「法定通貨」とは?

関連ニュース

ビットコインで1週間生活してみた――使用のたびに手数料が1300円超、大暴落に振り回され… - 02月17日(土)08:52 

昨年から、ビットコインを中心とした仮想通貨ブームがかつてない熱を帯びている。ブロックチェーン技術向上にも期待が持たれる中、「通貨」としての使い勝手はどうなのか。記者が1週間実践してみた結果、前半4日間は口座開設に一苦労したり、会計トラブルで20分以上待ちぼうけをくらったり……と踏んだり蹴ったりの状況だった。はたして5日目以降はどうなるのか? ◆ビットコインが使える貴重なラーメン屋へ…5日目  5日目(1月14日・日曜日)、ビットコイン決済が可能なギフト券販売サイト「amaten」で買ったnanacoをドコモ口座を経由しモバイルSuicaに変換完了。これでようやく電車に乗れるようになった。  そしてやってきたのは「新宿マルイ アネックス」。ここでは一部店舗を除きほぼ全館でビットコイン決済を受け付けているのだ。その中の「諸国ご当地プラザ」へ行き、九州系のご当地カップ麺4個と、とうきびチョコを買った。  さらに秋葉原へ場所を移し、ビットコインが使える貴重なラーメン屋の「麺屋のろし」へ。ビットコイン使用客は1か月に一度来るか来ないかだそうで、店員も慣れていない様子。しかしどうにか送金ができて、北海道系のおいしい味噌ラーメンにありつけた。 《ビットコイン生活5日目》 マルイアネックス 0.00074BTC 1,265円 ラーメン 0.001BTC 1,743円 手数料 0.0...more
カテゴリー:

【ダークウェブ】コインチェックから流出したNEM ロシアの匿名サイトで別通貨に換金済みか - 02月15日(木)01:27  newsplus

 仮想通貨取引所「コインチェック」から「NEM」が流出した問題で、その一部がロシアの匿名サイトで別の通貨に交換されていたことが新たに分かりました。  これは、“ダークウェブ”と呼ばれる闇のウェブ。通信元を隠す「Tor(トーア)」など、匿名化ソフトを使わないと接続できないサイトです。この“ダークウェブ”で仮想通貨交換業者「コインチェック」から大量に流出したNEMが取引されていることが明らかになりました。情報セキュリティーの専門家の杉浦氏によりますと、犯人側は、“ダークウェブ”上の取引所を通じて、他の仮想通貨...
»続きを読む
カテゴリー:

【日銀】黒田総裁、仮想通貨は「仮想資産」 - 02月14日(水)13:51  newsplus

 日銀の黒田東彦総裁は13日、ビットコインなど仮想通貨について「仮想資産(クリプトアセット)という言い方に変えるべきとも言われる」との認識を示した。仮想通貨は円やドルなど法定通貨とは異なると述べたうえで、決済手段としての広がりには懐疑的な見方を示した。  国会で原口一博議員の質問に答えた。代表的な仮想通貨であるビットコインは2017年の後半に価格が急騰し、同年12月には一時16年末比で約20倍になった。今年2月は一時最高値から3分の1に急落。価格は乱高下しており、黒田総裁は「現状はほとんど投機的な投資」と...
»続きを読む
カテゴリー:

仮想通貨を完全に管理することは不可能? コインチェック不正流出を受け、自民党議員らが仮想通貨のリスクに言及 - 02月12日(月)11:00 

 仮想通貨取引所Coincheck(以下、コインチェック)から約580億円分の仮想通貨NEMが流出した問題が話題になっています。  自民党参議院議員の山本一太氏がホストを務める番組「山本一太の直滑降ストリーム」では、コメンテーターの長尾俊介氏が、流出につながった仮想通貨取引所の管理がずさんだった理由として、急速な市場拡大を誰も予想できなかった事を挙げ、規制が追いつかなかった背景を解説しました。 「規制の見極めも非常に難しい」とコメントする長尾氏は、仮想通貨を扱うことについて「どんなに(仮想通貨が)規制されても、自分には全くリスクのない状態で入ってくると思ってしまうと痛い目にあう」と警鐘を鳴らしました。 (画像はCoincheck公式サイトより) コインチェックの流出問題に北朝鮮が関与の疑い 左から山本一太氏、長尾俊介氏。 山本: 私、先日「新報道2001」というフジテレビ系の番組に出たら、テーマが仮想通貨だったんです。いろいろありますけれど、仮想通貨はやはり世の中を動かしている一つの現象なので注目していきたいと思っています。 長尾: NEM(ネム)とXEM(ゼム)【※】という仮想通貨なんですけれども、コインチェックという取引所で取引されていたんですけれども、そこから不正流出が発覚。ニュースに度々登場しているので、もうすでにことのあらましというのはわかっていらっしゃると思います...more
カテゴリー:

仮想通貨の税逃れは難しい!? プロ投資家と税務署の果てしない戦い - 02月05日(月)08:51 

 昨年12月、仮想通貨に投資する人々の間に衝撃が走った。国税庁が仮想通貨による利益は「雑所得」とすると発表したからだ。確定申告の期限が目前に迫るなか、一部の投資家はあの手この手で徴税から逃れようとしている。「億り人」が考える節税&脱税スキームとは!? ◆「税務署にバレるはずがない」プロ投資家のマル秘手口とは  仮想通貨長者たちに共通するのは軽いノリで手を出した仮想通貨への投資が大化けした結果、税金の心配をしなくてはならなくなった。わずか半年前、仮想通貨への課税について国税庁は立場を表明しておらず、投資家の間でもほとんど話題になっていなかった。  しかし、1年以上前から仮想通貨への課税を予見していた投資家もいる。これまでに仮想通貨で2億円の資産を築いたというY氏(45歳)もその一人だ。 「私は1年半前にビットコイン取引を始めましたが、それ以来、ずっとタイの取引所でトレードしています。当時、日本ではすでに仮想通貨取引所が登録制になるという噂があり、そうなると税務署に情報が筒抜けになることを予想していました。ちなみにタイは非居住者でも比較的簡単に銀行口座がつくれますし、CRS(※1)にも加盟していないのでバレずに堂々と現金化できますよ」  さらにもう一人。海外に資産を分散して管理しているという富裕層の投資家・M氏(53歳)も、最初から海外の取引所を利用しているという。 「仮想...more
カテゴリー:

【日銀】黒田総裁、仮想通貨は「仮想資産」 ★2 - 02月15日(木)18:54  newsplus

 日銀の黒田東彦総裁は13日、ビットコインなど仮想通貨について「仮想資産(クリプトアセット)という言い方に変えるべきとも言われる」との認識を示した。仮想通貨は円やドルなど法定通貨とは異なると述べたうえで、決済手段としての広がりには懐疑的な見方を示した。  国会で原口一博議員の質問に答えた。代表的な仮想通貨であるビットコインは2017年の後半に価格が急騰し、同年12月には一時16年末比で約20倍になった。今年2月は一時最高値から3分の1に急落。価格は乱高下しており、黒田総裁は「現状はほとんど投機的な投資」と...
»続きを読む
カテゴリー:

日銀の黒田総裁、仮想通貨は法定通貨を脅かすものではないと発言【フィスコ・ビットコインニュース】 - 02月14日(水)14:39 

*14:39JST 日銀の黒田総裁、仮想通貨は法定通貨を脅かすものではないと発言【フィスコ・ビットコインニュース】。
カテゴリー:

仮想通貨流出:露へ送金、換金狙いか 匿名性高く - 02月13日(火)20:55 

 仮想通貨交換業者コインチェックから約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した問題で、21億円相当(流出時のレートで換算)のネムが「ダーク(闇)ウェブ」と呼ばれる匿名性の高いサイトで取引され、その一部がロシアの会社が運営しているとされる「Yobit(ヨービット)」など海外の交換業者に送られていることが分かった。犯人側が他の仮想通貨や法定通貨と交換して資金洗浄を図っている可能性がある。警視庁はこうしたネムの動きを把握しており、不正アクセス禁止法違反容疑で捜査している。
カテゴリー:

【速報】 コインチェック流出の仮想通貨、“ダーク(闇)・ウェブ”で他の仮想通貨と交換か - 02月11日(日)11:22  news

流出ネム交換で聴取 警視庁 日本人、闇ウェブ利用 仮想通貨交換業者コインチェックから約五百八十億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した問題で、 日本人男性が、流出したネムの一部を匿名性の高い「ダーク(闇)ウェブ」のサイトを介して、他の仮想通貨と 交換していたことが十日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁サイバー犯罪対策課は九日までに 国内で男性を任意で事情聴取。ネムは、コインチェックから流出したものと認識していたという。 捜査関係者によると、この男性は少額のネムを仮想通貨「ライトコイ...
»続きを読む
カテゴリー:

【仮想通貨】ビットコインが大幅安 9000ドルに接近、インドの規制強化を警戒 [2月2日1時] - 02月02日(金)02:57  newsplus

【NQNニューヨーク=森田理恵】インターネット上の仮想通貨ビットコインが大幅に下げている。情報サイトのコインデスクによるとドル建て価格は米東部時間1日早朝に一時、前日比約10%安い1ビットコイン=9100ドル台前半に下落した。インドのジャイトリー財務相が1日、「インド政府は仮想通貨を法定通貨とはみなしておらず、違法行為の資金調達や決済システムの一部としての仮想通貨資産の利用をあらゆる手段で排除する」と述べたと伝わった。昨秋から中国や韓国で仮想通貨を使った資金調達(ICO)などに対する規制が相次いでお...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「法定通貨」の画像

もっと見る

「法定通貨」の動画

Wikipedia

法定通貨(ほうていつうか、)とは、強制通用力(金銭債務弁済手段として用いることができる法的効力)を有する通貨のこと。つまり、法定通貨による債務弁済を拒否することは一般にはできない。法貨と表現されることもある。なお、日本の法令用語としては日本の法定通貨を指して単に通貨ということが多い。

複数の機関が法定通貨を発行する国もある。スコットランドの場合はイングランド銀行が発行するポンドの他にも、商業銀行であるスコットランド銀行などが発行する紙幣が法定通貨として発行されており、また香港では各商業銀行が香港ドルを発行している。

日本の法定通貨

現在の日本では、日本銀行が発行する日本銀行券、および造幣局が製造し政府が発行する貨幣(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる