「沢村一樹」とは?

関連ニュース

【ドラマ】沢村一樹、渡瀬恒彦さん最後の熱演に「鳥肌が立ちました」 『そして誰もいなくなった』第二夜 - 03月26日(日)23:19 

オリコン 3/26(日) 12:30配信  テレビ朝日系ドラマスペシャル『そして誰もいなくなった』が25日に第一夜、きょう26日(後9:00~)に第二夜が放送される。「ミステリーの女王」と称される 英国の女性作家アガサ・クリスティの長編推理小説を日本初映像化。原作は1939年(昭和14年)の英国が舞台だが、同ドラマは現代日本に置き換え、天才的な観察眼を持つ 刑事が謎解きをしていく大胆な脚色に挑んでいる。その刑事役を演じる俳優の沢村一樹に話を聞いた。  沢村は「これまでいろいろな刑事、探偵の役をやらせていただきましたが...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

名作「そして誰もいなくなった」を初めてドラマ化!沢村一樹と荒川良々が孤島で起きた連続殺人の謎に挑む! - 03月25日(土)09:00 

アガサ・クリスティの名作「そして誰もいなくなった」がドラマ化され、25・26日の二夜連続で放送される(両日とも午後9時から、テレビ朝日系)。同作の映像化は日本初…
in English
カテゴリー:

テレ朝・2夜連続『そして誰もいなくなった』渡瀬恒彦さんの遺作に - 03月24日(金)17:30 

 あす25日・26日の2夜連続、テレビ朝日系で放送されるドラマスペシャル『そして誰もいなくなった』(両日とも後9:00~)。今月14日に亡くなった俳優・渡瀬恒彦さん(享年72)の遺作となってしまったのは残念で仕方ないが、渡瀬さんを筆頭に、トップクラスの人気を誇る俳優たちの共演により、見応えのある作品に仕上がっている。原作は、1939年に英国で刊行された「ミステリーの女王」アガサ・クリスティの長編推理小説。意外なことに今作が日本初の映像化である。 テレビ朝日系ドラマスペシャル『そして誰もいなくなった』予告編  絶海の孤島にあるホテルに招待された客がひとり、またひとりと殺されていき、ついには全員が殺され、後日10体の死体が発見される。その10人を、仲間由紀恵、向井理、柳葉敏郎、余貴美子、國村隼、藤真利子、大地真央、橋爪功、津川雅彦、そして渡瀬さんが演じた。  「クローズド・サークルミステリー」(外界から隔てられた“閉鎖空間”で起こる事件や謎を題材にした作品)の代表作といわれる原作は、英国をはじめ世界各国で、舞台や映画・テレビドラマとして上演、上映されてきた。日本でも“それっぽい”オマージュ作品はたくさんあり、原作ファン、アガサファンはもとより、原作を読んだことがなくてもなんとなくストーリーを知っているという人も多いだろう。  日本で映像化の企画が上がっても、実現に至らなかった『...more
in English
カテゴリー:

渡瀬恒彦さんを追悼「十津川警部シリーズ42」3・27再放送 - 03月23日(木)18:56 

 今月14日に72歳で亡くなった渡瀬恒彦さんを偲び、27日、TBS系で『西村京太郎サスペンス十津川警部シリーズ42「九州ひなの国殺人ルート」』(後8:00~10:54)が放送される。同作は、2009年9月28日に放送された十津川警部シリーズの代表作のひとつ。渡瀬さんが主演した十津川警部シリーズは全54作を数えるが、この「九州ひなの国殺人ルート」は3時間スペシャルとして製作され、番組の魅力である旅情をたっぷりと描き、事件の裏にある壮絶な人間模様をあぶりだして、ファンには特に印象に残る作品だった。 翌25日には渡瀬さんの遺作『そして誰もいなくなった』が放送  都内で全裸の女性の遺体が発見される。太股に彫っていた刺青を手掛かりに、女がイヴという名のコールガールで大分県日田市の出身だと判明。十津川警部(渡瀬)と、十津川が最も信頼する亀井刑事(伊東四朗)は日田に向かい捜査を開始する。ところが、地元の刑事は何かを隠している様子。その後、イヴは地元の大物政治家の娘らしいとの証言も飛び出すが、捜査は難航。しかし十津川はやがて、イヴが残したひな人形に事件の謎を解く鍵が秘められていたことに気づく…というストーリー。  撮影時は、日田市民の協力を得て、観光名所やグルメなども盛り込んだ大ロケーションを敢行。ドラマのクライマックスの舞台、日田祇園祭も再現。大きな山車を中心にした迫力いっぱいの祭りの賑わ...more
in English
カテゴリー:

『相棒15』最終回視聴率16.2% 前シーズン最終回より上昇 - 03月23日(木)10:04 

 俳優・水谷豊主演のテレビ朝日系ドラマ『相棒season15』の最終回(第18話)が22日、午後8時から2時間スペシャルで放送され、平均視聴率が16.2%だったことが23日、わかった。前シーズンの最終回15.8%を上回る数字を残して、今シーズンを終えた。昨年10月から放送された今シーズンの全18回の平均は15.2%だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 【動画】『相棒-劇場版IV-』予告  最終回は、警視庁広報課長・社美彌子(仲間由紀恵)の秘密が暴かれるという衝撃的な内容。その真相をめぐって、杉下右京(水谷)と相棒・冠城亘(反町隆史)の正義が対立。亘が「所詮、自己満足でしょう」と批判すると、右京は「想像が及ばないのならば、黙っていろ」としかりつけ、さらに亘が「右京さん、あなた、何様だ」と言い返す、ヒリヒリするようなやり取りも見られた。  警視庁副総監・衣笠藤治(大杉漣)、息子の不祥事で降格処分になった警察庁長官官房付・甲斐峯秋(石坂浩二)、亘の元上司で法務省・法務事務次官の日下部彌彦(榎木孝明)ら“上層部”の思惑も波乱含みのまま、今シーズンは終了した。 ■最近の『相棒』最終回と平均視聴率 『相棒7』(2008年10月~09年3月)最終回19.5%/平均(19回)18.1%※亀山薫卒業 『相棒8』(2009年10月~10年3月)最終回20.4%/平均(19回)17.9% ...more
in English
カテゴリー:

沢村一樹、渡瀬恒彦さん最後の熱演に「鳥肌が立ちました」 『そして誰もいなくなった』第二夜 - 03月26日(日)12:30 

 テレビ朝日系ドラマスペシャル『そして誰もいなくなった』。25日に第一夜、きょう26日(後9:00~)に第二夜が放送される。「ミステリーの女王」と称される英国の女性作家アガサ・クリスティの長編推理小説を日本初映像化。原作は1939年(昭和14年)の英国が舞台だが、同ドラマは現代日本に置き換え、天才的な観察眼を持つ刑事が謎解きをしていく大胆な脚色に挑んでいる。 テレビ朝日系ドラマスペシャル『そして誰もいなくなった』予告編  その刑事役を演じる俳優の沢村一樹は、「これまでいろいろな刑事、探偵の役をやらせていただきましたが、その中でも今回の事件はなかなかのモノです。時代を変え、設定を変えるだけでまったく新しい作品になるのがアガサ・クリスティの地力なのかもしれません」と太鼓判を押す。  第一夜では、八丈島沖に浮かぶ孤島・兵隊島に立つ「自然の島ホテル」に10人の男女が島に呼び寄せられ、それぞれの過去の罪が暴露され、ひとり、またひとりと殺されていく、怒とうの展開。第二夜の前半までに10人全員が殺されてしまい、島には“誰もいなくなる”。  第二夜の後半では、事件の報を受けた警視庁捜査一課の警部・相国寺竜也(沢村)と八丈島東署捜査課の警部補・多々良伴平(荒川良々)らが本格的に捜査を開始する。大きな“密室”となっていた島で何が起きたのか。犯人は誰なのか? 10人は何のために集められ、殺されな...more
in English
カテゴリー:

【試写室】「そして誰もいなくなった」極上のミステリーに背筋が凍りっ放し - 03月25日(土)06:00 

1に仕事、2に仕事、3、4がなくて5に仕事、そして誰もいなくなった…友人が。 【写真を見る】密室と化した島に集まった10人が次々と殺されていく…!/(C)テレビ朝日 万が一これを読んでいる知り合いがいたら、「もともといねえだろ!」ってツッコミはできればない方向でお願いしたいところではあるが…。 というより、そもそもアガサ・クリスティの世界的名作のタイトルで遊ぶ時点で不謹慎か。 各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。 今回は3月25日(土)、26日(日)に放送される仲間由紀恵主演の「二夜連続ドラマスペシャル アガサ・クリスティ『そして誰もいなくなった』」(テレビ朝日系)を取り上げる。 アガサ・クリスティの名作を日本で初めて映像化した同ドラマは、絶海の孤島で10人の男女が謎の声により過去の罪を暴露され、さらには不可解な連続殺人事件に巻き込まれていく物語。仲間を主演に迎え、向井理、柳葉敏郎、余貴美子、國村隼、藤真利子、大地真央、橋爪功、津川雅彦、渡瀬恒彦といった豪華なキャストが集結している。 八丈島沖に浮かぶ孤島・兵隊島に立つ「自然の島ホテル」のオーナー・七尾審によって10人の男女が島に呼び寄せられる。 元水泳選手の白峰涼(仲間)、元東京地裁裁判長...more
in English
カテゴリー:

沢村一樹「これまでの謎解きはこの作品のための謎解き」 - 03月24日(金)07:00 

3月25日(土)、26日(日)に放送される仲間由紀恵主演の「二夜連続ドラマスペシャル アガサ・クリスティ『そして誰もいなくなった』」(テレビ朝日系)。 【写真を見る】“黒縁眼鏡”を掛けた沢村一樹「今、はやっていますよね!」 アガサ・クリスティの名作を日本で初めて映像化した同ドラマは、絶海の孤島で10人の男女が謎の声により過去の罪を暴露され、さらには不可解な連続殺人事件に巻き込まれていく物語だ。 今回、原作にはないオリジナルの役柄である、警視庁捜査一課の警部・相国寺竜也を演じる沢村一樹に、役どころや撮影現場でのエピソード、見どころなどのインタビューを行った。 ――オファーを受けたとき、どう思いましたか? お話を頂いたときは、もう素直に「やった!」って思いました。ただ、「これ結構、プレッシャーを感じないといけない役なんだな…」と台本を読んでから事の重大さを実感して、喜び半分と、どうしようという不安でいっぱいでした。 ――台本を読んだとき、どう感じましたか? 同じ作品でも第一夜と第二夜は違うテイストの作品になっています。視聴者の方目線だと、第一夜は島に来た10人が殺されていくところを目撃して、「犯人は誰だ!?」というところで終わります。 第二夜は、じっくりとなぞ解きをしていって、真相に迫っていく。原作が80年くらい前の作品だと思えないほど、色あせることなく、台本を読んでストーリーも面白い...more
in English
カテゴリー:

芳根京子から有村架純へ、朝ドラ主演がバトンタッチ 長期撮影乗り切る極意も伝授 - 03月23日(木)16:10 

 NHK朝の連続テレビ小説の主演バトンタッチセレモニーが3月23日、東京・渋谷の同局で行われ、4月1日に最終回を迎える第95作「べっぴんさん」の芳根京子と、同3日からスタートする第96作「ひよっこ」の有村架純が出席。互いに花束を贈呈し、「撮影中にお会いした際にはちょっとお疲れの様子でしたが、クランクアップのニュースを見て涙が出そうでした。しっかりと受け継ぎ、最後まで走り抜けたいです」(有村)、「共通のメイクさんを通じてエールを送り合ったり、いつも有村さんにはパワーをもらっていました。事故なくケガなく病気なく走り抜けることを、心より願っています」(芳根)とほほ笑みあった。 ・【フォトギャラリー】芳根京子と有村架純、その他の写真はこちら  約10カ月間のハードな撮影を駆け抜け、戦後の動乱期に服作りにまい進するヒロイン・坂東すみれを演じきった芳根。涙をこらえながら「朝、放送を見られるときは家で見ていますが、(撮影の日々を)もう懐かしくも感じていたり、不思議な気持ちです」と話し、「半年前に高畑充希さんから受け取ったバトンを、今日有村さんに渡せること、そして有村さんからのお言葉をいただき、泣きそうになってしまいました。この1年は貴重な、大きな経験をさせていただきました」と万感の思いを口にした。  一方で、高度成長期を生き抜く奥茨城村の農家育ちのヒロイン・谷田部みね子に扮する有村。撮影は...more
in English
カテゴリー:

TBSで渡瀬恒彦さん追悼番組決定「十津川警部シリーズ」第42弾を再放送 - 03月22日(水)14:15 

3月14日に亡くなられた俳優の渡瀬恒彦さんをしのび、TBSでは3月27日(月)夜8時から追悼番組として「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ42 九州ひなの国殺人ルート」を再放送することが分かった。 【写真を見る】今なおファンが多い渡瀬恒彦さん版の“十津川警部”の活躍が再び見られる/(C)TBS 同作は、2009年9月28日に3時間のスペシャル企画として放送されたもので、渡瀬さん演じる十津川警部の活躍を描く人気サスペンスドラマシリーズの第42弾。 【STORY】 十津川警部と亀井刑事(伊東四朗)の記事を書くために、フリーライター・岩村妙子(藤谷美紀)が2人の取材をすることになった。 早速インタビューが始まったのもつかの間、十津川らは殺人事件発生の報を受け、現場へ急行。十津川は、殺害された女性はコールガールのイヴ(野間れい)で、彼女が大分・日田市の出身だということを突き止める。そんなイヴの部屋には、ひな人形が一体残されていた。 その後、日田市へ向かった十津川と亀井。地元警察の野崎警部補(的場浩司)は、イヴは日田市出身の大物政治家・首尾木大造(西岡徳馬)の次女・咲子なのではないかと切り出す。 大造は数年前の不正献金事件で議員を辞職したが、今も大きな力を持っており、大造の秘書・朝倉伸夫(猪野学)が、咲子の姉・美也子(原田佳奈)と結婚して跡を継ぐことも決まっていた。 しかし十津川の問い...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「沢村一樹」の画像

もっと見る

「沢村一樹」の動画

Wikipedia

沢村 一樹(さわむら いっき、1967年7月10日 - )は、日本俳優タレント。本名は野村 耕蔵(のむら こうぞう)。

鹿児島県出身。研音所属。身長184cm。鹿児島県立松陽高等学校卒業。

人物 略歴

少年時代に父親が家を出て後に離婚、父親が作った借金返済のために母が夜遅くまで働いて、沢村と沢村より4歳年下の妹を育て上げた。20歳で上京してファッションモデルとして活躍。その後、1996年に日本テレビ系“しんドラ”松田のドラマ(内村光良監督)で俳優デビュー。

俳優デビューの同年、連続ドラマ初出演作続・星の金貨で悪役の矢上俊明役で知名度を獲得して以後、ショムニでの神谷真太郎役などの幅広い役柄をこなす演技派として活躍している。

2000年9月からTBS系の2時間サスペンス浅見光彦シリーズで前任者の辰巳琢郎から引き継いで主演しており、シリーズは2012年時点で辰巳を抜いて17作...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる