「沢村一樹」とは?

関連ニュース

「ひよっこ」早くも乙女寮ロスの声! 年少コンビは仲良しツインコーデ? - 05月29日(月)20:51 

5月27日に放送された有村架純主演の連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月~土曜麻8:00-8:15、NHK総合ほか)が、平均視聴率19.6%の高視聴率を記録。惜しくも20%超えはならなかったものの、向島電機の危機に多くの視聴者が敏感に反応した。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区) 【写真を見る】“年少コンビ”松本穂香&藤野涼子が劇中では見せない顔に?/※画像は連続テレビ小説「ひよっこ」(nhk_hiyokko)公式Instagramのスクリーンショットです 27日の第48回は、綿引(竜星涼)がみね子(有村)に「東京で実を捜せなくなった」と謝るところから始まった。 故郷の茨城にいる父のため、帰ることになったのだという。実(沢村一樹)のことが心残りだと言われるが、突然のことにみね子は何も言えないでいた。そして何となく寂しい気持ちになって寮へ帰る。 不思議な友情を結んだ雄大(井之脇海)にも事情を話し、一緒に屋台でラーメンを食べる。そして東京での最後の日も、実が目撃された街で綿引は聞き込みを続ける…というストーリーだった。 そして、29日に放送された第49回では、深刻な経営不振に陥っていた向島電機が倒産することが発表され、乙女寮のメンバーたちはぼうぜん自失。それぞれが転職活動をしなければ…という、みね子らにとって大きなピンチが訪れたところまで描かれた。 これにより、おのずと「次世代人気女優...more
カテゴリー:

みね子「綿引を好きだったのでは?」と指摘され…『ひよっこ』 - 05月26日(金)20:09 

有村架純を主演に迎えて放送中のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK総合、月~土曜8:00)。5月22日から第8週「夏の思い出はメロン色」が放送中。27日の放送では、綿引(竜星涼)が、「茨城に帰ることになった」とみね子(有村)に告げに来る。同作品は、『ちゅらさん』『おひさま』などを手掛けた岡田惠和が脚本を担当。東京オリンピックが開催された1964年から始まる物語で、戦後の高度経済成長の時期に、茨城県から集団就職で上京する女性の成長を描いていくオリジナル作品。上京した“金の卵”のみね子が、自らの殻を破って成長していく波乱万丈青春記。これまで、失踪中の父・実(沢村一樹)を探すのを手伝ってくれていた綿引だが、「東京で実を探せなくなった」と謝りに……。故郷の茨城にいる父のため、帰ることになったのだ。実のことが心残りだと言われるが、突然のことに何も言えないみね子。何となくさみしい気持ちになって向島電機の乙女寮へ帰るのだが、優子(八木優希)に「綿引のことが好きだったのではないか?」と言われ、みね子は驚く……。一方、雄大(井之脇海)にも事情を話した綿引。不思議な友情を結んだ2人は、一緒に屋台でラーメンを食べる。そして東京での最後の日も、実が目撃された街で綿引は聞き込みを続けるのだった。 関連リンク 有村架純、クリームソーダ初体験の顔がかわい...more
カテゴリー:

『ひよっこ』バス車内放送 古谷一行、佐久間由衣、泉澤祐希が決定 - 05月25日(木)17:55 

 NHK連続テレビ小説『ひよっこ』(月~土 前8:00 総合ほか)の放送に合わせ、ドラマの舞台となっている茨城県のNHK水戸放送局最寄りのバス停を通る路線バス(茨城交通)で実施しているドラマキャストによる車内放送の今後のラインアップが発表された。 【動画】『ひよっこ』ラッピングバスに乗ってみた  4月は、ヒロイン・みね子の父・谷田部実役の俳優・沢村一樹、5月は母・美代子役の木村佳乃が務めてきたが、6月1日からはじいちゃん・茂役の古谷一行、7月1日からはみね子の親友・時子役の佐久間由衣、8月からはみね子の親友・三男役の泉澤祐希が担当する。  キャストによる車内放送は、NHK水戸放送局最寄りのバス停「南町三丁目」到着時(上下線とも)に流れる。  同ドラマは、高度成長期の真っただ中、有村架純演じるヒロイン・谷田部みね子が、東京で出稼ぎしていた父・実が行方不明となってしまったことを機に、家計を支えるため、集団就職で上京。東京・向島にあるトランジスタラジオ工場で働き、故郷を思い、父の行方を探し、気にかけつつも、仲間たちと青春を謳歌する日々が描かれている。 【関連記事】 朝ドラ『ひよっこ』バス運行開始 車内アナウンスに沢村一樹が登場 (17年03月31日) 朝ドラ『ひよっこ』、全37曲入りサントラ6・21発売 (17年05月22日) 『ひよっこ』キャストも登壇 野良着ファッションシ...more
カテゴリー:

鈴木亮平、西郷隆盛に出会う旅へ - 05月24日(水)17:53 

 俳優の鈴木亮平が、24日に自身のブログを更新。NHK大河ドラマ『西郷どん』で演じる西郷隆盛に出会うため、南九州を訪れていたことを明かし、「沢山の西郷さんと出会い、それ以上にたくさんの地元の人たちの暖かさに出会った」と思いを綴った。【関連】「鈴木亮平」フォトギャラリー 大河ドラマ57作目となる『西郷どん』は、薩摩藩の下級武士の家に生まれ、明治維新に尽力した西郷隆盛の姿を描く歴史ドラマ。共演には、北川景子(於一役)のほか、高橋光臣(有村俊斎役)、堀井新太(村田新八役)、高梨臨(ふき役)、沢村一樹(赤山靭負役)、斉藤由貴(幾島役)が名を連ねている。 鈴木は「実は昨日まで一週間ほど、南九州を車で回ってきました。そうです、この人に出会う旅。どん!」と言葉を添えて、西郷隆盛の銅像や人形、南九州の町々の絶景を収めた写真や自撮りを公開。「沢山の西郷さんと出会い、それ以上にたくさんの地元の人たちの暖かさに出会った今回の旅。時間を見つけて少しずつレポートを書いていこうと思いますので、楽しみに、気長に待ってて下さいな」と思いを綴っている。 ブログを見たファンからは、「大河ドラマ、楽しみにしております!」「一緒に旅をしている感じ」「どんな 西郷どん見せてくれるのか楽しみにしています」「一緒に、南九州の旅、行きたかったです」などのコメントが寄せられた。引用:http://ameblo.jp/suzuki-...more
カテゴリー:

「ひよっこ」42話。土曜日に視聴率をあげる。ささやかに朝ドラ革命か - 05月22日(月)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第6週「椰子の実たちの夢」第42回 5月20日(土)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:福岡利武42話はこんな話奥茨城村では、お母さんたちの“女子会”が行われた。土曜日は特別な時間 「ひよっこ」の土曜日は、いつも少しだけ雰囲気が違う。42話の母たちの女子トークや、6話の稲刈り、18話のバスの車掌(松尾諭)の仕事の誇り、36話の食堂ではじめてのビーコロ(ビーフコロッケ)など、なんだかほっこりする話が多い。1週間のまとめのように、たとえ月から金まで観ていなくても、独立して楽しめるようなつくりになっている。そのせいか、朝ドラは土曜日の視聴率が低いと認識されていたが、「ひよっこ」は逆に、土曜日だけ20%台になる逆転現象も起きている。お休みのひとが多い土曜日の朝は、特別な時間。ドラマも特別な時間を描く工夫が、新たな視聴習慣を生んでいるのかもしれない。「革命おこしたんだねえ」三男(泉澤祐希)の母きよ(柴田理恵)、時子(佐久間由衣)の母・君子(羽田美智子)、みね子(有村架純)の母・美代子(木村佳乃)が、集まった。その様子に、「あれはなんなんですかね 必要なんですよね 女子にとっては」。引いてしまう人の「気持ちもわからないではないですよね」と増田明美のナレーションがかぶる。仕事があるにもかかわらず、...more
カテゴリー:

【ひよっこ通信(9)】工場閉鎖へ…みね子ら乙女たち決断のとき - 05月29日(月)07:15 

向島電機に経営危機が訪れ、“乙女寮ロス”の足音が聞こえてきそうな有村架純主演の連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。 【写真を見る】みね子(有村架純)と時子(佐久間由衣)のハグが意味することとは…?/(C)NHK 5月22日からの第8週は、みね子(有村)ら乙女寮の女性工員たちが水着を買って大はしゃぎする一方で、業績不振で給料が減額されてしまい、親身になって実(沢村一樹)を捜してくれていた綿引(竜星涼)が実家の茨城に帰ってしまうということになるなど、波乱含みの展開続きだった。 本作のあらすじを全156回分毎週全話紹介する連載「ひよっこ通信」。ここでは第9週『小さな星の、小さな光』の第49~54回までのあらすじを予習する。 ちなみに、“ひよっこ記者”的に第8週で気になった人物は、みね子らの先輩・幸子(小島藤子)の恋人であり、コーラスの先生・雄大役の井之脇海だ。 どちらかと言えば竜星演じる綿引の陰に隠れがちだった雄大先生だが、第8週では、そんな綿引の決断に対して、男らしい姿を見せ、「雄大先生にキュン!」「泣ける」などとまずまずの反響を呼んでいた。 「ひよっこ」屈指の好青年コンビが、今後再びツーショットを見せてくれる日はくるんだべか? ぜってーくるはずだ。だってお金返さないと駄目だっぺ! まあ、あのシーンで大事なのはそごじゃねえんだけども。 さ...more
カテゴリー:

みね子「綿引を好きだったのでは?」と指摘され…『ひよっこ』 - 05月26日(金)20:00 

有村架純を主演に迎えて放送中のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK総合、月~土曜8:00)。5月22日から第8週「夏の思い出はメロン色」が放送中。27日の放送では、綿引(竜星涼)が、「茨城に帰ることになった」とみね子(有村)に告げに来る。同作品は、『ちゅらさん』『おひさま』などを手掛けた岡田惠和が脚本を担当。東京オリンピックが開催された1964年から始まる物語で、戦後の高度経済成長の時期に、茨城県から集団就職で上京する女性の成長を描いていくオリジナル作品。上京した“金の卵”のみね子が、自らの殻を破って成長していく波乱万丈青春記。これまで、失踪中の父・実(沢村一樹)を探すのを手伝ってくれていた綿引だが、「東京で実を探せなくなった」と謝りに……。故郷の茨城にいる父のため、帰ることになったのだ。実のことが心残りだと言われるが、突然のことに何も言えないみね子。何となくさみしい気持ちになって向島電機の乙女寮へ帰るのだが、優子(八木優希)に「綿引のことが好きだったのではないか?」と言われ、みね子は驚く……。一方、雄大(井之脇海)にも事情を話した綿引。不思議な友情を結んだ2人は、一緒に屋台でラーメンを食べる。そして東京での最後の日も、実が目撃された街で綿引は聞き込みを続けるのだった。 関連リンク 有村架純、クリームソーダ初体験の顔がかわい...more
カテゴリー:

「ひよっこ」45話。乙女たちが観た「ウエスト・サイド物語」と桑田佳祐の主題歌の関係 - 05月25日(木)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第6週「夏の思い出はメロン色」第45回 5月24日(水)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:渡辺哲也  視聴率:  %(ビデオリサーチ社調べ 関東地区)前日比45話はこんな話海水浴当日、あいにく雨・・・みね子(有村架純)たちは、時子(佐久間由衣)の提案で、映画「ウエスト・サイド物語」を観に行く。てるてる坊主(「てるてる家族」を思い出す!)をつくり、明日を待ちわびるが、不穏な劇伴がかかって・・・。この曲が、実お父さん(沢村一樹)が心配、のときにかかる曲と同じで、ものすごく悪いことが起こりそうな気分になった。結局、雷まじりの雨で、落胆する乙女たちだったが、幸子(小島藤子)は寮長らしく、前向きに、とりあえずお弁当をつくろうと皆を鼓舞する。横並びでサンドイッチつくるところが、工場のラインと重なって可笑しい。そこへ、雄大(井之脇海)が正義(竜星涼)を連れてやってきた。ちょうど唯一の休日が海水浴の日と重なっていたのだ。ウエスト・サイド物語時子が映画「ウエスト・サイド物語」を観にいきたいと提案し、でかける一同。みんな映画をすっかり気に入って、寮に帰りお弁当を食べながら、シーンを反芻する。時子とみね子と澄子(松本穂香)が、「ウエスト・サイド〜」の代表的なダンスを真似するところが楽しい。映画に出かける...more
カテゴリー:

「ひよっこ」43話。とんかつ大好き愛子さんは、どこまでが天然なのか - 05月23日(火)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第6週「夏の思い出はメロン色」第43回 5月22日(月)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:渡辺哲也  43話はこんな話お盆が近づき、乙女たちは、海水浴に行こうと盛り上がる。楽しい海水浴、その前に 不穏な音楽と、ぼーっとした表情の実(沢村一樹)が映る。「生きていたんですね、実さん」と増田明美のナレーション。 なんだか雰囲気が違う・・・と気にさせながら、お父さんのターンは終了。 あんなに純朴で働き者で家族思いのお父さん、心がなくなったような今の表情はなぜなのか・・・。 別人(そっくりさん)だったらどうしよう。解説の重要性 1965年、夏。子供の好きなものとして、「巨人、大鵬、たまご焼き」という言葉ができたというお話。大鵬は横綱力士。巨人が勝つと、解説目当で、トランジスタラジオが売れるそう。解説とは、いまでいうコメンタリー。やはり視聴者は、解説が好きなのだ。○ツボった台詞「間違ってる」「しかも間違ってる」松下主任(奥田洋平)の、とぼけた澄子(松本穂香)の認識へのツッコミ。乙女たちの近況 東京に来てもうすぐ4ヶ月。時子(佐久間由衣)は劇団の稽古に参加するようになった。豊子(藤野涼子)は通信制の学校で優秀な成績をとった。幸子(小島藤子)は門限やぶり。「寮長ではなく不良長です。すみませんダジャ...more
カテゴリー:

朝ドラ『ひよっこ』、全37曲入りサントラ6・21発売 - 05月22日(月)08:00 

 女優・有村架純が主演するNHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』(月~土 前8:00 総合ほか)のオリジナル・サウンドトラックが、6月21日に発売されることが決定した。 ぱるるら新キャストも決定した朝ドラ『ひよっこ』  東京オリンピックが開催された1964年(昭和39年)から始まった『ひよっこ』は、奥茨城の小さな農家で生まれ育ったヒロイン・谷田部みね子(有村)が集団就職で上京し、自分の殻を破って成長していく波乱万丈のストーリー。ほかに、沢村一樹、木村佳乃、佐々木蔵之介、古谷一行、宮本信子らが出演している。  ドラマの劇伴は、作曲家/舞台音楽家の宮川彬良氏が担当。物語を彩り、視聴者の朝を元気にする全37曲を、余すことなく収録する。 【関連記事】 『ひよっこ』新キャスト発表 島崎遥香、竹内涼真、古舘佑太郎ら初出演 (17年04月26日) 島崎遥香、初出演の朝ドラで「最後まで温かい目で」と呼びかけ (17年04月26日) 『ひよっこ』新キャストが意気込み 竹内涼真「いいスパイスになれれば」 (17年04月26日) 有村架純ら『ひよっこ』ファミリーが茨城に集結「また明日からがんばっペ!」 (17年04月15日) 朝ドラ出演権をかけ、若手芸人3組が生放送でバトル (17年05月16日)
カテゴリー:

もっと見る

「沢村一樹」の画像

もっと見る

「沢村一樹」の動画

Wikipedia

沢村 一樹(さわむら いっき、1967年7月10日 - )は、日本俳優タレント。本名は野村 耕蔵(のむら こうぞう)。

鹿児島県出身。研音所属。身長184cm。鹿児島県立松陽高等学校卒業。

人物 略歴

少年時代に父親が家を出て後に離婚、父親が作った借金返済のために母が夜遅くまで働いて、沢村と沢村より4歳年下の妹を育て上げた。20歳で上京してファッションモデルとして活躍。その後、1996年に日本テレビ系“しんドラ”松田のドラマ(内村光良監督)で俳優デビュー。

俳優デビューの同年、連続ドラマ初出演作続・星の金貨で悪役の矢上俊明役で知名度を獲得して以後、ショムニでの神谷真太郎役などの幅広い役柄をこなす演技派として活躍している。

2000年9月からTBS系の2時間サスペンス浅見光彦シリーズで前任者の辰巳琢郎から引き継いで主演しており、シリーズは2012年時点で辰巳を抜いて17作...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる