「沼田まほかる」とは?

関連ニュース

松坂桃李が「どんなお下劣、変態でもやります」とベタ惚れ!『孤狼の血』白石和彌監督、早くも続編に意欲 - 11月18日(土)18:51 

柚月裕子の同名ベストセラー小説を『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』で多くの映画賞に輝いた鬼才・白石和彌のメガホンにより映画化する『孤狼の血』。 【写真を見る】実力派豪華キャストが魅せる、男の美学『孤狼の血』/[c]2018「孤狼の血」製作委員会 公開日は2018年5月12日(土)とまだ半年も先だが、早くもその出来栄えが口コミで話題となっている本作を一目見ようと、11月17日に銀座・丸の内TOEIにて行われた業界関係者向けお披露目試写および白石和彌監督によるトークイベントには、寒空の下、座席を求めるマスコミ関係者の長蛇の列ができ、あっという間に会場は満員札止めとなった。 本作の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一(松坂桃李)は、暴力団との癒着を噂される大上(役所広司)とともに、金融会社の社員失踪事件を捜査する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化していく…。 126分間、息もつかせぬ熱量に満ちた本編の上映が終わり、場内の明かりが点くや、どこからともなく拍手が起き、次第には歓声までが上がる。MCの呼び込みで白石和彌監督が登壇すると、会場内は一際大きな拍手に包まれた。 客席からの賛辞に照れ笑いを浮かべる監督に、思わぬサプライズが。なんと、主演の役所広司、共演の松坂桃李から文面でコメントが届いており、M...more
カテゴリー:

蒼井優「彼女がその名を知らない鳥たち」に日本映画の底力感じた! - 11月11日(土)07:00 

沼田まほかる氏の人気小説を映画化した「彼女がその名を知らない鳥たち」(公開中)のヒット記念イベントが11月10日、東京・新宿バルト9で開催され、蒼井優と白石和彌監督が観客からの質問に答えた。金も...
カテゴリー:

【映画 “彼女がその名を知らない鳥たち”】大阪人、客席から竹野内豊にまさかのダメ出し!「声が小さい!」 - 10月29日(日)20:02  mnewsplus

大阪人、客席から竹野内豊にまさかのダメ出し! 2017.10.28(Sat) https://www.daily.co.jp/leisure/kansai/2017/10/28/0010684966.shtml イヤミスの女王・沼田まほかるの人気小説を白石和彌監督が映画化した『彼女がその名を知らない鳥たち』。その初日舞台挨拶が28日、大阪市内の映画館でおこなわれ、蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、竹野内豊、白石監督が登壇した。 主演の蒼井をはじめ、次々と挨拶していくなか、竹野内のマイクにトラブルが発声。やや聞き取りづらい挨拶となり、客席から「声が小さい!」というツッコミが飛び...
»続きを読む
カテゴリー:

蒼井優「彼女がその名を知らない鳥たち」に日本映画の底力感じた! - 11月11日(土)07:00 

 沼田まほかる氏の人気小説を映画化した「彼女がその名を知らない鳥たち」(公開中)のヒット記念イベントが11月10日、東京・新宿バルト9で開催され、蒼井優と白石和彌監督が観客からの質問に答えた。 ・「彼女がその名を知らない鳥たち」トークイベントの模様はこちら!  金も地位もない15歳年上の男・陣治(阿部サダヲ)と同棲中の十和子(蒼井)は、8年前に別れた恋人・黒崎(竹野内豊)のことが忘れられず、黒崎の面影がある妻子持ちの男・水島(松坂桃李)と関係を持ってしまう。ある日、黒崎が行方不明であることを告げられた十和子は、事件に陣治が関係しているのではないかという疑いを抱く。  本作で蒼井は、激しいラブシーンにも挑戦している。「30代近くなってからこういうシーンをやらせていただくことも増えてきましたね」と語る蒼井は、「10代後半や20代前半にやっていた役って多面的で面白かったなと思うことがあるんですが、今は30歳を超えてからいただく役の方が面白い。10代のときは多面的ながらも、それぞれの面がまっすぐだったんです。今は1つひとつの面がぼこぼこで、余計人間臭くて面白い。だから、そういうシーンがあるからうーん……ということはないですね」と真剣なまなざしで語る。  さらに、白石監督に向けて「監督の演出はとにかく大胆。万人受けする演出ではなくても、賭けに打って出ることができる。お客さんをすごく信...more
カテゴリー:

【映画】 『彼女がその名を知らない鳥たち』は全員ゲスなのに涙が止まらない傑作! ラストの伏線回収に鳥肌が止まらない - 10月30日(月)01:11  mnewsplus

【最新シネマ批評】 映画ライター斎藤香が最新映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、レビューをします。 今回ピックアップするのは、沼田まほかるのミステリー小説を映画化した作品『彼女がその名を知らない鳥たち』(2017年10月28日公開)です。 沼田まほかるの原作小説を映画化した作品には、このほか2017年9月に公開された『ユリゴコロ』(吉高由里子、松坂桃李、松山ケンイチ出演)があります。 今回のヒロインも「ユリゴコロ」同様にゲス女です。というか『彼女がその名を知らない鳥たち』に登場する男女は、すべ...
»続きを読む
カテゴリー:

「沼田まほかる」の画像

もっと見る

「沼田まほかる」の動画

Wikipedia

沼田 まほかる(ぬまた まほかる、1948年- )は、日本の小説家。女性。大阪府出身、奈良県在住。

経歴

大阪府の寺に生まれる。1985年より大阪文学学校に学ぶ。

若くして結婚し主婦をするが、堺の母方祖父の跡継ぎを頼まれ、夫がその住職となる。その後離婚、得度して自身が僧侶となる。40代半ばで知人と建設コンサルタント会社を創設するが十年ほどで倒産する。50代で初めて書いた長編九月が永遠に続けばで第5回ホラーサスペンス大賞を受賞し、56歳で遅咲きのデビューを果たす。デビュー以降も作品を発表し続けるも書評家には評価されながらヒットにはつながらなかった。

しかし2012年、ユリゴコロで第14回大藪春彦賞を受賞し、本屋大賞にもノミネートされると既存の文庫が一気に売れ出し、九月が永遠に続けばの文庫版は半年で60万部が増刷された。その他、彼女がその名を知らない鳥たち、猫鳴り、アミダサマの文庫計4冊で発行部数は120万部を超える。

湊かなえ真梨幸子らとともに...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる