「治安部隊」とは?

関連ニュース

エジプトでイスラム武装勢力と銃撃戦、治安部隊側54人が死亡 - 10月22日(日)01:19 

 エジプトで20日、警察とイスラム武装勢力の間で銃撃戦があり、これまでに治安部隊側54人が死亡しました。
カテゴリー:

キルクーク近郊の衝突に懸念=米 - 10月21日(土)07:45 

 【ワシントン時事】米国務省のナウアート報道官は20日、イラク北部キルクーク近郊でイラク軍とクルド自治政府の治安部隊が衝突したとの報道について、声明で「情勢を注視している」と述べ、懸念を表明した。また、イラク中央政府に対し、中央政府とクルド自治政府が帰属を争う係争地への部隊派遣を制限し、新たな衝突を避けるよう要請した。 【時事通信社】
カテゴリー:

イラク:政府軍さらに進軍 クルド側から次々に係争地奪還 - 10月19日(木)10:01 

 【カイロ篠田航一】イラク北部クルド自治政府が実効支配していた油田地帯キルクークを巡る帰属争いで、イラク中央政府軍は全域を掌握したキルクークに続き、19日までに自治区に隣接するニナワ県やディヤラ県にも進軍した。ロイター通信によると、モスル近郊の水力発電用ダムなどの重要施設も次々に制圧。自治政府の治安部隊「ペシュメルガ」は目立った抗戦をせずに撤退した模様だ。
カテゴリー:

クルド部隊が全面撤退 自治区外の実効支配地域 - 10月18日(水)08:53 

【カイロ共同】イラク北部のクルド自治政府の治安部隊ペシュメルガは17日、北部シンジャールや中部ディヤラ州ハナキンな...
カテゴリー:

アフガン:3州で警察襲撃 74人死亡 タリバン犯行声明 - 10月18日(水)00:47 

 【ニューデリー金子淳】アフガニスタン東部パクティア州など3カ所で17日、警察施設などが武装集団に襲撃され、AP通信によると、計74人が死亡した。いずれの攻撃でも旧支配勢力タリバンが犯行声明を出した。パクティア州では州都ガルデズの州警察本部で自爆と銃撃があり、州警察長官を含む41人が死亡。南部ガズニ州の治安部隊の拠点でも自爆などで警官ら30人が死亡した。また西部ファラー州の政府庁舎でも警官3人が殺された。
カテゴリー:

イラク軍とクルド自治政府側が衝突 10/21 12:55更新 - 10月21日(土)12:55 

イラク軍などは20日、クルド自治政府が実効支配してきた油田地帯のキルクーク県北部へ進軍し、自治政府の治安部隊との間で衝突が起きた。自治政府側が目立った抵抗をしたのは初めてとみられ、死傷者も出ているもよう。
カテゴリー:

イラク:政府軍「キルクーク県制圧完了」 クルド側と衝突 - 10月20日(金)20:01 

 【カイロ篠田航一】イラク中央政府軍は20日、クルド自治政府と帰属を争う係争地の油田都市キルクーク北郊の町に進軍し、自治政府の治安部隊「ペシュメルガ」と衝突した。ロイター通信などが伝えた。衝突による死傷者数など詳細は不明だが、一時的な砲撃の応酬があった模様だ。キルクーク県内でクルド側が実効支配する最後の地域で、衝突後にイラク軍が掌握し、同県内の制圧を完了したという。
カテゴリー:

治安部隊が数百人のロヒンギャ殺害か アムネスティ報告 - 10月18日(水)20:28 

 ミャンマー西部ラカイン州から逃れた50万人を超すイスラム教徒ロヒンギャが難民になっている問題で、国際人権NGO「アムネスティ・インターナショナル」は18日、難民への聞き取り調査から、ミャンマー政府の…
カテゴリー:

「独立」追求捨てず=クルド議長、イラク進軍非難 - 10月18日(水)06:18 

 【カイロ時事】イラク北部クルド自治政府のバルザニ議長は17日の声明で、イラク中央政府と帰属を争う係争地キルクークをイラク軍が掌握したことに対し、「クルド人は長年抑圧を受けながら、決して戦争を求めなかった。いつも戦争を押し付けられてきた」と非難した。また、「クルド独立のために上げた声は無駄にはならない」とクルド人住民に訴え、9月の住民投票で示された「独立支持」の実現を追求する考えを示した。 自治政府の治安部隊ペシュメルガは、イラク軍と大規模な衝突がないままキルクークから撤退した。議長は「イラク政府などとの合意に基づく措置だ。クルド人自治区の安定のため、必要なすべてのことを行う」と強調した。 一方、イラクのアバディ首相は17日の記者会見で、「キルクークの住民は中央政府による管轄を求め、独裁的な支配を終わらせるよう促した」とキルクーク制圧を正当化。「違法な投票は、クルド人の利益を害することになる」と語った。 【時事通信社】
カテゴリー:

「掃討終了」後も焼き打ち=ロヒンギャの村破壊と人権団体-ミャンマー - 10月17日(火)20:15 

 【バンコク時事】ミャンマー西部ラカイン州のイスラム系少数民族ロヒンギャの迫害問題で、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチは17日声明を出し、アウン・サン・スー・チー国家顧問が武装集団に対する掃討作戦の終了を宣言した後も、ロヒンギャの村に対する焼き打ちが続いていたと明らかにした。最新の衛星写真の分析で判明したという。 9月21日に撮影したとされる衛星写真では、ロヒンギャの村が灰燼(かいじん)に帰しているのに対し、隣接する仏教徒の村は無傷のままとなっている。 声明によると、ロヒンギャの武装集団と治安部隊の衝突が8月25日に始まって以降、焼き打ちで少なくとも288の村が完全あるいは部分的に破壊された。スー・チー氏はロヒンギャ問題に関する9月19日の演説で、掃討作戦は同月5日以降は行われていないと語ったが、その後も少なくとも66の村が焼かれていた。 国連などによれば、戦闘を逃れるため、隣国バングラデシュに脱出したロヒンギャ住民は衝突開始後、58万2000人に達した。ヒューマン・ライツ・ウオッチは「ミャンマー国軍は殺害や性的暴行、その他の人道に対する罪を働きながらロヒンギャの村を破壊し、住民を脱出に追い込んでいる」と非難。「関係各国は迫害を終わらせるよう強く求めるべきだ」と訴えた。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「治安部隊」の画像

もっと見る

「治安部隊」の動画

Wikipedia

  • 転送 準軍事組織...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる