「沢村一樹」とは?

関連ニュース

木村拓哉 テレ朝会長に直訴した15年ぶりの禁断アクション - 01月18日(木)06:00 

「1月4日に、東京・六本木にあるテレビ朝日本社で、『新年の出陣式』が行われました。そこに登場したのが木村拓哉さんだったのです」と語るのはテレビ朝日関係者。 『新年の出陣式』とは早川洋会長(74)をはじめ、テレビ朝日首脳陣や局員たちも一堂に会する仕事始めの儀式だという。毎年、テレビ朝日で放映されるドラマの出演者たちがゲストとして登場する。前出のテレビ朝日関係者が続ける。 「今年は、まず『DOCTORS~最強の名医~新春SP2018』の沢村一樹さんと高嶋政伸さんが登場。さらに木村さんが姿を現したのですが、思わぬ大物の出演に会場がどよめきました。なんでも木村さん本人の言葉によれば、こうしたテレビ局の新年会に出席するのは初めてのことだそうです」 1月18日からスタートする連続ドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)で、木村はボディガード役を演じる。 「民間警備会社所属ですので、拳銃などは持つことができず、“丸腰”で警護対象者を守っていきます。12月上旬から撮影ははじまっていますが、並々ならぬ意欲を燃やしているとか……」(テレビ誌記者) 自身初だというテレビ局新年会出席も、その意欲の表れだったのだろう。1月4日の『出陣式』では、こんな衝撃発言も飛び出したという。 「ドラマの撮影について司会者から尋ねられたとき、木村さんが突然...more
カテゴリー:

伝説の舞台「焼肉ドラゴン」映画化!真木よう子×井上真央×桜庭ななみ×大泉洋が結集 - 01月17日(水)05:00 

 2008年に日本の演劇賞を総なめにした伝説の舞台「焼肉ドラゴン」が映画化され、演出を務めてきた鄭義信が初監督作としてメガホンをとっていることが明らかになった。  「月はどっちに出ている」で第67回キネマ旬報ベストテン脚本賞、「愛を乞う人」で日本アカデミー賞最優秀脚本賞、「血と骨」で第78回キネマ旬報ベストテン脚本賞など、数多くの映画作品で脚本賞に輝いてきた鄭は、演劇界でも「たとえば野に咲く花のように」「パーマ屋スミレ」などの脚本・演出を手がけている。そんな鄭にとって、満を持してともいえる初監督作に真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋という豪華キャストが結集した。  第43回紀伊國屋演劇賞で個人賞、第16回読売演劇大賞で大賞・最優秀作品賞を含む4冠に輝いた同作の舞台となるのは、高度経済成長期の真っただ中、万国博覧会が開催された1970年代。関西の地方都市の一角にある小さな焼肉店では、故郷を奪われた家族6人が時代の波に翻ろうされながらも泣いて笑って、力強く生きる姿をユーモアに満ちた描写、印象的なセリフとともに描く。  小さな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営み、「たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる」が口癖の龍吉と妻・英順のもとで育った三姉妹を演じるのが真木、井上、桜庭だ。長女・静花役の真木は、映画化に際し「ワクワクした感覚と、舞台とスクリーンの違いがどうなるのかといっ...more
カテゴリー:

鈴木亮平 沢村一樹・黒木華ら、「大人西郷どん」集合写真公開 - 01月15日(月)15:05 

俳優の鈴木亮平が自身のアメブロで、「西郷どん」に出演する俳優陣の集合写真を公開している。NHK大河ドラマ「西郷どん」で鈴木は主演の西郷隆盛役。1月7日の1話では西郷の子供時代が描かれ、鈴木は14日放送の2話からの登場になった。 鈴木亮平は13日、「明日からはいよいよ…チーム「大人西郷どん」始動じゃっど!」「左から、大久保正助役・瑛太くん!大山格之助役・北村有起哉さん!西郷吉之助役・私鈴木亮平!有馬新七役・増田修一朗さん!赤山靱負先生役・沢村一樹さん!有村俊斉役・高橋光臣くん!村田新八役・堀井新太くん!岩山糸役・黒木華ちゃん!」とコメントし、大人メンバーの集合写真を公開した。 また鈴木は、「子役たちの熱演に皆さんからの感想をたくさんいただき、本当に嬉しいです。僕もちょくちょく現場に見学に行ってたのですが、本当に頑張ってましたもの、彼ら。」と1話での子役の熱演を絶賛し、「子どもたちの熱演に負けないよう、気張りもす!!」と意気込みを語っている。 ファンからは「西郷どんは素晴らしいですね。みんなから愛されている理由がわかりました。」「皆さんの熱演でテレビの前で観ているわたしも体に力が入って放送が終わった時に大きな息をしました」「大河ドラマは正直、初めて見たんですけどめちゃめちゃ面白かったです!」などたくさんのコメントが寄せられた。 【関連記事】 ・「チーム「大人西郷どん」始動」(鈴...more
カテゴリー:

鈴木亮平「チーム『大人西郷どん』始動じゃっど!」 - 01月14日(日)17:29 

徳川幕府を転覆させ明治維新を成し遂げた武士の一人・西郷隆盛の生涯を、“笑いと愛と波乱”という視点から描いていく「西郷どん」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)。 【写真を見る】鈴木亮平は「これが『チーム大人西郷どん」じゃあ!」とアピール 1月7日に放送された第1回では、薩摩の大自然でのびのびと育つ西郷の幼少期をドラマチックに描き、堂々のスタートを切った。薩摩藩の跡継ぎである島津斉彬(渡辺謙)との運命的な出会いは、西郷の幼少期・小吉役の渡邉蒼の熱演も相まって、SNSなどで大きな話題を呼んだ。 14日(日)放送の第2話では、いよいよ鈴木亮平演じる西郷吉之助が登場する。放送に先立って13日、鈴木は自身の公式ブログを更新し、大久保正助役・瑛太らとの集合ショットを公開した。 鈴木はブログの中で、小吉役の渡邉ら子役たちの好演が光った第1話について「子役たちの熱演に皆さんからの感想をたくさんいただき、本当に嬉しいです。僕もちょくちょく現場に見学に行ってたのですが、本当に頑張ってましたもの、彼ら」とつづり、渡邉との2ショットも披露した。 そして、「さあさあ、そんな蒼くんたちからのバトンをしっかりと受け取って…明日からはいよいよ…チーム『大人西郷どん』始動じゃっど!左から、大久保正助役・瑛太くん!大山格之助役・北村有起哉さん!西郷吉之助役・私鈴木亮平!有馬新七役・増田修一朗さん!赤山...more
カテゴリー:

本日スタート大河ドラマ「西郷どん」主演・鈴木亮平「西郷さんの草履は小さかった」 - 01月07日(日)09:45 

大河ドラマ「西郷どん」(NHK  脚本:中園ミホ)が1月7日(日)からはじまる。ドラマがはじまる前の予習として、制作統括の櫻井賢と、主演の鈴木亮平のことばをまとめておこう。 西郷さんは失敗するまずは、櫻井賢。大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』、連続テレビ小説『マッサン』の制作統括を担当している。『西郷どん』前半のキーになる撮影を鹿児島で行った際、あまりに濃厚な撮影で声を潰してしまったというほど、鹿児島ロケの場面は序盤の見どころになるようだ。「西郷吉之助(鈴木亮平)と島津斉彬(渡辺謙)がはじめて互いを認識し合う、ひじょうに重要な場面の撮影を、地元・鹿児島の方々に協力によって島津家ゆかりの場所・仙巌園等で撮ることができました。地元の熱意と応援がもの凄かったです。地元のエキストラの方々も前のめりになって芝居に参加してくださいました。芝居のなかで、斉彬公の『皆の者、大儀であった』と言う台詞を聞いて、涙をこぼしておられる方もいたほどです」そもそも、今回、西郷隆盛を題材に選んだわけは、西郷隆盛の人間的魅力であった。「西郷隆盛の名前はよく知られていますが、実際のところ何をしたかはよく知られていません。でもその生涯は、三度結婚したり、奄美大島で暮らしたりと、波乱に満ちています。林真理子さんの小説に書かれた、島での愛加那(二階堂ふみ)との出会いがなければ、“西郷隆盛”は存在しなかったという切り口にも魅...more
カテゴリー:

中川翔子、舞台「戯伝写楽2018」出演 舞台メイクにも奮闘 - 01月17日(水)15:57 

タレントの中川翔子が、16日のアメブロにて、出演している舞台「戯伝写楽2018」についてつづった。  12日に東京芸術劇場で開幕した同舞台は、浮世絵師・写楽に焦点を当て、謎めいた写楽の物語を伝説と仮説に基づいて描いているもの。 『戯伝写楽』は、たった10ヶ月の間に、145点余の作品を残し忽然と消えた浮世絵師・東洲斎写楽に焦点を当て、「写楽は女だった・・・」という大胆な発想で写楽の謎にせまりながら、喜多川歌麿、葛飾北斎、十返舎一九、大田南畝(別号・蜀山人)など、寛政の時代に己の才能のまま、熱く自由に生きる芸術家たちの姿を等身大の人間として描いたミュージカル。2010年に初演が行われ、今回は8年ぶりに、作詞・森雪之丞、演出・河原雅彦、また中川をはじめとする新キャストも加わり、東京をはじめ全国4カ所にて上演される。  中川は、非凡なる才能を持つ絵師でヒロインのおせい役。おせいの舞台メイクは中川自身がやっているといい、ブログでは「赤朱鷺色のシャドウが難しいですが江戸みを出すにはがんばるぜ!」とおせい姿の自撮り写真を公開。また、「お手紙とか、さいきん落ち込み気味だったからほんとげんきいただく 食いしばって乗り越えていこう」「でんぱ組ねむきゅんが、みにきてくれました ほんとうれしいよ、ありがとうね」など、ファンや友人の支えが有難いともつづった。  舞台後の痣だらけの膝も公開し、大変...more
カテゴリー:

前田耕陽 大沢樹生と会食2ショット「そりゃあ肥えるわ。笑笑」とツッコまれる - 01月16日(火)17:01 

 元男闘呼組のメンバーでタレントの前田耕陽が15日に更新した自身のアメブロで、元光GENJIの大沢樹生と食事に行ったことを明かした。 「昨日はひさしぶりの銀座でこれまた久しぶりの大沢樹生君と会食~!! いろんな話に花が咲きました、、、、、、 ちょっと今年は面白い展開になりそうだよ。。。 しかしミキオ変わらんな。。。 俺はすっかりおっさんだけど、、、、」とつづり、2ショット写真を公開。  前田がリーダーを務めていた男闘呼組は1985年にジャニーズ事務所からデビューした4人組ロックバンドで、1987年にデビューした光GENJIとは、同時期に活躍。ジャニーズ事務所では珍しいバンドグループで、1993年に活動休止となり事実上の解散となっているが、ジャニーズ事務所に所属する「光GENJI」、「少年忍者」、「男闘呼組」の三組は総称して“少年御三家”と呼ばれており、少年御三家としての合同コンサートを日本武道館で行ったこともあった。なお前田と大沢の2人は2015年にCS放送のオリジナルドラマで共演している。  この日の会食については、大沢も自身のアメブロで投稿しており、「今日は銀座にてこちらさんと仕事ミーティング 3人でshareするオードブルをこちらさん1人で喰っちゃった。笑  そりゃあ肥えるわ。笑笑」と、前田の食べっぷりについて苦笑いの様子であった。  ファンからは、「大沢さん変わらな...more
カテゴリー:

鈴木亮平、W西郷ショット公開! - 01月14日(日)22:15 

NHK大河ドラマ『西郷どん』で主演を務める俳優の鈴木亮平が13日、オフィシャルブログを更新。 西郷隆盛役を演じる鈴木とその子ども時代・西郷小吉を演じる渡邉蒼との“W西郷”ショットを公開した。 同ドラマは、薩摩藩の下級武士の長男に生まれ、2度の島流し、3度の結婚を経験し、幕末志士の一人として「勇気と実行力」で時代を切り開いた男。明治維新の立役者でありながら、最期は新政府との戦いに散った西郷隆盛の生涯を描く。 鈴木は、西郷隆盛の18歳から死没する49歳までを演じる。 第1話は西郷の子ども時代・西郷小吉(渡邉)が登場し、その熱演ぶりがネットで話題に。 「チーム『大人西郷どん』始動」と題して更新されたブログは、「子役たちの熱演に皆さんからの感想をたくさんいただき、本当に嬉しいです。僕もちょくちょく現場に見学に行ってたのですが、本当に頑張ってましたもの、彼ら」と鈴木も関心。 そして、「さあさあ、そんな蒼くんたちからのバトンをしっかりと受け取って…明日からはいよいよ…チーム「大人西郷どん」始動じゃっど! 左から、大久保正助役・瑛太くん! 大山格之助役・北村有起哉さん! 西郷吉之助役・私鈴木亮平! 有馬新七役・増田修一朗さん! 赤山靱負先生役・沢村一樹さん! 有村俊斉役・高橋光臣くん! 村田新八役・堀井新太くん! 岩山糸役・黒木華ちゃん! 子どもたちの熱演に負けないよう、気張りもす!!...more
カテゴリー:

三宅裕司、放送100回に感慨「絶対に忘れられない顔や人がある」 - 01月09日(火)12:00 

三宅裕司が、視聴者から届いた日本全国の街の“自慢”を確かめに向かう旅番組「三宅裕司のふるさと探訪~こだわり田舎自慢~」(BS日テレ)が、1月16日(火)で放送100回を迎える。 【写真を見る】100回目の放送は長野・大町へ。聞き込みを開始する三宅裕司/(C)BS日テレ 2015年4月から放送がスタートし、日本各地のグルメや絶景を足を運んで自分の目で確かめてきた三宅。約3年を振り返り、三宅がコメントを寄せた。 ■ 三宅裕司コメント 「ふるさと探訪」が100回を迎える。ということは、日本の地方都市100カ所ほどを訪れたことになる。 若い頃はエンターテインメントの勉強のためにニューヨークやロンドン、パリなどに目が向いていたが、60歳を過ぎて「もっと日本を知らなければ」と思っていたところでこの番組に出合った。 味噌カレー牛乳ラーメン(第11回、青森・青森の旅)、天然かき氷(第43回、栃木・日光の旅)、鳥のむしり(第46回、長野・佐久の旅)、がっこそば(第25回、山形・金山の旅)、わらじカツ丼(第50回、埼玉・小鹿野の旅)など、あげればきりがない味。 北アルプスを映す水鏡(第44回、長野・安曇野の旅)、ハスの花と朝日の風景(第12回、宮城・大崎の旅)、東洋のナイアガラ(第20回、鹿児島・伊佐の旅)、SLを真上から見られる吊り橋(第24回、静岡・川根本町の旅)、木曽川に沈む夕日(第39回、愛知...more
カテゴリー:

「沢村一樹」の画像

もっと見る

「沢村一樹」の動画

Wikipedia

沢村 一樹(さわむら いっき、1967年7月10日 - )は、日本俳優タレント。本名は野村 耕蔵(のむら こうぞう)田中美奈子、沢村一樹の本名ばらす あまりに固い名前に周囲も困惑 - デイリースポーツ(2016年11月16日配信)。鹿児島県出身。研音所属。身長184cm。鹿児島県立松陽高等学校卒業。

人物 略歴

幼少期は、決して裕福ではなく、浴室がない古いアパートに住んでいた。内向的な性格で、一人遊びを好んでやっていた。出身小学校は鹿児島市立中郡小学校。沢村が12歳の時に父親が家を出て後に離婚、父親が作った1000万円の借金を返済するために母が夜遅くまで働いて、沢村と沢村より4歳年下の妹を育て上げた。小学校の時に、母親に芸能界に進むように言われ、この頃から芸能界を志す。高校時代はバレーボール部に所属し、卒業後は、地元でアルバイト生活をしていた。父親は、沢村が19歳の時に他界した。20歳で18万円を手に鹿児島から飛行機で上京し、俳優を目指しながら、ファッションモデルとして活躍。上京してすぐは、住居が決まっていなかったた...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる