「泉ピン子」とは?

関連ニュース

『西郷どん』第15話、慶喜将軍擁立は暗礁に そして斉彬は… - 04月21日(土)12:30 

 NHK大河ドラマ『西郷どん』、今週第15話「殿の死」が放送される。将軍になることを宣言した慶喜(松田翔太)だが、擁立までのハードルは高く、吉之助たちは悪戦苦闘。「できる、できない、できる、できない、そして……と、二転三転どころか四転五転するような展開が待っています」と鈴木は第15話を紹介している。【写真】『西郷どん』第15話フォトギャラリー 篤姫(北川景子)と将軍・家定(又吉直樹)は仲睦まじい日々を過ごしていたが、家定が突然、病に倒れる。それに乗じて井伊直弼(佐野史郎)が大老職に就き、次期将軍は紀州の慶福と決まる。 吉之助は急ぎ薩摩に戻り、斉彬(渡辺謙)に報告するが、斉彬は万策尽きたこと告げ、吉之助を役目から解いてしまう。落胆するばかりの吉之助に正助(瑛太)は激怒。やがて斉彬は薩摩軍を率いて京を目指す上洛計画を始動する…。 「吉之助がようやく殿と同じ思考にたどり着いて、ある一瞬でも『殿超え』するときがやってきます。その瞬間をぜひ目撃していただきたいですね」と鈴木がアピールする第15話。 先週放送の第14話「慶喜の本気」では、江戸に戻った吉之助が橋本左内(風間俊介)と共に慶喜将軍擁立に向けて動くが、慶喜は将軍になることを固辞。一方篤姫は、家定に次代将軍として慶喜を指名してもらうことに成功する。だが大奥では、篤姫の嫁入りに一橋派の策謀があったことを知った本寿院(泉ピン子)が大激怒。吉...more
カテゴリー:

【ドラマ】<西郷どん>第14回視聴率は11.9%とワースト更新 ★2 - 04月16日(月)19:13  mnewsplus

俳優の鈴木亮平さんが主演を務めるNHKの大河ドラマ「西郷(せご)どん」の第14回が15日に放送され、平均視聴率は11.9%(以下・ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。番組ワーストを記録した第13回の13.0%からさらに下げた。  「西郷どん」は、明治維新から150年となる2018年に放送される57作目の大河ドラマ。薩摩の貧しい下級武士の家に生まれた西郷隆盛(吉之助)の愚直な姿に、カリスマ藩主・島津斉彬が目を留め、西郷は斉彬の密命を担い、江戸へ京都へと奔走。勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、革命家へと覚醒し、やがて明治維...
»続きを読む
カテゴリー:

大杉漣さんと1700人が最後の別れ 田口トモロヲ沈痛「恋しい、寂しい」 - 04月14日(土)22:46 

 急性心不全のため2月21日に急逝した俳優の大杉漣さん(享年66)のお別れの会「さらば!ゴンタクレ」が14日、東京都内の青山葬儀所で営まれた。 「ソナチネ」で大杉さんを見いだした北野武(ビートたけし)監督や、テレビ東京のドラマ「バイプレイヤーズ もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら」で共演し、最期をみとった田口トモロヲ、遠藤憲一、光石研、松重豊ら関係者約700人が参列。ファン約1000人も詰めかけ、大杉さんに別れを告げた。  祭壇は、喪主の弘美夫人が「風の吹く中から、大杉が立ち現れてきそう」と思い描いた、大杉さんの師である転形劇場の主宰者・太田省吾氏の葬儀の時と同じ野原をイメージしたもの。愛用のメガネやハット、自身のサッカーチーム「鰯クラブ」のユニフォーム、応援していたヴォルティス徳島の年間パスなどのサッカーグッズが置かれ、長男で写真家の隼平さんが2016年に撮影した笑顔の遺影が参列者を迎えた。  「バイプレイヤーズ」の4人は並んで弔辞に立ち、田口が代表して「いまだに気持ちの整理がつきません。覚めない夢を見続けているようで、壮大に仕組まれたドッキリなんじゃないか。今日あたり、おちゃめに登場してくるんじゃないかと思っています。ただひたすら、漣さんが恋しいです。そして、寂しいです」と遺影に語りかけた。それでも、「俳優の、人生の先輩として同じ時代を歩めた僕らは幸せでした。漣さんが...more
カテゴリー:

泉ピン子「本当に惜しい役者」大杉漣さんお別れ会 - 04月14日(土)17:15 

 今年2月に亡くなった俳優大杉漣さん(享年66)のお別れの会「さらばゴンたくれ」が14日、東京・青山葬儀所で行われ、女優泉ピン子(70)が出席した。  ドラマで共演した泉は、「大杉さんが橋田(壽賀子)先生の長いセリフを言い終えて、クラン…
カテゴリー:

鈴木亮平『西郷どん』でのメイクが変化!?「僕の中では第14回から新章」 - 04月14日(土)13:00 

鈴木亮平が主演するNHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合、毎週日曜20:00)。4月15日は、第14話「慶喜の本気」が放送される。原作・林真理子、脚本・中園ミホによる『西郷どん』は、極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(鈴木)が、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく物語。第14話「慶喜の本気」では、アメリカ総領事ハリスが将軍・家定(又吉直樹)に謁見するが、幕府は対応策がなく混迷を極めていた。江戸に戻った吉之助(鈴木)は、橋本左内(風間俊介)とともに一橋慶喜(松田翔太)将軍擁立運動を進めるが、慶喜は将軍になることを固辞。一方、大奥では篤姫の嫁入りに一橋派の策謀があったことを知った本寿院(泉ピン子)が大激怒。吉之助と左内は八方塞となる。さらに、井伊直弼(佐野史郎)が放った刺客が慶喜に迫っていて……。 公式サイトの「西郷どんの目線」では、鈴木が14話について「僕の中では、第14回から新章だと思っています。慶喜さま将軍擁立のため、再び江戸に戻り、吉之助のひとり立ちが始まった回ですね。殿に頼らず、ひとり前に立って動き出す回なので、よく見ていただくとメイクも変わっています。眉毛とヒゲがやや濃くなって、アイシャドーも少し入って、ちょっと大人になりました」と告白。さらに、「見どころは、なんとあの井伊大老と対...more
カテゴリー:

「マツコの知らない世界」にユーミンがサプライズで登場!【視聴熱TOP3】 - 04月18日(水)18:00 

webサイト「ザテレビジョン」では、4月17日の「視聴熱(※)」バラエティー デイリーランキングを発表した。 【写真を見る】1位は「マツコの知らない世界」。ユーミンがサプライズで登場した2時間スペシャル放送 1位「マツコの知らない世界」(毎週火曜夜8:57-10:00、TBS系)4731pt 4月17日は2時間スペシャルを放送。「ユーミンの世界」では、「ユーミン以上にユーミンを知る」という大学生の齋藤荘太朗さんが歌詞、ライブ演出、衣裳などを紹介した。そして、ユーミンの美脚について語っているところで、ユーミンがサプライズで登場し、齋藤さんは絶句してしまう。その後は、ユーミンも交え、独特な歌声について「中学生の時にパイプオルガンを初めて聴いて、感応しちゃって涙がバーッて出た。その時にパイプオルガンの音がプリントされちゃった。ギフトだからしょうがないよね」と初めて明かすなど、ユーミンの謎すぎる素顔に迫った。マツコと以前から親交があったユーミンが、「7つ毒を吐いて5つフォローして12にして返す」とマツコを分析する場面も。 ほか、8年間果物だけを食べて生活する中野瑞樹さんによる「フルーツの世界」、芸歴47年の坂上忍による「役者の世界」が放送された。 2位「世界!ニッポン行きたい人応援団」(毎週月曜夜8:00-9:00、テレビ東京系)2268pt 4月16日の放送では、タミヤの模型で人生が変...more
カテゴリー:

【ドラマ】<西郷どん>第14回視聴率は11.9%とワースト更新 - 04月16日(月)10:27  mnewsplus

俳優の鈴木亮平さんが主演を務めるNHKの大河ドラマ「西郷(せご)どん」の第14回が15日に放送され、平均視聴率は11.9%(以下・ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。番組ワーストを記録した第13回の13.0%からさらに下げた。  「西郷どん」は、明治維新から150年となる2018年に放送される57作目の大河ドラマ。薩摩の貧しい下級武士の家に生まれた西郷隆盛(吉之助)の愚直な姿に、カリスマ藩主・島津斉彬が目を留め、西郷は斉彬の密命を担い、江戸へ京都へと奔走。勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、革命家へと覚醒し、やがて明治維...
»続きを読む
カテゴリー:

大杉漣さんと1700人が最後の別れ 田口トモロヲ悲痛「いまだに気持ちの整理つかない」 - 04月14日(土)19:05 

 急性心不全のため2月21日に亡くなった俳優の大杉漣さん(享年66)のお別れの会「さらば!ゴンタクレ」が4月14日、東京・青山葬儀所で営まれた。 ・【フォトギャラリー】大杉漣さんのお別れの会、その他の写真はこちら  北野武(ビートたけし)監督や最期をみとった田口トモロヲ、遠藤憲一、光石研、松重豊ら関係者約700人が参列。ファン約1000人も詰めかけ、大杉さんとの早すぎる別れを惜しんだ。  祭壇は、大杉さんの師である転形劇場の主宰者の太田省吾氏の葬儀の時と同じ野原をイメージしたもので、弘美夫人の「風の吹く中から、大杉が立ち現れてきそう」という思いを具現化。愛用のメガネや自身のサッカーチーム「鰯クラブ」のユニフォーム、応援していたヴォルティス徳島の年間パスなどのサッカーグッズが置かれ、その中央には長男で写真家の隼平さんが2016年に撮影した笑顔のスナップが遺影として飾られた。  弔辞に立った田口らは悲報に際し、テレビ東京のドラマ「バイプレーヤーズ2」のホームページにコメントを載せて以降、一切口を閉ざしてきた。この日は田口が代表し、「いまだに気持ちの整理がつきません。覚めない夢を見続けているようで、壮大に仕組まれたドッキリなんじゃないか。今日あたり、おちゃめに登場してくるんじゃないかと思っています。ただひたすら、漣さんが恋しいです。そして、寂しいです」と沈痛な面持ち。それでも、「...more
カテゴリー:

大杉漣さんに『バイプレイヤーズ』共演陣が最後の別れ「喪失感が大きい」 - 04月14日(土)14:22 

 2月21日に急性心不全のため亡くなった俳優・大杉漣さん(享年66)のお別れ会『さらば!ゴンタクレ』が14日に東京・青山葬儀所で営まれ、大杉さんの遺作となったテレビ東京系『バイプレイヤーズ』シリーズで共演してきた遠藤憲一、田口トモロヲ、松重豊、光石研が参列した。代表して田口が弔辞を読み、「ただひたすら漣さんが恋しいです。そして、寂しいです。あなたがいなくなってしまった喪失感がとんでもなく大きくて、ただただ途方に暮れています。あまりにも急に大切な親友を亡くしてしまい、呆然としています」と悲痛な思いを吐露した。 【写真】大杉さんの写真やグッズが飾られたファンブース  「連さんと共に過ごした仕事の現場は、どれだけ楽しくて大切で幸せだったか思い出します」と語りかけ、「現場を思い、どんなに忙しくて著名になっても、面白いと思った現場には大小問わず参加し続けるあなたの姿勢と志は、いつも僕たちの目標でした。現場で共に汗を流したみんなを同志として、えらぶることなく普通に存在することを心がける連さんに、どれだけ多くの後輩たちが教えられ、励まされたことでしょう。あなたかが数々の現場で示してくれた謙虚さ、姿勢。必要なら怒ることも厭わぬ勇気。常に現場でにこやかに戦う連さんは、いつまでも信頼できる先輩でした」と尊敬を込めた。  優しく、親しみやすい人柄で多くの人々から愛されてきた大杉さん。役柄や作品の大...more
カテゴリー:

『西郷どん』第14話、吉之助は慶喜将軍擁立に奔走するも事態は悪化… - 04月14日(土)12:30 

 NHK大河ドラマ『西郷どん』、今週放送の第14話「慶喜の本気」では、江戸に戻った吉之助(鈴木亮平)が一橋慶喜(松田翔太)将軍擁立のために奔走するが、状況は悪くなり次第に追い込まれていく。鈴木は「僕の中では、第14回から新章だと思っています。吉之助のひとり立ちが始まった回」と紹介している。【写真】『西郷どん』第14話フォトギャラリー アメリカ総領事・ハリスが将軍・家定(又吉直樹)に謁見するが、幕府は対応策がなく混迷を極めていた。江戸に戻った吉之助は橋本左内(風間俊介)とともに慶喜将軍擁立運動を進めるが、慶喜は将軍になることを固辞。 大奥では篤姫(北川景子)の嫁入りに、一橋派の策謀があったことを知った本寿院(泉ピン子)は大激怒。吉之助と左内は八方塞がりとなる。さらに井伊直弼(佐野史郎)が放った刺客が慶喜に迫っていた…。 鈴木はこの回の見どころとして「井伊大老と対面するシーン」を挙げる。「カメラを長回しして撮ったので、緊張感がお互いにものすごくて。いざ目の前にした井伊大老は強烈だったけれど、吉之助にも背負っているものがあるから気持ちでは負けられない」と語る。第11話での斉興(鹿賀丈史)との対面と比べ、「その時とはまた違う、吉之助の成長を見ていただけるとうれしいです」とアピールする。 また隠れた見どころとして「殿に頼らず、ひとり前に立って動き出す回なので、よく見ていただくとメイクも変わっ...more
カテゴリー:

もっと見る

「泉ピン子」の画像

もっと見る

「泉ピン子」の動画

Wikipedia

泉 ピン子(いずみ ピンこ、1947年9月11日 - )は、日本の女優、コメディエンヌ、漫談家歌手東京都中央区出身。熱海市在住。所属はpi企画株式会社。血液型はB型。身長154cm。戸籍名:武本 小夜(たけもと さよ)、旧姓:江口(えぐち)。

デビュー直後の芸名は三門 マリ子(みかど マリこ)。

親族 来歴

品川区立日野第二小学校泉ピン子著四年目のラブレター(スコラ)200ページ、品川区立日野中学校卒業泉...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる