「沢松奈生子」とは?

関連ニュース

笑福亭鶴瓶、元プロテニスプレーヤーのマシンガントークにタジタジ - 06月21日(水)14:05 

元プロテニスプレーヤーの沢松奈生子が、6月20日に放送された『チマタの噺』(テレビ東京系列、毎週火曜24:12~)に出演。彼女の止まらないおしゃべりに、番組は沢松の独壇場と化した。沢松は、92年バルセロナ、96年アトランタ五輪出場、1995年全豪オープンベスト8に進出するなど、日本女子テニス界を牽引した名選手のひとり。現在は情報番組のコメンテーターとしても活躍中である。そんな沢松に対しスタッフから印象を聞かれた鶴瓶は、功績を称えながらも「イメージが全然違う。朝の番組(TBS『あさチャン!』)見ていて、この人面白い人ですよ」と語っていた。いざトークとなると、地元が一緒と盛り上がる2人。沢松が高校生の頃、テニスの練習中によく鶴瓶を見かけたそうで「ボールを打ちながら“そろそろ鶴瓶さん来るで”言いながら練習してましたもん」と接点を明かした。鶴瓶は「そんなことになってんの!」と驚き「そこでやってはった人が、朝の情報番組出てしゃべっているって」と信じがたい様子であった。また、夫との出会いはお見合いだったことを告白した沢松。夫の印象について「ここが嫌やっていうのが全く見えない。一緒にお食事していても、食べ方汚いとか、従業員の方をぞんざいに扱ったりとかが全くなかった。この人やないと結婚したくないとか、恋に落ちたとかじゃなくて、“もう断る理由ないやんか”っていう」と話した。さらに「アスリートを受け止...more
カテゴリー:

笑福亭鶴瓶、元プロテニスプレーヤーのマシンガントークにタジタジ - 06月21日(水)14:00 

元プロテニスプレーヤーの沢松奈生子が、6月20日に放送された『チマタの噺』(テレビ東京系列、毎週火曜24:12~)に出演。彼女の止まらないおしゃべりに、番組は沢松の独壇場と化した。沢松は、92年バルセロナ、96年アトランタ五輪出場、1995年全豪オープンベスト8に進出するなど、日本女子テニス界を牽引した名選手のひとり。現在は情報番組のコメンテーターとしても活躍中である。そんな沢松に対しスタッフから印象を聞かれた鶴瓶は、功績を称えながらも「イメージが全然違う。朝の番組(TBS『あさチャン!』)見ていて、この人面白い人ですよ」と語っていた。いざトークとなると、地元が一緒と盛り上がる2人。沢松が高校生の頃、テニスの練習中によく鶴瓶を見かけたそうで「ボールを打ちながら“そろそろ鶴瓶さん来るで”言いながら練習してましたもん」と接点を明かした。鶴瓶は「そんなことになってんの!」と驚き「そこでやってはった人が、朝の情報番組出てしゃべっているって」と信じがたい様子であった。また、夫との出会いはお見合いだったことを告白した沢松。夫の印象について「ここが嫌やっていうのが全く見えない。一緒にお食事していても、食べ方汚いとか、従業員の方をぞんざいに扱ったりとかが全くなかった。この人やないと結婚したくないとか、恋に落ちたとかじゃなくて、“もう断る理由ないやんか”っていう」と話した。さらに「アスリートを受け止...more
カテゴリー:

「沢松奈生子」の画像

もっと見る

「沢松奈生子」の動画

Wikipedia

沢松 奈生子さわまつ なおこ, 1973年3月23日 - )は、兵庫県西宮市出身の元女子プロテニス選手。夙川学院高等学校、神戸松蔭女子学院大学卒業。シングルス自己最高ランキングは14位。WTAツアーでシングルス4勝を挙げた。2学年上のライバルクルム伊達公子と並んで、日本女子テニス界の黄金時代を築いた名選手のひとりである。

1995年全豪オープンでベスト8進出を果たした。

1975年のウィンブルドン女子ダブルスで、日本人女性初のテニス4大大会優勝を果たした沢松和子は、彼女の叔母に当たる。実弟の沢松登も同志社国際高等学校テニス部、同志社大学体育会テニス部を経て、東レに入社、実業団テニス部にて活躍している。

選手経歴

沢松は曽祖父からのテニス一家に生まれ育った。母親の沢松順子は、妹の和子とペアを組んで1970年ウィンブルドン女子ダブルスのベスト8に入ったことがある。父親の沢松忠幸は、和子と一緒に197...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる