「沢村一樹」とは?

関連ニュース

中村蒼「僕にとって転機になる」三島由紀夫原作ドラマで“命を売る男”に - 11月20日(月)14:36 

俳優の中村蒼が、BSジャパンにて2018年1月クールに放送される「連続ドラマJ 三島由紀夫『命売ります』」(毎週土曜21:00~)で主演を務めることがわかった。原作は、三島由紀夫の「命売ります」。昨年、「隠れた怪作小説発見!」と銘打って重版が進み、30~50代を中心に26万部という異例の大ヒットを記録し、ベストセラーとなった。作中、自分の人生行く先を悟ってしまった男が始めたのは、“命を売ること”。“命を売る男”と“企みをもつ依頼人たち”との駆け引きは、毎回思わぬ展開へ向かう。中村演じる“命を売る男” 山田羽仁男は、広告代理店に勤め、経歴、収入など何不自由ない生活を送っていた。しかし、突然自殺を決行。それに失敗し、「命を売る」ビジネスをスタートさせる。次々と舞い込んでくる奇々怪々な依頼に応じる中で、命と向き合うことになる。今回のオファーを受け、「多くの人から愛されている三島さん作品で、 主人公を演じられて光栄です」と喜びを語った中村。「独特な三島ワールドが映像化されることでどうなるのか楽しみです。命を売る、命を捨てる覚悟が出来ている男はどんな人生を送るのか。“死ぬこと"に対して前向きで、それが周りの幸せに繋がるというのは不思議な感覚ですが、どうやってストーリーが進んでいくのか楽しみです」と撮影を待ち望んでいる様子。さらに、「この作品は僕にとって転機になる予感がします」と明かし、「色々...more
カテゴリー:

田中美奈子、旧知の仲・沢村一樹主演ドラマにゲスト出演 - 11月17日(金)05:00 

沢村一樹が主演を務めるドラマ『ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)の第5話が、11月17日に放送。田中美奈子がゲスト出演する。同ドラマは、累計37万部を売り上げた直木賞受賞作家・荻原浩の人気シリーズ『ユニバーサル広告社』が原作。ドラマでは、原作シリーズの中から「花のさくら通り」を映像化。港町の寂れたシャッター商店街に事務所を移転した「ユニバーサル広告社」の奮闘を描く。また、脚本は岡田惠和が担当。NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』後、初めてドラマ脚本を務めることとなる。出演者にも、主演の沢村をはじめ、和久井映見、三宅裕司、やついいちろうという『ひよっこ』に登場した人気俳優が集結している。今回のゲストである田中は、沢村と同い年で1995年に放送されたドラマ『星の金貨』(日本テレビ系)からの旧知の仲。田中のブログでは、「“今年も一緒に仕事出来るみたいだね〜”と(沢村から)メールが来て、確かに毎年1回⁈ はお仕事一緒になってるかも」と共演を喜んでいる。沢村演じる本作の主人公・杉山利史は、元“売れっ子広告マン”。自信過剰で大手代理店を飛び出すも、職に就けず、弱小代理店「ユニバーサル広告社」社長・石井健一郎(三宅)に拾われる。会社は移転を繰り返し、遂に港町の寂れた商店街に拠点を移す。第5話では、杉山は純喫茶「ジュルビアン」の看板娘・さくら...more
カテゴリー:

西内まりや 月9ドラマ打ち上げで語っていた仕事への重圧 - 11月17日(金)00:00 

歌手で女優の西内まりや(23)が所属事務所『ライジングプロダクション』とトラブルを起こしていたと、11月16日発売の『週刊文春』が報じた。 記事によると、10月3日に都内にある所属事務所内で西内が事務所社長の頬をビンタ。10月下旬には代理人を通して来年4月以降の契約を更新しない旨を伝えてきたという。同誌の取材に対し、所属事務所は「まぎれもない事実です」と回答。いっぽう西内の代理人は「事実はございません」と反論し、両者の主張は真っ向から対立している。 西内といえば、13歳のときより雑誌『ニコラ』、続いて『Seventeen』の専属モデルとしてティーンから絶大な支持を獲得してきた。14年に歌手デビューするや日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。そして、17年1月にはフジテレビの“月9”枠にて連続ドラマ『突然ですが、明日結婚します』で初のヒロインを務めた。華々しい人生を歩んできた彼女にいったい何が――。 「この1年ほど、西内さんは体調不良に悩まされていました。それでもプロ根性の強い彼女は、与えられた仕事を一生懸命こなしてきた。しかし、その努力もむなしく同ドラマは月9史上ワースト視聴率という結果に。以降、真面目な彼女はみるみるうちに憔悴してしまい、表舞台から遠ざかるようになってしまいました。当時の“癒えない傷”が、今回の騒動の引き金になっ...more
カテゴリー:

有村架純が主演女優賞に輝く! 「ひよっこ」続編に「子供がいたら幸せですね!」 - 11月15日(水)14:00 

'17年夏クールにかけて放送されたドラマを対象に開催した「週刊ザテレビジョン 第94回ドラマアカデミー賞」の受賞作が決定。 【写真を見る】受賞の喜びを語る有村/撮影=大川晋児 最優秀主演女優賞には、朝ドラ「ひよっこ」でヒロインを演じた有村架純に輝いた。奥茨城の平凡な少女が、父の失踪を機に集団就職で上京し、ひたむきに生きる姿を好演した。役作りのため、体重を5キロ増やしたことや、カメラ目線で「大好き」とつぶやいたシーンなども大きな話題になった。 ことしの「第68回NHK紅白歌合戦」にも、2年目2回目となる紅組司会に選ばれ、今後さらなる活躍が期待される有村。そんな有村に喜びのコメントをもらった。 '17年夏クールにかけて放送されたドラマを対象に開催した「週刊ザテレビジョン 第94回ドラマアカデミー賞」の全9部門の受賞作が決定した。 ――ドラマアカデミー賞で、最優秀主演女優賞に選出されました。受賞のお気持ちをお聞かせください 作品や、私が演じたみね子という女の子が皆さんの中にずっと残り続けてくださっていることがすごくうれしいですし、この役に出合えてよかったなと思います。演じる上でいろいろな葛藤がありましたけど、「ひよっこ」しか演じていなかった24歳は自分の中で一生忘れられない大事な期間。いくつになっても思い出せる1年になりました。 ――10代後半から20代前半まで演じていく中で、みね子の変...more
カテゴリー:

川口春奈主演、ハワイ発、人気パンケーキ店の実話をドラマ化 『ひよっこ』脚本家も参加 - 11月13日(月)07:22 

 女優の川口春奈が、Amazonオリジナルドラマ『しろときいろ ~ハワイと私のパンケーキ物語~』(1話=約15分、全25話)に主演。2018年早春にAmazonプライム・ビデオにて独占配信がスタートする。日本でのパンケーキブームの火付け役でもある人気パンケーキ店で日本進出を果たした女子大生と彼女を支えた家族と仲間たちの実話をドラマ化。脚本総監修に連続テレビ小説『ひよっこ』などのヒットメーカー岡田惠和を迎え、ひとりの女子大生と彼女を支えた家族や仲間達の心温まる物語を描き出す。 【画像】『しろときいろ』タイトル入り  絶大なる癒しと幸せをもたらす白くて黄色くてまぁるい食べ物、その名はパンケーキ。口に入れた瞬間広がるふわふわ食感、メープルシロップの甘み、そして芳醇なバターの香り。パンケーキを頬張る時、人は至福を感じるのだ。その人気はとどまるところを知らず、今や日本には数々のパンケーキ店が増殖中。  そんなパンケーキブームの第一人者であり火付け役となったのがハワイのカジュアルレストラン「Eggs 'n Things(エッグスンシングス)」。この店のクリームたっぷりのおいしいパンケーキを日本で食べられるきっかけを作ったのは、ひとりの女子大生だった。湘南に住む少女・夏海はハワイでのある出会いをきっかけに、世界的人気店のオーナーになることを決意。苦悩や挫折を味わいながら、彼女が夢をかなえる...more
カテゴリー:

中村蒼「僕にとって転機になる」三島由紀夫原作ドラマで命を売る男に - 11月20日(月)14:30 

俳優の中村蒼が、BSジャパンにて2018年1月クールに放送される「連続ドラマJ 三島由紀夫『命売ります』」(毎週土曜21:00~)で主演を務めることがわかった。原作は、三島由紀夫の「命売ります」。昨年、「隠れた怪作小説発見!」と銘打って重版が進み、30~50代を中心に26万部という異例の大ヒットを記録し、ベストセラーとなった。作中、自分の人生行く先を悟ってしまった男が始めたのは、“命を売ること”。“命を売る男”と“企みをもつ依頼人たち”との駆け引きは、毎回思わぬ展開へ向かう。中村演じる“命を売る男” 山田羽仁男は、広告代理店に勤め、経歴、収入など何不自由ない生活を送っていた。しかし、突然自殺を決行。それに失敗し、「命を売る」ビジネスをスタートさせる。次々と舞い込んでくる奇々怪々な依頼に応じる中で、命と向き合うことになる。今回のオファーを受け、「多くの人から愛されている三島さん作品で、 主人公を演じられて光栄です」と喜びを語った中村。「独特な三島ワールドが映像化されることでどうなるのか楽しみです。命を売る、命を捨てる覚悟が出来ている男はどんな人生を送るのか。“死ぬこと"に対して前向きで、それが周りの幸せに繋がるというのは不思議な感覚ですが、どうやってストーリーが進んでいくのか楽しみです」と撮影を待ち望んでいる様子。さらに、「この作品は僕にとって転機になる予感がします」と明かし、「色々...more
カテゴリー:

田中美奈子、旧知の仲・沢村一樹主演ドラマにゲスト出演 - 11月17日(金)05:00 

沢村一樹が主演を務めるドラマ『ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)の第5話が、11月17日に放送。田中美奈子がゲスト出演する。 同ドラマは、累…
カテゴリー:

女性記者のドラマ座談会「月9低視聴率もったいない」 - 11月15日(水)16:00 

10月に始まった秋ドラマもそろそろ中盤に突入。そこで、本誌女性記者たちが、ドラマファンの目で熱烈に、芸能記者の目で冷静に、今からでも見てほしいドラマ作品を紹介! 題して「ドラマ大好き本誌女性記者による女性のための2017秋ドラマ座談会」。 A「『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系・木曜21時〜)の視聴率が、今シーズンも相変わらずいいです。第5話は20.8%」 B「『相棒 season16』(テレビ朝日系・水曜21時〜)とか、2シーズン目の『コウノドリ』(TBS系・金曜22時〜)もそうだけど、あの辺は揺るぎない面白さがあるね。あと、シリーズじゃないけど『陸王』(TBS系・日曜21時〜)。あの『半沢直樹』枠の池井戸潤さん原作ものは、外れがない!」 C「3話で鳥居みゆきがゲスト出演していて、そういう遊び心も楽しい。ほかのドラマでも、最近、印象的なゲスト出演が多い気が。浅野忠信と神木隆之介が共演の『刑事ゆがみ』(フジテレビ系・木曜22時〜)も毎回ゲストが豪華。1話は杉咲花ちゃんでしたから」 B「あれもキャストがいいよね。やっぱり浅野忠信はこういう役をやらなくちゃっていう感じのぴったりの役」 C「沢村一樹主演『ユニバーサル広告社〜あなたの人生、売り込みます!〜』(テレビ東京系・金曜20時〜)も好きです。構えず気楽に見られて」 B「脚本家がNHK朝ドラの『ひよっこ』の...more
カテゴリー:

田中美奈子、旧知の仲・沢村一樹主演ドラマにゲスト出演 - 11月14日(火)17:00 

沢村一樹が主演を務めるドラマ『ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)の第5話が、11月17日に放送。田中美奈子がゲスト出演する。同ドラマは、累計37万部を売り上げた直木賞受賞作家・荻原浩の人気シリーズ『ユニバーサル広告社』が原作。ドラマでは、原作シリーズの中から「花のさくら通り」を映像化。港町の寂れたシャッター商店街に事務所を移転した「ユニバーサル広告社」の奮闘を描く。また、脚本は岡田惠和が担当。NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』後、初めてドラマ脚本を務めることとなる。出演者にも、主演の沢村をはじめ、和久井映見、三宅裕司、やついいちろうという『ひよっこ』に登場した人気俳優が集結している。今回のゲストである田中は、沢村と同い年で1995年に放送されたドラマ『星の金貨』(日本テレビ系)からの旧知の仲。田中のブログでは、「“今年も一緒に仕事出来るみたいだね〜”と(沢村から)メールが来て、確かに毎年1回⁈ はお仕事一緒になってるかも」と共演を喜んでいる。沢村演じる本作の主人公・杉山利史は、元“売れっ子広告マン”。自信過剰で大手代理店を飛び出すも、職に就けず、弱小代理店「ユニバーサル広告社」社長・石井健一郎(三宅)に拾われる。会社は移転を繰り返し、遂に港町の寂れた商店街に拠点を移す。第5話では、杉山は純喫茶「ジュルビアン」の看板娘・さくら...more
カテゴリー:

GLAY・JIRO、加入初ライブは「7人」 横アリ満員に感無量  - 11月12日(日)06:00 

 ロックバンド・GLAYが11日、全国ツアー『GLAY ARENA TOUR 2017 “SUMMERDELICS”』の横浜アリーナ2daysの初日公演を開催し、1万2000人を熱狂させた。 【写真】新曲「あなたといきてゆく」などを熱唱するTERU  GLAY結成から4年後の1992年に加入したJIRO(B)は「ここ横浜は僕がGLAYに加入して初めてライブをした場所です」と回顧。「その時はお客さん7人だったけど、今日は満員の1万2000人! TERU、TAKURO、HISASHIを信じてついてきてよかったと心から思います」と感慨深げに語った。  全25公演(24万人動員)のツアーは後半戦に突入し、14公演目。最新アルバム『SUMMERDELICS』(7月発売)の収録曲を中心に、代表曲「HOWEVER」、ニューシングル「WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~」(22日発売)のリード曲「あなたといきてゆく」などを熱演した。  ボーカルのTERUは来年3月17日に台北アリーナで開催される約5年ぶりとなる台湾公演『GLAY ARENA TOUR 2018 “SPRINGDELICS”in Taipei』を告知。昨年には、ファンクラブ発足30周年ライブ(2026年)をイタリア・ベネチアで行うことを宣言していることから「僕らと旅行する感じで、みんなで一緒に行こう!」と海外...more
カテゴリー:

もっと見る

「沢村一樹」の画像

もっと見る

「沢村一樹」の動画

Wikipedia

沢村 一樹(さわむら いっき、1967年7月10日 - )は、日本俳優タレント。本名は野村 耕蔵(のむら こうぞう)田中美奈子、沢村一樹の本名ばらす あまりに固い名前に周囲も困惑 - デイリースポーツ(2016年11月16日配信)。鹿児島県出身。研音所属。身長184cm。鹿児島県立松陽高等学校卒業。

人物 略歴

幼少期は、決して裕福ではなく、浴室がない古いアパートに住んでいた。内向的な性格で、一人遊びを好んでやっていた。出身小学校は鹿児島市立中郡小学校。沢村が12歳の時に父親が家を出て後に離婚、父親が作った1000万円の借金を返済するために母が夜遅くまで働いて、沢村と沢村より4歳年下の妹を育て上げた。小学校の時に、母親に芸能界に進むように言われ、この頃から芸能界を志す。高校時代はバレーボール部に所属し、卒業後は、地元でアルバイト生活をしていた。父親は、沢村が19歳の時に他界した。20歳で18万円を手に鹿児島から飛行機で上京し、俳優を目指しながら、ファッションモデルとして活躍。上京してすぐは、住居が決まっていなかったた...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる