「沢尻エリカ」とは?

関連ニュース

日暮旅人「超ドS」シシド・カフカに称賛集まる - 03月26日(日)19:05 

 松坂桃李(28)主演のドラマ『視覚探偵 日暮旅人』(日本テレビ系)が3月19日に最終回を迎えた。『SPEC』(TBS系)などを手がけた堤幸彦監督による斬新な演出や、北大路欣也(74)、濱田岳(28)らが演じる個性的なキャラクターが人気を集め、最終話は平均視聴率9.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。  最終回放送翌日の20日、このドラマに出演していたミュージシャンで女優のシシド・カフカ(31)がインスタグラムを更新。ドラマのクランクアップ時の写真を公開した。  このドラマでシシドが演じたのは、超ドS刑事の増子すみれ。相棒の土井潤一(和田聰宏/40)を規格外の行動でいつも振り回し、視聴者からは名物コンビとして愛されていた。インスタグラムには「楽しんで頂けたでしょうかー」「ストーリーとは裏腹に楽しい現場で和やかな撮影でした。写真はクランクアップの時のもの。ありがとうございました」というコメントとともに、和田と並んで花束を持ち、和やかな表情を浮かべるシシドの写真がアップされた。  シシドは“ドラムボーカリスト”という異色のミュージシャンとして、2012年にデビュー。27歳という遅咲きながら、デビュー後すぐに出演したグリコ『プリッツ』のCMで大迫力のドラムを披露し、注目を集めた。また、女優としても活動しており、出演作品は少ないが、存在感のある演技が評判となっている。 「シシド...more
in English
カテゴリー:

エリカ様ノーブラ泥酔で“ポロリ”はしょっちゅう!? - 03月24日(金)16:37 

女優の沢尻エリカ(30)が23日、「ダウンタウンDXDX」(日本テレビ系)に出演し、友人である女優の岩佐真悠子(30)からノーブラ&泥酔での“ポロリ”騒動を暴露…
in English
カテゴリー:

沢尻エリカ、ダウンタウンらに過去イジられ平謝り - 03月24日(金)09:44 

 女優の沢尻エリカ(30)が23日放送の日本テレビ系「ダウンタウンDX」に初出演。過去の言動を出演者にイジられ、平謝りだった。  オープニングからダウンタウンに過去の「別に…」騒動をイジられた沢尻。松本人志から「大丈夫ですか? トーク番…
in English
カテゴリー:

沢尻エリカ、お酒の失敗談を告白「ドレス1枚で暴れだすとポロリも…」 - 03月22日(水)18:21 

 女優の沢尻エリカが、23日放送の読売テレビ・日本テレビ系『ダウンタウンDXDX』(後9:00)に出演。MCのダウンタウンと初対面を果たし、松本人志はオープニングで「トーク番組、大丈夫ですか?何を聞いても『別に…』って答えられたら困りそうなんですけど…」と過去の沢尻の騒動をイジった。 【写真】笑顔で自身の失敗エピソードを話す沢尻エリカ  沢尻は「独占告白!ニュースな現場の舞台ウラ」で、主演映画『ヘルタースケルター』の撮影中にスタジオを飛び出し、撮影が中断した事件について初告白。幻覚が見えて発狂するシーンで、役が憑依して自分がわからなくなり、スタジオを飛び出した沢尻は「この時の事はほとんど覚えていない。映画の中でMAXに狂っちゃうんですけど、自分もおかしくなって…。車を走らせてどこかに行っちゃって…」と衝撃事件を振り返った。  また、「芸能界!リアルクレーム!」では、親友の岩佐真悠子から沢尻へ「一緒にクラブに遊びに行くと、露出が激しいドレスなのにノーブラのため、見えないかいつもハラハラする。そして、お酒が入るとテンションがMAXになって叫んだり踊ったり笑ったり泣いたりと大騒ぎする」とクレームの手紙が届く。昔のことと強調した沢尻だが、「当時は今よりもドレッシーな服を着ていて、ドレス1枚で暴れだすとポロリもあったので…」と過去の暴走エピソードや、最近のお酒での失敗談を披露した。 ...more
in English
カテゴリー:

沢尻エリカ「ドレス1枚でポロリもあった」と猛省 - 03月22日(水)11:55 

女優の沢尻エリカが、3月23日(木)21時から放送の『ダウンタウンDXDX 朝から晩まで!芸能人の素顔さらけ出しSP』(読売テレビ・日本テレビ系)に出演。ダウンタウンと初対面を果たす。今回のスペシャルでは、総勢24人の芸能人の朝から晩までを根こそぎ紹介し、自宅やコレクションなどを大公開していく。オープニングトークでは、ダウンタウンと沢尻が初対面という話題になるが、松本人志は「トーク番組、大丈夫ですか? 何を聞いても“別に……”って答えられたら困りそうなんですけど」と昔の騒動を掘り返して笑いを起こす。また、ゲストが普段食べている朝食を食べる時刻が早い順にVTRや写真を交えて紹介する「芸能人の朝ごはん~私こんなん食べてます~」では、沢尻の朝食は7時であることが明らかに。おかずは、玉ねぎ入りスクランブルエッグ、ベーコン、サラダなどで、松本は「鎖国前には一切なかった」と洋食をイジる。さらに、ゲストが世間を騒がせた現場の舞台裏をカミングアウトする「独占告白!ニュースな現場の舞台ウラ」では、映画『ヘルタースケルター』の撮影中にスタジオを飛び出し、撮影が中断したという衝撃事件について初告白。幻覚が見えて発狂するシーンで、役が憑依して自分がわからなくなり、スタジオを飛び出したそうで、沢尻は「この時のことはほとんど覚えていない。映画の中でMAXに狂っちゃうんですけど、自分もおかしくなって……。車を走...more
in English
カテゴリー:

ドラマ版には好意的な声も!『笑う招き猫』は胸アツな感動作 - 03月24日(金)17:58 

清水富美加と松井玲奈がW主演した青春ストーリー『笑う招き猫』(4月29日公開)。キャストに関しての騒動ばかりが先行して報じられているが、ドラマ・映画とも通常運行。 【写真を見る】清水富美加が女漫才師に!/[c]山本幸久/集英社・「笑う招き猫」製作委員会 第16回小説すばる新人賞を受賞した山本幸久の同名小説を『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』(12)や『大人ドロップ』(14)の飯塚健監督が映画化した本作。結成5年目の売れない女性漫才コンビ“アカコとヒトミ”を主人公に、彼女たちがお笑いの世界で奮闘し、挫折を味わいながら夢を追う姿を描く青春ストーリーだ。 劇中で清水富美加が演じるのはOLをやめて漫才師に転身したヒトミ。松井玲奈演じる相方のアカコが繰り出すトリッキーなボケに対し、つっこむ姿は、口調や間から抜群の説得力を感じられ、どこからどう見ても漫才師。またアカコと時には全力でぶつかり合いながらもひたむきに人気漫才師を目指す様には、“夢追い人”の本気度が充満。見ているこちらも胸が熱くなるほど感動的だ。 映画の公開に先駆けて、3月19日からは全4話のテレビドラマシリーズの放映もスタート。初回の放送後にはSNS上にドラマの感想の投稿も多く見られ、「ドラマ面白かった。久しぶりに青春映画を見た感じ」「二人がネタ考えるシーンが好き」といったドラマへの高評価や、久しぶりにテレビに登場し...more
in English
カテゴリー:

沢尻エリカ、酒を飲むと記憶をなくしてポロリ!を笑顔で明かす - 03月24日(金)11:11 

沢尻エリカが『ダウンタウンDX』(日本テレビ)に出演。同番組に初出演を果たした。
in English
カテゴリー:

エリカ様、松本人志の質問に「別に…」!?クラブではいつもノーブラなの!? - 03月23日(木)07:00 

「ダウンタウンDXDX朝から晩まで!芸能人の素顔さらけ出しSP」(日本テレビ系)が23日午後9時から放送され、女優の沢尻エリカ(30)や芸人のパーマ大佐(23)…
in English
カテゴリー:

岡崎京子『リバーズ・エッジ』を行定勲監督、二階堂ふみ、吉沢亮で映画化 - 03月22日(水)12:28 

岡崎京子の同名人気マンガが、行定勲が監督し、主演に二階堂ふみ、相手役に吉沢亮を迎え『リバーズ・エッジ』として映画化されることがわかった 1993年〜1994年にかけて「CUTiE」(宝島社)で連載されていた原作は、バブルが弾け、世紀末を間近に控えた90年代が舞台。それまでの少女マンガとは対照的に、リアルなセックス描写や、愛や暴力の描写、都市に生きる若者たちの欲望や不安、焦燥感といった現実を果敢に描き続け、20年以上の歳月を経た今もなお、新しい読者を獲得し続けている。 二階堂が演じるのは、母と2人暮らしで同い年の彼氏もいる、イマドキの女子高生・若草ハルナ役。生活に特に不満はないが、どこか生きづらさを感じている役どころだ。 二階堂は10代の頃、この原作と出会っており、「10代でこの作品に出会えたことが財産だと思っています」と語るほど、深く惹きつけられたそう。本作で演じる若草ハルナの印象については「“実感”に程遠い、若さと強さを纏った女の子。彼女の目線の先を、つい想像してしまいます」と話している。 一方、吉沢が演じるのは、ゲイであることから学校になじめず、いじめにあっているがどこか達観しているミステリアスな男子高校生の山田一郎役。原作の印象について「90年代の高校生が抱える虚無感や何か大きな波にのみこまれて身動きが取れないでいる姿が、現代の若者となんら変わらないと感じました」と話...more
in English
カテゴリー:

「森のくまさん」騒動のパーマ大佐、もう怒られたくない - 03月22日(水)11:54 

お笑いタレントのパーマ大佐が、3月23日(木)21時から放送の『ダウンタウンDXDX 朝から晩まで!芸能人の素顔さらけ出しSP』(読売テレビ・日本テレビ系)に出演。童謡「森のくまさん」の替え歌騒動を振り返る。今回のスペシャルでは、総勢24人の芸能人の朝から晩までを根こそぎ紹介し、自宅やコレクションなどを大公開していく。ゲストが世間を騒がせた現場の舞台裏をカミングアウトする「独占告白!ニュースな現場の舞台ウラ」で、初登場のパーマ大佐はあの騒動を振り返る。元々、番組のネタ用に曲を作り、その後CD化の話になるが、作詞者が販売差し止めを求める事態へ発展。パーマ大佐は「円満解決したんですけど、今回の件もあって、事務所ももう怒られたくない。何も言われていない曲もどんどんYouTubeから消していったらつまんない曲しか残っていないんです。ホントに困っていて……」と深刻な悩みを告白する。『R-1ぐらんぷり』では残念ながら準決勝で敗退したパーマ大佐。そこで、Jポップ“あるある”をテーマにした、決勝で披露する予定だった幻のオリジナルネタを披露することに。同じく初登場の古坂大魔王は、ソフトバンクのCMでジャスティン・ビーバーと初共演した際のマル秘エピソードを語る。そもそも、古坂がプロデュースするピコ太郎のPPAPが世界を席捲したのはビーバーがTwitter上で「お気に入り」とつぶやいたことがきっかけ。初...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「沢尻エリカ」の画像

もっと見る

「沢尻エリカ」の動画

Wikipedia

ERIKA(エリカ、1986年4月8日)はフランスパリ出身という設定でデビューした沢尻の歌手名義である。SonyMusic所属。公式にはあくまで沢尻エリカと別人とされているが、本項目では同一人物として扱う。

設定

1986年4月8日生まれ。出身地は、フランスパリ郊外。影響をうけたミュージシャンは、レッド・ツェッペリンを挙げている。プロフィールに関しては以上の事柄以外明らかにされていない。フェンダーがERIKAモデルの特注ギターを製作。

設定では沢尻エリカと出身地は異なるが、誕生日が同じ。なお、出身地とされるフランスは、沢尻の母親の母国であるこのようなプロモーション方法は以前から存在し、ともさかりえ/さかともえりDJ OZMAの例がある。。公式サイトの外部リンクには沢尻の所属事務所であるスターダストプロモーションのアドレスが載せられており、本人の公式ホームペー...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる