「泉澤祐希」とは?

関連ニュース

「美代子との純愛を強く意識しています」沢村一樹(谷田部実)【「ひよっこ」インタビュー】 - 09月19日(火)08:31 

 東京での出稼ぎ中に記憶障害になるも、無事に奥茨城に戻り、谷田部家で再生の道を歩みはじめたみね子(有村架純)の父・実を演じている沢村一樹。ともすれば暗くなりがちな記憶喪失という設定だが、実は前向きで、以前と変わらない“お父ちゃん”として大黒柱を担っている。沢村がそんな実役に込めた思いを、共演者とのエピソードや、気になる今後の見どころと共に語った。 -朝ドラ初出演を果たすも、約4カ月にわたりほぼ回想シーンでの出演でしたが周囲の反応はいかがでしたか。  どこに行っても「ここにいた!」「奥茨城に帰ってください」と言われました。これからは「記憶は戻るんですか?」って聞かれるだろうなと思っていたら、案の定、今はどこに行ってもそう聞かれます(笑)。 -記憶を失った実の心情を目や表情でうまく表現していると好評ですが、ご苦労はありますか。  演じる上で特に悩んだことはなかったです。ただ、不安から険しい顔になったり、目の前の人を「誰だろう?」と疑ったりするよりも、「この子が自分の子どもなのかな」と前のめりになる人でいた方がいいと思い、暗くならないように心掛けました。 -新たに花の栽培を始めるところにも実の前のめりな姿勢が見えますね。  「塞翁が馬」という言葉が好きで、悪いことが起きた時に落ち込んでいたらそこで終わりだけど、あと一歩踏ん張ると、思いも寄らないいいことが起きることがありますよね...more
カテゴリー:

「ひよっこ」143話 夢を一回諦めた人たちの物語 - 09月16日(土)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第24週「真っ赤なハートを君に」第143回 9月15日(金)放送より。 脚本:岡田惠和 演出: 田中正 板垣麻衣子「ひよっこ」143話はこんな話みね子(有村架純)はヒデ(磯村勇斗)に、遠回しながらデートに誘われる。 時子の芸名は、和泉真琴ツイッギーコンテストで優勝した時子(佐久間由衣)が赤坂から去ると、入れ替わりにツイッギーが来日。ビートルズと同じく、赤坂のホテルに宿泊し、ファンの女の子たちで街は賑わう。この時代、赤坂は日本の中心地感に満ちていたのであった。奥茨城村の助川家では、時子の記事をスクラップしたりして、娘の大躍進に感無量。そこへ「2001年宇宙の旅」(68年の映画)の曲がかかって、突如、時子がやって来た。日本の都会をまわっている最中に立ち寄ったようだ。デビューに当って、芸名をつけることを、詫びる時子。芸名は、和泉真琴。とってもそれっぽい。コートも脱がずに、長居できない感じを出す娘に、きのこめしを食べさせようとするお母さん・君子(羽田美智子)。親って、あれ食べる?これ食べる?って何か食べさせようとするよなあ。たまには書きたい、“ちょっと気になる”いくらなんでも、時子を売り出そうとする事務所は、家の人にまったく挨拶しないで、勝手にいろいろ決めたり、連れ回したりするものなのだろ...more
カテゴリー:

【ひよっこ通信(24)】時子、ミニスカ美脚でいよいよ和製ツイッギーに!? - 09月11日(月)07:05 

あかね荘に新しい仲間として川本世津子(菅野美穂)が加わり、ますます華やかにパワーアップした印象の有村架純主演、連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。みね子(有村)もますますパワフルな女性になり、放送開始直後からの成長ぶりにひよっこ記者もたまげっ放しだべ。 【写真を見る】オールアップした有村架純、きれいな花束を抱き締める天使のスマイル/※画像は有村架純(kasumi_arimura.official)公式Instagramのスクリーンショットです 9月4日からの第23週では、世津子がスキャンダルによって女優生命の危機に陥り、みね子が秀俊(磯村勇斗)、ヤスハル(古舘佑太郎)の協力を得て、“世津子救出大作戦”を決行する姿が描かれた。 菅野が以前のインタビューで「ほんわかしたみね子さんが、ジャンヌ・ダルク的になるところがあるんです。そこがとてもすてきでした」と語っていたが、イチ視聴者として見ていても、大勢のマスコミから救い出す姿は、その15世紀のフランスの国民的ヒロインをほうふつとさせるほど勇ましかった。 その後、あかね荘の一員となった世津子の「う、んめぇ~!」はこれまでの彼女の“大女優感”とのギャップがあり過ぎて、ちょっと戸惑ったものの、それはそれでアリだっぺな。 しかし、どんどん人が増えていくけども、あかね荘はプライバシー的な部分は大丈夫な...more
カテゴリー:

有村架純「みね子として過ごせたことは私の宝物」、『ひよっこ』涙のクランクアップ - 09月05日(火)06:30 

 女優・有村架純が主演を務めるNHK連続テレビ小説『ひよっこ』の撮影が4日にクランクアップし、同局で行われた取材会に有村が登場した。最後のシーンを撮り終え、共演者、スタッフを前に「私が1年間みね子でいられたのは、どんなときも何があっても味方でいてくれた皆さんがいてくれたから。谷田部みね子として『ひよっこ』という世界で過ごせたことは私の宝物です。すごく誇りに思います」と感謝の気持ちを語った。【関連】『ひよっこ』クランクアップ取材会の様子 この日収録されたラストカットは、すずふり亭の前で21歳になったヒロイン・みね子が、磯村勇斗演じる秀俊と出掛けるシーン。カットがかかり、磯村と二人でVTRをチェックする有村。続いてスタッフによるサプライズで、1年間の歩みを編集したVTRが流れ、それをを観る有村の目からは涙がポロポロとこぼれ出した。 そして、父・実役の沢村一樹、母・美代子役の木村佳乃、すずふり亭のシェフ・省吾役の佐々木蔵之介、幼なじみ・時子役の佐久間由衣をはじめ多くの共演者がクランクアップのお祝いに駆けつけ、有村に「お疲れさまでした」を声をかけて花束を渡した。 有村は駆けつけた共演者たちを見て、「すごく愛されていたんだなと思いました。みんなのことが大好きです!」と感激の表情。木村は「架純ちゃんを1年間見てきて“初志貫徹”という言葉が浮かびました。ぶれることなく1年間よく頑張りました」と褒...more
カテゴリー:

「ひよっこ」制作統括に聞く(2)『世津子が再登場したのはなぜ?』 - 09月18日(月)17:45 

半年にわたる放送も、いよいよ残すところ2週間となった連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。 【写真を見る】竹内涼真×磯村勇斗、“思う人”はやはり同じだった…/(C)NHK みね子(有村架純)の親友・時子(佐久間由衣)がスターへの階段を駆け上がったり、因縁の相手であるはずの世津子(菅野美穂)がみね子とルームシェアをしたりと、クライマックスに向けてラストスパートをかけ始めている。 そんな本作の「気になる部分」を、制作統括・菓子浩氏に直撃。世津子が再びストーリーの中枢に現れた理由や、記憶喪失になった実(沢村一樹)の今後について聞いた。 ※【「ひよっこ」制作統括に聞く(1)『どうしてお父ちゃんを記憶喪失設定に?』】からの続き ■ 「父親捜しの物語」ではないんです ──窮地に立たされた世津子を、みね子が救い出すという展開には驚きました。 普通に考えたら、谷田部家にとって世津子は敵(かたき)とも言えますよね。みね子はもちろん、谷田部家の面々は皆、世津子が実を家に置いていたことで人生が変わってしまったわけですから。 でも、世津子の“事情”が見えてくることで、世津子の気持ちも理解してあげられるような描き方を、岡田(惠和)さんはしているんです。だから、美代子(木村佳乃)も相当につらいはずですが、決して「敵討ちだ!」と女同士の戦いにはならない(笑)。 む...more
カテゴリー:

「ひよっこ」142話 時子が輝き、富さんが静かに目を閉じる - 09月15日(金)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第24週「真っ赤なハートを君に」第142回 9月14日(木)放送より。 脚本:岡田惠和 演出: 田中正 板垣麻衣子「ひよっこ」142話はこんな話ツイッギーコンテストで、時子(佐久間由衣)が優勝した。ようやく、報われた時子リハーサル終了。男たちからの差し入れで、女たちが乾杯。「ここに集まったみんな、かわいい」「大好きだよ」「がんばって生きていこう」と鈴子(宮本信子)が乾杯の音頭。乾杯のときも、男女は内と外に分かれている。まるで豆まきの逆バージョン(鬼は外、福は内)。本番には、みね子(有村架純)たちは仕事で応援に行けず、会場に来たのは、三男(泉澤祐希)のみ。「時子は殻を自分で破ったんだなと思います」とみね子のモノローグのように、時子は殻を破って、コンテストでひときわ輝き、優勝を勝ち取り、あれよあれよという間に、あかね荘を出ていくことになった。時子はあかね荘に来てから、全然、演劇活動をやってないし、実のところ、そんなに演技の才能があるわけでもないだろう。時代がちょうど彼女のような、すらっとした子を欲している時に乗れただけだ。でもコンテストに応募しなかったら、波にも乗れない。行動することイコール殻を破る だろう。もっとも、時子は、締め切り忘れているドジっ子で、母親が応募したという悪運の強さ...more
カテゴリー:

有村架純、朝ドラ「ひよっこ」クランクアップで号泣 「自分は愛されていたと実感しています」 - 09月05日(火)10:21 

 NHK連続テレビ小説「ひよっこ」クランクアップ会見取材会が4日に東京都内で行われ、有村架純と磯村勇斗が出席したほか、沢村一樹、木村佳乃、泉澤祐希、佐久間由衣、佐々木蔵之介、峯田和伸、藤野涼子、松本穂香、やついいちろう、古舘佑太郎、宮原和、橋來が駆けつけた。  ラストシーンを撮り終え、クランクインからの撮影を振り返るVTRが流れた後、共演者から次々と花束を渡され、涙が止まらない有村。その後、座長として「皆さん本当にお疲れさまでした。たくさんの方々に支えていただき、応援していただいて、本当に心から感謝しています」とねぎらうと、「こんなにも温かいみなさんと、温かい作品を作れたことが何より幸せです」と感謝の言葉を送った。  さらに、「ほぼ1年、谷田部みね子として『ひよっこ』のことだけを考えて過ごしていました。いろんな自分との戦いがありました。毎日、自分の心と体と向き合って過ごしてきました」と苦悩があったことも明かす有村。しかし、完走した今、「谷田部みね子として『ひよっこ』の世界で過ごせたことは宝物です。すごく誇りに思います」と充実した表情を見せると、「すごく自分は愛されていたんだなと実感しています」と喜び、「みんなのことが大好きです!」と笑みをこぼした。  ヒロインの相手役・前田秀俊を演じた磯村は、当初は「未熟過ぎて走りきれるのか…という不安ばかりの日々を送っていた」そうだが、無事にこの...more
カテゴリー:

「泉澤祐希」の画像

もっと見る

「泉澤祐希」の動画

Wikipedia

泉澤 祐希(いずみさわ ゆうき、1993年6月11日 - ) は、日本俳優千葉県出身。血液型A型。アルファエージェンシー所属。

略歴

5歳の時、子役としてデビュー。テレビを中心に活動。

2006年、功名が辻で大河ドラマ初出演。上川隆也演じる山内一豊仲間由紀恵演じる千代夫婦の養子、拾役を好演。

2008年、セントラルグループ・セントラル子供タレントからアルファエージェンシーへ事務所を移籍。

2009年、よるのくちぶえで映画初主演。この映画を見た過ぐる日のやまねこ鶴岡慧子監督は、泉澤の演技力の高さに驚き、そのことが自身の映画への起用に結びついたとしている。

2014年、東京が戦場...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる