いしやすく、肌のバリア機能が低下していることに気付きにくいと言われています。 肌のバリア機能を高めてごわつき肌を解消するには、紫外線対策と保湿ケアを重視していきましょう。 紫外線が肌に降り注ぐと角質層が剥がれやすく、ターンオーバーが乱れてしまうため、つるつる肌に近づくには紫外線対策が必要不可欠です。庭のお手入れや洗濯物干し、近場への外出や運転など、ほんの少しの時間でも紫外線が降り注いでいます。...more
カテゴリー:

「お手伝い」は子どもの自立心や責任感を育む大切なお仕事。お願いする時期はいつ頃がいいの? - 05月18日(金)06:00 

おままごとやごっこ遊びで、ママの真似をする子がいますよね。ある日、子どもがお手伝いをしたいと言い出したらママはお手伝いをさせてあげますか? 子どものやってみたいという思いを尊重してお手伝いをしてもらうか、まだお手伝いをさせるには早いと思ってしまうか……。どのタイミングでお手伝いをお願いするかは子どもの年齢や成長過程にも関係することで、ママたちの考え方もそれぞれ違うかもしれませんね。 子どもが小学校入学前から料理のお手伝いをしている、お手伝いの担当を決めている家庭も 『小2からお風呂洗いしてもらってる』 『幼稚園の時からお米研いでる』 『小3の時にやりたいって言ってくれたから、そこから炊飯はほぼ毎日』 『簡単な調理もお願いしている』 『お米担当、洗濯物の取り込み担当って兄弟でじゃんけんをしてやってくれてる』 『仕事から帰ったら小5の次男は洗い物と米研ぎ、小3の次女は掃除機かけて雑巾掛けしてくれてた』 『お米を研ぐ、お風呂掃除、洗濯を取り込む。洗濯物をタンスに片付ける(畳むのは私)。休日の朝御飯の支度』 『靴下の下洗いは小学校あがってから、当たり前のようにさせてた』 『小1、テーブル拭きとお箸並べとゴミ出し 小4、お風呂掃除とゴミ出し 中2、洗濯物取り込みとゴミ出し こんくらいやってもらわないと、働く母ちゃんは忙しいのだ』 子どもが小学校へ入学する前から、お手伝いをしてもらっているマ...more
カテゴリー:

500人が認めた!最強の除湿機おすすめランキングTOP10 - 05月17日(木)17:59 

梅雨時や、夏場の不快な湿気対策に活躍するのが除湿機です。近年は花粉やPM2.5、黄砂などの飛散から洗濯物を守るために部屋干しをする人が増え、あらためて室内の除湿を行える除湿機が注目されています。また冬場の結露防止にも効果があることから、いまや通年で役立つ家電となっています。ここでは除湿機の機能や正しい選び方と、マイナビ会員500人が認めた除湿機をランキング形式で紹介します。自分のニーズにマッチングする、最適な1台を見つけましょう。
カテゴリー:

頬にできやすい小じわを防ぐには、毎日のスキンケアを再チェック! - 05月17日(木)06:00 

見た目年齢を左右する!? 頬に小じわができやすい原因 頬に小じわができていると、ファンデーションやチークが入り込んだり、化粧崩れにつながりやすくなります。元々頬には皮脂腺が少なく、乾燥しやすいため小じわができやすいので要注意。 頬が乾燥する大きな原因は、紫外線とスキンケアによる摩擦。頬は紫外線が当たりやすく、水分や潤いが蒸散されたり、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンにダメージが加わることでハリや弾力が低下してしまいます。 また、毎日欠かせないスキンケアですが、間違えたコットンや手と指の使い方、洗浄力の強い洗顔料やクレンジングなどを使うことなどで、知らないうちに乾燥させているかもしれません。 関連画像をもっと見る 紫外線対策と正しいスキンケアで頬の小じわ予防を エイジングケアができる高い基礎化粧品を使うのもいいですが、まずは毎日行う紫外線対策とスキンケアで小じわ対策をしていくことをおすすめします。 まず、近所に出かける時や洗濯物を干すなどといったごく僅かの時間でも、日焼け止めを塗らずに無防備な状態でいると紫外線ダメージが蓄積されてしまう場合があります。また頬骨あたりは高さがあり、紫外線が当たりやすいのできちんと日焼け止めを塗って紫外線対策をしていきましょう。 また、美しい肌を保つために欠かせない洗顔やクレンジングですが、洗浄力の強い洗顔料やクレンジング剤を使うと乾...more
カテゴリー:

子だくさんママに聞いた!「手抜き育児のポイント」は? - 05月16日(水)12:15 

source:https://www.shutterstock.com 「一人っ子よりも、兄弟がいた方がいい!」 そんな想いから“2人目3人目”を考えてみたものの、実際に育児がスタートしてみると自分の時間はゼロ。子どもたちに振り回されて、1日が終わってしまうママも少なくないのでは? 一番下の子が幼稚園に行くまでの辛抱……。 いえいえ、そんなことはありません。子どもが小さなうちから上手に、ちょっぴり“ずぼら”に育児を楽しんでいるママもいるんです。 そこで今回は、2人以上の子どもを持つ首都圏在住の20~40代既婚女性を対象に「育児」に関するアンケートを実施! 「手抜きをするポイント」をこっそり伝授してもらいました。 ▼何でも「ごっこ遊び」にして楽しむ! 食事の配膳や後片付けは、すべて子どもにやらせています。「いらっしゃいませ」「今日のご注文は何ですか?」「少々お待ちください」「お食事はお済ですか?」のように、お店屋さんごっこをしながらやれば、兄弟が競って箸を並べたり、コップを持ってきたり、食器を重ねてそーっと運ぶの術も完ぺきです! もちろん落としても平気なように、ほとんどの食器はプラスチック製です♪ (38歳/千葉県/3児の母) これは名案! 1日3回ある食事を“レストランごっこ”で乗り切れば、ママの労力も少しは軽減されそうですね。 ちなみにこのママ、洗濯物は“クリーニング屋さん...more
カテゴリー:

梅雨時の困り事を大調査!こんな対策グッズがほしいなど新アイデアもご紹介(マクロミル調べ) - 05月18日(金)13:00 

マクロミルは「梅雨」をテーマとした調査結果を発表した。梅雨入りすると1カ月近く雨やじめじめした日が続き、憂鬱な気持ちになる方も多いのでは?そこで、梅雨時期の困りごとや対策などについて、全国の20~69歳の男女1,000名を対象に、調査を行った。【1】 多い?少ない?10人に1人は「梅雨好き」 20~69歳の男女1,000名に、梅雨が好きかどうかを尋ねたところ、「とても好き」1.4%「まあまあ好き」8.5%を合わせて、「梅雨好き」は9.9%だった。 10人に1人は梅雨が好きだと回答したことになる。 年代別にみると、最も「梅雨好き」の割合が高かったのは20代で17%、次いで30代12%だった。若い世代に「梅雨好き」が多い傾向がありそうだ。 【2】 衣食住に関する“梅雨時期の困りごと”。最多は「洗濯物が乾きにくい」72%。次いで「外出時に靴や衣服が濡れる」64%、「住居内が湿っぽい」60% 続いて、梅雨時期の衣食住に関する困りごとについて尋ねた。その結果、最も多かった回答は「洗濯物が乾きにくい」で72%だった。次いで「外出時に靴や衣服が濡れる」64%、「住居内が湿っぽい」60%、「外出時に傘を持っていけなければならない」59%、「洗濯物のにおいが気になる」46%でした。上位には、「洗濯物」「外出」に関するものが多い結果となった。 また、食に関しては、「食中毒が怖い」は34%、「食材・食事...more
カテゴリー:

【迷惑ママ友】電話をかける時間帯と最低限のマナーは? - 05月17日(木)18:00 

ちょっとした世間話やグチを言い合ってリフレッシュしたり、育児や地域情報の交換をしたり、ママ友がいるといろんなメリットがありますよね。でも、付き合う相手が非常識だと…。そこでここでは、コミュニケーションの基本ともいえる「連絡」について注目! 忙しい時間帯に電話をかけてくるママ友 ネット掲示板やSNSなどを見ていると、「朝のバタバタしている時間帯に電話をかけてくるママ友がいる」や「家族と夕食中にいつも電話がかかってくる」などの悩みを吐露するママたちは意外と多いです。 多くのママたちは「いまの時間帯だったら手があいているかな?」など、相手のことを気遣って電話するタイミングを考えていると思いますが、そうではない人たちもいる様子…。 そこで、電話をかける時間帯について深掘りしてみたところ…。 人によって忙しい時間帯は異なる 「電話をするときは●時~●時の間にかける」と、自分のなかでルールを決めているママは多いようで、とくに見受けたられたのは、9時~20時の間に電話するという声。 9時以降であれば、朝食や子どもの身支度など、朝のバタバタもある程度は落ち着いていて、20時以降なら夕食などもすんでいるであろうという気遣いです。ただし、これには少し注意が必要。 やっぱりご家庭によって生活サイクルは違うので、もう少し時間帯を狭めたほうが無難かもしれません。ママによっては、朝11時~夕方17...more
カテゴリー:

ギズモード・ジャパン読者がもっとも購入したホーム・キッチングッズランキング:2018年4月 - 05月17日(木)11:55 

Image: Amazon.co.jp ギズモード・ジャパン読者が2018年4月にもっとも購入したホーム・キッチングッズトップ10をご紹介します。4月は、レジ袋の細いビニールの持ち手を肩掛け可能にする「レジ袋の持ち手をつなげるバンド」が色違いでランクイン。袋が自立するため三角コーナーがいらなくなるレックの「置くだけ水きり袋」も人気でしたよ。なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更や売切れの可能性もありますので、販売ページでそれぞれご確認ください。 10位 レジ袋の持ち手をつなげるバンド(Lサイズ/黒) [MORE SMART] レジ袋の持ち手をつなげるバンド クリップ付き持ち手 レジ袋専用 (Lサイズ(約32cm)cm), 黒) 500円 9位 NEGODA 3D立体型アイマスク NEGODA 睡眠 アイマスク 安眠 グッズ 軽量 遮光 アイマスク 3D立体型 仮眠 通気 睡眠 旅行 NGyz001 1,680円 8位 ダイヤコーポレーション ワンタッチハンガー8連 ダイヤコーポレーション 洗濯 物干し ワンタッチハンガー8連 814円 7位 Wsky 高強度グラスファイバー折りたたみ傘(ブラック) Wsky 折りたたみ傘 ワンタッチ自動開閉 Teflon加工 10本骨 11...more
カテゴリー:

【🐝】実は危険なアシナガバチ、巣駆除の公費支援拡大 - 05月16日(水)15:50  newsplus

攻撃的なスズメバチの駆除を手がける自治体は多いが、攻撃性があまり強くないと思われてきたアシナガバチも刺されると重篤化する可能性があり、相談件数も急増。巣作りのシーズンを迎え、専門家らは注意を呼びかけている。  ◆相談件数3倍  「洗濯物の中にいたことに気付かず刺された」「巣の駆除方法が分からない」  東京都品川区には昨年度、アシナガバチに関する区民からの相談が約300件寄せられ、スズメバチの3倍に上った。区は今年度、従来のスズメバチに加えてアシナガバチの巣も公費で駆除することを決定。約730...
»続きを読む
カテゴリー:

発達障害で受診が難しい…受診以外の花粉症対策方法は? - 05月16日(水)12:00 

子どもの花粉症対策について質問がありました。発達障害があるため、病院に行くことには慎重にならざるを得ないようですが、受診以外の方法で効果的な予防対策があるのか、専門家のアドバイスを見てみましょう。 12歳の子どものママからの相談:「花粉症の予防対策が知りたいです」 『小学生高学年になる娘がいます。先日、学校から帰宅すると「目が痒いし、かすむ」と訴えたため、近所の眼科に連れていきましたが、もともと発達障害があるため、慣れない器具や検査は慎重に行わないといけません。幸い理解ある優しい看護師さんに対応していただき、なんとか無事に点眼薬を処方していただきました。もし、病院に行く以外の方法で花粉症の予防対策がありましたら知りたいです。(40代・女性)』 生活からできるだけ花粉を排除しよう 『アレルゲンとの接触を最小限にするため、帽子やマスク、帰宅後の着替え、掃除や空気清浄機などの工夫をして、花粉を極力排除することが勧められています。また、免疫力を高める食事も助けになるようです。(看護師)』 『花粉症を予防したり、発症した花粉症の症状を軽減するためには、アレルゲンとなりうる花粉に触れる機会を最小限にすることが大切です。花粉が多い時期には、花粉が舞いやすい午後ではなく、午前中に外遊びをし、外では帽子やマスクの着用をしましょう。また、帰宅後はうがい手洗いをし、服を着替え...more
カテゴリー:

もっと見る

「洗濯物」の画像

もっと見る

「洗濯物」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる