「法務委員会」とは?

関連ニュース

【第三次安倍内閣/改造と晋三】「消えた面々」 改造直前に辞任に追い込まれた稲田朋美元防衛相は、“疑惑隠し”改造の象徴 [08/06] - 08月06日(日)15:16  seijinewsplus

2017年8月6日(日)  第3次安倍再々改造内閣では、1年前の再改造で初・再入閣、留任した14人(辞任閣僚を含む)が去りました。閣僚から消えた面々を見ると、今回の改造は“疑惑隠し”となっています。  数々の閣僚失格の言動を繰り返しても安倍晋三首相が最後までかばい続け、改造直前に辞任に追い込まれた稲田朋美元防衛相は、“疑惑隠し”改造の象徴です。 ●世論に背  南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の「日報」問題で稲田氏は、組織的な隠ぺいを了承していた疑惑を抱えています。野党側は10日に開かれる閉...
»続きを読む
カテゴリー:

「法務委員会」の画像

もっと見る

「法務委員会」の動画

Wikipedia

法務委員会(ほうむいいんかい)は、日本衆議院参議院における常任委員会の一つ。国会法第41条2項3号及び同条3項3号に規定される。

概要

法務委員会は、衆議院、参議院にそれぞれ置かれる常任委員会である。法務委員会が最初に置かれたのは、昭和23年10月11日に召集された第3回国会である。衆参の法務委員会はそれぞれの議院規則により所管が定められており、法務省所管、裁判所司法行政に関する事項を対象とする(衆議院規則92条3号、参議院規則74条3号)。具体的には、裁判所の司法行政、法務行政及び検察行政、国内治安、人権擁護等である。 委員会の委員は、議院において選任される(国会法42条1項)。委員の選任は、すべて議長の指名によって行われる(衆議院規則37条、参議院規則30条1項)。実際には、各議院運営委員会において、各会派の議席数に応じて各委員会の委員の員数も配分され、個別の人事は配分された員数の範囲内で各会派によって行われる。 委員長は、委員の互選(国会法第25条)もしくは議長に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる