「法務省」とは?

関連ニュース

【社会】法廷で「スマホ見せて」で発覚 でっちあげがLINEで浮上 暴行無罪に - 03月25日(土)15:58 

スナックを経営する中国人女性(57)を殴ったとして暴行罪に問われた中国人の元女性従業員(52)に、東京地裁(三上孝浩裁判官)が昨年10月、無罪判決(求刑・罰金15万円)を言い渡していたことが分かった。 法廷で経営者の無料通信アプリ「LINE(ライン)」を検証した結果、客も巻き込んで事件をでっち上げていた可能性が浮上し、暴行を認める証拠がないと判断した。東京地検は控訴せず無罪が確定した。 判決などによると、元従業員は2014年9月、未払い給与の支払いを巡って経営者と口論となり店を辞めた。約2カ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「人身取引」被害、外国人女性21人を保護 昨年1年間 - 03月24日(金)19:01 

 法務省は24日、暴力や詐欺的な手段で強制的に働かせたり、売春をさせたりする「人身取引」の被害に遭った外国人を、昨年1年間で21人保護したと発表した。一昨年より5人少なく、全員が女性だった。 保護され…
in English
カテゴリー:

籠池氏 偽証なら予算委員会が刑事告発か - 03月23日(木)21:14 

仮に籠池泰典氏が証人喚問で虚偽の答弁をしたと認められる場合、 衆参予算委員会が、議院証言法違反(偽証)罪で検察へ刑事告発することも想定される。 議院証言法は、正当な理由なく出頭や証言を拒否したり、うそをついたりすると刑罰の対象になると規定。 告発するには、理事会での協議を経た上で、委員会に出席した委員の3分の2以上の多数で議決しなければならない。 衆参両院によると、過去に告発に至ったのは計24件。捜査機関が既に動いていることも多く、 その状況を含めて検討するため、委員会が事前に法相や法務省...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

日本のベトナム人入管法違反者数2273人、国籍別2位 - 03月23日(木)06:15 

 日本の法務省入国管理局が発表した出入国管理及び難民認定法(入管法)違反事件に関する統計によると、2016年に日本全国の地方入国管理官署が入管...
in English
カテゴリー:

日本のベトナム人入国者数24万6484人、前年比+24.9%増 - 03月22日(水)06:29 

 日本の法務省入国管理局が発表した外国人入国者数及び日本人出国者数に関する統計(確定値)によると、2016年の日本におけるベトナム人入国者数は2...
in English
カテゴリー:

増加する「死後離婚」のメリットとデメリットとは? - 03月25日(土)06:58 

最近、“死後離婚”する妻が増加…という話題をメディアでよく目にするという人も多いのでは? “死後離婚”とは、配偶者の死後に“姻族関係終了届”という書類を提出することによって、姻族にあたる義理の両親や義理のきょうだいとの縁を一方的に切る…ということを意味するマスコミがつくった造語(実際には配偶者の死後に離婚はできないので)。これまではあまり知られていなかったこの書類ですが、最近になって周知が進んだことで“死後離婚”を決断する人が増加傾向にあるというのです。では、“死後離婚”のメリット、デメリットとは? ●「死後離婚」のメリットとは? 「法務省の戸籍統計(平成27年度報)によると、“姻族関係終了届”を提出する人は、ここ5年間で約1.5倍に増加しています。私のところに相談に来る方も、3~4年前は0件、2~3年前は1件程度でしたが、昨年は30件と大幅に増えました。配偶者が亡くなった場合、死別なので離婚と違って姻族との関係はそのまま継続されます。そのため、どうしても縁を切りたい事情がある人がする手続きと言えます。当然、さまざまな事情から逃れるための決断ですから、メリットも大きいです。しかし、その一方でデメリットもあることを忘れてはいけません。デメリットもしっかり把握して慎重に決断しましょう」 そう話すのは、夫婦問題カウンセラーの高草木陽光さん。では、“姻族関係終了届”のメリットとは? ...more
in English
カテゴリー:

偽証で告発、思惑外れ?=検察幹部「現時点で困難」-籠池氏証人喚問 - 03月23日(木)21:35 

 「森友学園」の籠池泰典氏の証人喚問では、与党議員を中心に証言の信ぴょう性を追及する場面が目立ったが、検察幹部は「現時点で偽証罪に問うのは難しい」と慎重だ。識者は「与党側は『籠池氏の発言は信用できない』と印象付ける狙いだったかもしれないが失敗だった」と指摘する。 元検事の郷原信郎弁護士は「真偽は何とも言えないが、証人喚問の前後で籠池氏への印象が変わってもおかしくない」と言う。証言は詳細で、安倍晋三首相夫人の昭恵氏が小学校建設に深く関わっていたとの疑念を残す半面、「偽証罪に問えそうな証言はなかった。国民の関心が高まっただけで、与党側が告発を考えていたなら戦略ミス」と語る。 衆参両院によると、証言に虚偽が疑われたなどとして過去に24件(衆院20件、参院4件)が議院証言法違反で告発された。最近では、汚職事件で元防衛事務次官、耐震偽装事件で元建築士がそれぞれ告発され、有罪判決を受けた。 いずれも捜査が先行し、国会側は法務省などの説明を基に「偽証の疑いが濃厚」として告発した。今回の問題で捜査の着手は見られず、国会が独自に証拠を集めなければならない。郷原氏は「証言内容を否定し、偽証で告発を検討するなら、昭恵氏や同行職員らも同じ土俵で語らせる必要がある」と話す。 検察幹部は「国権の最高機関が私人を告発する意味は重い。不起訴は許されず、それなりの証拠が必要だ」と指摘した。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

『相棒15』最終回視聴率16.2% 前シーズン最終回より上昇 - 03月23日(木)10:04 

 俳優・水谷豊主演のテレビ朝日系ドラマ『相棒season15』の最終回(第18話)が22日、午後8時から2時間スペシャルで放送され、平均視聴率が16.2%だったことが23日、わかった。前シーズンの最終回15.8%を上回る数字を残して、今シーズンを終えた。昨年10月から放送された今シーズンの全18回の平均は15.2%だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 【動画】『相棒-劇場版IV-』予告  最終回は、警視庁広報課長・社美彌子(仲間由紀恵)の秘密が暴かれるという衝撃的な内容。その真相をめぐって、杉下右京(水谷)と相棒・冠城亘(反町隆史)の正義が対立。亘が「所詮、自己満足でしょう」と批判すると、右京は「想像が及ばないのならば、黙っていろ」としかりつけ、さらに亘が「右京さん、あなた、何様だ」と言い返す、ヒリヒリするようなやり取りも見られた。  警視庁副総監・衣笠藤治(大杉漣)、息子の不祥事で降格処分になった警察庁長官官房付・甲斐峯秋(石坂浩二)、亘の元上司で法務省・法務事務次官の日下部彌彦(榎木孝明)ら“上層部”の思惑も波乱含みのまま、今シーズンは終了した。 ■最近の『相棒』最終回と平均視聴率 『相棒7』(2008年10月~09年3月)最終回19.5%/平均(19回)18.1%※亀山薫卒業 『相棒8』(2009年10月~10年3月)最終回20.4%/平均(19回)17.9% ...more
in English
カテゴリー:

新聞は国家の暴走を監視できているのか? 各紙「共謀罪」報道を比較 - 03月23日(木)05:00 

小泉政権時代に3度も廃案になった「共謀罪」の趣旨を盛り込む、組織犯罪処罰法改正案が3月21日、閣議決定されました。このいわゆる「共謀罪」法案は、政府や警察の解釈によって、どんな組織や集団でも「テロリズム集団」と定義付けされ処罰の対象になる可能性が問題視されています。「現代版・治安維持法」ともいうべき改正法案の閣議決定について、新聞各紙はどのように報じたのでしょうか? メルマガ『uttiiの電子版ウォッチ』の著者でジャーナリストの内田誠さんは、各紙の報じ方を詳細に分析することで、この国家の暴走とも言うべき「共謀罪」についてどの新聞メディアが監視できているのか、あるいは擁護しているのかを炙り出しています。 閣議決定された「共謀罪」法案を、各紙はどう報じたか 「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案が閣議決定されました。今国会でなんとしても成立させたいというのが安倍政権の姿勢。それにしてもひどい法案です。 テロ対策だ、オリンピックを成功させるためだと言いながら、当初、どこにも「テロ」の文言がなかったんですね。与党からも「それは変だ」と指摘されると「確かに変だ」と気付いたのか、慌てて「テロリズム集団その他の組織的犯罪集団」という表現を書き込んだのです。「どこかにテロって書いておけばいいんだろ!」と言わんばかりに…。 でも、これは全くおかしい。 法案は「テロリズム集団その他の組織的犯...more
in English
カテゴリー:

台湾人ゲイ「日本人のパートナーが居るんだから結婚と一緒!強制送還とか酷い」 提訴へ - 03月21日(火)18:36 

「同性の夫婦関係、考慮せぬは違憲」 台湾の男性提訴へ  日本人の同性パートナーと20年以上連れ添ったのに国外への退去を命じられたのは、性的指向に基づく差別で憲法が保障する 「法の下の平等」に反するとして、台湾籍の男性が近く、国に退去強制処分の取り消しなどを求める訴訟を東京地裁に起こす。  原告は関東地方に住む40代の男性。訴状などによると、1992年に留学の在留資格で来日し、その後も短期滞在のビザで2回 入国した。日本滞在中に現在のパートナーと知り合い、94年から同居している。  男性は翌...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「法務省」の画像

もっと見る

「法務省」の動画

Wikipedia

法務省(ほうむしょう、)は、日本の行政機関の一つ。法務省設置法3条では法務省は基本法制の維持及び整備、法秩序の維持、国民の権利擁護、国の利害に関係のある争訟の統一的かつ適正な処理並びに出入国の公正な管理を図ることを任務とするとしている。

概要

五三桐が描かれている]] 法務省旧本館(中央合同庁舎第6号館赤れんが棟)正門の五三桐(中央の金色部分) 国家行政組織法および法務省設置法に基づき省の一つとして設置されている。任務は「法務省は、基本法制の維持及び整備、法秩序の維持、国民の権利擁護、国の利害に関係のある争訟の統一的かつ適正な処理並びに出入国の公正な管理を図ること」である(法務省設置法3条)。司法制度、民事行政(国籍戸籍登...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる