「法人税」とは?

関連ニュース

スパコン詐欺、2億円脱税疑い…レース損失補填 (読売新聞) - Yahoo!ニュース - 01月21日(日)08:27 

スパコン詐欺、2億円脱税疑い…レース損失補填 (読売新聞) - Yahoo!ニューススーパーコンピューター開発会社「ペジーコンピューティング」(東京都千代田区)を巡る国の助成金詐欺事件に絡み、同社が外注費を水増しする方法で助成金を含む約8億円の所得を隠し、法人税約2億円を脱税した疑いのあることが関係者の話でわかった。 東京地検特捜部と東京国税局は、同社が隠した所得の一部を関係会社が抱えていた自動車レース事業の損失補填(ほてん)に充てていたとみて法人税法違反容疑で捜査している。 ペ...
カテゴリー:

トランプ大統領 みずからの成果強調 今後も米国第一推進へ - 01月19日(金)11:03 

アメリカのトランプ大統領は就任から1年を前に演説し、法人税の大幅な引き下げを盛り込んだ税制改革の実現や失業率の改善、株価の上昇など好調な経済をみずからの成果だと強調し、今後も「アメリカ第一主義」の政策を推進していく考えを示しました。
カテゴリー:

横浜の外装工事会社、3500万円脱税容疑で告発 国税 - 01月17日(水)13:28 

 外装工事会社「仁装(じんそう)」(横浜市戸塚区)が約1億4400万円の所得を隠し、約3500万円を脱税したとして、東京国税局が同社と遠藤雄仁(たけひと)社長(38)を法人税法違反で横浜地検に告発した…
カテゴリー:

効果が疑問視される「賃上げ促進税」導入の舞台裏 - DOL特別レポート - 01月15日(月)05:00 

賃上げ企業には法人税を軽くする“賃上げ促進税”が来年度以降も続く。安倍首相が掲げる「3%賃上げ」実現のカードだが、給料は本当に上がるのか。政府の狙いも別にあるようだ。
カテゴリー:

【企業】ウォルマート、最低時給を11ドルに引き上げ ボーナス最大1000ドル - 01月13日(土)04:38  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3158265?cx_position=39 【1月12日 AFP】米小売り大手ウォルマート(WalMart)は11日、米国内の従業員の最低賃金を時給11ドル(約1200円)に引き上げるとともに、最高1000ドル(約11万円)のボーナスを支給すると発表した。一方、傘下の小売りチェーン「サムズ・クラブ(Sam's Club)」63店舗の閉店計画も同日、明らかになった。  ウォルマートによると、現在9ドルの最低時給を2月から11ドルに引き上げ、最高1000ドルの一時金を支給する。また、産休・育休制度の拡充や、養子を引き取る従業員への...
»続きを読む
カテゴリー:

日経平均株価は2年以内に「4万円」まで上昇する! 日本企業の収益力改善、米国の法人税減税&高成長で 2018年末に3万2000円、2020年に4万円との予測も! - 最新記事 - 01月21日(日)08:00 

2018年の日経平均株価をアナリストが予測! 2018年12月末に3万2000円、2020年には4万円に!日経平均株価はどこまで上がるのか?「1年後に3万円」を予想する声が出る一方で、「すでにバブルが始まっている」と2018年内の株価急落を懸念する声も。そこで、発売中のダイヤモンド・ザイ3月号では、強気派、弱気派それぞれのアナリストに、その根拠と2018年の株価予想を徹底取材している。今回は、強気派のアナリスト4名の中から、ウィズダムツリー・ジャパンCEOのイェスパー・コールさんの主張を抜粋して紹介しよう!
カテゴリー:

脱税で耐震補強会社を告発 法人税2千万円逃れた疑い - 01月19日(金)03:11 

ビル工事などを請け負った際に、架空の外注費を計上し法人税計約2200万円を脱税したとして、名古屋国税局が法人税法違...
カテゴリー:

外壁塗装会社“3500万円”脱税〜国税局 1/17 12:34更新 - 01月17日(水)12:34 

外壁の塗装などを行う会社が、法人税約3500万円を脱税したとして刑事告発された。法人税法違反の疑いで東京国税局から刑事告発されたのは、外壁工事会社「仁装」と遠藤雄仁社長。
カテゴリー:

FCA、メキシコから米移管 「ラム」生産、減税受け10億ドル超投資 - 01月13日(土)05:00 

 欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は11日、米ミシガン州デトロイト近郊のトラック工場に10億ドル(約1112億7000万円)超を投資すると発表した。2500人を新たに雇用し、大型ピックアップトラック「ラム」の生産をメキシコから移管する。米国の法人税引き下げを受けての決定だという。
カテゴリー:

【米国】トヨタとマツダの新工場「素晴らしいニュースだ」 トランプ氏つぶやく アラバマ州、1800億の投資 - 01月11日(木)12:46  newsplus

【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領は10日、トヨタ自動車とマツダが南部アラバマ州に新工場を建設すると正式発表したことについて、「素晴らしいニュースだ」とツイッターで述べた。  トヨタとマツダは同日、アラバマ州内で地元関係者と記者会見を開き、新工場を同州北部ハンツビルに作ると表明した。  トランプ氏は「4千人の雇用と16億ドル(約1800億円)の投資をアラバマ州にもたらし、経済のさらなる成長につながる」と投稿した。  昨年末に成立した法人税率を大幅に引き下げる税制改革や、政権が取り組む規...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「法人税」の画像

もっと見る

「法人税」の動画

Wikipedia

法人税(ほうじんぜい、英語:Corporate Tax)とは、法人の所得金額などを課税標準として課される税金国税で、直接税、広義の所得税の一種。

根拠

法人税の課税根拠については、私法上の議論を踏まえて、次の2つの考え方に分かれる。

  • 法人擬制説 - 法人は、単に法的に擬制された存在であって、所得は株主や出資者のものであり、法人税はこれらの者に対する所得税の前取りである。したがって、法人税は、個人所得税の源泉徴収と同一視でき、経済的二重課税は個人において排除すれば足りることから、税率も平均税率でよいこととなる。
  • 法人実在説 - 法人は、個人から別個独立した権利能力を有する法的主体であるから、課税面においても法人自らが納税主体になりうる。したがって、法人には個人と同様に担税力に差異があることから、税率は累進税率を適用すべきである。さらに、法人所得税と個人所得税の間には経済的二重課税は生じず、その排除措置を講ずる必要はないこととなる。なお、この説は法人独立説と呼ばれることもある。
  • 法人税転換の理論

    経済学の法人税転換の理論では、法人税は利益の...

    ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる