「沖縄防衛局」とは?

関連ニュース

【辺野古】オキナワハマサンゴの一部に傷があることを確認 - 02月22日(木)22:05  newsplus

http://www.qab.co.jp/news/2018022299660.html 辺野古の新基地建設を巡り、2月16日に県が採捕許可を出したオキナワハマサンゴの一部に食べられたとみられる傷があることがわかりました。 沖縄防衛局によりますと、食害とみられる傷が見つかったのは、16日に県が特別採捕許可を出した希少種のオキナワハマサンゴで、13日から21日までの間に、骨格がむき出しになり白くなっているのが確認されました。 残りの部分は健全だと確認されているということで、沖縄防衛局は「環境監視等委員会の委員の意見も踏まえ今後、適切に移植したい...
»続きを読む
カテゴリー:

迅速な通報体制求める うるま市議会と市長が抗議  - 02月22日(木)15:45 

 【うるま】米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイのエンジンの空気取り入れ口が落下し、うるま市伊計島に漂着した問題を受け、うるま市議会(大屋政善議長)は22日、沖縄防衛局に高木健司次長を訪ね、全米軍機の住宅地上空での飛行禁止などを求める意見書を手交した。要請には島袋俊夫うるま市...
カテゴリー:

「裁判は人権侵害の不当弾圧だ!」パヨク、沖縄反基地リーダーらの無罪求める署名を提出 - 02月20日(火)11:12  news

沖縄県名護市辺野古への米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設などに対する抗議活動を巡り、威力業務妨害罪などに問われた反対派リーダーで沖縄平和運動センター議長山城博治被告(65)=求刑懲役2年6月=らの支援団体が20日午前、 被告の無罪を求める署名を那覇地裁(柴田寿宏裁判長)に提出した。 山城被告については、米国を中心とする平和・環境団体も起訴の取り下げなどを求めて国際署名活動を展開し、19日までに国内外から約6万4千筆の署名が集まった。 起訴状によると、山城被告は平成28年1月、辺野古の米軍キ...
»続きを読む
カテゴリー:

「海上チームはあきらめない」 護岸造成で砕石投下続く 市民らカヌー5艇で抗議  - 02月19日(月)12:41 

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設工事で沖縄防衛局は19日午前、大浦湾海上の現場で「K2護岸」や「K4護岸」の建設を進め、ダンプカーで搬入した砕石をクレーン車でつり下げて海中へ投下する作業を繰り返した。  辺野古新基地建設に反対する市民らは抗議船2隻、カヌー5...
カテゴリー:

沖縄の基地反対活動のニュースを見るたびに暗澹たる気持ちに――国防ジャーナリスト・小笠原理恵 - 02月17日(土)08:51 

「自衛隊ができない30のこと 23」  防衛省には事務仕事だけをする事務官がいます。職種にもよりますが、事務官等は戦闘員ではありませんから体力錬成などもなく事務作業をしています。防衛省職員(事務官等)は自衛隊員という身分ですが、事務官はごくごく普通の人たちで、防衛省や各自衛隊の総監部あるいは地方防衛局の職員として活躍しています。この中で、我々とあまりなじみのない地方防衛局の主な任務は、自衛隊・在日米軍と地方公共団体や地域住民をつなぐ「架け橋」となることです。とりわけ沖縄ではずっしりと重く辛い任務なのです。  2016年の夏頃に、沖縄防衛局の事務官たちが、「反対派」の激しい暴言を受け、掴みかかられる動画がインターネット上にアップされました。「沖縄でいったい何が起こっているのか?」とネット上で騒ぎになりました。現地では、高江ヘリパッド(ヘリコプター着陸帯)の工事に反対する人たちが違法にテントを設置し、工事車両が通れないように車両で封鎖していました。この抗議活動で防衛局職員が全治2週間の暴行を受け、活動家が現行犯逮捕されたりもしました。しかも、暴行の被害者は事務方の人たちでした。では、なぜ防衛局の事務官が被害に遭ったのでしょうか。その理由を知る人は少ないかと思います。  在日米軍の北部訓練場の基地内に新しく高江ヘリパッドを移設する工事は、防衛省が実施していました。沖縄防衛局の職員は...more
カテゴリー:

一体誰が・・・ 移植が予定されている辺野古の希少サンゴがキズつけられる - 02月22日(木)20:07  news

辺野古の新基地建設を巡り、2月16日に県が採捕許可を出したオキナワハマサンゴの一部に食べられたとみられる傷があることがわかりました。 沖縄防衛局によりますと、食害とみられる傷が見つかったのは、16日に県が特別採捕許可を出した希少種のオキナワハマサンゴで、13日から21日までの間に、骨格がむき出しになり白くなっているのが確認されました。 残りの部分は健全だと確認されているということで、沖縄防衛局は「環境監視等委員会の委員の意見も踏まえ今後、適切に移植したい」としています。 サンゴ礁生態学が専門の琉球...
»続きを読む
カテゴリー:

「島上空飛行停止を」 与勝18自治会が抗議 オスプレイ機体一部落下 - 02月22日(木)05:00 

 【中部】米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイのエンジンの空気取り入れ口が落下し、うるま市伊計島に漂着した問題を受け、伊計自治会と伊計を含む与勝地域18自治会が21日、沖縄防衛局を訪れ、米軍機が島上空を飛ばないよう求めた。18自治会での抗議は初めて。玉城正則伊計自治会長は「今...
カテゴリー:

沖タイ「知事のサンゴ移植許可に膨らむ疑問。どうやって公約の辺野古阻止をするのか?説明尽くせ」 - 02月20日(火)09:39  news

社説[サンゴ採捕許可]膨らむ疑問 説明尽くせ 翁長雄志知事は14日、沖縄県議会での所信表明演説で「辺野古に新基地は造らせないということを県政運営の柱に、全力で取り組む」と決意を語った。 沖縄防衛局から申請のあった希少サンゴの特別採捕を県が許可したのはその2日後、16日のことである。 埋め立て予定海域のサンゴを移植するためには、県漁業調整規則に基づいて、県知事の許可を得る必要がある。 特別採捕許可は、埋め立て工事に反対する市民などから、埋め立て工事を止めるための「強力な知事権限」と期待され...
»続きを読む
カテゴリー:

<社説>全学校上空飛行禁止 国は本気で米軍と交渉を - 02月19日(月)06:01 

 相次ぐ米軍機の事故やトラブルに業を煮やし、県教育委員会が異例の行動に踏み切った。県内の全小中高校や特別支援学校上空の飛行禁止を米軍に求めるよう、沖縄防衛局に対し要請した。  事故続発に加え、その後の米軍の不誠実な対応についても教育者として看過できず、憤りや危機感の高まりが背景にある。当然の要求...
カテゴリー:

沖縄の翁長知事、サンゴ移植を許可 反対派から反発も - 02月17日(土)08:19  news

名護市辺野古の新基地建設工事で、県は16日、沖縄防衛局が昨年10月26日に申請した絶滅危惧種のオキナワハマサンゴ1群体の特別採捕を許可した。 県水産課は「環境省レッドリストに記載された希少種サンゴの採捕申請は初めてで、審査に時間を要した」と説明した。 サンゴ移植の特別採捕は、翁長雄志知事が掲げる新基地建設の阻止に向けた知事権限の一つだったが、許可を出したことで新基地建設反対派の批判が強まる恐れがある。 辺野古新基地建設に関連するサンゴ移植の採捕許可は、今回が初めて。 防衛局は3月1日までに移...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「沖縄防衛局」の画像

もっと見る

「沖縄防衛局」の動画

Wikipedia

沖縄防衛局(おきなわぼうえいきょく、Okinawa Defense Bureau)は、防衛省地方防衛局のひとつ。2007年(平成19年)9月1日に那覇防衛施設局防衛施設局)から改組された。2008年(平成20年)に中頭郡嘉手納町へ移転した。

所在地
  • 沖縄防衛局(本部)
  • 那覇防衛事務所
  • 名護防衛事務所(2011年(平成23年)3月31日に開所)
  • 金武出張所(2011年(平成23年)3月31日に金武防衛事務所を閉所し、金武出張所を開所)
主要幹部 外部リンク
  • 沖縄防衛局

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる